本日は、西のほうに出張です。ってあんた無職じゃないの?
 
はい。でも、いろいろあるんですよ。別に、温泉地に住んでいるからといって、公用車で、送り迎えまではしてくれませんし、普段は新幹線も自粛していますので 久々の新幹線で出かけてきました。なんてね。
これから会議です。ので、書き込みはまた午後にでも。


さて、午後になりました。実り多き会議を終えて、新幹線の駅です。どこ?  どこに行ったかばれちゃうので、それ以上は、やめときますけどね
長崎?ブブー。ならいいんですが、今行ってもねえ。
 でも、 天気はあんまり良くないんで、気分は乗らない上に、このiPODの電池も14%しか残ってなくて駅の待合で、充電しながら書いています。

   昨日今日の話は面白かったですね。でも生々しすぎて、しばらく書けませんね。まあ相川さんの話じゃないけど、しばらく先?10年先、棺桶間際でしょうかね。書けるのは。

 まあいいか?  昨日のT.Iさんの書き込み。三菱は客船をやめるべきでない。論ですが、おしゃる通りですね。せっかくはらった2300億円もの勉強料、つまり貴重な経験をドブに投げ捨てることはないでしょう。
 別に、SRtPにこだわっているわけではないですが、客船にしても、フェリーにしても、改正solasをクリアして新造船を建造した実績がある日本の造船所はどうやら三菱重工さんしか無いようなんですね。
だからどうしった?  すみません!
  つまりこれから出てくる新造船商談に、対応しようとするならば、新設計に取り組む必要がある。ガラパゴスフェリーでないならね。しかもそんなに数が見込めるわけでもないんだから、他の造船所が、腕まくりして出て行くまでもない分野です。

ここはひとつ輸出フェリーと客船は三菱さんに、任せて置いたらいかがですかねえ。と言うか 、問題は、日本の、客船の新造が、ますます遠のいているという話。とにかく国内一つでいいから客船や輸出フェリーが作れる造船所を。お願いしますよ。宮永さん!最後は土下座だね、まるで