客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

フォト・オブ・ザ・マンス

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

ポナンの新造船に見る欧州の雰囲気? なんてね。雑誌CRUISEが発売されました。

 今日はフランスの話です。最近欧州はフランスネタでいろいろと賑わっていますが、昨日届いた雑誌CRUISEの2月号。まあ別に文句はないんですがね、まだクリスマスなのに2月号というのには、ちょいと違和感がありますが、良いですね、フランスの話題がたっぷり。

 今号の特集は、「話題の新造船、話題の新生船社」。
 私のこのところの興味にピッタリのテーマです。うんうん、読者の興味に併せた編集。これこそ雑誌編集者の心意気!ですね。
 というんでメインはポナン! 
 はいフランスの船社ポナンが新造船シリーズを建造し始めていて、そのコンセプトのレポ―ト、それにヴァージンのスカーレット・レディとか。

 特にポナンは、ついに欧州の客船後進国フランス? が本格的に世界に撃って出てきたという感じかな。
 1988年創業というから、「新生船社」というには、ちょっと戸惑いがありますけどね。つまりは郵船クルーズや新生・商船三井客船とほぼ同時期の創立ですからね。
 まあ、僕なりの「客船国際史」から言えば、アメリカ、イギリス、ドイツ、イタリアとそれぞれの国のナショナルフラッグをオリジンに持つ会社がクルーズにも進出してなんて纏めたあと、最後に「フランスにもポナンという小型船のクルーズ会社あります」なんて、ある意味付けたし風に語るだけの存在でした。
 そのポナンが、いよいよ世に問う、「フランスのエスプリ」ですかねえ。

 というか、日本のクルーズ会社との類似性でいえば、この会社、CMA・CGMつまりフランスのコンテナ会社の統合体の傘下に、2012年に加わり、そのあたりからドドン拡大戦略を加速し始めた、のかな?
 まあ得意分野は「エクスペディションクルーズ」。最初に注目されたのはル・ポナンというハイテク帆走客船で、地中海とか、地球の秘境を訪ねるとか、という感じでしたが、2011年就航の中型クルーズ船シリーズから大洋航海を充実させ…。

 つまり言いたかったのは、遅れてきたクルーズ会社、それも国際的海運企業系列の会社が、ここにきて花開く? 
 はいはい。郵船、商船三井の日系国際海運会社は、昨年ONEというライナーの統合会社までは進んでますがね。クルーズ分野はすっかり置き去り?
 なんてやめましょうか? 
 まあクルーズで立ち遅れていたフランス。ああ、そうそうクラブメッドはまだ一隻だけ帆走客船を運航しているのかな? そんな感じのフランス船社がついに、かな?

 なんていうか、欧米のクルーズ業界は、アメリカ一強支配というか、覇権が完成していて、コスタにしろキュナード、プリンセス、ホランドアメリカにしても欧州船社に見えてカーニバル傘下ですからね。それも経営のコンセプトは、大型船で覇を競う! みたいな大鑑巨砲主義が続いています。

 でもって英国もドイツイタリアも、つまりは「大衆クルーズ主義」へと舵を切っていますが、フランスの生き方は、大分違う、ように見える。
  安かろう型の、アメリカ型大量消費主義と闘って行こうと、いうのかな?
 
 ポナンの、ヨットタイプの新造船ル・シャンブラン(9900総トン)って乗客定員184人なのに乗組員数は110人ですからね。
 料金は? だし、コストは合わないだろうねえ。なんて思っちゃいますが…。これから同シリーズは6隻がデビューしてくるそうで、果たして…。

 話は変わりますが、この船に乗る人たちは、今度のパリのデモにはどんなスタンスなんだろうか? なんてふと思っちゃったですけどね。ちょうどT.Iさんのニュースラインアップで、マルセイユの貧民街で、フランスでは人気がない「マクドナルド」の見直し機運が出ている。なんて記事を見たばかりですからね。アメリカ流のファストフード対フランス料理の対決が始まる? 資本家対労働者。外国人労働者対カルロス・ゴーン、そんなこともイメージしちゃったですね。

 でも、雑誌CURISEのページをめくって行くと、ポナンの「ル・リリアル」ですが、11日間往復エア付きで59万8000円からーーというクルーズプラネットの広告が出ていますね。
 そんなに高くない。これなら…。次のクルーズ計画リストに入れときましょうかね。

 そうそう、今号のフォト・オブ・ザ・マンスですね。やっぱり17ページの水中ラウンジの幻想的な雰囲気の写真ですね。本当に海の中を泳ぐ魚が見えるの? なんて思いますが、心意気はいいんじゃないですか? まあこのラウンジの目的は、「瞑想のための場所」だそうだから、太陽と海と!という明るく健康的な雰囲気というより、混迷が伺える欧州の内省的雰囲気というコンセプトなんでしょうけど。悩めるフランスを著わしている?なんてね。

 正月休み用に。この号は買っておいた方がと思いますよ。 

雑誌「CRUISE」9月号。「今月の写真」は…。本文を見てね! 

   今朝、郵便受けをみたら、あの古典的なカーキ色の紙袋。はい、雑誌「CRUISE」の9月号が着きました。もう9月号なんですね。でもってパラパラとめくってみたんですがね。写真満載で嬉しくなっちゃったですね。

 しかも、ライターさんおの顔ぶれはあんまり変わっていないようですが、カメラの方は多彩になっていますね。それだけ違った感性での写真が撮られ、まあ編集者の腕の見せ所というのか、デザイナーの熟練のせいか、ズームアップしたレイアウトと俯瞰した写真が組み合わせられていて、なかなか良く出来ていますね。

 というんで、恒例のフォト・オブ・ザ・マンス。目移りしちゃいますね。というんで、中村庸夫さんの飛鳥2の写真。42、43ページの見開きですが、これ、ちょうど数週間前にストックホルムに行ったばかりでまあ思い出の風景です。雑誌CRUISE風に言えば、普通の写真なんでしょうが、懐かしくてね。
 はい今月の第3位です。じゃんじゃん!
 今号はプリンセス特集の中にも北欧の絵図が出ていて、いいですけど。まあ僕らが行った場所の写真は、このストックホルムだけでしたけど、本当にきれいな町と自然を思い出しますね。

 そして、そのプリンセスの写真群。はい船内を撮りまくった。いわばプリンセスファンにとっては保存版ともいえる編集内容になっていますが、この写真群が今月の第2位かな? とくに表紙。まあアングル的にはよくある? かもしれませんが、展望デッキに乗客がラッシュしているのが賑やかでいいですね。グランド・プリンセスだそうですけどフォトグラファーは、外国人みたいね。マイク・ルアジさん? 右から6番目にいて手を振っている女性が、我が相方さん。なんてうそですけどね。

 でもって1位は? ジャジャジャン AIDAprima? じゃないんだよな。
 谷川さん一生懸命撮影し、文章も手慣れていますがね。なんたってページ数が少なすぎるよ。世界の艦船の色気のないレイアウト、じゃなかった資料版風の写真じゃなくて、レイアウトもいいですがね。やっぱりCRUISEさんなら、でもって、あれだけ話題になった船、って勝手に話題にしていただけですけど、もっと紙幅を割いて、掲載して欲しかったですね。

 で、どこが? はい、エンジンルームが! って言ったら叱られますかね。新しいIMOルールをクリアしたエンジンルームや船の船首構造なんかみたいね。なんてね。でもって、これは第4位ですね。

 じゃあ、今月のフォト・オブ・ザ・マンスはどれよ! はい! 船知めん太賞はねえ。船旅の面白さとカジュアルさ、旅の妙味を表現した、はい。裏表紙! パチパチ!パチパチ! つまりにっぽん丸の広告写真ですね。
 楽しげだよね。この写真、船旅に行きたくなる。大体、昨日もわが住処近くの熱海ににっぽん丸さんがいらして、花火見物をされて行ったようですが、いまや港のある街には、どんどん客船が来ていますから、こんな感じで添乗さんがいて、寄港地観光に連れてってくれるというイメージはいいんじゃないですか?
 もっとも船旅は、本当はキャリーバッグ要らず! が、コンセプトで、ラクラク旅行なんですが、まあビジュアル的には、これでいいよね。

 にしても気になるのは、全体的に見て、感じる日本船の堅苦しさと外国船の明るさ、かな?
 どうしても日本船の写真は、お客さんが座っていて、しかもきちんと背広なんかきちゃってサービスを受けたりショーを観ている図柄なんだけど、外国船は動きがあるし、ショーも派手だよね。
 でもって31ページの英国風パブのショット。コメントしませんが、こういうカップルも適当におられるのが、いいんですね。はい。

 ということで、話題不足の今日、何とか凌いだですね。雑誌「CRUISE」さんは、偉い!
  
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • ボーと生きてんじゃねえよ、が今年のテーマです。
  • ボーと生きてんじゃねえよ、が今年のテーマです。
  • 飛鳥Ⅱカレンダーより
  • 釜山からリスボンへ、ユーラシア横断鉄道開通まで、もう少し?
  • 釜山からリスボンへ、ユーラシア横断鉄道開通まで、もう少し?
  • 釜山からリスボンへ、ユーラシア横断鉄道開通まで、もう少し?
  • 釜山からリスボンへ、ユーラシア横断鉄道開通まで、もう少し?
  • 北へ! 韓国ツアー(写真1)
  • 北へ! 韓国ツアー(写真1)
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ