さて土曜日ですね。
 あと一週間で「朝が来た」が終わってしまうのかな? 寂しいですね。って、最近では毎朝みる癖はなくなって、土曜日のBSでね、一週間分をまとめてみていたんですがね。この話ストーリー的には全然面白くないんですが、波留じゃなかった、主演の波瑠さんが可愛いですね。
 というか、見どころは彼女のコスプレですね。始まったころの和装から、明治初期から大正にかけての洋装。鹿鳴館時代も背景にしながら、素晴らしく凝った衣装姿に目を細めています。

 いやいや、お姉さん役の宮崎あおいさんの演技もいいですけどね。この娘、本当にいい役者になってきたですね。彼女が出てくると画面が引き締まる。
 日本は女性の時代です。早く女性首相が誕生して欲しいね。高市さん以外だったらだれでもいいからね。

 なんてどうでもいいですが、昨夜暇ですからねテレビをぼんやり見ていたら、なんだか、タモリさんの歌番組で、普通の中学や高校の卒業式が次々と映し出されて、卒業や春のテーマに併せて、ポピュラーソングを歌う場面が流れているんです。で、眺めていたら、なんと女性教師が、なんか和服にはかま姿なんですね。これが。しかも、ほとんどの学校でそうなんですね。はい。

 つまり最近大学の卒業式で、女子大生が例外なく、和服に袴に中には網み上げの長靴を履く姿で出てくるのをみて、なんかなあ? というか、「あれ卒業式のあとどうするんだろ」なんて考えていたら、あらら、教師になったら、こういう使い方があったんだとビックリポン!でしたね。

 コスプレ!好きなんですね。今の娘。というか僕も好きですけどね。来年お孫ちゃんの卒業式があるはずだから、呼ばれなくても行っちゃおうかな? って、お爺ちゃん、それってちょっとアブナイですね。 
 
 ですがね。この光景を見ていて産経新聞のコラムだったか、記事だったが思い出しちゃったんですよ。「卒業生が終始、日の丸にお尻を向けていた」との批判記事です。
 確かに、最近は来賓の父兄の方を向いて、いろんな歌でも歌わせて、感謝の気持ちを表す演出なんですかね。だから壇上に背中を見せる。で、壇上に日の丸があると、お尻を…。
 って、産経さん、ちょっと悪乗りが過ぎるよね。だったら、アベチャンだって演説するときは、つねに日の丸にお尻を向けているじゃん! 不敬罪じゃないのかねえ。これって。

 ああ、コスプレの話でしたね。
 というんで、最近は、僕を含めて「タキシード反対!」なんて、クルーズ船上でのドレスコードは緩めるべき!という議論が多くて。クリスタルは食事時のジーンズも解禁した、という風に規制緩和?の動きもあります。クルーズ大衆化のムードというか、乗客も中国人が多くなっているし(失礼)、船上にも、ポロシャツ&ジーンズの時代が来ているようですね。

 でもねえ、こんな卒業式を見ていると、むしろ若い世代に正装というかコスプレ歓迎のムードがあるんじゃないかなあ、とも思いますね。むしろ非日常を演出するためには、コスプレもいいかも。
 そう 
波瑠さん風の大正ファッションなんていいですね。
 最近女性は、ほとんど髪型も自然のままで、パーティなんかにも出て来てしまいますが、実は私、アップにした明治大正風の髪型って好きなんですよね。はい。

 おしゃれをしてクルーズに乗りましょう? いやクルーズに乗っておしゃれしましょう! 大桟橋のターミナルに、洋傘片手の大正美人が沢山あふれるみたいな、レトロなコスプレ機運でも、作りましょうよ。
 って、今日は土曜日ですからね。こんな話題でいいですかな? 
 昨日のブログは、今月最低のアクセス数でしたが、今日はさらに記録を破るかな? まあいいやね。