客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

LNG燃料船

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

明治150年、万機公論に決すべしーーですか? 戦略論争は難しいよね。

 朝からTBSラジオを聞いちゃったですよ。森本毅郎さんの、まあ「聞く朝刊」という感じの番組ですね。今日の話題と、最近の課題を簡単に纏めてくれる。
 で、今朝はLNG焚き船の話で、日本の海事業界が立ち遅れている、というレポートですね。

 欧米に比べて立ち遅れてしまったニッポン!でも技術力で必死に挽回に努めている? なんて話でしたが、ニッポンは、本当に2020年までに格好つけられるのかなあ?
 きっとLNG焚き船の建造は、当面棚上げして、割高のマリンオイルガスを使うというんでお茶を濁す?それはそれでもいいんでしょうが、その間に欧州も韓国も中国もLNG焚き船の建造では、先行し、置いて行かれる、なんてことにならんですかね。

 以前から言われていたんですがね、国連の海事機関(IMO)。ここは昔IMCOと言ったんですが、30年くらい前にIMOと改称するとなったとき、日本は「IMO ミーンズ ポテト」なんて反対したそうですが、って嘘ですけどね。

 このところ海運国である欧米の論理で仕切られる、なんて機運もあって、日本は指導力を発揮出来ていない。ここでも欧州主導なんですね。
 むしろ環境規制なんて造船にとって特需なんだから。造船国なんですからね。日本は国を挙げて…、でいいと思うんですがねえ。

 この排ガス規制だって、はっきり、域内での規制強化をとっくに進めていた、欧州に追いまくられていますからね。欧州は、新造船の10%はすぐにLNG焚きになる、なんて言っているし、DNV・GLはいノルウェー・ドイツの船級協会は、20年までに1000隻のLNG焚き船が建造される、なんて見通しを公表しています。

 が、日本系船主さんの動向は、欧州辺りで運航する船で、ようやくオズオズと言う感じだもんね。確かに現状では船価が高くなりますからね。こういう時こそ、戦略性というか? なんとかいいアイデアを出して、挽回してくださいよね。

 にしても、今やなんでもトランプさんですがね。こうした地球温暖化とか、環境に対しても規制強化について異論を唱えているようですね。
 SOX対策も後退するかな? いやシェールを含めてエネルギーは今やアメリカやロシア主導ですからね。環境問題はそのままに、LNGや原子力辺りでも主導権確保を進めて行くのか? 

 昨日の話じゃないけど「環境対策」と言えば黄門さまの印籠みたいなもんで、いわば誰でも認めるグローバルスタンダードであったのに。こうしたスタンダードを、トラちゃんはどう考えるんだろうか? みたいな、トランプさんの気分次第戦略みたいになっていますからね、今。
 そうなると、とりわけ長期的な投資みたいな話は出来ないよね。例えばLNG焚きにしたって建造を決めた途端「規制を延期」なんて話にならんとも限らない。そんなこともないか?

 三菱重工さんの原子力投資ですがね、アレバに500億円を出資するって。でもって「20年、30年後の未来には、また原子力復権かも?」 って、もう無茶苦茶ですね、宮永さん。そんなの経営なのかね?
 宮永さんの力の源泉ともいえる日立製作所との合弁だって、きな臭くて。
 南アの火力発電を巡る抗争の長期化ーーとか。宮永ドクトリンはなんか全部躓いていますね。

 代表取締役も、側近の小口さんだけにするんですかーー。
 確かに、「未来」とか「戦略」なんて言葉を使われると、議論したことのない日本のサラリーマンはなかなか反論できないんだよね。

 って、今朝はあんた何が言いたいの?
 はい、世の中を主導する論理、ベーシックになっている価値観が崩されそうになっている時は、一度っ立ち止まって、考えてみることが必要なんだよね、と思うんですよね。流れを読み直すというか。

 「広く会議を興し、万機公論に決すべし」ーー五箇条の御誓文をもう一度読み直した方がいいようで。
 来年は、明治150年ですか? なんか私も戦前回帰の機運に乗せられそうですわ。
 
 にしても、本日付けの本論はまとまらず。じっと手を見る?

 

  

LNG燃料船! 産経さんの記事はようやくの話だけど、5年は遅れている?

   法規制が大好きな日本国政府なのに、何でしょうかね。やはり技術面で遅れているから気付かないんですかね?
 いやね、今朝、私の愛読紙、産経新聞を見ていたら、でかでかと3段抜き写真付きの記事で、「船の燃料 LNG転換で商機」なる記事。サブ見出しは、「三菱商事、供給事業を世界展開」、「国交省主導、横浜港に拠点整備も」だそうです。

 まあどれも旧聞というか、これまで報じられていた話をまとめただけと、言えばそれまでですが…。今更三菱商事が力こぶを入れたところで、すでに欧州では、LNG焚き船普及の検討段階から、LNGガススタンド網の配備の段階まで来ていますからね。

 風力発電の時もそうでしたが、これから追いかけるにしても、今更リーダーシップを取れるの?なんて感じなのにねえ? まあ産経さんですからね、記事の締めくくりは「(横浜と)同じく拠点整備を目指す韓国との競争も激化している」と民族主義丸だし???で訴える。
 こんなのはよく見る光景ですがね。

 なんてね。にしても、少なくとも5年は遅いわなあ。
 欧州のLNG燃料への着目は海域が閉ざされたバルト海から始まり、そして地中海へと広がり、この先さらに環境問題がきついアラスカなどでも広がろうとしているわけで、定期フェリーなどでも、とっくにLNG燃料船やディユアル燃料船が登場しています。日本だって10年以上も前から技術的な検討を含めて、いろいろ研究はされていた。

 つまり産経さんの記事に足りないのは、なぜ日本では実験船にしか過ぎない日本郵船のタグボートの建造くらいまでしか進んでいないのか、みたいな分析がまったく触れられていないこと。
 だいたいとっくにLNG運搬船では実用化されているLNG焚きエンジンです。船の技術面では実用化されているのに、ということがまったく触れられいない。

 つまりLNG燃料船の実現には、船ではなくて、港あるいは航路がボトルネックになっていることが分析されていません。それとも、わざとネグレクトしているのかな。
 LNG燃料船なんて、造ろうと思えばすぐにだって出来るのに、何故日本では? と書くべきなんですよね。

 なんてね。
 で、5年は遅い!と書いたわけですか? LNG燃料船の実現に誘導しようと国が考えるとすれば、一番手っとり早いのは、瀬戸内海やないですか。
 ここに走るフェリーを対象に、例えば年間100日以上ここを通過する大型フェリーは、デュアルフュエルじゃなかった、法的に書くとすれば二元燃料かな、ぐらいの規制を掛けとけば、日本におけるLNG焚きエンジンの普及は一気に進んだでしょうねえ。ちょうど高速フェリーは、新造代替期を迎えていたわけですからね。

 例えば、大阪港にしたって大分にしたって、その土地に都合の良いLNG燃料の供給システムが作られるだろうし、一旦港々にガススタンドや、タンクスタンドが整備されれば、船の方はどんどん切り替えられて行くし、今「イニシャルコストは30%は高い」なんて言われるエンジンプラントや船上設備だって、どんどん値が下がる。

 港がLNGの供給基地を造るんだったら、国が補助金出したっていいでしょう。NOXだってSOXだってオイル炊きに比べれば劇的に下がるんだし、だぶついているLNGの振り向け先としても、まあ効果がないわけじゃない。
 でもって、ここ数年で進んだフェリーの代替に際して、商船三井系なんかは、LNG焚きの採用を検討したと聞いていますからね。でも港が間に合わないし、コスト高になるから…、なんてね。機運がまだ、なんでしょうか?

 せっかく規制社会なのにね、ニッポン! バルト海よりももっともっと環境対策を講じなければいけない瀬戸内海。「濃霧の時は長さ160m以上の船の航行は禁止」なんて、プリミティブな規制ばかりを考え着く官僚さん達。それに外国クルーズ船の誘致のために岸壁拡張を、追い求める官僚のみなさん。
 もっとやるべきことは多いと思うんですがね。
  

継続は力と知った由紀…! いや、継続は力と知れよ!三菱重工だよね

  「継続は力と知った由紀さおり」ーーって、語呂がいいですね。
 でも、なんだろうこの出だし? と思う方は、昨日付けの書き込みをご覧ください。著作権は大丈夫かな? こんな風に引用しちゃって。
 
 でもね、僕もまさに言いたいのは、「継続は力と知れよ! 三菱重工」なんですけどね。
 そのまんまじゃないの。何にもウィットに飛んでねえや。って、ふてくされてどうするの? 才能ないね。まったく。
 
 それにしてもねえ。「継続」ってニュースにならんですからねえ。思い付きでポッと火が上がっても、なんか困難さにぶち当たると、そのうち火が消えて、そのうち忘れ去られる。
 つまりLNG焚き船実現も、そのタイミングを失うと、シェール革命の終焉とともに忘れ去られて。
 あのころ、といってもわずか数年前ですがね、瀬戸内海の環境規制を強化せよといったムードの中で、大阪ガスさんが結構懸命に、旗を振ったんですがね。

 しかも商船三井さんの「維新Ⅱ」なんて未来の船構想でも、フェリーのLNG焚き化なんて話が出て…。
 でも、JMUで4隻建造されているMOグループのフェリーもそこまで金が回らなかった? なんたって、今のままでも、100億円弱だというもんね。この船。高いよね? SRtPでも適用したのかな?

 まあいいや、LNG焚きの話だけじゃなくて、例えばカジノ! バトミントン選手の桃田君らが摘発されつつあって、オリンピック代表はおじゃん? 
 でもねえ。これってカジノをやっちゃ悪いのか、「闇」だからいけないのか? スクープした産経さん、ちゃんと論点を明らかにしないさいね。

 国際大会などで海外に出て行くスポーツ選手は、それこそ欧州やアメリカだったら、目の前に御開帳しているカジノがあるし、シンガポールだって、韓国だって…。IRなんて名前を変えたりもしているんかな? 海外では軽い気持ちでやっているのに、錦糸町ではダメ! 
 しかもメディアは数年前まで、今すぐにも横浜や大阪ではカジノが御開帳!日本にも自由な娯楽を楽しめる社会が来るよ! とでも言いたげな雰囲気だったのにねえ。

 なんかねえ。あいまいだよね。「カジノはやってもいいんだよ。悪いことじゃない。でも日本ではもう少し待ちなさいね。ちゃんと政府が管理できるようにするからね」ですかねえ。
 なんでだめなのか、桃田君たちは分からないと思いますよ。
 「いけねえ、見つかっちゃった。息苦しい社会だな!」くらいに思ってるんじゃないの? いやジャイアンツの選手さんたちだって、そうでしょうよ。
 その一方で、世界の政治的リーダーさんたちがパナマのタックスヘブンで税金逃れ。蓄財手法だって、みつからなきゃいいんですよ。税金を取る国が悪い! なんてね。菅さんもコメントを求められたのに、黙っちゃてるけど、「スネ」になのかなあ?
 
 なんてね。もとに戻ってLNG焚きです。環境保護!に役立つなら、思い切って規制を掛ければいいのにねえ。経済性に任せる? そんなんじゃあ、企業はやらないよね。油価が下がったら、「これをやろう」といった担当者の責任が問われちゃうもの。

 なんて話が飛んでいるけど、この国は新しいことをやらないねえ。昨夜、なんということもなく石原慎太郎さんと堺屋太一さんと、誰だったか、爺さんたちが放談するBSフジのテレビを見ていたんですがね。「民進党って、完全な保守。憲法を守れ、としか言わない」と堺屋さん。
 これは僕もそう思いますが、「保守対革新という分け方はおかしい!」 と、この元官僚の枠組を脱することが出来ない理論家さん。でも、この人に言いたかったのは、「保守」「革新」以外に「反動」という潮流があることを、忘れてませんかね? なんですけどねえ、アベチャン。

 石原さんたちは、「日本や韓国も核武装を」と叫ぶトランプさんのことも、なんだかモヤモヤと評価していましたが、なんかなあ。我慢しないことが改革者だと思っているようで。その我慢の出口が反動だったりしてね。つまり彼らの「改革」に対する想像力が、もう過去のロマンにしかないんだよね。
 もうテレビなんかに出てくるなよ!だよね。

 ということで、日本の社会は、まさに保守化! 総保守化! が骨の髄までシミ通っています。
 憲法改正になんて進めるものならやってみなよ。絶対にうまく行かないと思うよ。なんてことで、IRと名を変えたカジノも、道州制も、LNG燃料船も、実現しませんよ。
 でもって世間に流れるのは、「夜明けのスキャット」だけ。
 って、そこまでノスタルジアだけで生きているわけもないけどね。
 
 
 


 
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
  • ミッドウェイから、また悲劇は始まった。なんてね。ええ改憲とはまったく関係ないんですけど。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ