客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

国内

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

温泉です。いいよ!今夜はキンメが待ってます。

   おはようございます。今朝は温泉宿から。まだ酔っています。どうも最近は深酒するようで、未だに昨夜のことはあんまり覚えてない。高橋真梨子って、ちゃんと名前の字も思い出せないけど、歌っちゃて潰れて、、、。どうやって寝たのかも思い出せない.。あらら。ですね。これから朝食、相方さんは、お腹が空いたと、騒いでます。
   そろそろ出かけますかね。
     天気予報とは裏腹に快晴。風もなさそう。では! 

     ということで、昼には熱海からかえりまして。天気悪化傾向。曇りですね。残念。

   で、熱海ですがね。はい中国人観光客で溢れていましたね。僕らは年金基金の施設に泊まったので、静かな夜。でも我らが静寂をカラオケ で騒がしたんですが、もちろん外国人客はなし。
   でも帰り、駅に向かう坂道をそぞろ歩くと、こぎれいな格好の二人連れやら。で、すれ違う時に聴こえて来るのは、、、。多分中国語!

     バス停に並ぶ人々も、高齢者は日本人、でも若い人は、、、。
     でもって、そのバスのフロントには、歓迎だか光臨だとか、飾りつけが!まあ門松みたいな感覚かなあ? いずれにしても、表向きは、中国人大歓迎な日本ですね。

   かつて、ニッパチ!と称して不景気な月のことを嘆いていましたが、今や観光の月なんですね。2月も8月もね。
わたしらと温泉に 同行した者達は、初島まで船旅!と出かけて行きましたが。初島行きの客船は近く新しい船に代替されるそうで、わたしらは新船が就航してからにしましょうね。

  こちらは早めの帰宅。夜の部に備えることにします。
     今夜はキンメが待ってるぜ !みたいです。

空想の世界の話ですか? 日本造船業の挽歌はこうして書かれたの?

 さて、年内発行はいつまでにするか?なんて頭の隅で考えながら、55万回達成を祝う今朝のブログ子です。
 まあ韓国軍のレーダーロックオン騒動もなんだか変な話ですけどね。航空自衛隊あがりの田母神さんが、「あんなの別に危ない行為でもなんでもないよ」「ミサイル装填していたわけじゃないんだろ」なんてSNSで発信したって、日刊ゲンダイに出ていました。まあなあ北のミサイル騒動と違って、日韓が「日本海海戦」なんてあり得ないからね。
 あんまり関心ないですね。

 今朝の東京新聞は、北との鉄道開通工事の起工式ために南の大臣さんが北を訪れた。なんてニュースが載っていましたがね。文さんも意地になっているみたいですね。北と南の融和が進むと、本当に北主導の「社会主義風国家」が生まれる? いわゆる共産圏との国境は対馬列島?になるのかな。

 というかアベサンは、そうしたいんじゃないでしょうかね? 辺野古は、どうやらアメリカ軍のためというよりも、日本が軍事力近代化の一つとして、基地自体新設しておいた方が…なんてね。
 埋め立てを完了して基地を造るまでには、まだまだ10数年掛かるそうですね。軍事力強化もあるだろうけど、それ以上に、日本国民を諦めさせる! というかなあ。

 なんか「自衛隊員も成り手がいない」なんてニュースが流れてきて、次は徴兵? いや産業は外国人労働者に頼むから、軍は…。ですかね。
我が同胞は、本当に従順な人々になって来ちゃったですね。

 はい、金太さま、昨日付けへの書き込みありがとうございました。
 どうやら、造船業の危機というより、この論文って、専門分野しか持たない官僚さん達の危機論のような気がしますね。
 造船出身の技術官僚さんにとって、日本の造船業が崩壊してしまう! なんて絵は描けないというか、そんなことは想定したくもない。
 そうして逃げ込んだのが、仮想現実だった? まるでテレビゲームの動画世界のように。
 つまり官僚さんも現実の世界に住む住人ではなくて、幻想の中で「戦略」を描く空想の住人になってしまったんでしょうかね?

 はい、2015年の造船業と舶用工業に従事する人員は12万5000人。でそれが2025年には13万5000人になる! はい。世界の新造船建造量の30%を日本が占め続けるという前提に加えて、生産性の向上もあるから人は増えるだろう! ですか。

 生産性が向上して、雇用量が増える? まあなあ30年前の高度成長の時だったら、生産性向上=産業の拡大の公式は、まあ一応は成立したかもしれないですけどね。
 生産性が向上すれば、現代では現場の雇用はむしろ減ってゆくんじゃないでしょうかね。

 というか、このプランは一体なにが言いたかったの? というんで金太さんに教えてもらったレポートの表紙を見て、「さもありあなん」なんですね。はい。「日本造船業の目標」と題している。
 かつてお役所さんが、この種の見通しを出すとき、表題は「需要予測」でしたよね、海上荷動き量をはじき出して、既存の船腹量と解撤量を計算し、必要船腹量と世界の建造量を予測し、造船国のシェアを想定し…。
 なんて、少なくとも経済予測の手法に則ったかに見える立論をされていた。
 でも今度のは、「予測」なんではなくて、「目標」なんですか?
 でもって世界シェアもなんの前提も明示せず。14年並みの30%に措定して…。

 やめましょうね。多分「外国人労働者はもういらないの?」なんて官邸から迫られて、そういえば、「目標」をまとめていたっけ? なんて感じで造った未来計画なんでしょうか?

 まあいいわ、あした会社に行けば今年も終わるわねえ。
 大手と言われた日本造船業が風前の灯。東京大学をお出になった官僚さんも、口が裂けても「日本に造船業はなくなる」なんて言えないし、書けない?
 でもねえ、日本造船業の現状は「外国人労働者」の雇い入れ、どころか、もうとっくに産業の存立まで問われているのにねえ。
 その先駆けとしてなのかな「日本で客船は建造出来ない」なんて現実が、わかってしまったのが2018年だったのかも。

 このA4版10ページ程度の「目標」って、つまりは造船官僚たちの「挽歌」と読み替えるべき卒業論文だったのかもしれませんね。

今年もあと10日、元号ってなんぞや、なんて考えてます。

    さて小生の年内の公的行事は、昨夜で終わり。
 いや公的行事なんて全くないに等しいんですがね。まあ家族や親類との交流以外の約束?というか飲み会が終わった。ということですけどね。

 さあさてあと10日、年内にやらねばならないことって? なんて考えながら、昨夜は11時過ぎという、ミッドナイトに帰宅したんですがね。

 郵便受けに、カード会社からの贈り物?なのかな、毎月届く「express誌」が入っていました。高橋源一郎氏のエッセイ「エウレカ」なんかが載っていて、いまや月刊誌と言えば、これしか読んでいない感じなんですがね。

 でもって、今月号(って、来年1月号ですがね)、なんと欲しかった「元号」の一覧表がドドンと載っているじゃないですか?
 目が覚めちゃったですよ。はい今年は平成最後の年ですからね。今までは元号のことなど考えてもみなかったんですが、この雑誌には、なんと「大化」以降、いくつあるんか数えてないけど、A4版1ページ分を占めて。大化、白雉、朱鳥…と続くわけですか? 知らない年号ばかり平成まで。

 これから大晦日までの10日間、これらの年号の整理というか、エピソードを拾ってゆくのも楽しからずや!なんてね。
 確かにこの年号集を見て行くと、我がニッポン国は「万世一系」だわいと思いますね。日本民族の営々たる歴史が受け継がれて…。なんて今日からネトウヨに宗旨替え?したくなるような長い長い歴史なんだと、今更ながら…。
 まあ「天皇家の歴史」と眺めるよりも日本の民衆たちの歴史が営々と…。と考えれば、元号もそれ以上の意味は持たないはずなんですけどね。

 まあねえ、「皇紀は2600年!」なんて歌もうっすらと耳に残っていますが、天皇家の歴史はそちらに任せてね。ああ、今年は2680年だったらしいですね。
 さすがに、この雑誌は、神武天皇までは遡っていませんがね、はい「大化の改新」つまりは中大兄皇子や藤原鎌足によるクーデター?いや革命? を起点に。645年を元号の起点としてまとめてあります。
 そうそう、「大化の改新、虫五匹!」なんて日本史の年号を、西暦ですが語呂合わせで、記憶したことを覚えていますね。「いい国造ろう(1192)鎌倉幕府」とか、「一味散々(1333)北条氏」とか、「イヤゴザンナレ(1853)ペリーさん」とか。って話がずれた。

 で、この特集で山本博文さんという方が書いているんですが、日本の元号って、天皇が決めているわけじゃないんですね。1979年に元号法が成立して、「元号は内閣総理大臣が定める」ものとなったと書いています。まあよくは分かりませんが。
 元号設定の過程で少なくとも皇太子くらいには、承認を求めるとか、3つくらい候補を示して、「どれになさいます?」なんて三択から選ぶみたいな手続きは取らんのかな? 

 いや、これ以上、あんまり突っ込むと不敬罪、いや不快罪くらいに処されちゃうかもしれんので、やめて置きますが、ご本人の退位以降は永遠に名前が残るかもしれない、つまり昭和天皇とか平成天皇なんて呼ばれるようになるのに、自分では関与できないんですかねえ。

 まあいいわ、でもこれだけ歴史に年号が残っていると、新しいのを造るのも大変でしょうね。論語がとか古文書辺りを引いて、いま学者先生は頭を悩ましているんでしょうかねえ。
 例えば大化と平成を併せて「大成」なんてやったら、建設会社の宣伝になっちゃうだろうし、「太平」でもにしたら、落語家の名前に通じちゃう?
 「化成」? えっつ、サランラップかい?

 どうでもいいか? でも、最近はパンダの名前も公募で決めたり、「高輪ゲートウェイ」だったけ?何のための公募だったの? というか、公募とは名ばかりの決め方をするJR東みたいな不埒な会社もありますから無理かもしれないけど、まだ時間はあるんだから新しい元号も公募したらどうですかね?

 私の意見ですか? 元号か。難しいねえ「2019」というのはいかがかなあ? 今年は2019元年。来年は2019二年とかね。これだと西暦と元号の混乱がなくな…、りませんかね。
 でも、平成元年って、「クルーズ元年」と言われたんですよね。新しいクルーズ船が日本でも建造されて。
 出来たら今年は「新造元年」。新世代のクルーズ船の新造が始まる年を記念して…。かな。

 まあいいや、ここらで、こんなどうでもいいブログを一段落させてexpress誌をめくりましょうかね。
 ああ、そうだ。漢字をやめて欧文はどうかな?「エクスプレス」やら「ゲートウェイ」なんて駅名も出来るんだから。
 「NIPPON」とか…。冴えないね、あなた。はい二日酔いです。


徴用工ですか!身捨つるほどの祖国ありや!

   昨夜は、9時半ごろ関門海峡を通過、左舷に門司の灯りと船内テレビが映し出す関門大橋の灯りを眺めながら、韓国への旅の終わりを実感しました。
   船は急にその速力 を落とし、瀬戸の島々を縫うように進んでいます。帰りのパンスターが、映し出してくれる景色はいいもんです。

   朝鮮通信使の昔を思い出している。なんてことはないけどね。
   一衣帯水とは、こんな状態のことを言うんかな?
   でもそんなセンチメンタルなはなしじゃなくて、夜はクルーショーで玄界灘はもりあがりましたからね。でもって、いつもその後デッキに上がろうとおもうのですが、スリープ。心地よい揺れに身を任せたのでした。

    はい。強制労働ですね。
    まあ日本人には、対岸のボヤみたいな感覚でしょうけどね。韓国人は?あんまり推測で書いても仕方ないけど、悲しい過去を思い出して、いや恨んでかな?
   クルーショーの後のダンスに出て来るおじさん、おばさん達を見ていると、なんかなあ!いえ、韓国人だけじゃないですよ。日本人も一緒に踊っていたし。

   この話で、法律を解釈して、裁判の違法性?を論じていることじたいが、虚ですね。この船で、出会った90歳のおばあさんは、日本で生まれて、そのまま帰ることもなく。はい在日と呼ばれる韓国のパスポートホルダーです。死ぬ前に釜山の親類に顔を見せておこう、と。

   1人1千万円の賠償ですか? 日韓の不幸な歴史がそれで賠償できるなら払えばいいじゃん!でも、それでは、すまんだろう?と言う話ですかね。
    今放送中の「西郷どん」では征韓論をどう描くんだろうか?まあ西南戦争や日清戦争につづく、韓半島の物語は、国家とか権力とかってなんだ?なんて話で、被害者は徴用工の人たちの痛みの問題だけではない、と。

  安倍政権は、海外から労働者は入れるけど、移民は認めないって?何を?どんな未来を想定して、言ってるんですかね?   慰安婦とは違って、強制徴用はなかった!とは言わずに、この問題は、解決済みですか?
    日本国内で働こうとしている労働者の問題を、「完全なる平等」「自由な往来」と同じ、文脈で語らねば、また新しい徴用工を引きづる。
    海外からの雇用受け入れは、移民というより、多民族国家日本への覚悟が要ると思うんですがね。
    この政権の、異常さは、都合の悪い時には国際法!  
   沖縄が埋め立て許可を取り消すと、行政命令ですか? 「ああ言えば上祐!」なんてのがいましたね。昔。

   船は瀬戸内を航行しています。周りは日本国なのに瀬戸に浮かぶこの船は韓国!
   官僚的ロジックはもういらないけどね。

     マッチ擦るつかの間、海に霧深し  身捨つるほどの祖国ありや!
      はい祖国って、この韓国や中国につながる海にあるんじゃ?
 

ブリュッセルで見た秋の夜の夢です。ライン川は水不足だって

   ボク? 今、ブリュッセルです。日本国内にいるとうるさくてね。秋のヨーロッパ。枯れ葉が舞い、愛するアキエも機嫌がいいし。こっちだと清々します。長生きできそうですとも。

 これといって、大した用事があるわけでもないし。フランスでもベルギーでも、のんびりとした茶飲み話でもして、トラ君の悪口でも言っていれば、仕事した風に見えますからね。
 夕べもゆっくり眠れたし…。

 日本ではちゃんと。ニカイから目薬みたいな話で、目くらましてるしね。
 目薬の中身だってちゃんとしていますよーー。スガスガしいでしょ。見てくださいな。
 
 ・携帯電話料金の値下げ。沖縄だけじゃなくてね。携帯会社、儲けすぎだよ!
 ・消費税は上げるけど、食料品は8%をキープ。でもイートインが上がるのは我慢してね。
  まあこの政策は、公明君の顔を立てただけだから。批判が多けりゃ止めても問題ないでしょ。
  えっつ!スーパーのレジ業界から献金が来ているって? 慎重に処理しなさいね。
 ・カード手数料の値下げ要請。うん、日本のカード決済導入は遅れているからね。
 ・レジ袋の有料化。環境に優しい内閣です。
 ・賃上げ? もちろん、来年も賃上げするよう経団連にお願いしましたよ。

 ーーこれで、地方選も、参議院選もばっちりだぜ!どうだ、突っ込めるかい? 野党くん。
 自民党は庶民のための政策をいろいろやってるんだぞ。
 というわけですね。メディアにだって、宅配新聞は消費税据え置きだぞ。文句あるか?
 ですもん。これで、メディアさんたちは、二度と叛旗を翻せなくなっちゃった。なんかあったら、常に2%アップしてもいいんだよ!と脅せば抵抗しない。

 テレビは放送法でしばり、新聞はたった2%の消費税をまけてやるから黙ってろ!で済むんだから楽だよね。トラちゃんみたいに「フェイクだ!」なんて騒ぐ必要もない。
 「日刊ゲンダイ」だけがアンチアベで、騒いでいるけど、ここは宅配はないからね。まあ、しゃあない。でも、読者なんているの?ここ。
  
 内政だけじゃないぞ。
 北方領土だって、プーチンに「平和条約の締結を先行させよう」と言わしめて。まずは歯舞・色丹だけでいいんじゃない。領土問題の残りは継続協議にしておけば、22世紀くらいにはね? これで一歩前進!でしょ。この話、70年も動いてないんだからね。
 拉致? ウーン、文大統領も仲介してくれているから、参議院選までにジョンウン君と会談くらいできれば、人気は回復するさ。

 アメリカとの貿易摩擦? 次の選挙までは棚上げして下さい。その代り、次の大統領選までには、イージスアショアも必ず買うし、カジノのサンズさんも上陸させますよ。
 えっつ。辺野古? まあ沖縄の抵抗も今だけでしょ。中国をちょいと刺激すれば、東シナ海の緊張はまた盛り上がる! そうなればね。だから南シナ海でちょっと小競ってといて下さいな。
 その間に僕も、習さんに会いに行って、良く言い含めておきますからね。

 メディアは内閣改造で、支持率が上がらなかったことをさも鬼の頸でも取ったように成果、成果!とあげつらってますがね。ほとんどコンマ以下の下落。ほぼ横這い!だよな。ちっとも怖くないさ。
 僕が本当に残念に思っているのは、隣のプーチンさんや習さんや金さんのような永久政権が、まだ、認められていない?ということだけですね。
 でも、北方領土も、拉致も永久政権ぐらい樹立しないと解決しないぞ。

 憲法改正? 天皇陛下が象徴に固執なさるというのなら、改正は九条だけじゃなくて、アベ政権を元首とする、終身政権とすると決めるくらいのことだって…。まずは、小川栄太郎君辺りに口を切ってもらって世論造りでもしようかな?
 中ロ、北朝鮮と対峙するには、日本にも強力政権が必要だってね。
 だって、日本を率いるって、オレ以外にいないだろ!

 なんてブリュッセルのホテルで見た、秋の夜の夢です。ね、アキエ!
 えっつ? ライン川が水不足で、クルーズキャンセルだって。って、そこまでは僕にも手は打てないよ。ゴメン。
 

消費税上げるんなら、外国クルーズ船の「国内」クルーズと日本船の差を解消しましょうか?ね。

  さて消費税です。なんて出だしから、そんな風に書くと、読者さんが逃げて行ってしまいますからね。
 はいクルーズ事業における内外格差!の問題ですって、言い換えてどうするの?

 なんてね。8%から10%への引き上げ! ジョーダンじゃないよ。という話は置いておいてですね。以前から、どうなっているんだろ? と考えていたのが、クルーズに対する消費税です。実は外国の客船が日本に来航するようになってから、ずっと気になっていたんですがね。調べるのも面倒だし、ほっといたんですが、8%が10%になるんなら、こりゃあ探ってみる必要があるわいと…。

 でもですね。クルーズ船と消費税については、ネットで調べても明解な答えは、ちゃんとは出てこない!んですよね。
 港の岸壁で外国船客の扱いみたいな話ばかりでね。外国人客むけお土産物の消費税は免税!なんて。そりゃあ、空港にも免税店はあるわけで、手続きはともかく簡単にわかる話ですわ。
 
 僕が聴きたいのは、外国船と日本船の乗船料金の課税に差別がないのか?ということですわ。

 はい。今の外国船のアイテナリーですがね。典型的には、横浜を出て神戸に寄って、釜山に寄港し、それから金沢、青森を経由して横浜。そんな感じですよね。
 一方の日本船です。カボタージュを考える必要がないし、釜山は寄港地としても、それほど人気がないですからね。日本一周クルーズなんてなると釜山の代わりに博多や境港辺りに寄るとか? なんて感じですね。

 ジャジャジャジャーン! さてクイズです。果たしてこの場合、消費税はどうなるんでしょうか? 
 ①ほとんど国内クルーズだから外国船にも消費税課税は適用される
 ⓶日本船は国内クルーズだから課税するが、外国船は免税
 ③面倒だから全部無税
 ーーフフフ!もちろん回答は③ですよね。ね、チコちゃん。

 えっつ。ボーッと生きているんじゃないよ!
 回答は⓶なんですよね。日本船は課税、外国船は無税! 

 えっつ? 7泊の日本一周クルーズがあったとして、外国船は釜山にワンタッチするだけで、全部のクルーズ代金に消費税は要りません! でもって、日本船は7泊分全部消費税の対象ですよ! ですか?
 つまり全行程が20万円だったとして、外国船はそのまんまなのに、日本船はおおおお、22万円ですか? 本当かいな?
 って、改めて調べたわけじゃないから間違っていたら、指摘して下さいね。

 まあ乗船料金の方は外国航路の飛行機便もそういう話なんでしょうが、この場合精々福岡から成田を経由してサンフランシスコみたいな話だから、まあ福岡―成田間も海外便だよ!で納得します(そんな空路名もうないですけどね)。でもクルーズだと、アイテナリーの90%が国内なのに? それでいいの?

 運賃はそうだとして、運賃だけじゃなくて、船上の消費。つまりお酒などの飲み物やら、食事代、はいブランドもののバッグなんかも売っていますよね。クルーズ船。
 もちろん外国航路に出る日本船は、「外変」と称して、それまでの国内クルーズでの価格から外国向けに変わったりしますがね。これ外国船でもそうなんだろうか?

 いや、外国船社が日本市場で運航するクルーズは全て海外航路だもの。最初にゆくのが横浜から神戸だとしても、それは海外クルーズの一環?ですからね。消費税はなし。それとも、船上で飲む酒とお土産に買うウイスキーの税制は違うんかな? コンビニみたいにね? 

 冗談じゃない! 消費税分返せ! いや日本船クルーズも無税にして10%分運賃下げなさいね? という声が消費者から澎湃と沸き起こり、港をデモ隊が取り巻く! なんてことにはならんでしょうけど。これって変じゃないの?

 いやここから先は内緒の話ですがね。外国船の船上で金のネックレスを買って、港でそれを売れば、消費税分の10%儲かる? いやクルーズというよりも、上海辺りからの海外フェリーだとどうなるんですかね?
 100万円くらいの金を船上で買って、大阪で降りた時、消費税10%を上乗せして売却するなんて感じの運び屋さんが出てきたら、どうするんだろうか?
 「それは取り締まればいい!」? 
 密輸?というか持ち込み限度額の範囲でも、ですか?

 いや。まだわからんのは、酒類ですよ。外国船が海外で大量に仕入れたビールを日本を巡るクルーズで販売するとして、消費税や酒税はどうなっているのかな? 関税を掛けている? 外国船でも? 
 いやいや、燃料油なんかはどうなんだろ? 消費税はかからんのかな? 

 つまり外国船社のクルーズもいわば国内航路で勝負しているわけですが、日本での補油に際して日本政府に消費税を払っているんですかねえ?いや 課税したら、海外ワンタッチ港で補油しちゃうだろうしね。簡単じゃないんだよ! ですか?

 それとも、「これは外国クルーズだぜ。この印籠が目に入らぬのか?」なんて言われてスゴスゴ! ですかね?
 まあいいわ。だれか外国クルーズ船の日本クルーズと消費税だけじゃなくて国内税制の関係についてまとめて明らかにしてくださいな。明らかに日本国内で商売してるんだからね。彼らも。

 まあまずは消費税からかな? 来年から10%になるんなら、無視していられないよね。海外資本に日本市場は荒らされ放題。でもってその税金で外国船がやってくるクルーズ港はどんどん整備される! 
 なんだか明治維新の頃の不平等税制を見ているみたいな? 感じ。

 納得いく説明ができないんなら。いっそのこと消費税なんてやめちゃえばいいんじゃない?
 ねえ!チコちゃん?

クルーズのインバウンド消費効果って、買い物だけ! 「訪日ラボ」さんがそう書いています

  それにしてもいろんなメディアがスタートしているんですね。
 はい。もちろん「紙」ではなくて、ネット。
 昨日発見したのは、「訪日ラボ」とやらのインバウンドに関する話題を集めたサイトです。前からあったんでしょうね。きっと。
 多分目指すのは、あらゆる産業についての外国人客の動向を捕まえようとしているサイトですね。

 でもって、もちろんこの欄が着目したのは、クルーズ! ですが、このサイト、「インバンド大成功!」ばかりの論調とはちょっと違っていましてね。
 確かにクルーズ船での訪日客は、増えているけど、その経済効果は、ショッピングだけ。思ったほどお金は落としていないですよ!とレポートしています。

 つまり今年4月から6月の実績では、外国人一人当たりの消費は、15万2218円だが、クルーズでは5万662円にとどまる、と。その要因は、クルーズ客が国内では食事もしないし、宿泊もしない。買い物に出て行くだけ! というわけで滞在時間も短い。しかも中国人の場合、日本国内でも、船からお店への輸送だけでなく、連れて行くお店も中国系だったりして、インバウンド消費といってもねえ、という風に書いています。

 詳細は「訪日ラボ」さんで読んでいただくとして、まあそんな1円単位まで計算して指摘するほど消費内容を分析してご指摘いただくような客観性はあるの?みたいな話とも思われます。
 クルーズというのは、「宿泊と食事と移動がパックにされている旅」なわけで、これを外国人が支配する船で、というんのでは、初めから話にならないのは分かっているはず! ですよね。

 外国人がやってくる!といったって、いわゆる「インバウンド消費」という言葉の響きとは、まったくかけ離れた話、イメージであることは指摘するまでもない。

 つまり港にホテルを連れてきて、食事もサービスしてくれる。旅客にとっては、パックになっているその便利さを買っているわけだけど、受け入れる側としては、港まで整備してあげて、日本の観光資産を提供し、外国資本の便宜を図ってあげているに過ぎないと…。

 「インバウンド消費」という言葉の概念自体をもう少し明確にした方がいいですね。というよりこの産業の妙味は、クルーズ自体を、日本の会社が実現しない限り、内需拡大、消費効果などほとんど期待できない! ということじゃないんですか?

 というより、輸送からホテルまでのほとんどを外国資本に握られ、日本はショッピング、と言っても外国製のブランドものなんかを売っていたりしたら、「インバウンド振興!」の掛け声とは裏腹に何をやっているのか分からんという話になってくる。

 つまりつまり、アベサンが言うような観光立国って? 
 一昨日だかアベサン、地方遊説という名の選挙運動で横浜を訪れ、「これから、大型クルーズ船がどんどんやってきますよ」なんて胸を張っていましたが、だからどうした!という話なんですよね。

 全く効果がない!なんて言うつもりもないけど、「港の整備」という公共事業の効果といっても、消費効果はしっかり確かめないとねえ。
 アベサンの政策として、「唯一成功したのは、インバウンド」なんて言われてますがね、日本経済にとってどれだけのものであったのか?。少なくともクルーズにとってはね。

 つまりですね。
 クルーズ振興をインバウンド消費効果に繋げるとしたら、日本のクルーズ客船をどんどん造れるような規制緩和なり、建造促進策を取るべきだったんじゃないですか? 港を造り、CIQ体制を整えるよりもね。
 日本船社が日本で建造した客船で、中国まで行って乗客を乗せ、日本の美しい港にお連れする! そんなイメージの仕事が出来て初めて、「観光立国」じゃないんですかね。

 まあ三菱造船の大倉さんが、「我々は欧州を向いている」と共同通信に語って、欧州フェリー会社のROPAX受注に取り組むと。もう何回目かな?また語っておられます。
 もちろん受注していただければ、それはそれで輸出フェリーという意味で、日本経済に貢献されるわだし、機器類や内装品など、国内にフェリー建造関連産業を育成していただければ、大きく評価できます。

 でもねえ、どうせなら日本のクルーズ船やROPAX会社の船を造り、海外から集客する!そんな風に何で考えて戴けないんでしょうかね?
 かつて、アメリカ市場で勝負しようとして、三菱重工でクリスタルハーモニーを建造した時の発想! インバウンドというのなら、これこそ本道だと思うんですけどね。

 日本船の建造、そして日本の港にも外国からのお客さまを!
 25年前の夢をもう一度ですか? どこで迷っちゃんでしょうね。ニッポン! 


2歳児を救った78歳ボランティアさんに、国民栄誉賞を上げてください。

 なんだかすごいですね。
 はい、子供の生命力です。タイで洞窟に閉じ込められた少年達が、食事もせずに全員生き残ったのも凄いし、もう記憶の彼方ですが、山中に置き去りにされた少年が自衛隊施設の中に逃げ込んで数日間生き延びたこともそうですが、今度は2歳ですよ。彼が過ごした2泊3日。50時間くらいかな? 全くの野ざらし状態で、元気なまま救済されるって。

 まあ人間の生命力については、水分さえ取っていれば、何とかなるという定説は、本当なんですね。というんで、自分が大腸内視鏡で、ほぼ1日絶食した時のことを思い出したんですが、確かに「お腹が空いた」という実感はなかったですね。
 って、そんなのと比べるなよ! すみません。

 それにしてももうひとつ、凄いなと感じたのは、見つけたのが78歳のボランティアさんだったということ。
 この方まるで「雨にも負けず」みたいな感じのお爺さんなんですね。東に大地震があれば、行って片づけを手伝い、西に大水害があれば、出かけて行ってスコップを持つ。

 2歳の子が行方不明になったと聞いたら、取るものもとりあえず、現場に出かけて、捜索に加わる。どころかプロ? まあ警察なんかの捜索隊が見つけられなかったものを、独自の勘なのかな? 「子供は高い方に上るもんだ」と山をかき分け、数時間で見つけちゃったんですからね。

 しかも感心したのは、お腰に付けた飴玉の袋。いやね。もし僕だったら、自分も捜索の合間に食べられるものを持って、みたいな感じで、おにぎりとかサンドイッチとかをお腰に付けなきゃと、コンビニがないかと尋ねたりして、捜索に出かけようとするでしょうね。
 つまり捜索に出るまで「ああでもない」と準備に手間取るんだろうと思うけど、この人は飴玉の袋とタオルを持って、「行ってくるわ」とも言わずに出かけて行ったんだろうと思います。

 といっても、捜索の宛てがあるわけでもないし、徒労に終わるかもしれない作業なのに…。
 まあ、官製の捜索隊の皆さんに、ケチ付けるわけじゃあないけど、まさにベテランそのもの、ですね。veteranって、退役軍人というか「歴戦の兵士」のことですからね。終戦記念日にかこつけるわけじゃないけど、まさにベテランですわ。

 きっとこの2歳児も、最初にくれた食べ物が飴玉だった、ということですごく落ち着いたというか安心したんじゃないですかね。
 国民栄誉賞でも差し上げたらいかがでしょうかね。この方に。

 まあこのところの猛暑で、僕なんかグダグダ。ボランティアどころか、街歩きすらする気が起きなくて、まあ「もうすぐ70歳」だから、「肉体を酷使するボランティアなんて無理だよ」なんて出て行くまえに、言い訳を探して、結局はテレビの前で一日中グダグダ。「今日も一日徒労のまま過ごしちゃった」って感じですからね。

 テレビで2歳児が行方不明!と聞いても、ボランティアで捜索隊に加わる?なんて思い付きもしない。
 いや、このままではいかんですね。今度何かがあったら、ボランティアに行くぞ! 
 ーーそういう人に私はなりたい? 

 いや本当はそういう態度がいかんのだろうけどね。
 今日も暑そうですね。ボランティアにも涼しくなったらね。それまでは義援金? って、あんたなあ。


日本クルーズ船絶好調! 大・日経新聞さんが、書いてくれ たんです。

 はい。今日も日経新聞ネタ。って他の新聞はクルーズも海運も造船もあんまり話題にしてくれませんからね。というので、ついに!というほどのことじゃあないけど、大日経さんが、極零細産業たる日本船のクルーズについてスポットライトを当ててくれたんですよね。
 忘れてなかったんですね。エライ! 願わくば、夕刊じゃなくて朝刊で行ってくれればよかったんですけどね。

 高額なサービスなど「コト」消費が好調だ。
日本郵船などの豪華クルーズは予約が満杯になり、2018年の国内クルーズ人口は過去最高の17年を上回る勢い。ホテルのスイートルームや高級輸入車のシェアリングも伸びている。賃上げに加え株高を背景に日本の中高年層、富裕層が消費のレベルを上げている。
 18年にクルーズに乗る日本人の数は過去最高だった17年の31万5千人を超えそうだ。日本郵船グループの郵船クルーズ(横浜市)では、872人が乗れる国内最大の豪華客船「飛鳥II」が9月出発分まで全コース満席。飛鳥IIは1泊約5万円からで、現在の乗客数は17年を数%上回っている。
 「にっぽん丸」を運航する商船三井子会社の商船三井客船(東京・港)は、1〜6月の乗客数が前年同期を1割上回り「18年通年で過去最高の前年を超えるペース」とみている。年末年始の発着など5コースは発売から1時間で売り切れた。

 僕も今年は去年以上に好調とお聞きしていまして、ようやく日本のクルーズにも春が来たと! 密かにお喜び申し上げていたんですが、こういう話はあんまりニュースになりませんからね。
 飛鳥2は今年は9月分まで満席だそうで。「乗客数は去年を数%上回っている」って? 素晴らしいですね。ついに時代が追いついて来た?

 でもねえ、まあ嘘とは申しませんがね、今年飛鳥2は、一泊当たりの乗船料を大きく下げた世界一周クルーズを実施したんで、去年とクルーズの内容が随分違うんですが、それでも、「全コース満席」万歳! だったんですかね? それに去年もほぼ満員だったのに、それを「数%上回る」乗客数? ですか?

 というか、飛鳥はもう、去年からほとんど満席のクルーズが続いていたわけで、「前年比数%増?」とかの乗船者数よりも、船上の消費がどうだったのか?とか、売るためのコストがどうだったのかの方が大きいんじゃないですかね。

 乗客数の伸び自体よりも、満員のお客を集めるのに、世界一周なら100日分が1回で売れちゃう、みたいなのもあるだろうし…。
 発表即完売みたいに、販売費用が掛からなかったかどうか、みたいなコスト面での比較で、もう少し掘り下げていただかないと、「売れている」の実態が分からないと思うんですがね。
 まあMOPASの集客も、「過去最高の前年を上回る」ペースという表現は理解できます。

 そんな細かいとこ言うなよ、ですね。
 要は、日本の客船はぱしふぃっくびいなすを含めて、ほぼ満席状態のクルーズが続いていて、売るのにもあんまり苦労しない。というまさに高空飛行に入っているようなんですね。
 新聞も、上手くいっている!というニュースは、日経さん以外、あんまり書きませんから。
 同紙の存在価値はここにあるんです。いいんじゃないですか?

 ですがね、船知くんの悪いところは、そうした万々歳の記事では収まらないところかな?
 はい、こんな状態になることは、少なくとも2年前くらいには、予想が着いたはずなのに、何故2018年を目指して、新しい「豪華客船」を造っていなかったの? と。先見性を詰っちゃうんですね。

 まあいま、出来上がっていなくとも、例えば2020年を目指して、造船所での建造に入っていたりしたら? 三菱重工の長崎だってまだ残っていたろうし…。って、まだ残っては、いますけどね。
 そして新造船「飛鳥3」の処女航海の予約でも始めていたら、多分、連日報道されて、日本にも「空前の」クルーズブームが再来していたんじゃないですかね?

 しかもこれまでの常識では、「新造船を造ったら既存船は撤退」だったんですがね、数年前、郵船の内藤社長は「2隻体制も検討している」とおっしゃっていましたからね。今のような上り坂市場に遭遇しないと、そうした決断に踏み切るには、ちょっと慎重論も出て来るわけで…。
 クルーズファンの悲願の実現も、こうした上げ潮の中で成就に向かったんじゃないですかね。
 となれば、続いてMOPASだって日本クルーズ客船さんだって、黙っていない。よね。
 
 にしても、暗い話ばかりだった日本国にも、小さな青空が見えてきたような?
 なんだか訳の分からない国旗の船ばかりじゃなくて、七つの海に日の丸がはためく…。
 くっくく!と咽び泣く。  
 終戦記念日に日の丸クルーーズ船のことを思う! なんて、今日は国を思う日なんでしょうからね。はい。
 こうなりゃ、当面、日本船7隻を目指して行ってくださいね。
 どこで造るの? うーん…。
  

ジャパネットたかたのMSCクルーズ。成功するか見守って行きたいですね。

   実はボクもジャパネットさんで電気カミソリを買ったことがあって、25000円もする最上機種だったんですが、後日ヨドバシカメラで同じものが、少し安い値段で売られていて、「ちっとも安くないじゃん」と気が付いたわけですが。
 ええ、ジャパネットたかたさんの販売手法は、安いということよりも、かつてはコンピューターを買うとプリンターも着いて来て、設定が無料だったり、クーラーを買うと工事費無料、古いクーラーを持ち帰ってくれたり…。

 街中の量販店に比べて安いどころが少し高めでも、これもついてる、あれもサービス!と。
 まあトヨタのカローラでも、1800ccじゃないと、なんて細かいことをいうと、この販売会社は、ちょいと対応してくれないけど、1500ccの白ボディで良ければ、ナビも付いています。車検も3回目までタダとか。なんてセット化して売るみたいな手法なんですね。で、安くなくとも買う!みたいな気分にさせられる。まあ初心者ですからね、機種の選択なんて、ディーラーのおすすめ品でいいや、みたいなね。って、あんまり例が良くなかったか。

 でもってジャパネットさん、昨年、クルーズ販売に参入してきたと思ったら、今年はMSCスプレンディダ限定ですが、2019年5月6日からの10日間クルーズを皮切りに、来年だけで合計6本をドドンと。しかも「全船チャーター」というから、日本人だけの乗客で行く日本近海クルーズの販売を開始したわけですね。

 これまでも阪急さんや近鉄さん、それにJTBさん辺りが外国船を全船チャーターして売ることはありましたが、年に1本か2本。それも「なんとか記念」みたいな銘の打ち方で、まあオズオズと催行したことはあったんですがね。
 これら旅行会社は会社がデカく見えても、クルーズ商品なんかの担当はクルーズだけとか、支店販売みたいに、各事業部門が単独で細々という、感が強いんですよね。

 だからクルーズ担当に任命されたところで、年間6本しかも全船チャーターなんて、「売れなかったらクビ」とか「左遷かな」がちらついて、怖くてできない。
 まあ成功しても大した儲けにはならんですからね。つまりサラリーマンたる旅行会社社員さんからすれば、出世をかけるだけのディールは出来ないんじゃないですかねえ?

 やっぱり個人経営者の強みなんですかね? 乗客定員4363名×6=26178名か。そこまで集めなくいいでしょうけど、2万6000人を集めるぞ! と旗を立てたわけですね。
 というかそれだけのリスクは取るよ、だから売りなさい、というか、号令をかけて商売しているわけですね。これって、HISの沢田さんのライバル登場かな?

 しかも売り方が面白いんですよね。まあ日本の旅行会社がやると、料金10万円からみたいに、一番安いインサイドを提示して、お酒代、港湾使用料、チップ、諸税は別ですよ。
 ハズキルーペでもないと、読めないような小さな字で。プラス3万円必要です! みたいな分かりにくい料金で広告するんですが。消費者から見れば全料金の30%以上も別建てで表示されているなんて、なんかいやな感じだと思うんですがね。

 その点、ここでもユニークですね。そんなの全部込み! つまりこういう大衆クルーズ船なのに、諸税を含めてオールインクルーシブ!で売っている。価格が分かり易いんですね。
 まあその実、その分は表示料金に含めているだけで、決して他社の販売価格より安いというわけでもないんですが…。
 
 はいインサイドでは、14万9800円!とむしろ高めかもしれんけど。でもこの価格はネット広告の中でも一番最後に出て来る料金で、むしろこのクルーズの価格は、「バルコニー付き24万9800円!」を前面に押し出して、売ろうとしています。
 
「豪華さがいっぱいに詰まったクルーズがこの値段、しかもフリードリンク、ノーチップ。ショー見物もタダ、朝食時のバルコニーでのルームサービスもタダ」なんてね。--つまり売り方のキモは、いろんなものが一杯詰まっているけど、みんなタダ。分かり易いでしょう! みたいな商品として売っている感じかな。でも日本船と料金はあんまり変わりませんね。

 しかも標準はインサイドじゃなくてバルコニー付きですよ!という感じで、リッチ感も忘れずににじみ出しているよね。
 まあ僕は以前から、「クルーズは安い」というキャッチだけの販売はおかしいんじゃないと思っていたんですよね。アメリカとは違って、クルーズ商品がそんなに多様でもないのにね。
 料金別の需要層というのは別々にあると思うんですよ。
 まあ、このクルーズが売れるかどうか分かりませんがね。結構考えられたクルーズ商品になっていると思いますね。

 アメリカみたいに7日間で500ドル!いや450ドル!なんて、わずか5千円くらいの価格を削って、その差で差別化を図るみたいな。まあ彼らはサービスがどんなものかほぼ理解していますからね。 
 もっと言えば、末期的な成熟市場でのクルーズ販売でないのに。日本でも同じ手法を取るんですか?
 ジャパネットさんの売り方に面白みを感じます。是非成功して欲しいですね。

 でもねえ、行き先は横浜ー室蘭ー秋田―釜山ー佐世保ー高知ですか? どうなんでしょうかね。「もう行ったことあるしな」なんて声が奥様方から聞こえて来そうですね。どの国よりも鉄道が発達している日本ですからね。行き先はどこも「行ったことある!」ってなりますよね。寄港地に幸福感がないんですよ。

 実は昨日紹介したCRUISE CRITICの日本クルーズの感想の中にも、「(クルーズは良くても)寄港地はどこも小さな都市ばかりで、見るべきものがなく、面白くなかった」なんて声がありましたね。
 どこに行っても、お寺さんか神社。そうでなければ街歩きとショッピング? じゃあなあ。

 日本クルーズの魅力ってなんだ? このジャパネットたかたさんのクルーズに乗って、考えてみましょうよね。観光庁さん? いや港湾局さんかな?
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • ギリシャのカボタージュを調べてみました。外国船上でも税金がかかるんですね。
  • ギリシャに中国を見た。看板が中国語って、何故?
  • ギリシャ船主の結末に、我が日本船社のそれを見る?
  • MSCが、2000円で横浜~上海クルーズだって。いや、980円というのも出たぜ!なんだかすごいことになって来たですね。
  • 船上にカップヌードル! 日本風味はこうして守られた?
  • GSAが変わった? クリスタルの日本での総代理店から郵船が下りたんだって。
  • 旅の終わりは東横イン羽田でした。
  • 今日は岡留さんの訃報に思うことを書きたかったんですがね。PBは本当のことを言って下さいね!
  • 2019年1月が終わる。大過なくね。「平成クルーズ時代」も幕を引きつつある?
読者登録
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ