客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

東アジアクルーズ

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

マイアミコンベンション開幕! 女性トップだけのディカッションだって

 マイアミのクルーズコンベンションが始まって、俄かにSea Trade 誌の誌面というか、ネット面が勢いづいていますね。
 僕も、最近では、シートレードのサイトと、クルーズインダストリーニュースとクルーズクリティックスの3誌のサイトを読むようにしているんですが、インターネットの普及によって海外のクルーズニュースが、即、読めるようになったのは、大きいですよ。

 その一方で、彼らも紙、つまり雑誌類の発行を止めない。これら3社の考え方は、日本における業界紙。専門紙メディアの行き方を示していると思いますね。
 なんてね。でもCINさんは、月刊なのかなニュース雑誌をやっていますが、それとともに、年鑑に近いペースでクルーズ関連の各種統計を刊行している。
 新造船統計やら改造・中古船やら、世界各地域のクルーズ状況やらその展望やら、クルーズ会社のWHO’S WHOとかーー。
 これらのデーターブックのお値段は最低でも100ドル。1部990ドルなんてのもあってね。

 でも、何部売っているのか知りませんが、これなんか100ページ以内で、少部数でも、注文と同時に製本すればいいだけですからね。在庫はほんの少しあれば間に合う。いい商売かもしれないですよね。
 というより、そうしたデータ販売とともに、コンサルティングや、自ら主催するコンベンション、会議などの価値も高まるわけで…。

 ぼくもCINさんまとめの一隻別の新造船データを入手しましたが、個人では買えないわなあ! でも、イヤーブックは欲しい! ですけどね。
 にしてもこんな情報産業が充実できるのも、産業がそれだけの大きさを持ち、かつ世界性を持っているからですね。

 ただ、日本を含む極東というか、東アジアは欧米の市場と比べると、やはり言語の障壁がありますからね。東アジアクルーズ市場がしっかりして来れば、独自のニュースなりデータを世界に提供することはできる。つまり商売のチャンスはあると思うんですがね。

 まあいいや。というんで今日付けのシートレードというか、近着のニュースで興味深かった話です。あのバイキングクルーズさんが、中国の招商局、つまりチャイナ・マーチャントとの間で、包括的な提携を結んだということを、マイアミで発表したということかな?

 中国市場の開拓、新造船の設計、建造などで協力して行くということのようですが、バイキングはそれこそ2027年くらいまで新造船のオーダーを内定している。とされていますからね。特にリバークルーズでは長江に船を配船、さらに欧州では中国人向けのリバークルーズ船を走らせる予定ですからね、オーシャンクルーズでも…、というわけですね。
 これって別腹なのかな? それとも欧州建造船を中国市場にもなのか? まあどうでもいいか?

 もうひとつ面白かったのは女性の話。
 マイアミコンベンションのメインイベントは世界のクルーズ会社のトップによるトークショーなわけですが、これらのビジネスリーダーたちのディスカッションとは別に、女性トップを集めたパネルディスカッションを行ったみたいなんですね。(写真・シートレードニュースより)
From left, moderator Lucy Hockings of BBC World News, Carnival Cruise Line's Christine Duffy, Celebrity Cruises' Lisa Lutoff-Perlo and Princess Cruises' Jan SwartzFrom left, moderator Lucy Hockings of BBC World News, Carnival Cruise Line's Christine Duffy, Celebrity Cruises' Lisa Lutoff-Perlo and Princess Cruises' Jan Swartz(写真・シートレードニュースより)

 カーニバルのダッフィーさん、セレブリティのベルロさん、そして日本でもおなじみのプリンセスのスワルツさんかな? 彼女たちが登壇して、「クルーズは女の仕事」と言ったかどうかは知りませんが、ペルロさんによれば「すでのセレブリティのスタッフの30%は女性。4人の女性船長、5人の女性がホテルダイレクターについている」と。
 でも正直、そんなに多くはないなあ?というのが実感ですけどね。

 そして、これは誇らしく言ったのか、残念そうに言ったのか知りませんが、「カーニバルでは、女性の離婚が増えている」とダッフィーさん。つまり仕事に情熱を注ぐ女性スタッフが増えているという話。僕からすれば、クルーズの仕事って、家庭を持つには忙しすぎるのか、長期間家を空ける仕事だからじゃないかと思うんですけどね。

 でも、まあ、海と航海の仕事となると「海の男」という言葉が示すように、男の職場というイメージが強いんですが、「Women wear the stripe」なんて、筋の服を好む女性ーーじゃなかった「制服の女性」特集をシートレードが組んでみたり。アメリカのクルーズ業界の流れも推し量れるような感じで…。

 まあ「雑誌cruise」さんも、記者さんや編集部隊も女性ばかりで、その意味ではアメリカ並み?なんでしょうけど、日本のクルーズ会社はもう少し、女性が目立つような体制でもいいんじゃないですかね。なんちゃって、この話もどうでもいいか?

 ただねえ。日本のPRチームも大デレゲーションをマイアミに送っているはずなんだけどね。ニュースにもメディアにもほとんどその動向が見えてこないのは、なんとも。
 韓国だって、まあ中国や台湾や香港と一緒に「港の充実を図っている」なんてニュースが出ていますがね。それ以上に日本の港は進歩しているのにねえ。

 こんなことを挙げつらって、「日本の存在感が…」なんて書くつもりもないけど…。
 折角のマイアミですからね。クルーズ会社さんを驚かすような話が欲しいよね。
 って? そう一気に5隻の5万トンクルーズ船建造構想とか? マイヤーやフィンカンチェリに新造船発注を発表とか! 
 って話が小さかったですかね? グスン! 

護衛艦よりクルーズ客船を! 東アジアの平和と安定はこれですよね。

 これぞ、日本型民主主義の実態だ! 国民投票では、絶対勝っているという流れだったし、紅組司会の有村架純ちゃんまで、信じられない結果で、紅組勝利って?

 その後のメディアの解説によれば、票の配分はーー 
  ・視聴者投票の勝利で2票

  ・会場投票の勝利で2票
  ・ゲスト審査員10人は1人1票
  ・ふるさと審査員は全員で1票

 国民の声を代表する視聴者の票数は、紅組200万票台に対して、白組400万票台。つまトランプさんとクリントンさんの差ぐらいの票差がついたし、会場の一般大衆の投票も白勝ち!だったのに???
 ゲスト審査員、つまり玄人さんの投票だけで勝敗が決まる、なんて。
 大衆は投票に参加させてやるよ! でも結果は専門家に任せておきさいね。という話なんですかね。

 なんかなあ、英国がECから離脱して、トランプさんが勝っちゃったーーこりゃあ大衆に任せておくと、トンデモナイ結果が出るかもしれないよ。
 つまりこんな風に、権威主義者たちからの反乱が起きていたのかも。なんてね。
 どうでもいいか。でも、お正月の話題はやっぱり紅白でしょう。ニッポンは平和ですから。

 にしても、選挙とか投票ってなんなんですかね。
 正月からきな臭い話題にはしたくないけど、沖縄ではついに辺野古の本体工事を開始するみたいですが、これこそ、国防の専門家が判断するんだから黙ってなさいね、ですかね。

 辺野古の是非を問う国民投票をしたわけでもないし、地元が反対したって、中国が攻めて来るかもしれないんだから、あんたたち黙ってなさいね。 
 公安調査庁のレポートでも、沖縄独立運動には、中国からの支援、というかコントロールが入っているーーんだから。危ないよ。アメリカ海兵隊のためにも、辺野古に滑走路を造らんといかんでしょ! ですか。

 まあ沖縄住民の反対? より東アジアの平和と安定が大切! なんですかね?
 天皇の譲位問題だって、国民は認めているのに、専門家はが正しい結論を出す! 日本は衆愚政治にはならない! んですか?

 なんてね。紅白の投票配分に見え隠れする大衆蔑視、大衆ないがしろ主義的NHK官僚の発想こそ糾弾されるべきだし、それは、沖縄の基地問題に繋がるんだぞ。
 まあそんなこともないんだろうけどね。

 さあ、これから箱根駅伝の街頭応援に行かなきゃ。
 街頭に人が集まるって、韓国じゃ市庁舎前だけど、日本じゃ湘南の道路沿いか?
 いや皇居前も、今年は凄いんだろうねえ。いや明治神宮だって凄いみたいだし。いい国です。
 僕も、国賊!なんて言われないよう、今年も大人しくしましょうかね。

 にしても、沖縄にクルーズ基地を! 
 欧州で造ったアメリカのクルーズ船で、中国や台湾のお客さまを沖縄にお迎えすることこそ、国際協調。これこそ、東アジアの平和の実現です! というスローガンにはどうして票があつまらないのかねえ。

 平和主義で行こうよ! が、今年のテーマです。
 護衛艦よりクルーズ客船!!! これで行きましょうね。今年は。
  

PRIMAさんの映像には、驚くばかりですね。定期定点クルーズの行き先はやっぱりこれか!

   ちょいと暇だったんで、近着のAIDAニュースを見ていたんですが、シップリストの一番先に、AIDApelraさんの名前が乘っていたんで、クリック。

 でもねえ、名前と航路。はい、バルセロナとマヨルカなんですかね。それが出ているだけで、いつからクルーズを始めるのか、などのディテールは読み取れなかったですね。ドイツ語だし。

 でも、凄いですね。primaさんのタイムマガジンは、その後も次々と続報が更新されていて、7月18日付では、アクロバットだのショータイムなんかが上映されています。それにプールサイトの風景を背景に、エンターテイメントオフィサーが話しているんですが、このプールエリアも、なんていうか雄大ですね。三菱は凄いもんを造ったですよ。ホンマに。まさにゼロからホテルやレジャーランドを造っちゃったみたいな感じだもんねえ。

 私は、2週間前にハンブルクにいて、primaさんの入港シーンを見たわけですが、確かにあの気候と寒さではプールはやっぱりインサイドでしか使えませんね。
 というかやっぱりカリブ海の陽光の元で繰り広げられる、アメリカのクルーズに比べると、明るさという意味では、ちょときつい印象はありましたけどね。
 これを補うにはエンターティンメントかな。まあ我々からすれば、寄港地の魅力もいいじゃないか! とは思いますが、テロのパリやBREXITのロンドンは、ドイツ人にとっては、そうでもないだろうし。
 つまり、そうなると船の魅力を存分に…。ということになるんでしょうね。

 まあ西欧の諸都市を巡るクルーズ。僕も北欧ですが、同じような体験をして来たんですが、なんていうかイマイチ、物足りないんですよね。寄港地で美術館巡りや王宮を覗いてもね。聖人君子の清廉潔白な旅をしたいわけじゃないしね。
 考えてみると、都市間を巡るクルーズで足りないのは、つまりは「夜の部」がないんで…。
 今から思えば、サンクトペテルブルクやコペンハーゲンでは、1,2泊停泊したんですが、夕方ともなると、みんな着飾って船から出て行くんですね。
 オペラなんかもやっていたのかな? あるいは有名レストラン? 僕らは船に取り残されて、ワンシーティングのディナーで、いつまでも暮れない、飽き飽きするような港の景色を見ながら、過ごしていました。
 
 まだまだ、僕らの船旅術は未熟なんですね。言葉も通じないし…。
 よし今度は、アメリカで、大リーグ観戦にでも行きますかね。、夜停泊する客船はないかな。っと!
 金もないのによく言うよねえ。ほんとうに。
 
 それにしても、予定ではあと9か月くらいで、perlaさんだってマヨルカデビューでしょ?
 集客も始まっていないんで、いいんですかね。この船を、欧州まで運んでゆくにもひと月は掛ったし…。
 なんて老婆心というか老爺心かな? まさかprimaみたいにはならんだろうから…。

 コスタさんが、来年のクルーズを発表したみたいですね。ビクトリアさんに変わって、ちょっと小さい、コスタ・ネオ・ロマンチカを投入して 金沢、釜山、博多、舞鶴、そして二回に一度は境港に寄る5泊、6泊の定期クルーズを32本ですか。
 まさに本格的な定期定点クルーズの始まり、というか、今年から始まっていたわけですが、うまく行ってるんでしょうね。増便ですからね。
 このコースは、僕も日本近海の定期クルーズを考えるとすると、一押しのコースですね。東日本(金沢・北陸新幹線)、関西(舞鶴)、韓国(釜山)と寄港地はどれも人口集積地近く。このクルーズが上手くいかないんだったら、東アジア、つまり日本、韓国のクルーズは大きくなれませんよね。

 というか、でもねえ、何かもう一味欲しいかな?
 兼六園や天橋立も2回も行きたくないし…。温泉? ローカルショー? まさか芸者遊びや舞妓さんって。何言ってるんだろうね。

 まあ、地中海クルーズがきつくなるだろう来年、東アジアクルーズは、ねらい目なんだけどなあ。
 でも、なんかもう一味!欲しいよね。
  
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • ギリシャのカボタージュを調べてみました。外国船上でも税金がかかるんですね。
  • ギリシャに中国を見た。看板が中国語って、何故?
  • ギリシャ船主の結末に、我が日本船社のそれを見る?
  • MSCが、2000円で横浜~上海クルーズだって。いや、980円というのも出たぜ!なんだかすごいことになって来たですね。
  • 船上にカップヌードル! 日本風味はこうして守られた?
  • GSAが変わった? クリスタルの日本での総代理店から郵船が下りたんだって。
  • 旅の終わりは東横イン羽田でした。
  • 今日は岡留さんの訃報に思うことを書きたかったんですがね。PBは本当のことを言って下さいね!
  • 2019年1月が終わる。大過なくね。「平成クルーズ時代」も幕を引きつつある?
読者登録
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ