なんだか、写真の構図が良くないんで、ごめんなさい。
 二番目の絵がストックホルムを出て行くときの風景。遠景にシリアライン、もう一隻はなんだろうか?
 そして一番上は、ヘルシンキの元老院広場の前、朝市が立っている広場から、見た絵ですね。左にバイキングライン、右にシリアライン。もっと船にスポットを当てた写真もあるんですが。まあ画面の都合上、という感じでお許しを。

 でもって、ストックからヘルシンキの間の航海は本当に美しいーー。
 その絵を載せようかとも思ったんですが、単なる静かな海、ですからね。
 でもって、「外の人」がおっしゃるように、サマーハウスが点在する島々の間を静かに進んでいきます。
 群青色の海と緑の島、時々白鳥が浮かぶ海をヨットやモータボートが横切ってゆきます。この日は日曜日だったのかな? サマーハウスの水際には、サウナハウスみたいな小屋も見えましたが、人影は見えなかったなあ。

 まあ、こんな風景への思い入れは、都市生活者の憧れなんでしょうけど、「近くにコンビニはないだろうしなあ」なんて考えてしまった僕の心の貧困を、深く反省させられる光景でした。
 
 というので、3枚目の写真。ヘルシンキの朝市で見つけたお店の看板なんですけどねえ!これって、なんでしょう。確か以前に来た時もあったんで、気にはなっていたんですが、固有名詞? 別に漫画は売っていなかったですよ。って話を落とすなよ。
 はい。

 でも、ストックでもガムラスタンの一角に日本の漫画を集めたキャラクターショップみたいのがあって、何語か分からんけど、日本語の漫画も翻訳されて売っていたですね。
 で、コスプレのコスチュームなんかも並んでいたなあ! 戦闘ものみたいのもあったけど、日本の秋葉原のコスプレって、なんていうか、北欧の女の子のファッションをイメージしたというか、デフォルメしたというか。
 髪の色にしても、ヨーロッパのメルヘンの世界のイメージじゃないのかな? なんて思っていたんですがね。

 つまり北欧の町は、まさにコスプレの世界なんじゃないか、なんて密かに期待していた感じもあるんですが、そんな女の子には出会わなかったですね。
 むしろサンクトペテルブルクのエルミタージュの前の大広場あたりに、そんな子がいたけど、ロシアの娘のコスプレなんですかねえ? まあみんな金髪なんで、まったく違和感がないけどね。
 
 なんて、何を書きたかったのか、わかんなくなっちゃった。いやね北欧のいくつかの首都風景を捉えながら、はい、都知事の話、第二弾に持ち込もうと思ったんですがね。つまらんからやめましょうね。

 焦点が小池さんに移っちゃうと、参院選での「3分の2」のもつ意味が薄れちゃうねえ。だいたい、昨年「安保法制は憲法違反」の大合唱で、論争に勝った気分でいらした左派の皆さん。今度は、こういう議論で押し切られることは分かっていたんですけどねえ。
 『安保法制に違反する憲法を変えよう!』 なんてね。

 でも、そんな選挙をしちゃったら、BREGRETでは済まないかもねえ。ええ、つまり、 
 アベコウカイ。
 って、いい言葉が浮かばんけど…。 どうするんですかね。ニッポン!



IMG_0790
IMG_0684IMG_0783