「継続は力と知った由紀さおり」ーーって、語呂がいいですね。
 でも、なんだろうこの出だし? と思う方は、昨日付けの書き込みをご覧ください。著作権は大丈夫かな? こんな風に引用しちゃって。
 
 でもね、僕もまさに言いたいのは、「継続は力と知れよ! 三菱重工」なんですけどね。
 そのまんまじゃないの。何にもウィットに飛んでねえや。って、ふてくされてどうするの? 才能ないね。まったく。
 
 それにしてもねえ。「継続」ってニュースにならんですからねえ。思い付きでポッと火が上がっても、なんか困難さにぶち当たると、そのうち火が消えて、そのうち忘れ去られる。
 つまりLNG焚き船実現も、そのタイミングを失うと、シェール革命の終焉とともに忘れ去られて。
 あのころ、といってもわずか数年前ですがね、瀬戸内海の環境規制を強化せよといったムードの中で、大阪ガスさんが結構懸命に、旗を振ったんですがね。

 しかも商船三井さんの「維新Ⅱ」なんて未来の船構想でも、フェリーのLNG焚き化なんて話が出て…。
 でも、JMUで4隻建造されているMOグループのフェリーもそこまで金が回らなかった? なんたって、今のままでも、100億円弱だというもんね。この船。高いよね? SRtPでも適用したのかな?

 まあいいや、LNG焚きの話だけじゃなくて、例えばカジノ! バトミントン選手の桃田君らが摘発されつつあって、オリンピック代表はおじゃん? 
 でもねえ。これってカジノをやっちゃ悪いのか、「闇」だからいけないのか? スクープした産経さん、ちゃんと論点を明らかにしないさいね。

 国際大会などで海外に出て行くスポーツ選手は、それこそ欧州やアメリカだったら、目の前に御開帳しているカジノがあるし、シンガポールだって、韓国だって…。IRなんて名前を変えたりもしているんかな? 海外では軽い気持ちでやっているのに、錦糸町ではダメ! 
 しかもメディアは数年前まで、今すぐにも横浜や大阪ではカジノが御開帳!日本にも自由な娯楽を楽しめる社会が来るよ! とでも言いたげな雰囲気だったのにねえ。

 なんかねえ。あいまいだよね。「カジノはやってもいいんだよ。悪いことじゃない。でも日本ではもう少し待ちなさいね。ちゃんと政府が管理できるようにするからね」ですかねえ。
 なんでだめなのか、桃田君たちは分からないと思いますよ。
 「いけねえ、見つかっちゃった。息苦しい社会だな!」くらいに思ってるんじゃないの? いやジャイアンツの選手さんたちだって、そうでしょうよ。
 その一方で、世界の政治的リーダーさんたちがパナマのタックスヘブンで税金逃れ。蓄財手法だって、みつからなきゃいいんですよ。税金を取る国が悪い! なんてね。菅さんもコメントを求められたのに、黙っちゃてるけど、「スネ」になのかなあ?
 
 なんてね。もとに戻ってLNG焚きです。環境保護!に役立つなら、思い切って規制を掛ければいいのにねえ。経済性に任せる? そんなんじゃあ、企業はやらないよね。油価が下がったら、「これをやろう」といった担当者の責任が問われちゃうもの。

 なんて話が飛んでいるけど、この国は新しいことをやらないねえ。昨夜、なんということもなく石原慎太郎さんと堺屋太一さんと、誰だったか、爺さんたちが放談するBSフジのテレビを見ていたんですがね。「民進党って、完全な保守。憲法を守れ、としか言わない」と堺屋さん。
 これは僕もそう思いますが、「保守対革新という分け方はおかしい!」 と、この元官僚の枠組を脱することが出来ない理論家さん。でも、この人に言いたかったのは、「保守」「革新」以外に「反動」という潮流があることを、忘れてませんかね? なんですけどねえ、アベチャン。

 石原さんたちは、「日本や韓国も核武装を」と叫ぶトランプさんのことも、なんだかモヤモヤと評価していましたが、なんかなあ。我慢しないことが改革者だと思っているようで。その我慢の出口が反動だったりしてね。つまり彼らの「改革」に対する想像力が、もう過去のロマンにしかないんだよね。
 もうテレビなんかに出てくるなよ!だよね。

 ということで、日本の社会は、まさに保守化! 総保守化! が骨の髄までシミ通っています。
 憲法改正になんて進めるものならやってみなよ。絶対にうまく行かないと思うよ。なんてことで、IRと名を変えたカジノも、道州制も、LNG燃料船も、実現しませんよ。
 でもって世間に流れるのは、「夜明けのスキャット」だけ。
 って、そこまでノスタルジアだけで生きているわけもないけどね。