客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

常石造船

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

「瀬戸内造船三国志」? いやいや「造船源平物語」が幕開けを明けるんですよ。常石vs.今治?

 今度は、三井造船さんと常石造船さんの協定ですか? 
 さすが日経新聞ですね。
 「常石造船が建造を検討している大型客船についても設計面で協力する」ーーやったねですね。ついに三菱重工じゃなかった三菱造船か? のライバル登場! 客船建造ヤードに名乗りを挙げる! こうでないと面白くないよね。

 まあねえ。常石さんは、昨年秋「GUNTU」を建造して、曲がりなりにも日本の造船所として客船建造を手掛けた。つまり客船倶楽部の仲間入りをしています。
 まあ、あんまりメディアは取り上げませんがね。それはPR予算があんまりないというか、宣伝が上手くないのかな? 全国的にはそんなに大きな話題にはなっていませんがね。冬場はクルーズの季節じゃなかったですからね。

 でも、瀬戸内海の歴史紀行風の旅としてはかなり評価は高くて、僕も好きな歴史学者磯田道史さんあたりを乗せて、鞆の浦や三原など瀬戸内海を西航したドキュメントをBSでやっていましたが、理想の旅ですよね。これ。
 瀬戸内海に眠る観光遺産は、こんな風に海から発掘(っておかしいかな、海を掘るんかい、だよね)しなきゃいかんね。なんて思いましたもの。
  
 日本の歴史って、関ヶ原以降は、京都と関東を中心にした信長・秀吉・家康史観が一般的ですが、瀬戸内海の歴史舞台としての魅力は、清盛以前から自然と重なり合った歴史ドラマとして魅力的なものですよね。つまりは海事史として面白い話が沢山ある。それを掘り出しているんだから、GUNTUの意義は大きいと思うんですがね。
 
 客船としても内装は全て、「木張り」と気張って(キバッテって掛けたんだけど)。そんなの、どうでもいいか。こんな船、世界中でこの船だけじゃないのかな? まさに和風客船の粋。
 サービス内容も、瀬戸内海に自然の食材庫を持ち、って、はいつまり海の中で生け簀じゃなく本当に泳いでいる魚を買い上げて調理するという。まさに地産地消というか、「海産船消」なわけで、こんな旅って、船旅人も思い着かない、いわばあり得ない試みなんだよね。

 まあ1泊20万円って、安くないけど、飛鳥2のロイヤルスイート並み? ですからね。あえて言わせてもらえれば、「安い」ですよ。シーズンオフに就航したんで、これから春、夏にかけて、ブレイクするんじゃないですかね。
 それに、GUNTUが出発する「ベラビスタ境ゲ浜」って、ここも凄い。露天風呂なんて夕方にでも入ってごらんなさいよ。病みつきになりまっせ。
 このホテルは、隠れ家ブームって変な日本語だけど、まさに隠れた人気で、予約が取りにくいみたいだし、ここのスペイン料理とか和食の水準も凄い。ってこんな話、文章じゃ書けないよ。
 いいから一度行ってみなさいよ。

 まあ、GUNTUの話ばかりになっちゃたけど、この船は、時速11ノットって、観光用ですからね。そんなに早く走らないし、航行資格も平水域で、外洋には出られない。いわば瀬戸内海を走るリバークルーズという感じかな? ですんで、常石さんが本格クルーズ客船を建造したというとこまでは行っていない、かな?

 前置きが長いね。すみません。
 ですが日経さんは、去年の秋、常石が中国で展開する造船所である舟山を取材した際に、客船建造の準備をしていると聞いて、「常石、客船建造へ」なんて記事を書いていました。
 常石さんに聞いたら、「そんなの中国の展示会とかで、PRしていますよ。別に秘密でもない」なんて一蹴されてしまいましたが、とっくにクルーズ船の建造への取り組みは開始している。

 まあ昨日付のニュースで、日経さんはわざわざ「
常石造船が建造を検討している大型客船についても設計面で協力する」なんて書き加えていますがね。三井と提携して客船?というのは考えにくいですよ。確か設計の手はどこも足りないし、ブランド力はあるんで、協力! もあるかもしれんけど。

 というより、これからの客船はLNG焚きエンジンというかエンジンプラントの革新が大きなテーマになりますよね。
 はい、三井造船は舶用エンジンでは日本一、どころか世界一の実績かもしれない実力会社ですからね。メディアは書いてないけど、そのあたりの狙いも取材してみて欲しいですね。

 三井造船も、分社というか組織のリストラで造船部門を独立させますが、エンジン部門は今治造船を含めてライバル社にもたくさん売っていますから、常石と提携と発表というわけにはいかんでしょうからね。でもそんな狙いはある? 

 まあ三菱造船―今治造船vs.三井E&S造船―常石造船。この両グループの切磋琢磨も見ものですね。国内だけじゃなくてフィリピン、中国を含めてのライバル物語が展開して行く? そろそろ「造船三国史」か「造船水滸伝」、いやいや「造船源平物語」の方がいいかな?
 書きましょうかね。我が一生の労作! なんてね。瀬戸内に新しい歴史が幕を開ける! んですよ。はい。

 おいおいところで、川崎重工はどうなるんだい?
 そうやねえ。私は、造船部門というより三菱重工と会社ごと…。なんて、どうですかね。
 あらら、まったくあんたは、懲りないねえ。ホント。
 

GUNTUですか? イシガニの乗客は「医師ガニ」さんですか? なんてね。失礼!

  それにしても、競歩って、ルールが細かすぎるというか、判定がはっきりしないというか、見ていてもよく分からんですね。でもって最後は審判に訴えて、二転三転。50キロ歩いたのに、決着は審判の協議で決まる「協議」じゃなかった競技って?
 ってまあいいわ、日本が勝ったから。

 ということで、五輪も終わりですね。明日からしばらく感想戦が続いて、次いでリオロス状態が続くのかな?まあ来月になれば、ラグビーのトップリーグが始まるから…。

 なんてことより、五輪が終わったら、イシガニですか? はいGUNTUプロジェクトが公表されましたね。
 ホームページを覗いてみると会長は、神原勝成さん。つまり神原グループ総帥の神原眞人さんのご長男ですね。この間伝えられていた、3万トンプロジェクト、つまり中国の舟山で客船を建造し、2020年ごろまでに就航させようとしているプロジェクトとはまったく違う話です。
 
 GUNTU自体は、日本国内で建造し来年9月に就航させるようですが、大きさはもっとずっと小さくて、数千トン。定員も30人とかの規模になるみたいですね。って、ここまでは、ホームページにも出ていませんから、噂話として流れている話だけですけどね。

 この神原勝成さんも面白い人で、父親を上回るアイデアマンというか、実行力のある方で、少し前までは常石造船や神原汽船の社長を務めていたんですが、出家して京都におられたとお聞きしていましたが。
 ドドンと復活。
 
 尤も、まずは水上飛行機事業からだったんですけどね。
 すでにプチリゾートホテルのあるベラビスタ前のマリナーを改造して、瀬戸内を巡る遊覧飛行事業の立ち上げを進めており、続いて瀬戸内海に特化したオールスイートの豪華クルーズ船で、宮島、松山、大三島、丸亀などの西瀬戸内海の景勝地を巡るーーということのようです。

 この尾道市にあるベラビスタは、素晴らしい露天ぶろやスパを持つリゾートホテルで、隠れ家的リゾートとして、夏場は予約が取れないほどの人気があります。
 で、ここを拠点に水上飛行機遊覧や、飛行場からの観光客の輸送、そして満を持してクルーズ!というわけでしょうか。

 なんて、取材もせずにしたり顔でこれ以上書くのは、止めときますが…。
 別に中国人客を目指しているわけではなくて、むしろリッチな層。まあ「ななつ星」の瀬戸内版、クルージングリゾート版をもっと大掛かりに展開しようとしていると、考えた方がいいですね。

 でもって3万トンプロジェクトですか? まあこうした小型船を一回建造してみれば、中型クルーズ船の技術的な問題点もわかるでしょうからね。より技術的な信頼度も上がる?
 まあクルーズや観光やらって、個別の専門業者の仕事ような捉え方をされていますが、常石さんは、造船や海運や観光のプロですからね。こんなコア事業をベースに取り組むべきプロジェクトなんでしょうねえと、思っていたわけで。

 常石さんは、ずっと昔、南太平洋行きの貨客船によるクルーズを実行したり、サウンド・オブ・セトでの遊覧、さらには柳原良平さんのリトグラフを事業化する、みたいに、クルーズ事業の実現は悲願みたいなもんでしたからね。
 こういう練りに練ったアプローチで、事業成立の確度は、より高まる! なんてね。そう思いますよ。

 まあ五輪が終わるんだから、つぎの話題はGUNTUですかね。
 今日はこれ以上書けませんが、 ホームページにはその一端が出ていますんで、イメ―ジを膨らませましょう。この先も、ちょっと動向を見守ってみたいですね。

 イメージですか?
 広島空港から水上飛行機のお出迎えで、ベラビスタリゾートへ着水。ベラビスタ自体は素晴らしい露天風呂を持つ、ゆったりとした本当に静かなリゾートホテルですからね。
 近くには「みろくの里」やお寺や温泉もあるし、ここで1,2泊くつろいでから、GUNTUで瀬戸内深部のクルージングを楽しむ。

 さて、この旅に幾ら出します? 
 私らじゃ無理なんでしょうかね?
 にしても、ツアーの販売が始まるまで、ワクワクして待ちきれないですね。 
 
  

primaさんハンブルクご到着。終わりましたね。でもって常石さんが客船建造へ。面白いですね。

 今朝は、忙しんですよね。いろんなニュースがいっぺんに飛び込んできちゃって、何を取り上げたらいいのか?

はいprimaちゃん。21日朝6時05分って、細かいな、無事ハンブルクに到着したみたいですね。よかったよかった。でもってAIDAさんのホームページに行くとprimaさんが、すっかりお化粧して、はい、イスやテーブルなどの調度品も並べられて、プールやジャグジーに水が入って、お酒類も並べられた映像を見ることが出来ます。

 いい船ですね。こういう遊園地みたいな船は、あんまり食指が湧きませんが、なんたってMade in Japan ですからね。内装はしっかりチェックしてみたくなりますわね。さすが三菱さんです。

 が、流石の三菱さん。なのに、豪州から伝わってくる情報では潜水艦輸出が失敗しそうだという話。仏、独の後塵を拝する話になっているようですね。
 いろいろ感想はありますがね。この話日本政府の武器輸出解禁という旗振りで進めていた商談で、三菱さんと川重さんはご協力申し上げる! というスタンスで進めていた(実際にはどうか分かりませんがね)のに、宮永さんが直接出て行ったあたり、つまり豪州政権が親日から非日に変わったころ、潮目も変わったようで。
 ろくなことになりませんね、この人が出てくると。もし失注したら、その責任はどうなるんでしょうか? 豪州に事務所まで作っちゃって。ねえ、株主さん?

 まあ三菱自工さんも、これからしばらく針のむしろ? というか今度はこのままでは済まないでしょうね。相川さん??? はいかつての三菱重工さんの名物社長さんの息子さんですね。この人。
 結局、トヨタさんあたりに引き受けて戴く? なんて話になるんかなあ? もしかしたら現代自動車? M&A好きの宮永さん体制ですからね、ドイツに元気がないとなると、日中韓いや台湾あたりもかな?のどこかとなんて感じもしますね。
 東芝やシャープじゃあるまいし、なんて、どうでもいいか、こっちのはなしは。

 でもって、海事プレスさん、のスクープ? 韓国がフェリーを60 隻以上建造するって? 本当かいな? 記事見ましたけどね。ちょっと甘いんじゃないかなあ? 代替期に来ているのは確かだけど、金ないよこの国。
 でもって中国の黄海造船所にすで3隻のフェリーが発注されているし、この夏にはその最初の船が出てきますよ。いや、その予定ですけどね、はい。この船、中韓フェリーの代替船ですよね。でもって…。まあいいか。フェリーに動きがあるのは事実でしょうからね。でもって日本の造船所は早くも正念場。SRtP? まあそれもあるけどね。

 というより、実は一番注目したのは、同じ海事プレスさんというより、記者会見したのかな業界紙向けに。常石造船さんですね。
 去年のマリンテックチャイナだったか上海海事展で、客船建造に進出するとPRしたわけですが、記者会見でも2020年までに客船建造を手掛けると! 
 いや20年竣工で、建造に入るということですからね。すでにプロトタイプの設計に着手しているということかも知れません。
 船型は3万トン、400人乗りというからラグジャリータイプの客船がベースになっているようですね。
 ただし、建造は舟山造船所。つまり中国。鑑真和上ゆかりのお寺がある、寧波近くの造船所ですね。
 三菱のAIDAさんのような、レジャーランドを船上に造るわけでもないですからね。むしろ落ち着いた伝統的な客船を目指しているんじゃないですかね。

 このところ、「三菱以外に日本では客船を造れる造船所はない」なんて書いてきましたがね。潔く撤回です!
 そりゃあ、日本造船業もここまで馬鹿にされたら、って別に馬鹿にされたていたわけでもないけど、客船建造を志向する造船所は出てきますよ。面白いですね。

 というよりも、三菱さんに、さようならというべき時が来たかな? 客船に興味がないなら、私ももういいですわ。はい。

 でもって、常石さんは、なんか遊覧飛行用の水上飛行機の仕事にも参入したようで。2025年ごろ、瀬戸内には、常石ブランド、というか神原汽船さんもグループですからね。同社系の客船が瀬戸内をクルーズし、空には水上飛行機が舞う。瀬戸内全体がレジャーランドになるような、明るい未来が来るのかもね。はい。

 ニッポンが変わる? はいそんな話が必要なんですって、この国には!!
 
  
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 写真アップ成功
  • 沖縄をクルーズで解放せよ! 今年の日本国の事業計画はこれですよね
  • 我が家にもロボット君が。別にネスカフェのコーヒーメーカが来ただけですけどね。
  • さんふらわあの夕方便、2月20日まで全便休止? 我が家の前には、またまた雄姿を現しましたが…
  • さんふらわあ
  • 初日の出
  • さんふらわあさっぽろ、どうしたんですかね? エンジントラブルですか? 新造船なのに。
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ