たよりのないのは、無事な知らせ。全く問題なく船に着きました。
ああストックホルムの予約タクシーが、来ていなかったので、バタバタしたんですが、ご愛嬌。クリスタルに頼むのに比べて、半額でしたね。今回の旅のテーマは、なるべく安く豪華客船 を楽しむ方法!ってコロコロ変わるね。目的が!
  それにしてもフィンエアーとヘルシンキのバンタ空港最高ですよ。到着ゲートが、イミグレゾーンの目の前。しかもイミグレは、画面による自動。もちろんセキュリティチェックや、対人インタビューもありましたが、「こんな寒い国によく来るね 。でもストックホルムはもっと寒いよ。ずっとヘルシンキにいたら?」なんてジョークで迎えてくれて。しかも乗り継ぎの便は成田便から降りたゲートの隣なんだから。40分で大丈夫?なんて心配していた私がアホみたい。アホネンやね。ってこっちではよくある名前みたいですけど。

  今ストックホルムは、朝2時半。さっき11時50分に、ベランダからの写真を撮りましたが、夕日の明かりが地平線に残って、とても綺麗でしたね。

写真をアップできればいいんですが、やり方も、通信の容量も不足なんで、ちょっと勉強しなおしてから、そのうちやりますよ。あんまりたくさんはできないだろうけどね。

乗客は日本人もかなり多くて、旧知の方にも空港で偶然出会うし。なかなかいい感じ。というか飛行機の中でも、日本人のおばさん団体がすごかったですよ。若い旅行会社の添乗さんと大盛り上がりで、少女時代に戻った感じ?  大怖!

 エート、ちょっとというかかなりな有名人さんが、乗られているようですが、まあ名前を出して良いかは本人に確かめてからね。
それに日本人スタッフは、郵船時代よりも多い6人って?なんだろねこれ。
 楽しい旅になりそうです。続きはまた、ミッドナイト情報で送ります。

ああ、腹減った。ではーー。