客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

クルーズ

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

絶滅危惧種の日本クルーズ船。それこそ国難じゃないんでしょうか?

  さて、明日は誰が勝つんでしょうかね? いえ総選挙じゃなくて。
 重馬場だし、3000mの長距離は、3歳馬にとっては…。って、菊花賞です。菊花賞!

 株の方は、かなり早々と市場からリタイアしてしまったボクとしては、今度の総選挙相場は、指を咥えて眺めているだけですからね。日本政府を信じなかったボクが馬鹿でした! はい。
 まあ「祭りのあと」に思いを致すよりない、となれば。次は菊花賞かな? なんてね。

 これで与党が勝ったりすると、株価も高位安定? となると、クルーズ代金すら払えなくなるよ。負けろアベチャン。下がれ東証! って、むかしトウショウボーイなんて馬がいましたね。関係ないか。 

 そう私の動機は不純なんです。立憲民主や共産党が圧勝し、東証が暴落したら、株の買い場が来るんです。そんな選挙結果を祈ってね。いまは、株にも手を出しようがないもの! 
 しゃあない。明日は嵐みたいだから、今日期日前に行きますかな? ついでに、勝ち馬投票券の方へも投資、じゃなかった投機して明日を待つとしますかね。

 そういえば、一昨日杉並区の京王線の駅で、友人と待ち合わせたんですがね。そしたら駅頭に「日本に革命を!」なんていう勇ましいのぼりがはためいていて、手持ちスピーカーから、大声のアジテーションが聞こえるじゃないですか! 待ち合わせの約束より少し早かったんで、ビラ配りのお兄ちゃんを捕まえて話を聞いたんですがね。立候補者は法政大学OB。全学連の委員長と言っていたかな?

 絶滅したのかと思えば、まだ生き延びていたんですねえ。立憲も共産党も労働者を騙している!なんてね。
 絶滅危惧種ですからね。アベチャンも、保護して上げればいいのにねえ。民共反対派として育てておけば、少しは役に立つかも、なんてことはないか!

 とにかく、明日は台風まで呼び寄せちゃって。凄いですねアベチャン。
 今度の選挙は最初から最後まで茶番で終わりそうです。大体、北朝鮮や少子高齢化が、どうして、今選挙をやるほどの「国難」なのか、未だに分かりませんし。

 ボクからすれば、日本に外国のクルーズ船ばかりが押し寄せて、このことへの疑問を示さず、日本国民が楽しむべき、日本国籍のクルーズ船が絶滅危惧種にまで追い込まれているのに、「クルーズブーム」だなんて。「先進国ニッポン」幻想に踊らされている幼気な国民。そっちの方が「国難」ですよ。
 ああ全学連さんは、「だいたい国民、ってなんだ!」 なんて問うていましたがね。でも「労働者」なんてのも、もうほとんど絶滅危惧概念ですから。

 ああ、クルーズでしたね。
 取り戻せ、日本の制海権! このままでは日本近海はアメリカ船社と中国のものになっちゃうぞ! 現に竹島の韓国軍は、日本政府の相次ぐ抗議にも拘わらず、島駐留軍の軍事組織の強化に乗り出すというじゃありませんか! 日本と闘うぞ! だし。
 なんて、ほとんど私も発狂寸前やねえ。

 もっと冷静になりましょうよね。 
 日本国政府は、南西諸島を開発し、22万トンが入れるクルージングリゾート。つまりはプライベートアイランドみたいなものを創るという政策をしているじゃない。日本列島の観光化はどんどん進めていますから大丈夫ですよ。はい。
 そうです。ここにプライベートリゾートが出来たら、中国から善男善女が沢山やってきますって…。
 日本人は働きましょう。そしてお金をたくさん貯めれば…。

 まあ日本列島の4つの島だけは、何とか確保しましょうよね。
 北海道独立? 沖縄解放? 50年後には中国のスローガンはそうなるかな? アメリカがトランプに負けて、没落し…。 
 大中国の政治的影響力が増して行くと、平和的にそんな話になるのかもね。

 それにしてもダンビュライトはどうして無印なのかな? 武豊が騎乗するにのに…。
 おいおい、競馬の世界も、騎手はデムーロに、ルメールですかい?
 ガンバレニッポン!か? もう、やけになっているのね、あんた。

大伴旅人、鞆の浦、ポニョ! 何故、瀬戸内海に、きづかなかった?

  磯の上に根這ふ  むろの木見し人を   いずらと問わば   語り告げむか
                                                                                    大伴旅人

     広島は鞆の浦で、見つけた和歌です。はい万葉集巻3・448番歌だそうで、太宰府から奈良に、帰任する旅人が、磯の上に立つむろの木に向かって、赴任する時には一緒だった妻と一緒に見たむろだったのに、帰る時には、その妻はもうこの世にいない。わたしの妻は今どこにいるのか尋ねたら、お前は私におしえてくれるのだろうか?   と詠んだ歌だそうです。


  赴任地の、太宰府で、妻を亡くし、奈良に戻る道すがら、瀬戸内海の 港町「鞆の浦」で募る妻への恋情に耐えきれず!ですか?  なんか胸にこみ上げる ものを感じました。

  はい。鞆の浦は、瀬戸内を行き来する船の潮待ちの 港として、奈良時代から栄えていたんですね。僕も何回か鞆には来たことがあるんですが、今回、古い町並みに紛れ込んで 出会った逸話の多くはどれも、新鮮なものでした。朝鮮通信使の泊まったお寺、最古の常夜灯、でもってあの宮崎駿さんのポニョ、はい崖の上のポニョの世界に紛れ込んだ既視感!

   日本にこんなところがあったなんてーー。
    日本でクルーズが始まった頃から、最高の景勝地と言われ続けて来た瀬戸内海。でも、鞆の浦
 なんて寄港地の一つとして上げられたことなど、一度もなかったような。
    大伴旅人、毛利氏と徳川の抗争、朝鮮通信使、いや、いろは丸、つまり坂本龍馬と紀伊藩の海運 抗争事件、そして北前船の高田屋嘉平衛さんだって、ここには度々寄港したはずですし。そしてポニョ!これだけのエピソードが残る町だったなんて。
 
  別にこのままにしておいても悪くはないでしょうが、ぜひ行ってみることオススメします。
   まあ、客船の寄港数を自慢げに争う港町もいいですけど。そこで何を見 、何をするのか?ってもう一度考えてはいかがですかね。 

  大伴旅人が2年の任期を過ごして、帰り着いた奈良では、長屋王の変を経て、藤原氏の全盛期 をむかえようとしていました。旅人は帰京後1年、67歳の生涯を閉じたと、伝記にはあります。中央の政変には頓着せず。亡き妻を思う。なんかなあ? 今やっている平成の馬鹿し合い。総選挙ってなんなんでしょうか?

なんて、無理やり閉めました。
ポニョの宮崎さんが映画の構想を練りながら通ったという喫茶店。情緒がありますよ。
   今回は空いてなくては入れませんでしたけど。つぎには必ず! 

日本客船建造業界の希望の星! 常石造船に力を、ですよね。

  凄いですね。ユリノミクス。なんでもゼロ!って。「電柱ゼロ」は、まあやる気になれば出来るんでしょうけど、「花粉症ゼロ」ですか? どうやるんだろうねえ。
 でも、こんなの出来なくても、次の選挙で「電柱まだあるじゃん」とか、「オラまだ花粉症が治らんぞ」なんて言われても問題にならない、くらいに考えているんでしょうかねえ。
 
 僕も電柱はない方がいいと思っているから、この政策が本当に実行されるかどうか見守って行きましょう。それで、この人のまじめさというか、政治活動へ真剣さが分かるというものです。
 なんかなあ。でも、これらは市民生活に直結した政治課題だ!なんて考えているのでしょうかね?
 だったら、「政治家の不倫ゼロ」なんて政策も入れとけばいいのにねえ。不埒な輩の立候補が減るかもしれんし。ああ、でも、これはネタがなくなるメディアの不興を買うかも知れんですね。はい。

 でもゼロばかり並べている割には、原発の方は「原発ゼロへ」と。この「へ」が問題なんだよね。電柱はゼロ。原発は「ゼロへ」だもんね。
 それにしても、何で「核兵器ゼロ」を掲げなかったのだろうね。もし、そう言っとけば、ノーベル平和賞の共同受賞者くらいに選ばれて、最高の事前運動になったろうにねえ。

 まあいいですけど、9つのゼロ、ちゃんとやってね。政策が肝心!なんてアベッチも言っていますがね、自分が選挙時に挙げた政策なんてなんにもやらずに、安保法制だとか情報統制なんかやっちゃう。
 これからは、これだけはやりません!政策と言うか。「戦争はやらない」「(加計のような)お友達優遇はやらない」とか、そっちを挙げて欲しいね。
 政治が余計なことをしようとすると、世の中どんどん悪くなる! 

 なんてね。もう面白くないね。この話。

 ウーン 常石さんの話ですか? 僕も取材していますがね。何も日経のスクープでも何でもないんですよね。一月前ほどに聞いたときには、「秘密でも何でもないよ。大体、上海の海事展で、何度も発表しているじゃない」なんていなされてしまいましたからね。メディアの劣化!ですよ。
 はい、中国の舟山造船所での建造を前提に、いま造船所への設備投資を実施していますし。客船建造に向けた体制作りは着々! ですよ。
 例のGANTUとの関係を尋ねると、「GANTUとは関係ない」。つまりこっちの船は日本の常石で建造していますし、境ガ浜のリゾート開発が目的で、GANTUはその一つのアイテムですからね。

 まあ、設計なんかの経験はフィードバックはするでしょうが、やっぱり客船を造るとなると、とりわけ内装というか、艤装部分をどうこなすかが大きいですからね。日本で3000トンを造ったから、というんで舟山での建造のトレーニングになる、というほど甘い構え方ではないですね。

 この会社、神原汽船と言う船会社もグループにありますからね。何も建造だけの検討ではないようで。
 僕も現役記者だったらなあ!もっといろいろ! 
 なんて僕の選挙戦術風に書けば、そんな感じかな?原稿を買ってくれるんなら、売りますよ。なんてね。

 でもT.Iさんの悲観主義ほどじゃないけど、そう簡単じゃないのは確かですよ。日経が書くような、今にも実現するみたいな話には、まだまだ、とても、とてもね。
 大体、常石さんの客船への取り組みって、昔々、神原汽船が、南太平洋に定期船を配船していたころ、「乗客も乗せて…」みたいな話で、貨客船を仕立てたことがありましたし。これなんか70年代初めの話だったかの話だし、サウンド・オブ・セトって、宇高連絡船だったか青函連絡船だったかを買って、福山と瀬戸大橋の与島を結ぶ観光事業をやっています。90年代の初めの話です。 まあそれ以外にもプランはいろいろありましたからね。

 今度こそ実現して欲しいと思いますが、あんまり期待するのもねえ。

 というより、日経さんの記事の仕立て方って、三菱が客船から撤退し、その一方で日本船社が造りたがっている。でもって常石が! といういわば三大物語を結び付けたような話ですからね。
 確かに日本のクルーズ事業を巡る環境はそうでも、実際はそんなイメージで検討が始まったわけでもない。 

 でもねえ、こうなったら、日本客船造船業(そんなのあるのかい)の希望の星は確かに常石造船さんだけです。もし客船建造ビジネスに係わりたいと思ったら、ドアを叩くべきですね。
 とりわけ夢を失いつつある三菱さんのOBさんたち。いや現役世代か? いかがですか? 
 三菱の船に希望はない! 「希望」が欲しければ常石へ! ですよ。
 何も保守政治は自民党だけじゃない! ってなんのこっちゃい。

 あ、そうそう。日本のクルーズ会社さんも、このまま「客船造船空白時代」を迎えると、日本はどうなるのか?と考えてみたらいかがですかね。
 今、客船建造に前向きなのは、誰か! 少し考えれば、真っ暗な空に、「希望」が見えて来るじゃないですか!
 なんて、わざわざ「希望」に結びつけることでもないけどね。

 
  

 
 

クルーズ船の供給過剰? うんうんやばいよね。でもガラパゴスジャパンは関係ない!

 まあねえT.Iさんは基本的に悲観主義者ですからね。人類の輝かしい未来への展望を否定される!

 >クルーズ船建造バブルは最高潮に達しつつありますが、もうバブルは弾けそう。そこで、弾けることを前提に将来を予測すべきだと思います。

 弾けたら、クルーズ船の船腹過剰問題は深刻になるでしょうね。コンテナ船に次ぐ大変な過剰供給問題となる。
 そうなると、掘出し物のお手頃価格の新同中古品がザクザクということになるような。その1隻を「飛鳥」(三代目)にするのは、どんなもんでしょうか(笑)。

 はっはは。全面的に同意です。 
 クルーズに輝かしい未来は? うん難しいというか。世界の政情が不安ですし、おっしゃる通り、客船の造り過ぎ。つまり供給過剰が懸念されますもんねえ。
  
 CLIAの予測によれば、17年以降、毎年13、15、20隻と外洋クルーズ船は建造され続け、2026年までに80隻。ベット数で23万ベッド(リバークルーズの17隻含め)が増加する計画。17年現在のベッド数は258万ベッドだそうですから、「一割以下、大したことないよ。供給、つまりクルーズ参加者の伸びはもっと大きいさ!」
というわけで、悲観主義はダメだよ! といいたいわけですね。

 でもって、彼らの精神安定剤は中国!、そして日本もかな? なわけですが、まあねえ。コスタ・ネオ・ロマンチカで日本市場をこじ開けようとしたんですが、市場の反応は???
 それにねえ。中国の伸びも止まって…。しかも富を生み続けて来たカリブ海のハリケーンのダメージは小さくないし、夢にまでみた新しいデスティネーション・キューバとまた国交断絶? トランプの野郎め! な話になっている。 まあ「冬の時代」はともかく、秋から晩秋へと向かっているみたいな感じですね。

 でもねえ、これもマイナス情報として欧州から伝わって来たんですがね。カーニバルとフィンカンチェリが組んで、中国でスタートさせようとしている客船新造プロジェクトは三菱さんのAIDAを上回るぐじゃぐじゃぶりなようで、このままでは「予定通りには…」みたいですね。
 つまり26年までに80隻という絵は、画餅かもしれません。というか自律的に調整される。アダムスミスじゃないけど「見えざる手」ですよね。なんてね。

 それで思い出すのは、第一次クルーズブームのころの話。日本でも客船元年と言われた90年代初めに、ファンレイ・イガーという船会社が、2度に渡って合計8隻だったかなの中小型の客船を一気にデビューさせた。ルネッサンス・クルーズですね。日本にも販売ルートを作ったんですがね、数年であえなく倒産。ですがね、何が起きたかと言えば、船の奪い合い。3万トンクラスの高級クルーズ船として、いろんなところに買われていきました。
 日本勢が気づいた時には、もう遅し! だったのを覚えていますね。

 何が言いたい? ええリセッションがあっても、クルーズ船は消えない。むしろ債務の少ない船が市場に出回って行く。残存者の肥やしになったりするわけですよ。って相変わらず表現が悪いね、あんた。
 でも今度リセッションがあっても、日本勢のリセットはどうかな? 多分、中古市場に出て来る船は日本船がターゲットにしている船よりもどれもデカイ! なんてことで逡巡しているうちに、どっかに吸収されてゆく。アラブかなあ。あるいは東南アジア市場に嵌め込まれてゆく?
 なんてね。

 日本の船社さんは、船を知っていると思っていますからね。海運会社さん出身ですから。でもって、目の前に7万トンの船が浮いていても「これじゃあ大きすぎる」なんて社内で稟議を上げているうちにチャンスを逃す?
 でもって、日本市場はこの船型だ! と、ばかりにすでに市場性を失っているような、既存船とほぼ同型船を世に問うて、彼らのサラリーマン人生は終わる…。

 なんてね、オラも悲観主義者だねえ。と言うかアダムスミスは、欧米市場では成立しても、ガラパゴスジャパンでは、機能しない? のかな?

 話は変わるけど、日本の社民主義者のことをネトウヨ君たちは、ガラパゴス左翼と読んでいるようですね。ええ
護憲ばかり言っている辻元さんみたいな人たちのことですが、よかったですよね。
 ガラパゴスはみんなで手付かずのまま保護して行きましょう!貴重なんですからね。

「北の脅威はますばかり」ーー今度の選挙は「脅威と闘える体制を選ぶ選挙だ」って? 別にアベッチを変えようと、解散総選挙を要求したわけでもないんだから、そのまま、北の脅威に備えてくれればよかっただけじゃないのねえ。

 でもって結果は、アベッチは議席を減らして、脅威と闘う盤石の態勢???は、グズグズになるんでしょうね。
  世の中は思い通りには行かんものですよ。ですが、何が起きても対応できる柔軟性! クルーズでも政治でもそれですよね。
 今、議論しておくことが肝要なんですよね。って相変わらずの上から目線だねえ。
 



 

「厚化粧の女」って、さすがに石原さん、文学者ですね。危ない、危ない

 昨日何気なく書きこんだ「厚化粧の女」という言葉。はい、石原慎太郎さんの名言? のつもりだったんですがね、書いたあとから、何か引っかかる気がしていたんですよね。
 ですので、記憶の底に沈んだワードを一生懸命辿っていったんですよ。そしたらーー。

 はい。そうなんですよね。ああそうか、1991年に公開されたフランス映画「厚化粧の女」か。と思い出しましてね。ええ、原作はフランソワーズ・サガンの小説。ジョゼ・ピネイロ監督の作品です。ジャンヌ・モローさんや、かのアランドロンの息子アントニードロンさんが出演している数少ない映画のひとつですね。
 僕は大年増さんが好きですからね。ジャンヌモローさんは…。なんて、まあどうでもいいか?

 でもって、何で覚えているのかと言えば、この映画の舞台が、いわゆる「豪華客船」なんですよね。
 僕はこの映画、結局見ていないんで、なんの船が覚えていませんが、公開されたころ、仲間内で論争があったことを覚えていますね。
 もう記憶もなく、わかりませんが、多分サガフィヨルドとか? シトマールの船なんじゃないですかね。どなたかご存じないでしょうか? もしご存じだったら、教えてください。

 エーゲ海をクルーズする「ナルシス」という客船上で繰り広げられるドラマですね。主人公は新聞王の夫妻、その妻であるオペラのプリマドンナ・ジャンヌにジゴロのドロンがからんで…。映画解説でも退屈を持て余すブルジョアジーのご夫婦の恋のゲームとありますね。
 集英社文庫の中古本があるんだそうで、Amazonで、注文しちゃいましたよ。いま。

 にしても石原さんの「厚化粧の大年増」って、ここ数年の歴史を変えた名言のひとつ?ですね。 これで善良なオバサン選挙民を、コイケさんに走らせ。さらにアベチャンの「こんなひと」発言は、都議選でコイケ旋風を巻き起こし。なんかなあコイケさんの才能というか魔女性ですね。これ。
 北朝鮮がアベチャンに一生懸命エールを送っている以上の応援歌になっています。

 それにしても、石原さんは、さすがに文学者ですね。「厚化粧のおんな」という名言は、まさにに彼女の本質を捉えている。化粧の奧にある素顔は、まるで白雪姫のお母さん魔女?
 マエバラ君もその毒牙にやられちゃったし、下手すると石原ファミリーが全部討ち死にするかもね。

 でもって、今朝の産経によれば、「選挙の結果次第では、自民党との連携!」だっていうじゃないですか。希望も何もあったもんじゃない!
 こんなのフェイク中のフェイク。今度の選挙がアベッチの加計隠しだと思っていたら、「加計隠し」隠し! 厚化粧さんによって、民進党解体へ。つまり彼女はどこまで行っても「刺客」なんですね。
 コイケさんはアベッチ打倒!じゃなくて、「私が後継です」を目指した選挙だったなんて。怖い怖い! 本当にこわい。

 でもって、毒リンゴ? を食べて、瀕死のマエバラさん。擦り寄ってからめとられた細野一派。
 一方、寸前で食べずに逃げた民進党の重鎮たちは、ほとんど「7人の小人」状態ですからね。
 
 まあ終わりましたね。選挙! いやニッポンかな?
 「厚化粧の女ジゴロ」に軒並み」撃沈!ですわ。

 僕はブルジョアじゃないですが、こうなりゃ豪華客船ナルシスにでも乗り込んでエーゲ海にでも逃げ出しましょうかね。
 もちろん難民救済のためにですよ! なんてね。あーあ。

 まあいいや。厚化粧の女ジゴロには気を付けましょうね、ってもう遅いか。
 本当に、危ない、危ない!

   

宿題一掃? それにしても問題山済みのクルーズ業界ですね。


 今日は、朝から平穏ですね。こういう時に宿題を片付けておかないとね。というので、T.Iさんの課して来た拷問のような質問を片付けましょうか?

1、北朝鮮危機で中国に進出した米国クルーズ企業はどうなる?

  まあアメリカ国籍船社じゃないですからね。北入港船への臨検も旗国の承認が必要なようで、旗国がアメリカでない船は大丈夫? ちなみに今見直し機運がある、ジョーンズアクトは、アメリカ国籍のアメリカ建造船だけしかアメリカ国内運航を認めないというアホな法律で、今クリアしているのは、ハワイクルーズの1隻だけですね。ってこれは災害対応の話か? 全然、質問の答えになっていないですね。
 中国が外貨流失を懸念して、海外旅行を規制しようとしているので、中国増勢には陰りも出て来るでしょうが、北朝鮮危機はあんまり関係ないと? 今後、本当に中国船へのシフトが進むのかと、日本政府による東シナ海諸島のクルーズ基地化が進むかどうかが、中国市場のカギを握るですか? 
 

2、ハリケーンで壊滅したカリブ海、クルーズ業界への影響は?

  前例のない事態!だそうで、とりわけ東カリブの諸港がやられていて、早くても11月まではクルーズ船は戻らなという報道もありますね。「ハリケーンイルマ」だけで、7社20航海がキャンセルされ、16クルーズが旅程変更だそうで、各社はクルーズ船を旅行者救出や避難物資輸送などに投入しています。でもって続けてマリア様じゃなかった「ハリケーンマリア」やら、いくつも低気圧がこの海域を襲いつつあります。トランプはパリ協定に残留するそうで、こんな事態を見て、因果関係に思い至っているのかなあ。「助けてマリア様」ですかね。

3、10月に就航するガンツウ、果たして大丈夫?

 まあクルーズというより、海に浮かべたホテルという感じですからね。常石さんは、旧沼隈地区のリゾート開発を進めていて、ベラビスタという超高級ホテルは「隠れ家」と言う感じで、予約が取れないほどの人気です。まあ苦労はすると思いますが…。ですね

4、さんふらわあ さっぽろ、就航遅延の裏で何が?

 教えて下さいな。理由を! でも、我が家の目の前まで試運転で来ていますから、そのうち就航するでしょ。ただ、さんふらわあの後続船に影響が出ないか、こっちも心配ですね。取材して下さいね。専門紙さん。

5、フェリー、RORO船建造狂騒曲、何か裏事情があるの?

 代替期に来たからで、増強ではないですからね。問題は予想もしなかったSOX規制。在来型で、造っちゃったはいいけど、混合油の価格がどうなるか分からんし、環境対策がきつい。でも新しい船のほうが燃費はいいんで、造っておかないと、というところもあって、船会社も悩ましいでしょうね。

6、LNG燃料、本当に環境に優しいのか?

 ほんとに優しいのは、船を動かさないこと? ピースボートが風力と太陽光だけで船を動かせるんなら、これこそ革命だ! でしょうけどね。まあ過渡期のエンジンでしょうねえ。

7、人口減少と高齢化、離島航路に明日はあるか?

  全離島住民が、自民党に投票すれば、保護してくれますよ。今だって離島航路助成は少なくないんだから。

8、日本のクルーズ船、そろそろ更新しないとヤバいんじゃないの?

 はい、おっしゃるとおり。でも日本の造船所は今のままでは、はっきり言って無理。欧州造船所にキャンセルが出るとか、アメリカ船社の傘下に入るか? そんな選択肢しかないでしょう。折角利益が出始めた日本船社なのに、衰退が加速?ですね。

9、エコシップ、本当にできるの?(触らぬ神に祟りなし?苦笑)


 出来るでしょ。エコ!と言っていればいいんですから。どの程度まで?が問題であって。

10、将来は無人化、電動化ですかね?

 まあ、運航部門はね。サービスはロボットバー? アトラクションじゃあるまいし。
 ただクルーのなり手は、ますますいなくなるんじゃない? これは問題ですよね。若い女性からおばあちゃんのクルーへシフト? 年増さんもいいですけどね。私。なんて、ゴメンナサイ!

11、テロの横行とクルーズ

 アキレラウロ? まあないとは言えませんがね。というより飛鳥2の世界一周大丈夫かな? 海賊!自衛艦さんが守ってくれるとは思いますが、また活発化している。

12、ブレグジットはフェリーにとって免税販売の復活以外に利点があるのか?
13、クルーズ船で行方不明者続出、一体、何が?
14、薬物密輸とクルーズ船、近時の手口は?
15、不法移民とクルーズ船、日本にも中国人多数

 まあこれらの話は、また今度ね。でも薬物密輸は、摘発分は氷山の一角でしょうからね。でもこんなに容易く密輸できるのは、クルーズ船以外ないと思いますけど…。
 って駄目ですよ!やったらね。入管チェックをしっかりしましょうね。

 フー。疲れた。 
 これ、時々頭の整理のためにいいかもね。うそっぱちばかり書いてゴメンなさい。

 でも、私が気になっているのは、選挙中にピースボートスキャンダルが破裂したら、ちょっとやばいかもねえ、ということ。
 これ、「ハゲー」や「不倫」どころの話じゃなくなるかも。

港々でお披露目会! いえ、外国船は消費税払ってないから出来ないんだってさ。

   久しぶりに、業界。はいクルーズ業界の方々が集まる小さな集まりに行って来ました。
 数年前に比べて、若い(いえ、僕から見てですけどね)女性陣がとても多く参加されていて、こういう産業が、どんどん女性活躍社会になって行く! って、いいんじゃないですかね。と思いましたですね。

 外国船がドカンと日本にやってくるようになって、どんな話になっているんだろうと興味がありましたけど。まあ、話題も話の中身も、「どうしたらクルーズは広がるんだろ」みたいな話から少し拡散して…。
 でも、官僚OBさんまで、「それにしても日本船が伸びないねえ」「ダメに決まっているよ。日本の船会社が船を造ろうしないんだから」なんて感じでね。まあ平和です。

 議論の中身は、一時期のインバウンド振興にまい進する観光庁旗振り型の日本クルーズ論から、ようやくもとに戻ったはいいけど。 
 外国船受け入れ方策の話から、「広がらない日本市場をどうするの」論って。
 内容はなあ、元の木阿弥というか、まったく進展していません。

 まあねえ。確かに日本人のクルーズ人口25万人弱というんじゃ意気は上がらんよね。この「小さな集まり」の規模は、「小さな」とは書いたけど、それでも主催者を含めれば50人以上。しかも集まったのは、東京「地方」の迷えるオーガナイザーさんの、しかも、そのうちの、ほんの一部の方々の集まりですからね。

 で、ふと思っちゃったですよ。
 クルーズを振興しようとか、ビジネスチャンスにしようとか、販売から港まで、「クルーズ」と言う事業に係わっている日本の人々の数を全国ベースで計算していったら? それこそ25万人? はオーバーにしても数万人にはなるんじゃないかな? なんてね。効率悪!だよねえ。

 でもって、「25万人市場を広げるためには、どうする?」なんて、みんな供給者のマインドなんだからね。暑苦しいテーマだよね。これって。クルーズの爽快感なんて、どこにもない。

 ですが、面倒な議論はまさに面倒ですからね! 「何故日本市場が広がらないか」論で出て来るご意見は、結局「日本人は長い休暇を取らないから」ですって?? 
 この日は、お盆の中日ですよ。そんな日に東京のど真ん中に50人も集まって、「日本人は、何故休まない」なんて嘆いているって???

 まあ、皆さん大切な仕事をされているお忙しな方ばかりなんですね? 
 こんな集まりに出て来るぐらいなら、休みなさいよ。って私もか?
 そうか、どっかのリゾートとか、客船の船上でやればいいのにねえ。
 お盆なら東京は誰もいない!目に着くのは中国人だけ! みたいな社会になってないことを、もっと分析したらいかがでしょうかねえ!

 ですが、収穫もありましたよ。
 この日一番面白い話題だったのは、港湾関連の方が多かったのですが、「外国船が入港しても、市民にお披露目会をやって、簡単なお食事をだそうとしても、消費税の問題があって…」というPR関係の方からのご意見。

 外国船は、海外で食材を調達してくるわけですね、もちろん。で、消費税のかかっていない食材を日本国内で提供するとなると、脱税?になるのか? そういうのは認められないんだそうです。
 こんな話を財務省OBさんを含めて、みんなで嘆いている。
 そのうち、「いやコスタさんは、日本の港で提供した(パーティやお披露目会での)食材を全部書き出して、計算して消費税を納めた」なんて、極秘情報が飛び出して…。
 
 その話の真偽はともかく、なんかなあですよね。確かに業界のみなさんの集まりですからね。
「港々での見学会のよりよい開きかた」について情報交換するのも分かるんですがね。
「消費税への対応をどうしたら?」みたいな論議で盛り上がっちゃうなんてねえ。

 7、8年前より、議論は後退している? というか堂々巡りをしているんですね。
 「近頃の若い者は…」なんていいたくなっちゃったけど、食材を一品一品書き出すイタリア人もいれば、それを提示されて、消費税計算の妥当性をはじくお上の人々…。

 クルーズ市場。つまり去年クルーズ船に乗られた方々が25万人だったとして、こうした仕事に携わった人々の数って?? そして、港々に警備員、入管職員、バスやタクシーの運転手さん、キオスクのお姉さん…。
 船の乗り組み員さんや陸上のスタッフさん。PRのホームページを造っている人。ブログで与太話を提供している人! ってオラのことか。

 全部計算すると25万人??? って、イタリア人じゃないんだから、こんなこと計算しませんけどね。 
 効率悪いよなあ!

 いえ、こうして日本の安全は守られているんですって!
 平成29年。ニッポンの真夏の夜の一風景でした。はい。



 

 

カジノ解禁へ? でもって船は? 相変わらず蚊帳の外なんですよね。

   あらら。ドジャースですか? もうここはナリーグ西地区での優勝が決まったようなもんですからね。このままポストシーズンまで、行けるでしょうし、むしろワールドシリーズに向けた戦略? ですかね。
 最近のレンジャースは、ちょっと打てないですからね。ドジャースなら、勝ち星も増えるのでは! というより僕の朝の楽しみは大リーグ中継を見ることでしたからね、大歓迎です。

 マリナーズの岩隈君がお休みで、ヤンキースの田中君もイマイチで、ダルビッシュが負け続けてるんで、実はイライラしていたとこですからね。夏休みの楽しみはこれ! ですね。って、ずっと休みみたいなもんですけどねえ。 
 あっつ、そういえば前田さんはどうなるんだろ。ドジャースの先発再編で…。まあいいや。
 少しでも暇が解消すればね。

 というんで、カジノ法案というより、IR法案ですね。暇なんだから、ちょっとしたギャンブルも悪くない。
 有識者会議とやらの報告書が出たみたいですね。ちょっと読みましたが、「官僚の統制」という印象しか受けない内容で、なんかこれじゃあ気楽に暇つぶし!なんて感じじゃないねえ。
 カジノ入場にはマイナンバーカードがいるんですか? 一定額以上の取引について届け出を義務付け?
 設置には、国土交通大臣の許可が必要で、当面2,3か所に限るって?

 なんか報告書を読んでいるだけで、胡散臭い事業と言うか、海外のカジノ資本というか、相当なノウハウを持った大資本が、地方の行政? いや政治家と結びついて…。と、利権臭がプンプンする制度になりそうですね。

 大阪では維新さんが、夢洲に建設する前提で誘致しようとしていますし、横浜では林さんが勝っちゃったですからね。菅さん利権?
 東京は小池さんが前向きでないですから、ちょっと分かりませんけどね。ふふん。豊洲? なのかなあ。って、忘れちゃったですね。この地名。豊洲の名前を思い出すまで、考えちゃったですよ。

 まあいいですけどね。中国人旅行客のふところを狙うだけなら。まあおやりくださいだけど、僕たちの懐? うーん、だったらもっと簡単に入れるようにしてよだよね。
 大体パチンコ屋さんは、全国どこにもあるし、競馬は、これも地方競馬を含めれば、いつでも出来る。
 まあ200円から、と言うわけにはいかんだろうけど、1万円あれば、ハラハラドキドキの勝負が楽しめる。

 というか競馬は、獣医師さんの大切な職場ですからね。今治に…。なんてもう終わった話か?
 この前お訪ねした日高なんかにいると、馬産という競馬の周辺事業はサラリーマン全盛、デスクワーク全盛の日本にとっても大切な産業。農畜産事業の充実を! ですよ。観光資源にもなるし、地方経済を潤しますからね。

 何書いているのか分からなくなってきましたが。
 カジノを解禁するんなら、街角カジノですよ! 西部劇に必ず出て来る場末のホテル&バーでのトランプゲーム! タバコの煙もうもうの中で、ウイスキーをチビチビやりながら、ホステスさんを侍らせて! みたいな。まあ文化と言うか、そういうところから始めさせればいいのにねえ。
 銀座の小粋なバーにトランプのテーブルとか、ショッピングセンター内にスロットやルーレットのコーナーとか。
 それこそ、買い物で余った、おつりの100円玉とか500円玉ひとつでちょっと遊ぶとか! ね。
 いや競馬、競輪だって、街のキオスクで投票券を買えるとか。
 いやいや次の選挙では自民党が何議席か当てる、なんて。まあブックメーカーだけどね。これじゃ。でもそんなのを広めていけば、投票率も上がるというもんですよ。なんてね。

 でもって書きたかったのは、日本のクルーズ船は、ここでも蚊帳の外と言うことなんですよね。大資本でもないし、船会社は政治家への働きかけもしないからかな?
 報告書のどこを読んでも「いったん港を離れたら、カジノ解禁」なんて読めそうな文章はないですからね。
 どうも日本の船社さんも、カジノみたいな「不健全な娯楽」には興味がないようで…。
 IR法が通っても、船上ではカジノゲームなんかでゴマかしていくつもりなんだろうか?

 日本船が流行らない、儲からない理由について、昔は必ず「カジノが出来ない」なんて挙げられていましたが、もうそんな言い訳はできないようになるね。きっと。
 じゃあ、洋上雀荘、洋上競馬ゲーム、洋上サッカーくじ…。ウーン、なにも洋上でやることもないか?
 カジノぐらいもっとお手軽にね。日本はとっくに賭け事社会なんだからね。次は丁半博打場の解禁かな? 胴元はヤクザ? 違いますよ。政府がやるんだろうから。はい、健全です!
 
 

あらら、にっぽん丸じゃないですか!

分かんないだろね。この写真じゃ?
 遠くに見える初島の右。つまりこの写真の真ん中に映っているのが、なんとにっぽん丸さん。でもって右にうっすらと広がるのは伊豆半島です。大室山も見えますよ。
 今朝は日曜日。ゆっくりと朝食をというんで、ベランダ越しに海に目をやると…。

 そうなんですね。今日は今シーズン初の熱海大花火大会。でもって見物にお見えなのかな?
 僕にトリミングの能力さえあれば、にっぽん丸の雄姿をお見せできるのにねえ。


 IMG_1276

英語が話せないファーストレディ? 名誉棄損で訴えなよ。お前も「コンニチワ」ぐらい言えよ、ってね

  まあ、それを前提で購読しているんですがね。
 このところの産経新聞は、ちょっと読むに堪えなくなってきたですね。まあ右的な論調で記事を書くのはいいのですがね。まあこちらもそれを読もうと思って購読している。でもねえ、右派というより、もうはっきりアベシンパというかアベ支持の論調が目立ってきて、こいつら思想性がないんじゃないの?な感じです。
 自民党内の異論に対しても、反アベのイシバさんはこんなこと言い始めているぞ! なんて、まるで反党主義者であるかのような論調で書いています。
 
 産経さんが、最近、加計問題を連載した数回の企画記事を、党本部が全国の支部に「資料」としてメール送信し、回覧したことを嬉しそうに書きながら。これに対して、石破派の番頭さんが「(こんなことすると)党の見解だと誤解を招く、軽率だ」と批判した、なんて。
 まるでマスターベーションなんだけど、悪者は、イシバさん。でもって、産経は自民党の中でも大切にされて、読まれています! と鼻高々です。

 記事のトーンは「岩盤規制に果敢に取り組むアベ政権」に対して「抵抗勢力の文科省」という、押し込まれ放しのアベサン達が、この問題でなんとか立て直そうとしている反論論調一本で突っ込んでいるんですがね。
 正義の味方アベチャンマンに対して、既得権にしがみつく抵抗勢力=悪の官僚群!といった感じです。昔の小泉さんの手法だね、これ。
 
 でも自民党員の皆さん、産経を読んでないんですかね? しかも電子メールでって、こんな企画記事まで産経さんは電子化しているんかな? どうやって、自民党はそんなの購読しているのかな? メール送信したんだろ?産経さんは、ここでもお金貰ったのかな? それとも、メール転載は無料?
 まあいいや、こんな話、書いているうちに馬鹿らしくなってきました。

 今日はね、トランプさんの安倍昭恵さんに対する「正直なコメント」事件ですよ。土曜日だしね、こんな話題がいいでしょう、ね。
 「このこ、かわいいんだけど、英語しゃべれないんだよ」なんて、トラちゃんが話したという話です。
 というか、このニュースを見て、僕は自分の、つまり、ほとんどと言うかまったく英語をしゃべれないのに、クルーズ客船なんかに乗って、外人とテーブルを囲んで、まるで国際人になったように思っているボク! のことを言われているような。
 このニュースに接して、顔が赤くなって、気分がずくずくと沈んできたということなんですけどね。

 「僕は英語が上手くないですから!」なんて、テーブルで言い訳するわけですね。そうすると彼らはお優しいですからね。
 「そんなことないよ、あなたの英語はエクセレント!」とか、
 「英語しゃべっているじゃないか!」とか。
 「僕だって日本語は分からないんだから。イーブンさ」とか、慰めてくれるんですが、
 本音はきっとトランプさん。
 「こいつは、英語が話せないじゃん」!
 だから「ディナーはつまらなかったよ。1時間45分も一緒にいてみなよ!」
 つまり、これがトランプさんに代表されるアメリカ国民の本音なんでしょうね。
 彼らに対して、ずっと感じていた違和感というかコンプレックスを、ぐしゃっと突きつけられたような、ね。

 まあ、そんな場面と言うのは、大体取材でクルーズ船に乗っていたころの話でね。英語の話せるカメラマン氏を同行したりして、なんとか出かけていたんですがね。やっぱり通訳氏を介したディナーなんてね。こちもそうだけど、同じテーブルを囲む同席者の方々に済まなくて…。
 いまから思うと、同席者の方も、サウスカロライナの旅行会社のひととか…。アジア在住の方とか…。船側も配慮していたんでしょうね。

 いまですか? はい。というんで、最低でも4人で出かけています。そうすると4人テーブルがありますからね。それにセカンド、サードレストランも増えた。
 メシの時間さえ凌げば、あとはまあ、カタコトでもねえ。なんとか。

 にしても昭恵さんは、かわいそうやねえ。留学経験もあるし、英語は…、なんて感じで、印象操作していたのに、トランプさんから、実態をばらされちゃって。名誉棄損で抗議してやればいいのにねえ。
 「ハローぐらい言えますわよ」ってね。あなたも「コンニチワ」ぐらい言えないの、とか?

 いや大体ね、僕らが外国に行って、一番英語が通じないのがアメリカなんだよね。早口だし、アクセントも異なるし。
 「こいつ少しわかるのかな?」なんてなったら、途端に訳の分からないジョークで、こちらは薄ら笑いを浮かべるよりない。「微笑みの日本人」なんて、そうせざるを得ないからなのにねえ。

 あんたら、もっと英語を勉強しろよな! 分かり易くな! だよね。
 いや、まあ英語圏の人と話す英会話こそ難行! と気付き始めたのは、このところのことなんですけどね。
 
 昭恵さん、めげずに頑張ってね。
 って、なんかオイラも産経新聞に感化され始めたかな?


 

 
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
  • ミッドウェイから、また悲劇は始まった。なんてね。ええ改憲とはまったく関係ないんですけど。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ