客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

政治

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

ブリュッセルで見た秋の夜の夢です。ライン川は水不足だって

   ボク? 今、ブリュッセルです。日本国内にいるとうるさくてね。秋のヨーロッパ。枯れ葉が舞い、愛するアキエも機嫌がいいし。こっちだと清々します。長生きできそうですとも。

 これといって、大した用事があるわけでもないし。フランスでもベルギーでも、のんびりとした茶飲み話でもして、トラ君の悪口でも言っていれば、仕事した風に見えますからね。
 夕べもゆっくり眠れたし…。

 日本ではちゃんと。ニカイから目薬みたいな話で、目くらましてるしね。
 目薬の中身だってちゃんとしていますよーー。スガスガしいでしょ。見てくださいな。
 
 ・携帯電話料金の値下げ。沖縄だけじゃなくてね。携帯会社、儲けすぎだよ!
 ・消費税は上げるけど、食料品は8%をキープ。でもイートインが上がるのは我慢してね。
  まあこの政策は、公明君の顔を立てただけだから。批判が多けりゃ止めても問題ないでしょ。
  えっつ!スーパーのレジ業界から献金が来ているって? 慎重に処理しなさいね。
 ・カード手数料の値下げ要請。うん、日本のカード決済導入は遅れているからね。
 ・レジ袋の有料化。環境に優しい内閣です。
 ・賃上げ? もちろん、来年も賃上げするよう経団連にお願いしましたよ。

 ーーこれで、地方選も、参議院選もばっちりだぜ!どうだ、突っ込めるかい? 野党くん。
 自民党は庶民のための政策をいろいろやってるんだぞ。
 というわけですね。メディアにだって、宅配新聞は消費税据え置きだぞ。文句あるか?
 ですもん。これで、メディアさんたちは、二度と叛旗を翻せなくなっちゃった。なんかあったら、常に2%アップしてもいいんだよ!と脅せば抵抗しない。

 テレビは放送法でしばり、新聞はたった2%の消費税をまけてやるから黙ってろ!で済むんだから楽だよね。トラちゃんみたいに「フェイクだ!」なんて騒ぐ必要もない。
 「日刊ゲンダイ」だけがアンチアベで、騒いでいるけど、ここは宅配はないからね。まあ、しゃあない。でも、読者なんているの?ここ。
  
 内政だけじゃないぞ。
 北方領土だって、プーチンに「平和条約の締結を先行させよう」と言わしめて。まずは歯舞・色丹だけでいいんじゃない。領土問題の残りは継続協議にしておけば、22世紀くらいにはね? これで一歩前進!でしょ。この話、70年も動いてないんだからね。
 拉致? ウーン、文大統領も仲介してくれているから、参議院選までにジョンウン君と会談くらいできれば、人気は回復するさ。

 アメリカとの貿易摩擦? 次の選挙までは棚上げして下さい。その代り、次の大統領選までには、イージスアショアも必ず買うし、カジノのサンズさんも上陸させますよ。
 えっつ。辺野古? まあ沖縄の抵抗も今だけでしょ。中国をちょいと刺激すれば、東シナ海の緊張はまた盛り上がる! そうなればね。だから南シナ海でちょっと小競ってといて下さいな。
 その間に僕も、習さんに会いに行って、良く言い含めておきますからね。

 メディアは内閣改造で、支持率が上がらなかったことをさも鬼の頸でも取ったように成果、成果!とあげつらってますがね。ほとんどコンマ以下の下落。ほぼ横這い!だよな。ちっとも怖くないさ。
 僕が本当に残念に思っているのは、隣のプーチンさんや習さんや金さんのような永久政権が、まだ、認められていない?ということだけですね。
 でも、北方領土も、拉致も永久政権ぐらい樹立しないと解決しないぞ。

 憲法改正? 天皇陛下が象徴に固執なさるというのなら、改正は九条だけじゃなくて、アベ政権を元首とする、終身政権とすると決めるくらいのことだって…。まずは、小川栄太郎君辺りに口を切ってもらって世論造りでもしようかな?
 中ロ、北朝鮮と対峙するには、日本にも強力政権が必要だってね。
 だって、日本を率いるって、オレ以外にいないだろ!

 なんてブリュッセルのホテルで見た、秋の夜の夢です。ね、アキエ!
 えっつ? ライン川が水不足で、クルーズキャンセルだって。って、そこまでは僕にも手は打てないよ。ゴメン。
 

税金のない社会? 上から目線で「消費税増税」なんて言ってていいの?

 昨日、消費税の話を書いてから、スポーツジムに行く道すがら、考えちゃったですね。
 この道は、伊能忠敬が泊まったという吉浜海岸の庄屋のあった家の方へ降りて行く、細い曲がりくねった道で、以前はほとんど車も通らない林に囲まれた心地の良い道だったんですが。

 今は道路沿いに宅地開発が進み、ちょっとちいさめの別荘というか、時々しか人がやってこないのようですが、それでも奇麗な家が並ぶようになっていて。後ろからやってくる車に煩わされることが多くなりましたね。

 で坂道の入り口には、ここが小田原に向かう旧道の入り口である。という道標が立っていて、つまり江戸が終わり、明治が始まる150年以前は、この道を通って、湯河原や熱海への湯治客が行き交ったのだろうと…。

 きっと、この坂を下った神社の脇から見える、目の前に開けた海岸から吹く心地の良い潮風、伊豆半島が目の前に広がりますからね。旅情を慰められたのではと想像しますね。
 でもって、明治も進んで、小田原からの人力軽便鉄道が敷かれて、この海岸辺りにも駅が造られたらしくて、道路に駅の道標があります。
 このあたりには、夏ばかりか、今の季節でもサーファーが毎日のようにやって来て、決して大きくない波を追いかけています。でもって、沖には釣り船が浮き、初島も目に入る。

 芥川龍之介のトロッコという小説の舞台はこのあたりだった、と地元の酒屋がチラシを配っていたのを思い出しますね。
 まあ今では、お酒もお米もそこでは買わずに生協に届けてもらうというライフスタイルに変わって来ていますからね。あの小さなスーパ―風の店構えに改装した酒屋さんも、他の商家のように、先は長くないのかな? 酒の値引きは出来ないから、スーパーや生協に淘汰されて行く。
 はい、吉浜海岸にあった唯一の個人資本のコンビニも今年の夏は商売をしませんでしたね。駐在所にも、巡回のお巡りさんが来るだけ。 

 どうやら、今は町として成長する時代の残り火のような季節で、その先は…。
 高齢化が進み、住人が本当に居るのかと、思わせる別荘風の家が並んで、地元相手の商売が潰れて行く。海岸線に残るのは、町営のスポーツセンターだとか、町民会館だとか…。公共の施設です。この町のピークは過ぎた? これからやってくるのは過疎? なんて、思っちゃいましたね。

 って、消費税の話とは全然違っちゃいましたが、何故こんなこと思いついたのかと言えば。オラ達がせっせと払っている税金って、一体? って、道すがらの古い掲示板に張られている地元選出の若い政治家のポスターすらも腹立たしく。
 この選挙区の代議士は2世さん。女性ですが、なんとも苦労知らずの顔していますね。この娘のために税金をお支払いしているのか? と。この娘が政治家になろうとした時の意思とはどんなものだったのか?なんてね。
 
 そんなところから、税というシステム自体って。なんだろ? ってね。太古の昔から税で公共を支えるというシステムはあったように学校でも教えられてきましたがね。本当に税金制度って、唯一公共を支えるシステムなんでしょうかね? と。はい、道すがら。

 資本主義社会の究極? アメリカを見ていると、最近信じられないようなお金を稼ぐようになった大金持ちが、自分が好む政策や事業に対してド―ネーションという形でお金を払う。つまり税金で賄う以上のことを実現したがる人たちが現れてきて、決して半端でない額を負担している。

 別にそれでもいいじゃん?なんてね。
 税なんてシステムがなくなる社会だって考えられていいんじゃないですかね?
 議会制民主主義が本当に唯一無二の制度なんですか? なんてね。
 
 今日はつまらん話を書いちゃったね。ゴメン。
 でもいいや。来週は旅に出るぞ! 
 歩いて?ですか? 
 いやちゃんと新幹線でね。
 でも公共の資本がなかったら新幹線だってできなかったろうに。北海道の鉄道だって、今でも公共だったら…。はい、公共への負担はみんなでね。

 そうですね。はい、ごめんなさい。でも未来は、かつての公共つまりJRじゃなくてソフトバンクさんが「新幹線」を造るような時代が来るかもよ。きっと。
 
 ええつ? 国を守るには軍事力が必要!
 いやそんなの要るの? いやもしかしたら、ソフトバンクやユニクロが持つのかもね?
 そう常識と思っていること自体を疑わないとね。

 このあたりの別荘地は将来も必ず開発されてゆく? 
 ウーン。まあなあ、中国人が入植して来ればね、なんて…。
 今なら安いですよ。いかがですか?
 

LGBTですか? 山本周五郎さんの「菊千代抄」を読んでみましょうね。。

   700万人ですか? それも第一位の目的地はニッポン! すごいですね。中国人。国慶節に大陸から海外に出てくる観光客の数を中国の旅行サイトが明らかにしたと香港のメディアが報じているようです。
 人気の目的地である日本に、例えば全体の30%いらっしゃるとして210万人。日本列島は中国人であふれちゃいますね。この時期新幹線に乗ったり、銀座に行くのは避けた方がよさそうですね。
 あんた人種差別やで。すみません。

 でも、同時に関西や北海道を目指した人々のキャンセルも相次いでいるとの報道もあり、その分どこへ行くんかな? タイや香港、韓国が続いているそうだから、そっちへ流れるのかな? どうせなら沖縄か東北に行ってほしいですね。

 クルーズについては、このところ中国のメディアでも「陰りが出て来ている」と報じているそうですからね。まあクルーズ船で日本へ! という旅の形って、そんなに面白そうには見えないですよ。欧米船社ももう一段の工夫が要りますね。きっと。

 なんて真面目にクルーズと旅行のブログを書くとすれば、こんな話になるんでしょうが、面白くないよね。
 生産性のないLGBTさんとほざいた「新潮45」の話の方が面白いや。新潮社さんの社長さんが、ついに声明を発表して、
あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現が見受けられました」と述べたそうですが、まあ社長まで出て来るというのは、ちょっと平常しゃないねえ。
 まあ朝日新聞の記事を読むと、どうやら彼らにとっての仕入れ先、つまり作家さんたちが、クレームを付けていることがボディブローになって効いているのかな?

 「差別やマイノリティの問題は、文学でも大きなテーマです」なんても語っています。
 だったら人事というか更迭しろよ。「言論の自由」なんて同じ声明の中でも語っていますが、「差別的言動」というのは、言論の自由とはむしろ対立する概念ですよ。むしろ叩かれなければいけない。

 言葉によるイジメみたいなもんですからね。ヒットラーを思い出せよ! だよね。
 この企画を露悪的に取り上げた編集者は、「ユダヤ人の虐殺はなかった」とエンマで書かせた文春の花田さんと同じ罪や。解雇まであってもいいと思うんですけどね。

 実はいま、書店でなにげなく見つけた「山本周五郎名品館1」という文春文庫を読んでいるんですがね。これが面白い。この分冊の表題になっている「おたふく」なんて、読んでいて不覚にも涙しちゃたんですが、その次の話「菊千代抄」が、まさにLGBTとは、って考えさせられる話なんですよね。
 大名の家に生まれた長子である菊千代。大名は後継ぎが欲しくて、最初に生まれた子は女の子でも、男として届け出、育てるという話から始まる小説です。

 それ以上は営業妨害だから実本に当たって欲しいんですがね。別にLGBTのことを書いたわけではないんでしょうけど、性というか、社会の常識というか人の生き方というか、社会的システムとの齟齬というか、淡々と。
 つまりは人の悲しいサガというか、生きて行く「世間」への違和感というか。
 言論の自由なんていうレベルの話じゃなくて。こんなテーマを薄汚い政治家に書かせるという編集者の想像力のなさ。新潮は、出版社としての感性が問われる、みたいに思っていたんですがね。
 
 今日は土曜日、しかも、世の中は3連休ですね。といっても世間様がそうというだけ、わたくしなんぞは、3連休どころか、永遠に続く休暇。あまりに長い休暇に入っているんですけどね。
 で、この山本周五郎名品館は沢木耕太郎さんが編者で、4集まで出ているようです。Amazonで、残りの3冊を求めましょうかね。

 そうそうところでLGBTってなに? レズ、ゲイまでは分かるんだけどね。
 Bはバイセクシャル。Tはトランスジェンダーだそうですね。まあ余計わかんなくなっちゃったけど。
 日本政府は、LGBTクルーズに助成金でも出せば、大分認識が変わると思うけどね。まあいいか。はい土曜日ですから。
 では、また来週。
  

古稀ですか? 酒債は尋常行くところにあり。権力はアベ心臓にあり?ですかね。

 古希ねえ。改めて「古稀」なんて言われてしまうと、なんだかいい気持ちはしませんね。
 「古くから稀なこと」と唐の杜甫さんが、読んだ詩・曲江の「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」(酒代のつけは私が普通行く所には、どこにでもある。(しかし)七十年生きる人は古くから稀である)から由来する言葉だそうですが、はい、還暦が実例では61歳のことを指すのに、古稀は満69歳のことなんですってね。

 つまり私、1949年6月30日に生誕していますからね。もう充分「古稀」な訳でした。
 このことも実は私、知ってはいたんですがね、やっぱりそれなりの覚悟を決めないと、受け入れがたいというか。はいT.Iさんにご指摘されちゃって、今日、正式に「古稀」を名乗ることにいたしましょう、なんて、どうでもいいですけどね。

 それより、改めてウイキペディアで引いてみたら、この言葉の「酒債は尋常行く処にあり」って、なかなかいい言葉ですね。馬齢を重ねた「古稀」よりそっちの方、つまり「酒債」の方がズシンと腹を打つ。
 酒債ですか? 僕なんか「酒債は『尋常』じゃなくて、腎臓にあり」の方で、別に、この齢まで、飲み屋につけを残しているわけではないですが、しっかり腎臓というか、内臓の方につけはたっぷり溜まっているようで…。

 でも酒債って言葉、多分人生の折に触れて、仲間や周りの人々との親交の中で負って来た債務!そんな意味じゃないのかと思いますね。となればオラも酒債ばかり溜まってますけどねえ。
 これからの残された人生(あと30年あるの?ほんとう?)の中で、少しずつでも返済して行かんといけないですね。酒債を。
 それにはもう少し飲み続けろ!ですかね?それとも「いい加減にしなさい」かな?
 まあ勝手に解釈しますわ。

 昨日都内で、反原発集会が開かれたようですね。何故、昨日だったのかわかりませんが、19日には安保法制成立3年目。別に記念日じゃないけど、これもまた、屈辱的な日ですし、昨日は敬老の日だったですし、この集会の主催者は80代が多いようで。

 確かにいま、原発も無定見に次々復活しつつあるようだし、使用済み燃料の行き先だって決めようとしない。本当なら気がおかしくなるような事態なんですけどね。
 今、自民党の総裁選に絡んで、憲法改定が話題になっていますが、3年前の安保法制の制定で、事実上憲法改定なんて実現している。
 南シナ海では、わが海軍じゃなかった海自君たちの潜水艦が海域を一周し、ベトナムに寄港したとか。「我が潜水艦、南方に展開す」みたいな話だけど、こんなこと公式に発表するなんて。
 潜水艦って、普通隠密に行動するんだけどね。東京新聞の見出しは、「極秘に行動」だったかな。笑っちゃいましたけどね。極秘が当たり前なのにPRする意図は?って書くべきだろ、ってね。

「イージスアショアの配備は集団的自衛権に基づいて」、なんて防衛省は認めているようだし、むしろ極秘の軍事行動が、まるで国威発揚へ? と高められている。これもアベッチの3選戦略のひとつだとしたら、そっちの方が怖い。事実はどんどん積み重ねられて行ってるんだぞ。ですか?

 こうなると、反対派は、どれから質して行ったらいいのかテーマが、多過ぎて、どうしよ!状態に追い込まれちゃってる。
 凄いぞ、ハズキルーペじゃなくて、凄いぞアベ政権!だわ、

 今の日本では、クーデターはともかく、いわゆるゼネストすら組織化出来なくなって、都内で8000人集会があっても別の場所では、アベッチやイシバ君の街頭演説が、たんたんと行われる! これじゃあ何にも変わらんですよね。
 アベーイシバ論争なんて無視して報道しない!ぐらいが一番正しい。
 要は選挙でしか関われない「民主政治」なるものの仕組みの可笑しさ。でもってその選挙に向けて、フェイクニュースを連発するアベ―自民の戦術右翼政権。日本は終わるかもね。

 なんてね。アベ晋三じゃなかった「尋常」いや「アベ心臓」には、「酒債」が沢山たまっていて、実は破裂寸前なんだけどね。
 でも心臓は酒債では壊れないのかな? このひと、禁酒しているみたいだし。
 

河野さん、平和条約なんだから文句言うな! だって。帰国してもアベ外交批判を続けて下さいね。

  年に一度のクルーズに、年に一度の小旅行! こんなことを公言している私ですが、今、小旅行の方を考えていまして。もちろんネットで探しますわね。となると毎日ネット旅行会社から、格安航空券だとか、格安パッケージだとか、いやいや本格的旅行へのお誘いのDM(って最近は言わないのかな)が飛んで来ています。

 小旅行ですから、そんな派手なことを目指しているわけでなないんですがね。
 でも、ありますね、興味がそそられる奴が。
 一番そそられたのは、全日空が募集しているパリ6日間。真冬のパリですからね。お安いんですよ。56万円! って往復ビジネスクラスですからね。
 内容もベルサイユ宮殿に、一組ごとに「専用車」で出かけるほかは、ほぼフリー。街中で生ガキをたっぷり!なんてことも可能だね。
 でもねえ、「あなた、何を世迷言を!」などと相方さんに一蹴されましてね。この構想はパス。

 で、今チェック中なのは、タイ、それにソウル・釜山、そしてシンガポール、メルボルンですかね。まあ場所によってはマイレージが使えますからね。全部でひとり10万円くらいで行きたいかな?
 テーマはありますよ。タイはバンコクもいいけどチェンマイ辺りに足を伸ばし…。韓国は2大都市以外に、KTXの途中駅辺りに下車して…。板門店も行きたいけど、まあ紅葉の韓国なんかにも行って見たいな。慶州とか。で、お土産はマツタケ!
 大阪からパンスターで釜山もいいねえ。いまちょっと混んでいるみたいですけどね。

 シンガポール、メルボルンはもちろんテニス見物ですよね。大坂さんのWTAファイナルとか、全豪オープンとか?
 シンガポールのテニスは、10月21日からレーディスのファイナルがある。まだ彼女が出られると決まったわけじゃないけど、セレナも来れば盛り上がるよね。というかそうなったら切符が取れないかな? 錦織君は今年のロンドンに出られないだろうし。グランプリファイナルには、私も無理ですけどね。見物ですよ。出場するわけじゃない、念の為。

 テレビでは、海外からのインバウンド客の興味が「古都見物」から「コト消費」なんて。つまり和食の材料調達から料理教室、そして会食まで付けて1万2,000円!なんてオプションが売れているみたいで、「買い物だけじゃないよ」みたいなPRの仕方をしていますがね。
 私らは、そこまでは欲しませんね。スポーツ観戦でいいや!という感じですね。まあ体が動かなくなるまで。そんなことを夢見ながらね!

 なんて、ネットサーフィン(この言葉古いね、あなたも)をしていたら、「河野太郎外相は13日、ハノイで記者団に「平和条約を結ぼうというのだから文句を言う筋合いのものではない」と述べた(朝日新聞)ーーって。
 あらら河野さんもお好きですね。いまベトナムに行ってたんですか? 国費で海外旅行ばかりしているようで。
 それでもって、プーチンさんの仕掛けに、あたふたとしているアベッチを批判? 
 そうこなくちゃね。

 昨日書いたように、帰国したアベ総理は、案の定、早速官邸に谷内国家安全保障局長と秋葉外務事務次官を呼んで午後5時19分から6時42分まで(「首相の動静」より)、帰国早々異例の長さの相談タイム!
 打つ手が分からずに、将棋盤の前で、「長考」に入っちゃった感じですね。こりゃあ選挙を前に、このまま入院に入っちゃうかもねえ。

 東京新聞は、日本の累積債務が先進7か国では断トツの236%に達して、こっちも「打つ手なし」に追い込まれていると報じているし、災害対応も長期化し、まだ東北大震災の後始末だって、全然なのに次から次へ!ですからね。

 自民党支持の善男善女の皆さん、「ほかに誰もいない?」なんて、このまま3選を支持していって、いいんですかね。
 まあ河野外相も、日本に戻ったら。手のひらを返して、あたふたと、プーチンさん批判に変わる?なんてことはないんでしょうね。
 イシバさんも小泉君だって、だらしないぜ。そろそろアベ政権打倒を掲げて戦ったっていいんじゃないの?
  
 私? ウーン。ベトナムもいいけどな? ハノイは行っていないし、ハロン湾にももう一度! 
であっちで「平和条約なんだから文句言うこともないでしょ」と言ったり…。しても仕方ないねえ。

 今年は温泉!で済ますかな?

日露平和条約を先行しましょう! それでいいんじゃあないですか? さすがプーチン

  日本の官僚さんは、どうしちゃったんですかね。
 総裁選の論戦を避けて、ロシアにノコノコとお出かけになった、シンゾー君に、ウラジミール君から、「平和条約を先行しよう」なんて迫られて目を白黒。読めなかたんですかね?こんな話。
 まあテレビでしかその場面を見ることができませんでしたけどね、明らかに狼狽していましたね。

 「思い付きだけど、冗談ではない」なんて重ねて畳みかけられて。加えて「年内にね」だって。
 とにかく「領土問題解決を優先」とか、「3年内に北方領土問題を解決する」なんてことばかり言い続けるだけのシンゾー君の出方は、とっくに見透かされていましたからね。

 「わかった、じゃあまず平和条約だ」なんてスライダーを投げられちゃった。空振りのまま帰国して外務次官でも呼びつけて、怒鳴りつける? こんなことも読めなかったのか? って。
 今体育会系ではやりの、パワハラでドーカツしても、この先話は宙に浮くだけでしょう。今後シンゾー君がロシアに向かって、いくら「北方領土問題の解決をお願いしますよ!」と弱弱しく呟いても、「平和条約交渉を先にしようよ」で取り付く島もない!

 せめて、取り付く「島」は、歯舞・色丹だけでも…。ってジョークにしてどうするの? 
 財務次官に続いて今度は外務次官を更迭して、そう、佐藤優さんでも次官?いや外務大臣に任用して、この場の対応を任せるよりない? なんて思いますけどね。今度のロシア訪問は完敗だわな!

 これでも、外交のプロ?外交が得意? なんですか? 
 トランプさんには貿易赤字をなんとかしろよ!と迫られ、「パールハーバーは忘れてないよ」なんてドーカツされても、うなだれるばかり。
 北の金さんには、会ってやらないよ!と袖にされて、「拉致問題は終わったって言っているでしょ」なんて感じなのに「総裁選が終わったら会談する」って?。

 会談さえしていれば外交をしているかのように見せかけて、今度は、何も用事もないのにウラジオにのこのこ出かけて、ウラジミール君に、「平和条約交渉を先に」なんて、硬直した日露関係を、ロシアの方から打開されちゃうんじゃなあ。
 だれか頭のいい官僚か、政治家さんが知恵付けてあげなきゃ、日本はやられ放しになるぜ。なんてね。

 じゃあ、どうすれば?
 「年内に平和条約を!」のご提案があるんだから、これを受け入れて交渉に入りましょう!ぐらい切り替えしてやればいんだよね。
 プーチンの提案にも疵があって、「何も条件を付けずに…」なんて言っているわけで、「平和条約なんだから領土の確定は必要だよね」「国後、択捉の施政権問題は棚上げしても、この地に軍事基地は造るなよ」と付帯的な議論を吹っ掛ければいいんじゃないの? 議論のテーブルってそうやって作るもんだと思いますけどね。

 って、あんたはアベ政権の味方かい? すみません。
 でもねえ、現状は1ミリも進まないのに会談だけして、「外交が得意」なんて、目くらまし政権が、このままあと3年も続くなんて、とっても耐え難いですからね。

 鈴木宗男さんじゃないけど、「まずは2島返還」でいいんじゃないですか? それなら1ミリ以上は進むわ。しかも、ロシアや北朝鮮の軍事的脅威は、少しは緩和される。 
 となればイージスアショアも要らなくなるし、極東の緊張緩和と平和も少しは進展するでしょう。

 えっつ? トランプさんに叱られる? 
 そんなら野党にお願いして、イージスアショア導入は難しいという反対運動を作っていただいて、貿易戦争との取引をトランプさんに仕掛ける!これぐらいの戦略は描けないのかねえ。

 えっつ、あなたを外務顧問にどうか? って、ウーン、まあね。
 でも遠慮しておきますわ。もう齢だしね。

リメンバー パールハーバー! 僕だってヒロシマ、ナガサキは忘れないですよ!

   それにしても、シンゾー君よ!
 ワシントンポストが、6月のトランプさんとシンゾー君の会談のさいに、「パールハーバーを忘れないぞ」とドーカツしたと報じていましたが、事実なんでしょうか? でもって政権党の中でも並ぶべき者すらいない独裁宰相たるシンゾー君は、何も言い返せないでスゴスゴ! だったって本当の話なのでしょうか?

 いくらトランプが相手でも、「ヒロシマ、ナガサキは忘れませんよ」!ぐらいの捨て台詞を吐いて帰ってこないのだったら、とても尊敬するべき日本のリーダーとは言えませんね。
 パールハーバーと原爆 どちらが残酷?なんて比較をするつもりはないですがね。
 例えば、パールハーバーを舞台にしたドラマはいくつもつくられるのに、原爆をテーマにするようなアホな戦争ドラマなんて全くありませんからね。ここには英雄はいない。
 つまりはそれだけの悲惨さ、悲劇だったということなんだろうと思います。

 安倍晋三首相さん。このトランプさんの暴言に、「核兵器禁止条約に入るぞ」と応じるぐらいの気転というか、核に対する憎しみを持って国際社会で戦って欲しいですね。これぞ「得意」と胸を張る外交力を世界にお見せするチャンスだったんじゃないですかね。

 良く分かりませんがね、あなたはどんな気持ちで広島や長崎の慰霊祭にお顔を出されてきたんでしょうか? 自民党の選良の皆さん、こんな風に破たんが明らかになっているリーダーを再び宰相の地位に押し上げるという選択をなさるのでしょうか?

 いや、今や自民党の精神的主柱なのかな、日本会議の皆さんは、核兵器に対してどんな主張をなさっているんでしょうか? 
 同盟国のリーダーに「パールハーバーを忘れない」なんていわれてスゴスゴと帰ってくる宰相を支持なさるんですか?

 いやいや同じ質問を公明党の皆さまにも問いたいですね。
 本当にアベサンをリーダーにするような自民党とも、引き続き手を携えて、「共にある」なんて言い続けるんでしょうか?

 なんてね、またリードが長くなっちゃって本文スペースがなくなって来ましたわ。
 昨日付けなのかな、産経さんが、「石破さんの経歴に嘘がある」なんて、書いたらしいですがね。その内容は、と問えば、「自民党を離党し、小沢氏と自由党結成に参加していた」という「経歴」が抜けているんだってさ。
 そんなことを鬼の頸でも取ったように書いてどうするんですかね?

 まあね。一時期メディアを覆った小沢スキャンダル、だって中国詣でを繰り返す小沢氏へのアメリカ保守派の謀略で進められた、なんて説もあるくらいですからね。
 「日米は常に共にある」とか、「かつてないほど強固な日米関係」って、「トランプさんの言う通り」政策の結果なんでしょうが、最近は一言もこんなフレーズは使わなくなっちゃったのは何故?

 パールハーバーを忘れない! アメリカ人大統領がそうした心情をお持ちなのは、別に責めても仕方がない、かもしれませんがね、同盟国のリーダーに言う言葉なんですかね?
 それよりも、そんな風に面罵されて、スゴスゴとお戻りになる。でもって、これじゃあまずいと、今度は金さんに擦り寄る! 外交のプロ? 東アジアの緊張緩和どころか、あなたが就任した5年前に比べて悪くなるばかりじゃないですか?

 今朝の東京新聞に佐藤優氏が、「朝鮮戦争の終結は、在日米軍の撤退に繋がるかもしれない」として、東アジアの政治構造が変わることに備えておかねば! と書いています。
 東アジアの政治構造ですか? つまりは軍事的な備え?ですかね。

 ここまで書いて来て、ハタと気づいたんですがね
パールハーバーを忘れない! と言わせて反論せずスゴスゴと!というのは実は、アメリカからのアベッチなりの独立宣言なのかもしれませんね。
 憲法改正は自衛隊の憲法への書き込み、どころか日本の軍事的独立! を目指したアベッチの動きへのトランプさんなりの釘の差し方?「もっと考えろよ、早まるなシンゾー!」とね。

 つまり次は、やっぱり日本の核武装なんですかね?

 って、今日はクルーズが出てこない。
 僕はね、トランプ⁻安倍の極東軍事戦略に対置するには、東アジアに、沖縄をハブとした一大クルーズゾーンを形成するーーこんな平和戦略を描いて欲しいと本気で思っています。
 中国。台湾、韓国、北朝鮮、ロシアを日本を中心にしたクルーズ会社がまとめ上げる! アメリカ船社を加えてあげてもいいかな?
 今日はそんな夢を書きたかったんですがね。

 やっぱりクルーズ平和党を作らんと…。野党だったらもっと前向きな戦略を考えて下さいね。
 枝野さんや辻元さん、お願いしますよ。

18歳未満お断りクルーズを始めるって、バイキングさんもやりますね。

  さて、今朝はクルーズ船の年齢制限について書こうかと思っていたんですが、コンピュータ立ち上げまでに少し時間がかかったんで、読み始めた東京新聞。トップは、共同通信が配信した昭和天皇の戦争責任への述懐についてですね。毎日新聞もこれがトップの記事だったようで、いつもなら面倒で後で読むんですが、今朝はしっかり読んじゃったですね。
  
 昭和天皇が85歳と言いますから亡くなられる2,3年前の話ですね。
 小林元侍従長の日記に昭和天皇が先の大戦の戦争責任論について、「苦悩されていた」という話です。 
 僕も若いころは天皇の戦争責任というか、天皇制自体について、かなり疑問を持っていてというか、批判的であることが当たり前と思っていたんですがね。

 このところ老化が進むとともに、ちょっと違う感覚を持っていまして。というか、これから平成天皇という呼称になられる明仁天皇の「退位」が、表向き挙げられている「老化による負担」の軽減よりも、昭和天皇の、こうした戦争責任というか先の大戦に対するモヤモヤした気分と通底しているのでは、と思うことですね。

 というより、アベ政権の戦争責任を軽んじる態度に対する不満が表に出てきているのでは、と感じてならない、というところでしてね。
 つまりなんのために皇室を継承させたんだ? 
 なんか、もう一度戦争をしかねない空気を醸し出している政治はどう考えているんだ、みたいなね。
 それは昭和天皇のモヤモヤした気分に続いているみたいなことでもあると。

 今度の小林氏の日記にある、天皇の「長く生きていても、戦争責任は言われる」という述懐には、「あの時、何も恩赦されなくても…」みたいな、戦争責任を問われた方が、それだけ楽な気分でいられた? みたいな気持ちが感じられて…。
 この方にとって、戦後生きながらえ続けた時の想いって、まさに「堪えがたきを堪え、忍び難きをしのぐ」感じだったんだろうと、改めて感じてしまいました。

 なんて止めましょうね。面白くない
 というんで、クルーズ船への乗船客の年齢制限についてですがね。僕も乗船したことのあるバイキング・リバー・クルーズが、どうやら18歳以上のお客さんの予約を取らないことにしたというニュースがcruise critic で配信されていたんですね。
 僕としてはいいことだ!と思いますが。

 というか、つまりクルーズ船が多くなり過ぎたのかな? あらゆる船があらゆる世代を乗船させようという動きにちょいとね。
 特にファミリー、子供たちまで客として集めようとしてしているのには、抵抗もあったんです。

 別に巨大レジャーランドのような船とか、ディズニークルーズのことに文句をつける気はないですけど。つまり、いやなら乗らなきゃいいんですから。こういう船は、明確にファミリー向けですよね。

 でもそうした船ばかりでなくて、例えばクリスタルでも、キッヅ用のスペースはあるし、飛鳥Ⅱでも夏休みはファミリークルーズと称して、ベビーシッターを置いて、ファミリーを招く。
 でもねえ、クルーズ船に子供や孫と出かけるというのもねえ。
 だからバイキングの、いつでも「18歳未満お断り」クルーズというのは悪くない。
 今は、「クルーズ」というだけで、あとは料金と寄港地を選べば? みたいな選択肢しか思いつかない、日本での販売、PR方式は、これでいいのかなって。

 まあこの間、書いたバージン・ボエッジのクルーズも大人むきだそうで、つまり、船会社側も、「船には何でもあるよ」的なクルーズの作り方では、リピーターは飽き足らなくなってきていると気付いている?
 そんなことなんでしょうね。

 でもねえ。「18歳未満お断り」って書くと、日本ではちょいとイメージが違うんだけど、そこんとこどう考えているのだろうか? ショーなんかもその辺配慮して? なんてことはないですよね。きっと。

 僕がバイキングリバーに乗った時のイメージでは18歳未満どころか50歳未満お断り? ぐらいの感じでしたけどね。つまり18歳ぐらいでは、なかなか楽しめないんでは?
 で、これからはそれぐらい、年代をセグメントして行かないと、面白い船内イメージは造れなくなるんでは?と思うんです。はい。

 僕のブログも「50歳以下お断り!」なんてしなくても、内容は、それくらいのターゲット年齢になっているかな?

 というんで、天皇の戦争責任の問題ですがね。
 要は天皇の責任を問うかどうかということよりも、「責任を問わない」という占領軍の施策で、その後も生き残り、日本の政治を牛耳った人々が多数いたということなのかと…。
 って、やっぱり、これは65歳以上の話かなあ? では今日はここまで!

平和憲法でなく反戦憲法を目指しましょう。孫を戦場に送るな! 船上に行こうや!

  さてお盆休暇も終わりですね。
 というか、永遠に続くかと思ったほどの連日の猛暑もどうやら、収まりつつあるのか? このところなんとか凌ぐことができるところまで、落ち着いて来て…。
 夏も終わるんですかね。
 
 でもねえ、錦織君がまったく調子が上がらず、大谷君も先発出場能わず、田中君はどうなったんでしょうかね。今日は早朝(日本時間です)の試合だったみたいで、ちょいと結果が気になりますけど。でも、こちらも一時期の連戦連勝のペースが落ちてきているし、ダルくんは復帰できず。前田健太は中継ぎに降格ですか? 

 ってリードが長いね。今日は。
 はい、ここまで長く書くつもりはなかったんですがね。私の夏の朝を慰めてくれた大リーグと、テニスの王子様たちの活躍が、ちょっと不甲斐なくて…。
 書き始めたら、止まらなくなっちゃった。

 まあねえ。自民党の総裁選でアベッチが三選! なんてこともね。ゴルフ場で元首相連が笑いながら球を追う姿が映し出されるのを見るのも、苦痛ですわ。
 にしても、なんで小泉シニアが、一緒にゴルフに興ずるんだろうか? よくわからんわ、だし。
 暑苦しい石破さんが背広姿で出てきて、「九条に自衛隊を書き込むって、おかしいだろ! ちゃんと改正しろよな!」 と。これで「対決」なんですか? って、良く分からんわ。

 そんな話なら、別に僕たちに三選の投票権はないんだから、「新憲法」やらの条文を優秀な自民党議員さんとか、官僚さんに造らせながら、総裁選をやったらいいじゃないの?
 改正するかしないかを決めるのは総裁選じゃなくて国会なんですからね。いい機会なんだから、「自衛隊を明記する」ことしか言わないアベッチの憲法論をもっと緻密にね、書いて下さいな。

 って、まあ無理か? 緻密じゃないしね、この人。
 「憲法を改正し、東京五輪を成功させた首相」という名誉だけが欲しくて…。なんて言われちゃうんで、いいんですかね。
 というか変えたい!といっているアベさんの主張の中身はなんなんですかね?
 それに、この期に及んで感じるのも、自民党さん自体があんまりはっきりしていないんじゃない?
 だったら、無理するなよ、だよね。

 自衛隊と明記したあと、やっぱり国防軍にすればよかった!なんてことになって、じゃあ再改正ですか? ですか? まあいいけどね。
 「自衛隊を明記しても何も変わらん」って宰相が自ら述べながら、「改正が悲願」?って。この人、口先だけのひとだってことが知れ渡っていますからね。また言ってるよだよ。
 幼気な市民でしかない僕なんてわけが分からん。なんでそんなに無理するの? と思うんですけどね。

 でも、確かに最近のテレビ論壇(そんなのあるの)を見ていても、「(アベッチの他に)変わる人がないじゃん」というご指摘にばかり、妙に納得したりしてね。

 はい、暇なんです。書くことがない!
 といってもこのまま書くのを止めるわけも行かないし…。いい機会なので、私の考えを書いときましょうかね?
 憲法改正? このまま「自衛隊の明記」だけの改正?なんて、「憲法なんてどうにでもなる」というフリーハンドを半永久政権たる自民党に与えるだけし、僕は反対です。

 かといって、一国平和主義というのも…。日本だけで軍隊を持たない理想社会ができ上がって、周辺諸国は悪の軍事国家ばかり? なんてこともあり得ない。
 だったら? 

 はい。憲法に反戦、軍事力削減を明確に書き込み、政府に「兵力は持つが、国際社会に軍縮を実現するよう共に進む」と明記するよう改正する!
 まあなあ。いわゆる革新勢力とか改革勢力といったって「憲法を守れ」じゃ、まさに保守? 日本列島だけを、非武装地帯にしたところで、それでいいんですかね?
 今の憲法論議ってそういう話じゃないですか?

 反戦、地上から戦闘をなくせ! そんなこと出来ないよ? とおっしゃるなら、自衛隊明記論には勝てないと思いますけどね。
 というより「平和憲法」でなく「反戦憲法」に変えて行くぐらいの指導性を発揮して下さい、ね。
 枝野さん!

 まあいいや、今日はお孫さんたちが来る日です。孫を戦場に送るな! そうです。
 戦場じゃあなくて、船上に送りましょうね。ってようやくクルーズの話にできた。フー。

真夏の夜の夢ーー明治維新のやり直しが始まる?いや始まらないよね。

 アベッチは、広島県へ立ち入りが禁止されたみたいですね! 昨日広島県の被爆者団体の吉岡さんが、「もう広島に来てほしくない」と語ったとか。来年にはもう呼ばない!宣言ですかね。

 よし、まずは広島へ出入り禁止や。いいねえ。これ。
 じゃあ地元に帰るんでも新幹線で通過できなくなるぞ!
 えっつ? 飛行機でゆくからいいもん! ですかアベサン。

 でも、そのうち沖縄でも立ち入り禁止訴訟でも起きて、アベサンとアソーさんは、長州と福岡以外出入り禁止。やむなく北九州地区は連合政権を造って独立宣言? 
 しかし、大分からは旧村山革命軍が侵攻し、山陰からはイシバ軍が南下する。日本国自衛隊は内戦には中立を守るはずですからね。
 仕方なく、アベ・アソー連合政権は下関から対馬に逃亡し、対馬国が独立。
 しかし韓国はこの国と国交を結ばないと宣言?

 なんて未来は来ないだろうけどね。
 でも、昨日広島平和式典の映像を眺めていて。この国の宰相君が、いかにも居心地が悪そうで、薄笑いを浮かべる以外になすすべもないという姿を眺めていて、日本にもいどころかが無くなってきたぜこの人と。おかしくもあり、胸糞が悪くもなりましたけどね。
 でもって、昨夜見た夢は明治維新のやり直し。そんな感じでしたね。ってちょっとフィクションが過ぎるかな?

 まあアベッチは、強いよね。口先だけでもいいから、「核軍縮」と言い続ければ、日本の穏健派さんも取り込んで、イシバ山陰政権を完全に阻止できるだろうに。
 そんなことすらささやくことなく、「核保有国と非核保有国の間に立って、橋渡しを務める」って。何をどうやるというんだろうか? いや、核については何もしないよ!宣言かな?

 まあ、あなたがこぶしを振り上げたところで、世界の核保有国が、「そうだそうだ」と日本の主張を支持し、核兵器の廃止にまい進するわけでもないしね。
 余計なことを言って、トランプさんに叱られるのもいやだろうし。
 別に日本がリード役を務めなくたって、核戦争が起きるとも思わんし…。なんて思っているんでしょう。

 でもって、(国連の核兵器禁止条約は)「我が国の考え方とアプローチを異にしている」だって。
 一体我が国の考え方って? オラ多分「我が国」の一員なんだろうけど、そんな考え方についての議論に参加した記憶もなければ、アベ政権が核兵器の禁止についてなんかアプローチしているという話も聞いたこともないんですけどね。

 吐くように嘘を言う。口から出まかせというんだろうね。これ。
 というより、逆に、北も核を捨てないようだし、そろそろ日本も核武装しようよ、と口先まで出ていて、今にも、言い出しかねない感じだもん。
 プルトニウムはしっかり溜まったし、某大重工会社は、どうやら飛行機事業への離陸が上手く行きそうになくて、経営問題にまでなりかねないんで、次はこれを!かな? 
 そういえば、この会社のトップさんは確か広島出身でしたね。

 それにしても、夜中過ぎに目覚めて、悶々としながら、思ったのは…。
 今度政権交代が起きたら大変ですね、ということ。
 まずはアベ政権が最後に実行した憲法改正を元に戻す再改正を実施し、安保法制を廃止し、官僚の任命権を官僚に戻し、辺野古は…。でもなあ。ここは埋め立てし、基地を造っちゃったら、元に戻せない。

 そろそろ、本当に政権からの追い出しをしないと、取り返しがつかなくなるなあ…。
 昨夜は暑苦しい日々がちょいと緩んだせいか、久しぶりに、こんな話を、ぐるぐるとね。
 でも、今日書いたことは、全て夢の上での話ですからね、真夏の夜の夢ですって。

 言論の自由?そんな大げさな話じゃないですよ。ね。はい。
   

 
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • ポナンさんの画像(記事は前の書き込みで)
  • 災害は忘れる間もなくやってくる。防衛よりも防災! そっちを急ぎましょうよ。
  • ヴァージンボエッジの船内プログラムは、船上的?いや煽情的なものですね!
  • ロンドンは、明るく晴れて、通りを跨ぐユニオンジャックが眩しかったですね。
  • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
  • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
  • あらら、49万9578件ですか? ローヌ巡り紀行記は、そろそろ終わりなのに。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ