客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

救急病院客船

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

瀬戸内海放送にMira1さんが登場したようです。思った以上に美しき船体、船内ですね。

    日課のゴミ出しで、マンションの廊下に出たら、目の前にアブラゼミが仰向けになって死んでいました。我が家の辺りは毎年蝉が沢山生まれるのですが、今年はどうやら当たり年かな? 結構朝早くから鳴いていますね。

 まだ生きていないかとよく見てみると、背中にKishidaのネーム入り! 
 なんてこともとないですけど、夏は「蝉しぐれを聞きながら、過ごす」と、どこかの宰相は、嘯いていましたが、どんどん蝉も死に絶えて、きっと寂しい思いをするんじゃないですかね。この夏。

 「蝉時雨」になるほどのこともなく、こうして次々と討ち死にしてゆく? 次はSeikoネームの入った、小型のニイニイゼミ辺りが落ちて来るんかな? 
 「小池に飛び込み、さあ大変!」なんて去年の夏はうるさかったけど、そんなエピソードはもう忘れ去られてしまった。

 それにしても、かつては大きくて鳴き声も大きかったクマゼミなんかもちらほら混じって聞こえたんですがね。シャーシャーという独特な音も、このところすっかり聞こえることがなくなっちゃたし。

 でもって「静けさや 岩にしみいる せみのおと」なんてことになるんかな? 
 予報で「熱く」なりそうと伝えられた今年の夏ですが、どうやら、もう明けてしまうようで、ただただ「暑いだけの8月」が過ぎて行く? なんてね。

 mira1の話が、テレビで報じられたらしいですね。ksb⁻5ch というから地方局ですかね。懐かしき船内が映し出されて、避難所に避難されている人々が船内見学しているそうです。   youtubeで見ることができるようですね。なつかしいですね、というんでksb、つまり瀬戸内海放送のホームページに行って見ました。
 
 あらら、ふじ丸の懐かしきお姿が。 
 思った以上に手入れが行き届いている印象で、これなら災害時の避難所としては十分使えますね。というか昨日書いたような、「バックパッカー用のホテル」にはモッタイナイくらですねえ。
 はいはい。瀬戸内海放送のニュースのインデックスにまだ残っているんですね。
 
 倉敷の市会議員団が計画した被災者の見学会の様子ですが、「スゲー」という子供の声や、「こりゃあ、ホテルどころじゃないわ」「今の避難所に比べたら全然違う」と口々に語る被災者…。
 「話が固まれば、8月初めにも玉島に移動させて…」。とのアナウンサーの説明で締めくくられていましたが、どうなんでしょうか?

 市当局は、9月にも仮設住宅を整備するとしているそうですが、それまでのひと月間でも避難所として使えたら、助かると思うんですがね。
 どうもこの見学会が、倉敷市当局でなくて、市会議員団が設定しているところ辺りに、いろいろとゴチャゴチャと…。

 何も分からん中で、書くのも気が引けますが、まあ実現性があるんなら、やれよ! ですよね。熱中症で高齢者がバタバタと…。といまや日本だけじゃなくて、北半球が異常時にあるみたいですからね。できることがあれば、この8月は、なんでもしたらいい。

 こんな船を日本のいくつかの港に待機させて、避難所として備える。
 避難所は学校の体育館や、市民会館?があれば、なんていう時代はもう過ぎて、地球との戦い、異常気象への備えはもう一段高めないとね。

 イージスアショアが「1000億円じゃなくて、2000億円はするって」って、オイオイ!
 防衛大臣がとぼけてますけど、だったら導入を2,3年遅らせればいいじゃないですか? 北の脅威は遠のいているんだからね。急ぐことはない! 

 mira1は、1000億円なんかしませんよ。
 いや100億円でもいいから、災害対応船に振り向ける!そんな発想は持てないのかしらね。この政府は!

 この夏の間にしても、軽井沢辺りで「蝉時雨」にひったっている暇はないんじゃないですかね。
 日本列島は、時雨どころか大雨だし、それこそ、おお日照り!だというのに…。 

 ps.ANAの全国放送でも流れたみたいですね。
 
 

災害対策医療艦隊の整備を、中古客船やフェリーでいかがですかね。熊本地震で終わるわけじゃない

  あれま。昨日はPVが増えたのに、ランキングは6位に落ちちゃった。あらら、というんで、抜かれたブログを見ると、やっぱり熊本地震の話題なんですね。しかも「海外からの募金が出来る」なんて話題ですからね。こんなんでいいのかな? なんて感じですけどね。
  でも、こういう時事ネタを無視するのは良くない。ジャーナリストの鉄則です。って、誰がジャーナリストや!

 それにしても今度の地震って、なんなんでしょうかね? 僕も14日のNHKニュースを見ていたら、突然テレビから、チンコンと警報が鳴りだして、「臨時ニュースです」みたいな感じで。
 でも、地震なれしちゃってますからなね。「ああ震度7か。ちょっと大きいなあ」ぐらいで。
 でもって、最初に刷り込まれた印象というのは、大きいですよね。16日だったか真夜中に起きた「本震」は、あとで考えると、もの凄い地震だったわけですが、「この余震大きいね」ぐらいだったですかねえ? 
 しかし、今日もまだ「余震」が続いていて、かつ大分や鹿児島に広がっている。なんて、いわば天変地異なのに、私の感じ方は、どこまで行っても、「どこか冷静」なんですよね。東日本震災のようには、燃えてこない。

 まあ、いつかは止まるでしょ! でも大変だなあ? 特にトイレなんかは、とても我慢できないだろう、なんて想像しますし。でもボランティアに行くほどの元気はない。というか足手まといになっちゃうだろうし。
 義援金は、はい。今は簡単ですからね。全日空のマイレージポイントの寄付でも可能ですから、手続きを取ってしまえば、それで「被災者の側に立ったんだぞ」の気分になれる。
 災害対応すらシステマチックに処理できるようになった日本国の「災害なれ」の方が怖いですけどね。

 でもって、もう少し熊本の被災者ことを考えると、やっぱりトイレとシャワーかなあ? それに人工透析患者さん。これらの人は2日に1度、4時間ほどの透析を受けないと、死に至りますからね。日常生活を安寧に過ごすことがイコール「死に至る病」、なんですから。これは大変ですよ。

 ちょっと冷静に立ち止まって考えてみたらいいんですがね。はい人工透析器を備えた客船。これを1隻用意しておくだけで、トイレも、シャワーもお風呂も、そして透析患者のケアだって、全部できますからね。透析器も5台あれば、一日4回転。20人、一日置きの透析ですから40人を救うことが出来る。スタッフも2人いれば済むといいますよ。
 設備があればなんとかなる。日本はどんな山奥だって、港まで数時間で行ける。いまや日本列島それ自体が、地震の巣、みたいなもんですから。そんな船を用意しておいたって大した負担にはならんと思うんですがね。

 って、この話は、あんたが言うことじゃないでしょ! はいすみません。
 でもねえ、僕の少ない経験でも、こんな話を民間側から持ち出しても、国交省、厚労省、防衛省…。と、寄ってたかって。「どうせあんたたちは、儲けたいんでしょう。医療行為で…。人工透析は儲かりますからねえ」なんてね。痛くない腹を探られる。どこの省の係官がおっしゃっていたかは、特に秘しますが…。
 って、止めときますわ。この話。

 そういえば、防衛省が25億円だっけか支払って、「有事に使う」と称して契約したフェリーは今どこにいるんでしょうかねえ?
 まあ「なっちゃん」は宿泊施設がないんで、物流くらいかな? 被災者のケアにはちょっと使いにくいけど…。
 でも、去年就航した多くの新造船の代替船された側の船、って、つまり中古フェリーですが、まだいくつか浮いているはずですよね。
 はい。自衛隊さんで文句ないですから、医療艦隊でも整備したらいいと思うんですが…。確か、宿泊施設のある中古客船だってありますよね。順調にいけば、これからだって、まだまだフェリーも客船も出て来るはず、ですし。

 日本列島の災害は、熊本だけで済むんでしょうか?
 うんうん。港湾局さんは全国の港にクルーズ岸壁を造るそうですからね。「何も中国人観光客向けばかりじゃないよ」--立派な立論が出来ますよ。
 それに朝鮮半島からの難民に備えて、釜山ー舞鶴ですか?そうなると、自衛隊も、もっともっと国民に親しまれるように浸透するだろうし…。 
 ーーなんてね。
  
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • ヴァージンボエッジの船内プログラムは、船上的?いや煽情的なものですね!
  • ロンドンは、明るく晴れて、通りを跨ぐユニオンジャックが眩しかったですね。
  • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
  • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
  • あらら、49万9578件ですか? ローヌ巡り紀行記は、そろそろ終わりなのに。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • 船内写真、全部見せちゃいます。バイキングのパンフも来ましたよ。リバークルーズの時代が来ていますって!
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ