客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

中国人客

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

プライベートアイランド! 奄美の候補地を見てみました。って、国交省のホームページですけどね。

  さて、今日はまじめにクルーズの話に取り組みましょうか? 
 はい、一昨日T..Iさんニュースで取り上げていたプライベートアイランドの問題です。ゲンティンさんが、ミャンマーの現地企業と提携してマクラウド島というところにプライベートアイランドを造る計画が進んでいるという話ですね。ゲンティンはすでに中国の広州でも同じような計画を進めているとか。

 同時に、もう一本紹介されていて、バハマの労働者が、「クルーズ船は客を連れ来るけど、お金は落とさない」。でもって、陸上のサービスでも現地の労働者でなく「第三国の労働者」に置き換えつつある、なんて。

 二本の記事を続けて読むと、クルーズ〈寄港地〉先進国?のバハマと、後進のミャンマーを対比して! 寄港地国の近未来について、何が起こるのか、分かってしまう? 
 これって印象操作だぜ! 叱られるよ!なんてね。

 まあ、まだミャンマーでは反対なんて声は出てないでしょうけど、カリブではクルーズで儲けるのは船会社だけみたいな話が起きていて。確かにプエルトリコでも、ハリケーン「マリア」直撃からの復旧でトランプさんに救済支援をお願いしたら、「自分でやれ」みたいな話で。現地が激怒したなんて話も伝わっているように、クルーズの島々にも反米感情が…。
 客船と寄港地側の関係も「相互に恩恵」という、美しい物語ばかりではないようです。

 でもって思い出したのは、国土交通省港湾局が旗振り役を務めようとしている南西諸島、とりわけ奄美大島プロジェクトのその後でした。
 寄港地大国を目指すニッポン! ですからね、RCIの龍郷プロジェクトを現地の抵抗で再検討に追い込まれたニッポンは、国が旗振り役になって、より大々的にプロジェクト実現に動いているという話ですね。

クルーズの先進地域であるカリブ海では、クルーズ船が島嶼部に寄港し、ビーチなどにおいて一日滞在型の寄港地観光が行われており、新たな雇用創出など地元経済の活性化に貢献しています。
 我が国では、南西諸島の島々は、山海の豊かな自然を有するのみならず、東アジアのクルーズ発着の中心である中国本土に近接しているなど大きなポテンシャルを有しており、地域の資源を活用した寄港地観光メニューを備えた寄港地としての開発可能性が極めて高いところです。(港湾局のホームページより)

 というんで、国土交通省は、カラー版の美しいサイトを造り、こうしたクルーズリゾートの形成を目指して、「地元自治体と連携して、さらに検討を進めてまいります」んだそうです。
 でもって奄美大島を中心に9つの候補地を例示し、プライベートアイランドやプライベートリゾートを造りませんか? として推薦しています。

 で、カリブ海の例として挙げているのは、カーニバルのプエルト・プラタとRCIのラバディ。それぞれ船会社が、土地を求めたり、賃借して、100億円単位で投資して、自社クルーズ船だけが寄港できるリゾート開発をしている様子を紹介しています。
 
 つまりストーリーとしては、奄美大島や徳之島には、こうした候補地が沢山あります。もし興味があれば、斡旋しますよ!
 
なんせ、日本はいま、「クルーズ500万人時代の到来に向けて、我が国の寄港地としての魅力を向上させるためには、多様なクルーズ旅客のニーズに対応するための新たな寄港地の開発が必要となってい」るんですからね。というわけです。
 
 まあねえ。これ以上、何にも書きたくはないですが、「東アジアのクルーズ発着地・中国」に隣接しているという「ポテンシャル」のある島々を、アメリカの大クルーズ会社さんに斡旋しますから、投資なんぞ、いかがですか? という感じですかね。

 何、国交省は、南西諸島の領土をアメリカのクルーズ会社に売り、中国人が沢山やってきて和むリゾートを造るの? でもってこうした活動を通じて、(外国人)クルーズ500万人時代を実現するんですか? これが、寄港地大国ニッポン! のインバウンドの行き先ですか?

 なんだろうねえ。この人達は! これが日本国の港湾局さんの戦略? こんな話を聞いたら、「対馬や北海道が買い占められる! これでいいのか」なんてキャンペーンを張ってる産経さんあたりになんて言われるかわからんよねえ。
 「いや、中国人が買うわけじゃくて、トランプさんの国、アメリカだったらいいんです?」なのかなあ。

 まあいいや。日中韓、そしてアメリカの友好で東アジアに平和を!ですよね。 
 クルーズはそうした近隣諸国の友好と経済的結びつきを強めるためには、素晴らしい産業なんですよ。こうした国際的クルージングリゾートを開発する! 日本の近未来の国際化はこれですよ! ね。

 そんなのが未来戦略? まあ二階さんあたりはイケイケだろうけどね。
 2050年、奄美大島は、中国の支援で独立? 
 この島にの居住人口の半分は中国人とアメリカ人? なんて賑やかな未来が待っているのかもね。
 あるいは、軍艦島みたいな廃墟? なんてことだってあるのかもねえ。 

 はい港湾局さんのアドレスは次のようです。
   http://www.mlit.go.jp/kowan/kowan_fr4_000025.html

コスタの金沢発着クルーズが、C・O・Yですか? はいクルーズ・オブ・ザ・イヤーでんがな。 

  日本外航客船協会(JOPA)さんが選ぶ「クルーズ・オブ・ザ・イヤー」ですが、今年は、コスタクルーズの日本海クルーズですか?
  まあ実は私も、現役の最後のころに、日本で欧米型のクルーズ。つまり定点定期型のクルーズを実現するとすれば、金沢発の日本海クルーズだよ! と言い続けていたんで、このコスタさんの、ネオロマンチカですか? 取り組みには敬意を表するものなんですがね。

 つまり北陸新幹線の開業で東京から金沢まで2時間半で結ばれて、でもって、金沢というのは、日本に一番近い外国である韓国との間で定期クルーズ船が結べば、4泊ぐらいで、いいアイテナリーに仕立てることが出来る!という発想だったんですがね。

 まあ来年もさらに充実させるようですし、舞鶴、境港、博多などの諸港についても脚光が当たっているわけで、「日本人向け大衆クルーズ」の成功例として、引き続き!なんてエールを送りたいですね。

 コスタさんは、RCIさんが中国マーケットに集中し、新造大型船を中国に投入。ダイヤモンドプリンセスさんが、日本クルーズを展開するも、定点型のアイテナリーを諦めて、まあプレミア市場だよ! と寄港地を多様化させて行く戦略をとったのと比較して、初めから定点・定期。それも博多と釜山と上海でそれぞれ乗客を集めるという民族混合型クルーズ、っていやな言葉ですね、諸国民友好型クルーズを始めたパイオニアだったわけで。

 僕も始まったころ、博多から乗りましたよ。ですがね、相方さんの評価を聞くまでもなく、がっかり! 
 何が? はい中国人の騒々しさに、「二度と…」な気分だったんですよ。
 だって、デッキランチのホットドックだって、パンも焼けてない、ソーセージも生のままで、どんどん持って行っちゃう。それもひとりが大量にね。奪い合うようにしてね。しかも、並ばないし。「これが豪華客船?無理だよ」なんてレポートを書こうかと思ったんですが、そこに現れたのが、北陸新幹線! 関東から釜山まで一気に繋がって…。というわけですね。

 今の日本海クルーズには、韓国人も乗っているんかな? でも、このアイテナリーだと、はっきり日本市場がターゲットであることが分かりますからね。嬉しいですよね。いいんじゃないですか、これ? 
 それにキムチもあるんかな? 
 そろそろ、もう一度行って見ようかな?の気持ちにさせられます。

 でもねえ、考えてみると、関東の乗客も、もし便利さだけでいえば、釜山往復するなら、神戸発着くらいのほうが、楽なはずで…。このコスタさんのアイテナリーも金沢や舞鶴、境港みたいな、あんまり行ったことないよ!という寄港地と、北陸新幹線と言う、物珍しさが、効いているんじゃないですかね。
 まああと1年ぐらいは持つだろうけど。カリブ海とかアラスカみたいな永遠性は、なかなか、という気もします。

 幾ら安くても、また金沢から船に乗る? となっても、どうしましょ? というお答えの方が先に来そうだよね。
 うん、各地元さんのご努力は買いますがね。やっぱり船の寄港地としての観光開発というか、新味が欲しいですね。というか、私としては、同じ金沢発着なら、例えば、隠岐とか、対馬とか、壱岐とかさあ、あんまり行ったこことのない目的地をたまに加えて欲しいよね。 韓国側の寄港地も蔚山直行とか、東海とかね?
 あるいは能登半島の輪島にテンダーで上陸させるとか?
 って、これじゃあ、定期定点クルーズの提唱者じゃなくなっちゃうんだよね。オラも。

 まあね。これはこれ!かな? もしコスタのクルーズが気にったら、2回目は、イタリアまで飛んで、本場の地中海クルーズにでも参加した方がいいんじゃないですか?
 なんて書くから港のお兄さんたちに叱られてしまうんだけどね。

 それにしてもコスタの地中海クルーズの宣伝って見なくなったですね、最近。地中海の大衆クルーズと言えば、MSCだもん。てるみくらぶさんが、やっすいよね。
 そうそう、日本市場で一番売れているのはどこか? みたいな市場分析をだれかやってくれませんかね? JOPAさんとか?

 ああ、そういえばJOPAって日本のクルーズ会社の団体だったはずだけどなあ?
 日本船のPRはどうなっているんだろうか?
  

世界で一番幸せな国? えーデンマークですか? 誰が決めたの?

昨日はなんだか、わからんままに、画面が変わってしまって。修復に努めたのですが、WiFiフリーの期限が来ちゃったので、断念。

 でもって、今朝は同行者がIDを使ってないというので、改めて10時間分をゲット。しかもiPADでなくて、コンピュータアットシーなるコンピュータルームで、書いています。
 やっぱり快適だし、キーボードは大きいし…。楽勝ですね。

 すでに船は北海へ。海は少し荒くなって、今まですれ違う船が近かったのに、はるか彼方を走っています。天気はダーク。雲が垂れ込めていて、なんだか暗く、問題続きの西欧に戻ってきちゃった感じですね。
 明日ハンブルクで、下船。AIDAさんはいますかね? その後大雨続きの日本に帰るわけですが、こちらの気温25度、日本着いたら、どんなふうに変わるのか、ちょっと恐ろしいですね。

 昨日は、船からリトルマーメイド、アマリエンボーン城を経て、ニューハウス。さらにはシャトルバスが出る市庁舎前まで、ほぼ8キロを散策。でもねえ、ショッピングを厳しく諌めましたからね。
 ピアでコーヒーを飲んだのみ。でも4人で2000円かな? この国の消費税は22%だそうですが、所得はどうなんだろうね。

 船上の講演会で、世界で一番幸せに暮らせる国をデンマークと紹介していましたが、本当かね。ちなみに次いでアイスランド、ノルウェー、5位にフィンランド、10位かなスウェーデンだそうですが、だったらなんでこれらの国から、船員さんやらの出稼ぎが多いんだろうかね?

 なんてどうでもいいですけど。とにかく一日中昼!ですね。今は日没が10時、日が出るのが、4時くらいですが、朝2時半に起きて空を見ても、うっすら明かりがある感じで、星空を眺めるわけにゆかんかった。

 でも朝起きが日課になっている老人としては、まあ北欧は悪くないかもね。
 一日中、散歩していてもこの季節なら、なんとかなるわ。

 それにしても昨日の続きですが、物価は高い! 僕はマグネットを収集していて、寄港地で必ず買うんですが、一枚800円というんではねえ。なかなか買えませんよ。
 まあ去年イギリスで味わった物価高をここでも感じているわけですが、BREXITの影響、つまり円高の恩恵はほとんど感じませんね。
 どうも為替というより、物価自体が上がっているというか、日本の物価が安すぎるんかねえ。
 この船にも日本人スタッフが、5人ものっているけど、サラリーも国際水準に来ちゃってるのかも。
 
 あそうそう、やっぱり中国人客が20人ぐらい乗っていて、パブリックスペースでの会話が煩くてしゃあない。クリスタルよお前もか! というよりゲンティンが買ったんだから仕方がないわいと、思っていたんですがね。
 でも昨日来た乗船者名簿を見ると中国国籍人はゼロ。ほとんどが香港、それに米国やオーストラリアからの中国人だったですね。まああんまり問題ない??かな。
 日本人は、30人から40人くらい。もっとがんばりましょうね?日本人乗組員のためにもね。

 たぶん、これで今回の紀行記は終わりですね。 なんにも問題なかったですね。
 続きは日本から? こっちも問題なくで済みますかね。ハンブルクでちょっと緊張するかな?
 にしても、あああ、もう終わりかよ!
 
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • さんふらわあさっぽろ、どうしたんですかね? エンジントラブルですか? 新造船なのに。
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ