客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

AIDAprima

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

今年の流行語ですか? PPAPで決まり! でしょうねえ。

   今年の流行語大賞ですか? そりゃあ、PPAPに決まりでしょう。なんたってトランプさんのお孫ちゃんが真似して、歌って踊っての映像が、YOUTUBEに投稿されたのが大きいね。この子かわいいね。将来美人になるぜ! お母さん似だね。ってどうでもいいか。
 まあこの歌だけでも、流行語大賞に近かったのに、これで一気にですかね。

 I have a prima ,I have a perla, I have aida。 でしたよね。確か歌詞は?? 三菱さんの歌でしたよね。
 え?違いますかね。はい!

 ってね。ってこれじゃあ、このブログの流行語大賞になっちゃいますね。

 でも、なんたって今年の初めからボヤを頻発させながら、一体いつ引き渡されるんでだろう!と世間の耳目を集め、引き渡されたら、宮永さんがハンブルクで、「どうだすごいだろう」と欧州のお客さんを集めて大見えを切る。
 ああ、これでご機嫌を直してくれるのかな? 

いろいろ問題を起こしましたが、反省していますんで、引き続き客船建造をやらして下さい!みたいな話で。じゃあ、続けるか?とでもいうのかと思えば、長崎は大型客船から撤退! ですからね。
 でもって赤字は2640億円だったかな?に膨らみ、まだperlaさんの完成時期も決まっていないようだし、赤字額もこれで収まるのかどうかも分からない。

 宮永さんも人生の夢だったんでしょうけど。折角社長になられて、張り切っておられたのに、こんなことに追いまくられた4年間だったわけで、ご同情申し上げる気分は、もちろん、ありますけどね。
 まあいいや。

 でもって、私のipadには、未だに三菱さんの客船事業検討委の報告書が、そのままインストールされていて、時々眺めるんですがね。
 やっぱり納得がいかないのは、欧州造船業に対する評価ですね。「大手3社のシェア合計は90%に達しているが営業利益率は数%にとどまる」としている点です。
 残念ながら、私の手元にはフィンカンチエリやマイヤーの財務諸表などありませんが、「営業利益が数%」って本当なの? と疑問は消えませんね。まさか公的な発表文で嘘を書くなんて、思えませんが…。

 もちろん今頃数%の利益を出しているとすれば、世界の造船所で、そんなとこはどこにもない。というか造船業は総崩れ状態ですからね。それだけでも欧州が健全であることをおっしゃっていることにもなるんだけど…。
 大体、20年ほど前の彼らは、政府から補助金を貰って、日本の造船業からは、「あんたたち合理化しなさいね」なんて批判を浴びていたわけで、そこまで事業として確立させたことを、むしろ称賛するべきだと、思いますし、それに現場に行って見なさいよ。職場環境だって、日本とはずいぶん違った印象を受けるはずです。

 つまり「僕らも失敗したけど、欧州だってうまく行ってないんだよ」みたいな表現で、客船撤退の理由にしているのって、なんと言うかなあ、負け犬の遠吠え? あのブドウは酸っぱいさ? の狐みたいでみっともないですよね。
 本当にマイヤーの経営って、数%の営業利益なんだろうか? どっかで調べて報告して欲しいもんですけどえね。というか、じゃあ中強手とアライアンスを組めば、営業利益数%の造船業を実現できるの? そんな市場を造れるの? と言いたいですよね。

 かの重工さんにこんな報告書を出されたら、日本だって韓国の造船業だって、客船建造に進出しようなんて考えて企画書を出したととしても、「アホか!」でおしまいでしょうからね。罪は重いですよ。この報告書。
 というか欧州では客船建造造船所が新設され、新規参入も続いています。という動向なりを書いて、生き残るためにどうするか、分析するなんて考えは全くないんですかねえ。悲しいです。客船から撤退するために、これだけの労力をかけて、報告書にまとめるというこの会社の壮大な無駄、じゃなかった手続きにも驚きますけどねえ。

 ということで、2017年が、中国特需を当て込んで、トンデモナイ過剰な船腹供給をしてしまった東アジアの船舶業界、とりわけ造船業の淘汰が進む年なんだとしたら、今年はPPAPの年でいいでしょうね。

 紅白歌合戦に出て来るピコタローさんの雄姿を期待して、今年はppapに一票! って、私には投票権なんてないけどね。
 はい土曜日の話題でした。


 

 

バルバスが男性型だったら、Primaさんは女性系…。

 はい。わかりましたよ。船がいいいんですよね!
 というんで、今日は憧れのAIDAさんの写真、大航海じゃなかった、大公開です。

 って、天気が大分違っているのに気付かれるでしょう。私の撮影能力の差ではないんですよ。
 ええ、下の写真がクルーズ最初の日。つまりストックホルムの午後、船に戻ったら入港していたAIDAMarさん。夏至の日の、「北欧晴れ」!でした。

 でもって涙雨じゃなかった、クルーズ下船の日。ハンブルクで出会った、はいprimaさんです。
 primaはデカかったですね。やっぱり。もう見慣れた感じもするんですが、船首部分がまっすぐに切って落とされた、潔さに好感を持ったですね。
 聞けば、新しく就航した小笠原丸の船首部分もこの形とか。三菱さんは客船の設計、つまり船体の省エネ対応として、この形を採用して行くんでしょうけど、「今後のカタチ」って、果たしてこの後も、この船型の登場は続くんでしょうかね?クシュン。

 にしても、どうですかね。バルバスバウに比べて? 僕は見慣れていない分、最初は違和感があったんですが、いまは、こっちの方がいいですね。
 バルバスが男性型だったら、Primaさん女性系…。なんて失礼しました。
 というか、僕はprimaちゃんに恋してしまったかもしれません。
 
 このやろ! いつか乗ってやるぞ! って、ちょっと欲求不満かね。オレって。

 にしても、このクルーズの最初と最後にAIDAの船に出会うなんてね。もっとも写真には撮らなかったけど、サンクトぺテルスブルクでも、Marさんには出会いましたけどね。
 こっちの船の外観も奇麗ですよね。AIDAさんの船って、あの間抜け顔の目ばかりに気を取られますが、大型客船としてはなかなかいい感じですよね。

 というんで、また気になっちゃたんですがね。
 primaちゃんのアイテナリーですが。ハンブルクからロッテルダム、パリ、ロンドンを経て、ハンブルクに戻るという7泊がベースになっている。これってEU巡りのクルーズですよね。パスポート管理はどうしているんでしょうかね?
 陸路でも、空路でもイギリスに入るときだけパスポートチェック、つまり入管をしているはずですが、客船もそうなんですかね?
 去年もロンドンからアムスにやって来た時に、入管、それもアジア人みたいなEU外の人には相当長く混乱した入管が待っていましたし、帰りのガトウィックも大変だったことを覚えています。ってロストバッゲージの方に意識は行っていましたけどね。

 でも、今回も船上では、結構パスポートのやり取りが頻繁でね。ロシアではずっと本人管理で、乗下船のたびに、パスポートチェックされて。まあこれはやむを得ないんでしょうけどね。ただ、最初に出入国スタンプを押されただけで、あとはチェックだけですから、船から最初に貰っていたインフォメ―ション、つまり個人ツアーはビザがないと! というのは、なんか本当かね? の気がしましたけどね。
 つまり2回目以降は、自由に出入り出来た??? まあいいや。

 さらに、コペンとハンブルクの間でも、船に預けたり、返してもらったり。全部で3回ぐらいやり取りしたのかな?
 僕も、この6年間ぐらいの間に、地中海クルーズ、つまりギリシャ、イタリア、スペイン、それにオランダ、ドイツ、フランス、スイスを旅したリバークルーズ。そしてバルト海と続けたんですが、これほど入管の煩らわしさが気になったのは、初めてですね。

 まあいいや。とにかく欧州大陸、まあコンチネンタルですね。ここだけはパスポートなしで行き来できるエリアのままにしてほしい。なんて思いましたよ。それに単一通貨のままで、お願いしますね。
 だって、少なくとも東アジアはそんなの夢のまた夢、でしょうから。

IMG_0984
IMG_0679
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • さんふらわあさっぽろ、どうしたんですかね? エンジントラブルですか? 新造船なのに。
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ