客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

沖縄

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

沖縄移住の選択肢が出て来たかな? 沖縄クルーズだけは成功させて欲しいですね。

   いやねえ。今何を考えているのかと言えば、ぼんやりとですがね。「そうか引っ越しをしてもいいのか?」ということです。

 具体的にどうするというアイデアがあるわけではないんですが、わが相方さんの御母堂がなくなり、今の地にいなければならないという積極的な理由がなくなって、引き払ってもいい、という選択肢が出て来た、ということかな。
 とはいえ、今は、何処そこにゆきたし! という思いもないんで。
 つまり、住む場所が自由に選べる? と、いつもの思い付きに過ぎないんですけどね。

 50代のころには、リタイア後は海外移住もいいかな? と、バンコクやシンガポールをそんな気分で歩いたこともありますが、例えばバンコクのスクンビット。はい日本人が沢山住む、マンション群のある街ですが、2,3回訪れるうちに、なんかなあ! の感じになって来て。

 まあ今なら、メルボルン辺りが、と思いますが、きっとここも2,3度行ったら、アラも見えて来る?
 ということで、最近は、現在地を離れて、もっと小さなフラットでも借りて荷物を置いておいて、あとはフラフラと、半年ぐらいづつ…。いろんなところに行ってみたいという感じかな?

 つまり大橋巨泉型生活なんかを夢見たりしてるんですが、彼の場合、居住地を転々と変えることによって、所得税を逃れようという意図があった、なんて「日刊ゲンダイ」に出ていて。なるほどな! ですがね。所得税なんて払ってもいない、僕の動機からは除外、ですね? と思ったりしています。

 となれば、国内移住。やっぱり沖縄? ですよね。
 まあ朝鮮半島有事となれば、嘉手納辺りは一番先にミサイルが飛んでくるんだろうけど、ここだったら米軍さんは意地でも守ろうとするからね。安全かもしれない? なんてね。

 嘘ですよ。
  大体、ここに米軍基地さえなければ、金君だって貴重な原爆なんて落とさんだろうし。平和で安定した生活を続けて行けるんだろうと思いますけどね。

 再来週から乗船するクリスタルクルーズの親会社さんは、はい沖縄クルーズのパイオニアであるゲンティングループになっちゃって、ですね。
 急激な事業拡大に集客が追いついていないのか、昨年ゲンティンは数百万ドルとはいえ、赤字決算だったみたいで。
 
 飛行機やらヨットやら、リバークルーズやら。そしてクルーズ事業も大衆クルーズのスタークルーズからゲンティンそしてウルトララグジュアリーと称するクリスタルまで、積極投資に出ていますからね。まだ全貌がはっきりして見えてきていない中で、期間決算で赤字と言うのは、ちょっと不安ですけどね。

 かつてスタークルーズの経営を任されていたアウさんが、経営に復帰したみたいですが、この会社変わり身も早いですからね。
 って、でも、ここまで事業を拡大すると、なかなかねえ。
 
 まあゲンティンがどうなってもいいんですが、沖縄というか南西諸島にクルーズを定着させて欲しいというのは、スターがこの地に登場してから、私はずっと思っていたんですよね。
 「那覇はマイアミと緯度が同じだから…」なんていうと、船会社の友人は「台風が必ず来るし、冬場は海が荒れる」なんて論争を繰り返してきたことを思い出します。

 日本で定期定点クルーズを実現するとしたら、博多と釜山を結ぶ日韓海峡と、奄美まで含めた南西諸島だ!と言い続けてきたわけで。
 東アジアの方はなんとか形になりましたがね。

 いま、台湾マーケットを造ったスターに続いて、中国人を乗せたゲンティンドリームが本格的に沖縄クルーズの充実に向かっているわけで。日本は、いいんかな? インバウンドだけで! と思わないわけでもないですがね。

 だからと言って、僕が何かできるというわけでもない。
 とうにそんな元気はなくなりましたが、沖縄、宮古、石垣あたりに移住して「クルーズ振興」の旗を振るのは、なんて思わないわけでもないですね。

 でもねえ。移住しても、オラが出来るのは、野坂昭如さんみたいに、酔っぱらって嘉手納の柵に取り付いて、ヤンキーゴーホームと叫ぶようなこと?かな。 やりかねないね。

 まあいいや。今度のクルーズから帰ったら、考えましょうかね。

 サンディエゴにも行きますからね。アメリカ海軍の基地にでも行って? ヤンキー!って。
 ああ、ヤンキースの田中君もなんとか活躍しだしたって、関係ないか? 
 それにサンディエゴは、パドレスだったよね。
  

那覇軍港を移転し、クルーズハブ港の整備を!ですか? 北の標的になるのは嫌、に決まっていますよね。

  さて。メディアは北朝鮮のミサイル実験の狙いが在日米軍基地にある! なんて、「これはやばいですよ」みたいに騒いでいますが、当たりまえだよね。
 そんなの初めからわかってるんじゃないの?

 北にしろ中国にしろ、究極の脅威は、大戦後一度も戦争を止めたことのない国アメリカでしょう。その軍事基地が目の前にあるんだから。
 新聞の論調はアメリカ本土に届くミサイルが脅威だ! みたいに書きますがね、もしミサイルを使った戦争が東アジアで起こるとすれば、米軍基地がまず標的になるのは当然ですよ。
 そして、ついでに、東京、那覇?

 まあ、また「1984年」の本の話じゃないけど、その世界は3大大国に分割され、この3か国の間で「永久戦争」と称して、ずっと地域の小競り合いが続けられる。
 余剰生産物を生み出さないためにも、「戦争」への動員体制が続くんだよね。なるほど、なるほど。

 でもって時々首都ロンドンですかね、この国の首都のモデルは? そこに、ロケット爆弾が飛んで来たりする日常が続いて行くーーなんかなあ。
 この小説を、未来社会として1950年代に書いたオーウェルさんの想像力って凄いですね。

 まあ話は、スターリン型の独裁者による管理社会の行く末を描いていて、「歴史は変えられる」というか、常に歴史は書き換えられてゆくというわけですね。
 トランプさんの登場で、この小説もまた、売れているようですが。ちょいと歴史を俯瞰すると、この70年間はまさに、そんな感じで。

 産経さんは、70年間続いてきた戦後の歴史を憎悪しているんですかね。
 慰安婦、南京虐殺、教育勅語ーーでもねえ、歴史を俯瞰してみたらいかがでしょうかね?
 こういう話をわざわざ取り出して検証する? って、どんな実践的な意味があるんでしょうか?

 日本民族は悪くなかったんだぞ! 欧米人の支配と戦ってアジアを解放しようとしたんだぞ!
 でもねえ、その結果と言うか、今生み出されているのは、対米従属、アメリカの軍事戦略への組み込まれ。中国・韓国への上から目線?ですか?

 朝日さんは嫌いで、もうとっくに購読を止めていますが、為政者と言うかアベチャンとそのシンパが何を考えているのか知りたいと、産経さんを愛読していましたがね、そろそろやめちゃおうかな?
 70年前はかくやと思わせるような紙面作りで、毎日必ずどこかに兵器の写真が出てくる。やっぱりちょっと読みづらくなって来ましたわ。

 「幼稚園児に教育勅語を教えるのは、法律の規定に違反していない」ですか? 当たり前だよね。教育勅語なんて子供に教えようとする人たちが現れるなんて、思ってもいませんでしたからね。
 ああ、いけない。米軍基地の話でしたね。

 北がここへのミサイル攻撃を想定している。当ったり前だよね。
 でもって、ここからですね。
 「だから、日本は装備を充実し、北の脅威に備えるべき」
 「だから、日本は米軍基地を縮小、撤去し、脅威の縮小に努めるべき」

 見合って見合って! で、かっぷり四つ相撲みたいですが、今は北の脅威論の方が強いのかな?

 米軍基地なんてなくして、嘉手納にはアジアをめぐるクルーズ客船の一大リゾート基地。つまり沖縄のマイアミ化を進めましょうよ。国土交通省港湾局さんのクルーズ政策は、「東シナ海をカリブ海に」ですからね。
 でも、那覇港はクルーズのハブにする! って、この論もまったくの上から目線の書き方ですかねえ。

 でも、私は言い続けるつもりですよ。政治が戦前化して行く中で、唯一戦前と異なるのは、「クルーズ船誘致、振興」ですからね。少なくとも那覇軍港を返還させて、まずはクルーズ港に。
 と主張しても、そんなに違和感はないでしょう。
 市議会も昨日、議決したようですし。
 浦添への移転とクルーズ港整備!

 でもやっぱり、それにはカジノもくっつけて、になるんかなあ? 
 あああ、いやな世の中だわ。まったく。



 
   

憲法改正! 核武装論に拍車を掛ける? 金正男暗殺! どうなるんですかねえ

  昨日は上京して、旧友たちと旧交を温めたのでした。
  まあ、いくつかニュースになりそうな話もありましたが、まあ今日のところはまだまだ。
 いろんなアイデアも、出て来ているようですが、なかなか話は進まないですね。成就したら、僕もこの欄で書かせて貰いますからね。
 いや、まずは記事をどっかへ売ってからかな? この欄では稼げませんからね。うん。と、利己主義に固まりつつあるボクです。

 というか、やっぱり金正男さんの暗殺は、ちょっとショックだったですね。我が旧友さんもね。前日のミサイルに続く、兄者の暗殺。一方で過激派のトランプさんが蠢いているし、これまで穏健な考え方の持ち主だと思っていた、彼がね、「やっぱりこうなったら、日本も核武装かなあ」なんて呟く。

 憲法改正に反対! なんて議論はもうとっくに過去の話のような感じで。って、今動き出せないのは創価学会婦人部が反対しているから、なんて分析もあるくらいで。つまりおばちゃんの茶飲み話くらいに人気のない議論になっちゃっているようで…。

 「一定の軍事力を確保して、北があんな調子なら核武装も!」なんておっしゃられると、返す言葉がありませんでしたね。
 まあトランプさんが出て来て、「もっと負担しなきゃ。在日米軍を撤退するぞ」論は、「安保ただ乗り派」としては、「戦後体制を揺るがす」ような、メガトン級(って古いねこの言い方)のパンチでしたね。

 永遠に変わらないと思っていた「対米従属型国防構想」が崩れる! みたいな議論が日本人にも浸透しちゃった感じで。まあアベチャンがゴルフ場で巻き戻したのか、北の脅威なのか、米軍撤退論は収まりましたが、これまで空論と思っていた「自主防衛」論というか「核武装論」は、日本社会にしっかり落とし込まれたかんじですね。

 このところ故・野坂昭如さんが、1998年くらいに週刊文春で連載してたコラムをまとめた「俺の遺言ー週刊文春世紀末コラムーー」という文庫本を読んでいたんです。この中で、あの焼け跡闇市派の野坂さんが、「僕は憲法9条は改めるべきだと考えている」と書いていました。

 「自衛隊は軍隊ではない? こんなインチキはなかろう」「誰がなんといおうと軍隊である」「戦時中と同じく、日本人は何にも考えず、沖縄県のおかれている状態を良しとしている」
 1997年11月の文章で、この年野坂さんは67歳だとしています。

 はい僕も、今67歳。
 この時もこの文章は読んだと思いますが、それに影響されてか、記憶の隅に残っていたのか、僕もずっと改憲派だったんですよね。
 だって軍隊を持っているのに、「戦力はこれを保持しない」なんてお題目のように唱え、「専守防衛」とか「集団的自衛権」とかの「記号」(野坂さん)を巡る論議に終始しているって、政治幼稚園で遊んでいる国会議員さんにタダ飯を食わしているようなもんだものね。

  まあ「67歳野坂」の言いたいことがどんな話かは、原文に当たっていただくとして、トランプさんに功があるとすれば、「アメリカがいなくなっちゃったとして、日本はどうするんや!」 を本気で突きつけちゃったというか。
 
 まあ加えて、北の跳梁を目の当たりすると、「軍事力の認知・強化」そんな議論に進んで行くのは、もう時間の問題ですね。核も排除しない? なんて議論まで進むかも知れない。

 まあ僕の持論は、日本の自衛隊の存在を憲法に書くとして、それを「削減するべき兵力」と規定し、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」(「前文に涙した」と野坂さん言っています)。そんな感覚に依拠して、「諸国民に軍事力削減を求める」条文を加えろ! と言いたいんですがね。

 えっつ? そんなの空論だよ。はい。でも…。

 分かりました。僕には、もう闘う力はないですからね。
 東京や大阪や、大きな都市近郊から逃げ出して、山村に逃げ込むことにしましょう。北が核弾頭を打ち込むとしても、まだ何十発も打てやしませんから。そのうち、平壌が崩壊するでしょう! って利己主義的すぎますかね?
 最初の一発? それは、東京ですか、それとも那覇?
 
 話は変わりますが、日本全国にクルーズポートを造り地方を活性化して行くというアイデアに、私は別に反対ではないですよ。人々の地方移住。地方の観光化、活性化。そんな風に「選択と集中」でなく「拡散化」によって、日本人を守る!これですよね。

 でもなあ、原子力発電所! これはやばいなあ。北海道の日高あたりで馬と生きるか?
 なんて、あんた何を書いているの?
  

AIDAさん、3月に日本に来るんですね。那覇と石垣ですがね。日本と認識してくれるんかな? ドイツ人

  お久しぶりにAIDAさんのホームページをご訪問しました。このところ翻訳機能を上手く動かせないんで、ドイツ語なんですが、どうやら今年4月に訪日されるんですね。

 AIDAbellaさん。4月3日に上海を発ってシンガポールに戻る16日間クルーズで、4月6日に那覇、7日に石垣に寄港するとあります。
 とういうことは、欧州への帰りのクルーズなわけで、その前にも来日さんれるんだろうと、雑誌「cruise」さんをお訪ねしたら3月31日に石垣に来られるようですね。が、こっちのクルーズはホームページに掲載なし。つまりは、すでに売り切れているんでしょうか?

 で上海発の方、料金は16日間で1595ユーロですか? 
 今いくら? ユーロ高ですからね。円換算20万円くらいかな? まあインサイドみたいですが、1泊1.2万円くらい? なら、乗ってもいい気もするけど。
 ドイツ人ばかりのドイツ語クルーズなんでしょうね。中国人も乗ってるんかな? といっても中国語が分かるわけでもないし…。止めときましょうね。あまりにも不安や。

 まあねえ、欧米船社さんには、東アジアといってもイメージに上るのは中国圏でしょうからね。沖縄や石垣でドイツ人が見る風景は、これがニッポンか? と映るんかな? 
 でも、考えてみると、遠く離れた極東に2000人もの乗客がフライ&クルーズで、やって来るんですかね?
 本当に??? 凄いことです!

 まあ、久しぶりのAIDAさんのホームページですからね、ついでにPelraさんの方も覗いてみたんですがね。なんか「7月1日三菱長崎」という文字が見えますね。
 これまで9月1日から、バルセロナとかマジョルカ発のクルーズに投入されると公表されていたわけで、7月1日? 長崎で引き渡されるということなんですかね?

 それなら、出来ることなら長崎から東南アジアを経てマジョルカまで、わが日本人のお客様を集客してくれないですかねえ。まあこれだけ話題になったAIDA姉妹ですからね。シンガポールやドバイで辺りで区切る2,3本のクルーズを設定すれば、日本市場でのAIDAさんのマーケティングも出来るというもんですよ。はい。

 JTBがダメならHISさんあたりがチャータ―してでも…。無理でしょうかね。やっぱり。
 でも、Primaさんが、当初引き渡される予定だった2015年の秋には、大阪や横浜にPrimaさんを連れてきて、お披露目と、日本発でドイツに戻るクルーズの実施も発表されていたんですけどねえ。

 となると、日独友好クルーズの機運が盛り上がり、AIDAさんの欧州クルーズにもどんどん出て行く? いや今度だって、欧州行きのクルーズが設定されたりして、Perlaさんのクルーズにもかなり人が集まったと思うんですよ。
 三菱さんでの工程遅延は、日本のクルーズ盛り上げ機運にも水を差したということですかね。

 いやこんなことを書くつもりじゃなくて、沖縄と中国という話だったんですよ。
 アベチャンは、来日したナチス国防長官、じゃなかったマチスさんに、「日本はお手本」なんて、駐留軍経費の負担について、「よしよし」と頭を撫でられて、随分ご満悦のようで、さっそく辺野古の工事に入りましたね。
 メディアさんも、トランプ政権が、「駐留軍経費の増額」を言い出すのでは? なんて戦々恐々といった感じの報道を繰り返していて、「ほっと胸を撫で下ろす」という安堵感一杯の論調です。

 米軍基地撤退! なんてスローガンを発信したりしたら、いまや国賊!みたいな話ですからね。基地作るより日中友好! と言えば、済んじゃう話だと、僕は思うんですけどね。かの国は、仮想敵国ですか?
 いずれにしても、トランプさんの交渉戦術は大成功。アメリカありがたや! ですもん。
 どうぞ、フロリダでゴルフを楽しんできて下さいな。ワンワン!。

 本当なら、トランプさんが「駐留経費を負担しないなら米軍は撤退するぞ」と言ったとたんに、左派勢力は、「どうぞ出て行って下さい」と。基地撤廃の運動でもするのが、当然の流れだろうにねえ。それこそトランプドクトリンの本質を見極めることが出来た。

 逆に、米軍基地問題についての過激な論調はどっかに行っちゃって…。
 「集団的自衛権」なんだから当たり前です、って?
 これでいいんでしょうかね?

 でもって沖縄です。ドイツのクルーズ客が、沖縄を日本と考えるのかどうか? 本当に疑問ですが、上海からのクルーズの最初のポートが那覇であり、石垣って。まあここら辺りは、東アジアの辺境と言う感じなのかなあ?
 彼らが、つまり欧米船社が、東アジアで日本でなく、まず中国を選んだことに対してもちょいと悔しいんですよ。国粋主義者の私としてはね。

 人口の数が違うんだから仕方ないじゃない?
 えっつ、ドイツの人口って8000万人くらいじゃないの?でもってクルーズ人口は200万人を超えたって…。
 日本も200万人じゃないか? って、それって、海外からのお客さんですからね。

 日本は一体、どこで間違えてしまったんでしょうか?  

クルーズ共和国の設立へ! 沖縄の民意を反映するんなら、これですよね。

  何だか、日本のメディアのトランプさん政策に対する分析が、必ずしもアメリカ国内の事情とは違っていたみたいですね。
 ロイターの世論調査によれば、今度の7か国に対する入国規制に対して、49%が賛成! 反対は41%だと言うんだから…。

 テレビなんかを見ていると、アメリカではトランプ弾劾まで一気に進んで行くんじゃないないかと思わせるようなレポートとニュースのまとめ方が行われているけど、確かに反対派は先鋭的に見えるほど、かなり怒っている!のは確かだけど、「もの言わぬ大衆」は、後楽園ならぬスーパーボールを見ている!ーーじゃなくて、トラちゃんを支持している?

 でもねえ、そっちの世論調査結果の方がクワバラクワバラですよ。
 ニューズウィークは、「こうなりゃ。軍事クーデターもあり得る」なんて予測記事を書いたりしてね。
 同誌は、アメリカの知識人層は、トランプを許さないんじゃないか?みたいな思い込みと言うか、信念みたいなものから、この4年間を分析してみせるけど、こんな警告的記事もトラちゃんには効かないだろうねえ。

 にしてもメイさんに続いて、トランプさんの拝謁が叶ったアベチャンですがね。
 なんか一緒にゴルフをするという情報もあります。お手てつないだメイさんに続いて、グリーンで談笑するアベチャン。
 まあ、アメリカへの忠誠という旗幟を鮮明にする気なら、しかもそうしたマインドのこの人だから、意に介さずで! で行くんでしょうけどね。
 欧州やアラブとどう付き合ってゆくのかも考えた方がいいですよ。なんてね。

 そうか話は世論調査だったでしたね。
  大統領選挙の時も州別の得票数の分布図を見て、改めて驚いたんですがね、奇麗に海岸線諸州はクリントンさん、内陸は全てトランプさんなんですね。
 あまりにも傾向がはっきりしている。

 「アメリカの分裂」なんていうフレーズが、メディアを賑わしていましたけどね。これなら本当に分裂してしまえばいいのにねえ。なんて思いましたですけど。
 つまりクリントンさんは得票数でも300万票近くなんですか? 勝っていたみたいだし、都市部の、つまりアメリカを代表しているとメディアに出て来る住民たちは反トラで、内陸部、多分白人と黒人が多くて、イスラム君なんて少ないんだろうな? と思わせる地域は親トラですね。
 
 だったら、一緒に合衆国、いや合州国かな? を組んでいる必要なんてないんじゃないかな? なんてね。ミシシッピ川とロッキー山脈辺りに国境を敷いて、沿岸移民合衆国と、内陸反移民共和国、くらいに2分、3分しちゃったらどうなんですかね。
 多分、農業や資源を産業の核とした内陸国と都市型経済を主体にした沿岸国との間では、国の仕組みも住民のマインドも異なるんだろうし。

 うんうん。それでもって、日本も沿岸合衆国に入れてもらうとかね。
 
 なんてね。トランプ現象があまりにも面白いんで、このブログでも毎日のように取り上げて来たけど、ちょっと飽きましたね。この政策の行き先は? ニューズウィークが期待するような軍事クーデターなんかではなくて、トランプさんに対するアタック? みたいな悲惨な結果か?
 いや、このまま4年間、いや最短で2年後の中間選挙まで、耐える沿岸、攻める内陸、なんじゃないかなあ?

 あ、世論調査だったですね。話題は。
 こんな結果を見ていいて思うに、メディアの論調を支配する世論調査も、いや選挙型民主主義も、もう機能しなくなるんじゃないかなあ?
 自民党政権だって選挙で50%を超えるような得票を得たわけでもないし、アメリカでもクリントンさんの得票の方が多い。
 つまり選挙技術の巧拙で、政権が決まっちゃうなんて、こんなシステムで、「民意」を代表できるんですかねえ? 

 いや百歩譲って、投票で民意が形成されるというんなら、沖縄のことはどうするんだい。
 圧倒的な数の住民が、基地反対派に投票しているんじゃないの? そっちは衆愚的とでもいうんでしょうか?
 こんなことをしていると、沖縄だって…。
 
 ニューズウィーク風に言えば、4つの選択肢がある?
 このまま耐える? 基地の撤去を進める? 沖縄独立? もうひとつ? クルーズ基地の島として再開発する! ですよ。クルーズこそ平和産業なんだから。
 アメリカと中国と日本、そして沖縄によるクルーズ共和国の設立! 

 って、あんた昨日書いていた主張と違うやん。
 いえ、これでいいんです。反基地だけは貫かれているんだからね。  

天皇のビデメッセージは第二の玉音放送ですか? もっとしっかり議論した方がいいですね。

  昨日、「新潮45」を買ってきました。880円ですからね。年金生活者からすれば、結構な出費ですよ。
 あんまりお金使っちゃだめよ!なんてアベチャンに言われていますしね。

 でもって、何が読みたかったの?って はい天皇の生前退位に対する世論は? ですね。
 保阪正康さんのまとめ記事と言うか、論点整理が分かりやすくて、いいですね。って、まだそれっきゃ読んでいないんですが。

 天皇制について、ざっくり「皇統派」が10%、廃止を含む「共和制派」が10%、「派」は勝手に僕が付けた名前だけどね。でもってその他80%は、無関心派。という分析ですね。
 その時の機運によって、世論は、皇統派に流れたり、反対派に傾いたりするけど、あまりに右と左に論理が分かれるんで、中間派はついていけない。どっちでもいいや。というのが、いまの世論という分析ですね。

 保阪さん自体、有識者会議に呼ばれて、意見を述べたようですが、このヒアリングの対象について「ちょっと人選が…」と書いているように、天皇神格派が多くて、結局結論は、「今上天皇一代限りの退位を認める」みたいな、上から目線ですか。
 というか、なんというか、「しゃあないな」という感じの、議論を回避したプラグマティックjな結論で押し切ろうとしているようで。日本国政府は、また困った混迷へと差し掛っている感じですかね。

 まあ保阪さんは、どっちかというと右寄りの作家と思っていたんですが、今の論壇は、この人あたりが、まあ真ん中にいるように見えてしまう。そんな印象を受けるようになっていることにも危惧するんですが…。

 この記事の面白いのは、8.8の天皇のビデオメッセージを、第二の「玉音放送」として捉えていることで、まあ「疲れちゃったから、辞めたいよ」と言われたと、その意味では人間的な感想として捉えるムキに対して、ちょっと警鐘を鳴らし掛けているところですかね。もっと背景を考えましょうね、とね。

 というか、僕には、このメッセージを巡っては、これまで自分が言って来た持論にそって、自分の論を完成させたがるだけの「有識者」なるものの、劣化ぶりばかりが、印象付けられるんですけどね。

 僕も保阪さんと同じ意見なんですが、戦前の軍部がいかに天皇を隠れ蓑に、覇権主義を貫いていったのか? を振り返るべき、みたいな文脈でこのメッセージは捉えられるべきだと思うんですよね。
 で、何故、今、メッセージが? まあねえ安保法制や憲法改正という流れの中で、どうしても言っておきたいことがある。んじゃないなのかなあ? 天皇には。

 保阪さんが書いているんですが、このメッセージで、天皇が言いたかったのは、最後の一文。「国民の理解を得られることを、切に願っています」--だというんですね。
 一部神格派が思うような、「天皇」の権威論をこの辺でちょっと議論して下さいな。ってね。戦前を知り、敗戦の生々しい記憶を持ち続ける今上天皇ならではのメッセージだと思いますよ。
 
 天皇はそんなこと言っていないよ、なんて言われるかもしれませんがね。「国家の永遠性」を背負うなんて重荷だよね。きっと。

 なんかなあ、沖縄ではオスプレイが落ちて、米軍の司令官が、「街中に落とさなかったパイロットを表彰するような話だ」なんてホザク。
 一体なんのために、沖縄にあんなに米軍がいて、こんなことを公言させて、のさばらせなきゃいけないの?
 でもって、皇統派さん、米軍を追いだし、「沖縄防衛は自衛隊で」ぐらい、なんで言わないんだろうねえ?

 つまり今の為政者は、皇統派どころか、アメリカ追随派ばかりやないの?
 日米安保条約を廃棄すれば、北方領土だって返すよ!って、プーチンさんが言っているじゃないの?
 って、僕も昔はこんなこと言わなかったのにねえ。今や、これでも、ちょっと過激派かなあ。

 僕の主張? はい。
 沖縄にアメリカのクルーズ基地を! これでいいと思うんだけどね。お客さまは中国人! この論のどこが悪いんだい!!!  

沖縄のクルーズ観光拠点に、外国3社が名乗り!ですか? どんな風になるんかなあ?

  おはようございます。って、でも、つい「明けまして…」なんて書いてしまう気分ですね。
 はい、昨日は一日かかって住所録の整理と年賀状の作成。ラグビー観戦の合間にでしたけどね。 
 賀状はもうとうに、字では書かなくなって、コンピューター作成。でもって日本郵政のソフトを使ってお手軽に。

 でもねえ、作成ソフトの誤操作で、住所録が飛んでしまって、これを機会に住所録の整備もしましたよ。
 リタイアから3年。やっぱり旧社の方々とか、お仕事でのうえでのお付き合い年賀状は縮小しないと、賀状のコストも…。

 それに、今年は随分と「喪中はがき」も多くて。ほとんどがご両親の逝去報なんですが、皆さん90代、ようやく代替期が来たのか? なんて書いたら不謹慎!と叱られそうですが、つまりは僕らも、あと20数年は生きるという感じかな? と感慨にふける、というほどでもないけどね。

 わが相方さんのお母様は、今年晴れて白寿。つまり99歳ですが、どうやらこのまま大台を迎えそうで、今更ながらの生命力の凄さ? 日本の医療体制の凄さ? 敬老精神の凄さ! 医療費の高騰ぶりの凄さ? しっかりとを思わざるを得ない、ですね。
 というか、オラたちは、どうやってフェードアウトすればいいんだろう! なんてことに思い至りました。
 月曜の朝の清々しさと裏腹な話で、ごめんなさいね。はい。

 で、話はクルーズでしたね。金曜日だったかに「琉球新報」が打った、沖縄の3つの港のクルーズ港化についてアメリカ3社が計画書を出したという話は、注目! ですね
 私は、ずっとこういう形での沖縄の観光振興が、沖縄平和化の一歩だと主張してきたんですよね。

 例え乗客が中国人や、台湾人で、連れて来るのがアメリカ船?でもって沖縄県民がサービス? でもね。
 IR法でもちょっと危惧しているんですがね、地元民はこれらのプロジェクトに入り込めるんだろうか?なんて思っちゃいますけどね。

 カーニバルとRCLとゲンティン。でもって港は本部と平良と石垣ですか? 石垣以外行ったことがないけど、いいとこなんでしょうねえ。
 で、船会社が、港湾の優先使用権とのバーターで、周辺に旅客施設、商業施設の整備の名乗りを挙げたというんですね。
 でもって、植民地化を図るーーなんてことはないけど、カリブ海の島々を見ていると、ちゃんと主導権を取って下さいね。ニッポン! の気分からは離れられないですね。
 すでに石垣にはクラブメッドもあるけど、日本資本はどんな風に参画していくんですかね?

 でもねえ、この話では抵抗勢力というわけではないですよ。僕も。
 日本の観光資本がやらないなら、しょうがないわな、というより、こんな風に沖縄が観光化されて行って、しかも覇権主義のアメリカと、もうひとつの伸び盛りの覇権主義国・中国が、沖縄・南西の地で握手し、共同事業開発を進めて行く。軍事力の覇権争いより、ずっといいですよ。
 東シナ海の平和って、こんな風にして積み上げられてゆく? のかな、なんてね。

 尖閣だって、クルーズアイランドにして、ディズニーのキャスタウェイケイより、もっとワイルドなリゾートアイランドにでもして、ここには日本客船だけの寄港を認めるとか。なんか東シナ海の平和、つまり観光化を進めるマスタープランを描くやつはいないんかなあ? 日本政府に。

 本当は沖縄の観光化って、東京オリンピックの競技場づくりやIR法より前にやるべきことなんだよね。
 嘉手納に大規模基地。はいクルーズのですよ!大規模基地を造成して、年間1000万人を集め、ここでの観光と周辺海域のクルーズ化!を実現する、とか。
 そのためのIRの解禁だったら、しゃあないわ、なんだけどねえ。

 まあいいや、政府の「官民連携による国際クルーズ拠点の形成」の旗振りに、なんとか沖縄が手を挙げたわけで、RCLの奄美のプロジェクトよりは実現性はあるんでしょう。
 主導権は誰が? シツコイね、あんたも。旅行会社さんの出番と言いたいんでしょ!
 
 しばらく、成り行きを見て行きましょうかね?  手付かずの沖縄、にクルーズで手を付ける!。
 港湾局の思い付き政策を超えて、なんかしっかりしたマスタープランが欲しいですねえ。 

米大統領選に思う! 沖縄をクルーズの島に、って飛躍のしすぎですかね?

   今日は、やっぱりクリントンさんと、トランプさんの戦いが話題なんでしょうね? どっちが勝っても、私辺りは、受け入れるだけ。って、そんなの当たり前だろう! ですけどね。

 つまり今日は、これと言って話題がない? んですよね。 
 うん、株価の動向が気になりますけど。でもこっちも、夏以降まったく触れることが出来ない状態が続いていますから、真剣にウォッチしようというには、もう少し時間が必要です。それほどひっ迫した話でもないし。 
 日々平穏!ですね。

 でもって、このところの新聞で面白いのは、って、また産経さんの話でしかないんですが、天皇の生前退位、いま産経は「譲位」と書くことにしたんですか? この言葉からして、朝日と論争しているのも、なんだかなあ?ですが。
 面白いというのは、有識者会議のみなさんの発言ですが、「生前退位は、まかりならん」なんて、本人が辞めたいといっているのに、許さないという意見が多いことですね。理由は「皇位継承の安定性確保」のためだそうです。「個よりも国体」ですか? 「天皇陛下、全体の利益をお考え下さい」というのか、「国体が…」なんて言い出しかねませんね。考えてみると、天皇は、そんな論理に抵抗しているとも思えるのにねえ。
 ヒトが嫌だと言っているのに、やらせるんだ、なんて言うのは、人権無視や! なんて書くと叱られそうですけど。

 でもっって、産経さん、最近一貫しているのは、明仁天皇を125代目と表記していることです。数日前、皇室の歴史を、紙面一面使って系図紹介するのに、なんのエクスキューズもなく、神武天皇から説き起こしているんですね。
 となると、今頃「皇紀」は、2680年くらいになるんですかね。「工期は」じゃなくて「紅旗」でもないし、「皇紀」って文字を引っ張り出すのに苦労したくらいだけど、「皇紀は2600年…」という歌は耳に残っています。ウィキペディアで調べたら、今年は2676年だそうですね。4年後くらいには、「皇紀は2680年!」なんて言い出すのかな?

 でも敗戦で、もし昭和天皇が退位していたら、今頃、天皇制の復活を! が憲法改正論議以上に盛り上がっていたかもしれんですね。貧乏されている皇室を救え、みたいな議論からかな? 「戦後大雑誌」を読んでいると昭和天皇の一日の食事メニューまで載っていて、民は日々の食に困っているのに…。といった論調まであったんですから。 

 逆に「象徴」天皇制を残した。それだけでも米軍の作ったといわれる現憲法を評価するべきだと思うんだけどね。いまの政権はね!
 今頃、日本も大統領選かなんかが行われていて、安倍さんと志位さんの一騎打ち? 
 なんて、悪い夢ですね? 寝ざめが悪いね、今日は? 
 あるいは、小池大統領が、側近との癒着問題で、失脚しつつあるとか。なんて、やめましょうね。

 いや、話を続けましょう。新聞のことですがね。
 ネットを散歩していたら、沖縄タイムズのサイトに進んじゃいましてね。米軍のヘリパッド建設を巡って。ええ、あの機動隊員の「土人」発言への怒りの論調を読んでいて、本土の無関心というか、日本全国の警備当局を総動員しての、異常な警備について、「沖縄独立」と言い出しかねない論調にまで進みそうなのに、ちょっと驚きましたね。

 1972年の沖縄の本土復帰ってなんだったんでしょうかね。
 「沖縄を返せ!」なんて歌のメロデイがまだ耳にうっすらと残っていますが、アメリカから日本に施政権を返還せよ!と、現地も左派もこぞって歓迎したわけですが、管理者が米軍から日本政府に変わっただけで、基地の島という現実は何も変わっていない。 
 でもって「日本の防衛」とか「東アジアの安全保障」なんて、その日本政府が押し付けて来るんですからね。

 むしろ、あのまま米軍政下にあったら、沖縄に米軍基地はあっても、同時にクルーズポートでも造られて、日本人やアメリカ人や中国人の観光客がどどんとやってくる、「クルーズの島」になっていたかもしれない、なんて。
 カボタージュだってないしね。

 むりやりクルーズの話に持ってゆきましたけど。天皇譲位の話、土人発言、アメリカの大統領選…。繋がっていますよ。
 何が? ええ、「国体」って、なんかきな臭いけど。国家ってなんだということかなあ?
 沖縄は、日本の民主主義? の範疇からも大きく逸脱していますね。

 基地の島から観光の島へ! 冗談でなく、本気で考える時が来ている。 

  

沖縄独立って中国の画策? 沖縄問題の解決はクルーズ振興ですって!

  瀬戸内クルーズについて、書こうかと思いましたが、まだまだ過程の話というか、仮定の話ですからね。まあ、多分、いろんな問題がまだまだ山積みですからね。課程を踏んで…、などダジャレで済ましときます。

 問題はね、日本政府が、このプロジェクトを含めて、新規の事業を如何に育成、というより、如何に障害にならないように、進めて行けるのか? この点を間違えると日本のクルーズは、もう二度と…。
 つまり日本のクルーズは黒船軍団の跳梁に任せることになるのかと。

 しかも黒船さんたちは、日本市場を広げるという感覚ではなくて、事業の狙いは、中国をメインとする東アジアのクルーズの拡大でしょう。うーん、イメージでいうと、日本はアメリカのクルーズ市場におけるメキシコみたいな存在という、感じかな?
 クルーズの寄港地としては世界一を争ったとしても、クルーズ市場としては最後まで20万人そこそこで。

 アベ政権のクルーズに係わる発想も、外国クルーズ船が日本にやって来やすいように、そんな話ばかりですからね。
 つまり観光の分野でも、政府の正しいアプローチは輸出、外貨獲得!なんですからね。嫌になりますよ。
 集めた外貨を貯めるという発想だけで、それをどう使うか? みたいな議論は、メディアにもまったく登場しません。観光って双方向でないと意味がない!と思うんですよね。大体生活者という発想においても、余裕がないよね。いつまでも、「お・も・て・な・し」じゃなあ。そろそろモテナシテもらいたいよね。

  欧州の人々の家計に占める観光とか旅行に対する支出は、家計の20%だそうです。年収400万円なら80万円は旅行に使う。
 なんで日本政府に、そんな社会にしようという発想は出て来ないんですかね。というか、休日を増やせば消費は増える? 山の日ってなんだったんでしょうかね。という政策ぐらいのもんかな?

 まあ、瀬戸内クルーズとか日本クルーズを起業しようとしたときに、どんな問題に遭遇するのか? 引き続き追い続けて行きますよ。あんまり先走りしても、問題が見えてこないし。

 というんで、沖縄問題! って何でそっちなんやね。 
 いやね昨日テレビのニュースバラエティを見ていたら、「中国が沖縄の独立を画策している」とか「沖縄を属国にしようとしている」みたいな、論調に何の反論もないことに驚いちゃったんですね。つまり尖閣への中国公船の登場について、中国の次の意図は沖縄への侵略だと、国会議員さんまで、そんな論調で、「 内政干渉だ」とか「チベットの二の舞だ…」とか。

 でもねえ、沖縄独立論なんて、そんな文脈で出て来ているわけじゃなくて、沖縄選出の自民党国会議員がことごとく選挙に破れ、辺野古建設反対が沖縄の世論になっているのに。それでも建設を強行する日本政府に対して、「そんなら独立したっていいよ」みたいな話なのにねえ。
 私だってそんな文脈で書いて来たのに、まるでオラの論調は、中国のスパイみたいに聞こえちゃうよ。まったく。沖縄独立論の背景は、尖閣ではなくて、辺野古だろ。 

 沖縄問題も解決策はクルーズですよ。国が主導してクルーズ船団を沖縄に大挙して赴かせて、南西諸島を一大クルーズゾーンにする。これなら奄美も了解するでしょ。なんてね。
 中国が漁船団を連れて来るんなら、日本はクルーズ船団! 
 えっつ?中国人客ですか? 別に問題ないでしょ。中国から旅客を運んできてもいいですよ。アメリカ人だってオーストラリア人だって。ただ日本で造られた日本船社の船でお願いしますね。なんてね。
 
 瀬戸内の次は南西諸島! これですね。はい。 

沖縄、南西諸島をカリブ海に! って僕らは20年前に言ってたけどね! どうなる日本のクルーズ

  この間、livedoor さんのブログランキングをチラッとみたんですがね、私のこのブログ、「海外旅行」部門で、全体の7位に入っているんですね。でもってランキングしているほかのブログを見ると、旅行記風だったり、旅のガイドだったり、旅のこぼれ話みたいな話だったりで。僕のは「お呼びでない」風の、全然そぐわない中に佇んでいるという感じ。とっても違和感を感じましたね。

 というより、このブログは確かに「旅のこぼれ話」というか、クルーズのおもしろ話を書くつもりで始めたんで、僕自身が「旅行部門」に紛れ込ませちゃったのがいけないんでしょうけどね。
 でもねえ、クルーズに関係してきて、一番頭に来ていたのが、煩いだけの国の規制の実態。
 よし、暴露するぞ! みたいな「恨み晴らさずおかりょうか」風の裏の気持ちもあったんですが、そんなことをいろいろ取り出しているうちに、三菱がへん! となって、こんな風に皆様のご支持をいただいて、晴れて7位!に躍り出ちゃったみたいな感じかな? 
 よしここまで来たら、ベストファイブを目指すぞ! って、錦織さんじゃないんだからね。
 
 でも「乗りかかった船」ですからね。まだしばらくはこの話題かな? って何のために書いているんだろうねえ。まったく。はい、日本のクルーズ&造船業の発展のためですからね。

 始めたのは2014年の8月です、で、この一年半を思い起こしたりしているんですが、そうなんですよね。日本人が日本人のために事業化するべき「クルーズ」って、やっぱり日本の会社が日本の造船所で船を造って、世界を旅する! そんな感じにならないとどうにもならない、と思って来たわけです。
 でも、一年半前に比べれば、事態はますます悪化し、ですよね。

 例えば、海運会社だけが、クルーズに取り組もうとしているからうまく行かない! とか欧米の真似ばかりする日本の会社だからいけない、料金が高すぎるーーーいろんな理由を思い描いてきましたが、その挙句の果てが、「日本人はクルーズが嫌いなんだよ」なんて、絶対に認めたくない理由に、後戻りしつつあるような?
 クルーズ雑誌は、そのことを否定することから始めたハズなんですが、スタートラインに戻されつつある自分が情けないですね。
 自分の歴史を全否定してしまいかねない話だもの。

  プリンセスクルーズさんが、ゴールデンプリンセスを配船している宮古島にやって来て、「沖縄と南西諸島を東アジアのカリブ海にする!」なんてお話ししているようですが、僕らはもう20年も前から、那覇はマイアミと緯度が同じ! 南西諸島のサンゴ礁はカリブ海より美しい、台湾など外国も近い!と叫び、デモ行進まではしなかったけど、結構主張したんですがね。
 日本のクルーズ会社さんは、冬場は案外海が荒れる! とか、台風が必ずやってくるとか、沖縄までの飛行機便が取れないーーなんてネガティブな話ばかりされて、結局「飛んでクルーズ」だけですもんねえ。これ売れてるんですかねえ? というか、これも11月から5月くらいまでは沖縄! 7月から9月までは小樽!ぐらいに腹を固めれば、また違った展開になったと思うんですが…。

 なんでこんなことを書くか? はいまたAIDAさんの話ですが、この船、冬場でも寒い寒い西欧でクルーズが出来るよう、ラップ・ドーム。つまり温室のような中にリラクゼーションスポットを包んだ船にしようとしているみたいですね。
 冬場は船が揺れる? だから10万トン以上の大型船にするんです! 

 なんかなあ、ソリューションを打ち出す前に、つまり新しいことに踏み出す前に否定的な意見だけが支配する、そんな日本のビジネスシーンを見ているかのような…。失礼!
 かくて、日本人の日本人のための客船は……。淘汰され? そして…。 
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
  • ミッドウェイから、また悲劇は始まった。なんてね。ええ改憲とはまったく関係ないんですけど。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ