客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

フェリー

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

今度は「さんふらわあぱーる」ですか? 初日の出は拝めないのかなあ? 

  アララ。今度は「さんふらわあぱーる」ですか? 機関部の故障って、結構深刻な話なのかな?
 商船三井フェリーの「さんふらわあさっぽろ」に続いての運休ですからね。北に南に、という感じでちょいと嫌な話ですね。

 でもフェリーは、年末年始は工場が休みのところが多く、物流が落ち込むんで、お休みするところも多いから…。と思ってホームページを精読してみたら、奇数日、偶数日とわけてお休みの日を書いているんです。で、年末年始だけじゃなくて、どうも3月末くらいまで止まっちゃうんですかね。

 そもそもの運航日を知らないんで、間引きなのかとも思ったんですが、よく読んでみると3月まで運休日が続いていて、そうなると3か月間も、運航を停止するんですか?ちょっと書き方が悪い! 
 ですけど機関部の故障ってなんですかね。復旧にそんなに工期がかかるもんなんですか?

 「ぱーる」って、三菱の下関で建造されたんですよね。まあ10年も前に完成しているんで、造船所の責任は、もうないと思うんですが。
 でも、この船うろ覚えですが、就航後2,3年で、ちょいと不具合があって、修理したような記憶がありますね。
 
 同型船の「ごーるど」はまあ、走っているし、船によっていろいろあるんでしょうかね。
 そういえば、「ぱーる」と言えば、ドイツ語ではperla。名前が悪かった? はい、AIDAperlaなんて、へんなことを思いださせるなよ! すみません。
 にしても「さんふらわあ」って、日本のフェリーの代名詞ですからね。初日の出はさんふらわあで!なんてことをおっしゃるフェリーファンもいらっしゃるし…。

 でもって、ホームページには、新造船の話も。
 でも、北の「さっぽろ」の失敗の影響なんですかね、来年就航するさんふらわあ さつま きりしまも、就航が18年の夏! になっていました。
 よく覚えていないんですが、当初は18年の春だったような気もします。つまり工期が、玉突きで遅延しているんですかね。間違っていたらごめんなさいですけどね。

 こっちはJMUの磯子工場ですが、今年は、同社にとって、本当は明るい未来が始まる年だったのに、なんか不安なままに年越し。来年の初日の出に期待しましょうかね? 

 でもねえ、僕は「フェリーさんふわらあ」さんには好印象を持っているんですよ。はい、そのホームぺージでの告知方法がいいんですよね。

 https://www.ferry-sunflower.co.jp/lp/newship/deview/  です。

 新造船の建造情況について、逐一写真をアップされて、進行が良く分かるように編集されている。これって、まるで「これこそ造船業だ!」の教科書のような画像集で、もし、船造りを志す人がいらしたら、必見ですね。これ。
 でも、造船所のイメージは、また悪くなっていますからね。そんな人いないでしょ? かな。

 額に汗して、チームで取り組み、現場で船が組み上がってゆく! 
 生産ラインに乗って運ばれて来る自動車に、部品を括りつけるような作業の工場より、全然やる気が出て来る仕事なんだけどねえ。
 いろいろ自動化が進んでいますが、まだまだ熟練が必要な場面もあるみたいですし、コンピュータ化が進んでいますけど、設計の仕事も創意性や工夫がいる仕事ですからね。

 って、完全自動化されていないから、失敗もある? でもやりがいは、そんなところから出て来るんだろうと思うんですけどね。
  若者よ! 製造業を志せ。

 はい。ですが、これだけ若い人が減ってくるとねえ。そんな造船工場に貴重な人材を投入していいのか?日本経済よ! という考え方もあるだろうし。
 やっぱり、これからは中国や途上国の若年労働力に頼るしかないんだろうと、思いますよ。
 となれば、「終身雇用」――外国人労働者もずっと働けるようにして行かないと、熟練力は継承されない…、なんてね。

 なんだよ、「ぱーる」の故障は、造船所の責任じゃない、って書いているのに。なんや? 
 あんたも、混乱しているの? はいすみません。熟練力は衰退もするんです。ええ。

 P.S 訂正です。事故があったのは、同型船の「ごーるど」だったみたいですね。ごめんなさい。

さんふらわあさっぽろ、運休は2週間以上にーーJMUさん、大丈夫なんですかね?

  10 月 25 日に就航致しました「さんふらわあ さっぽろ」は、昨日 26 日に大洗 港にて機関点検中、主機周辺部品の一部に不具合が確認されました。 当該フェリーの修復及び関連個所の総点検に当たっては、本船の建造造船所で あるジャパン マリン ユナイテッド磯子工場で入渠の上実施する事が必要と判 断されたため、当面の航海を運休することと致しました。 現時点では 11 月 12 日(日)までの運休を見込んでーーー。

 だそうです。27日付の商船三井フェリーのホームページに告知されていますが、2週間以上の運休ですか?
ちょっときついですね。

 この船、当初は8月末に引き渡される予定が、何故かの理由は明らかにされないまま、「秋へ」との遅延が発表され、10月13日に引き渡され。でもって10月24日には運航スケジュールが発表されて…。
 25日には、晴れて苫小牧を出港した! と、つまり初の営業航海に出たわけですね。

 ところが翌日には機関部の点検で運航中止。大洗から向かった先は、苫小牧ならぬ、なんとJMUの磯子だったなんて。
 つまり運航の遅延は、当初計画から見れば、100日以上になることが決まっちゃったわけで…。

 良く分かりませんが、MOフェリーの運航上の問題ではないことは容易に想像できるわけで、つまりJMUさんの何らかの誤…。
 なんかなあ「主機周辺部品の一部に不具合」ですか? まあ保障や故障の原因と責任の所在、造船所や船会社のプライドの問題などもあって、あんまり話したくないんでしょうが、もうすこしトラブルの詳細を明らかにして欲しいですよね。

 瀬戸内海辺りを走るフェリーと違って、太平洋側の北海道航路の海象は、とりわけ、これからは半端じゃないですからね。
 しっかり原因と対策を明らかにして下さいね
 にしてもメディアもなんだろうね。とりわけ専門紙は、「25日に就航しました」という発表を垂れ流して…。
 ちゃんと取材しているんかなあ。MOフェリーのホームページを活字化しただけで終わり? って。なんですかねえ。

 なんて書いていたら、「来週、乗船を予定していた」というSEABIRDさんから、今書き込みがありまして、旅行計画の変更を強いられたそうで。他のフェリーに乗り換えるんでしょうかね?
 でもって、「船のデパート化、プロダクトミックス戦略はハードルが高いようです。造船経営の難しさを改めて認識しております。」--随分、お優しい感想ですが、酷い話だよなあ。お察しします。

 まあ、こんなこと書きたくないけど、JMUというより、旧IHIの磯子工場は、三菱重工の長崎以上に問題があるんじゃないですか?
 というか、磯子さんは焦っているんかな?
 SEABIRDさんがおっしゃるように、大型ドックを持つJMUに合流して、旧IHIの造船部隊さんが目指すとすれば、「船のデパート化」。つまり製品の多角化ですよね。
 目標は、艦艇を主力にフェリーなどをプロダクトミックスして行くという、造船所経営だったわけですが、艦艇の主導権争いもあったんでしょうか? 水上艦のダンピング受注の噂もありましたよね。

 このことがあって、今年防衛庁さんは、発注方式を「値段よりも企画」型に改めて、長崎と三井造船にまとめて発注しちゃいましたが…。
 でも、今度トランプさんが表敬されるという「いずも」の出来栄えにもいろいろ噂が流れているし。
 まあ艦艇! というと格好いいけど、これまでの海上自衛隊は、ほとんど実戦を経験していませんからね。「オモチャみたいなもん」なんて酷評もあるくらいで、北となんかあったら、ちゃんと働けるんかな? なんてね。

 それにしても、アンタも、フェリーのエンジントラブルだけで、ここまで書くかね、本当に! フェイクニュースだぞ! なんてネトウヨさんからお叱りを受けるかもしれない。クワバラクワバラ!
 でもね。一般紙じゃないけど、何があったのか、MOフェリーさんもJMUさんもしっかり総括して、公表して下さいね。

 真冬の北太平洋で漂流! なんてニュースは聞きたくないですからね。
  

 
 

さんふらわあさっぽろ、どうしたんですかね? エンジントラブルですか? 新造船なのに。

機関調整の伴う運航状況につきまして、以下のとおりご案内申し上げます。

10月26日(木)大洗発  夕方便 さんふらわあ さっぽろ  欠航
10月27日(金)苫小牧発 夕方便 さんふらわあ さっぽろ 欠航
以降、さんふらわあ さっぽろスケジュール未定

さんふらわあ さっぽろ以外の3隻につきましては通常運航予定でございます。

 はい。商船三井フェリーさんのホームページから、です。 
 別に大袈裟に書くことでもないですが、この船数か月デリバリーが遅れて、就航したばかりなのに、あらら。ですね。

 まあ、船ってたんたんと建造の予定工程をこなして行けば完成するというものでもないようですが、こういう例は、これまでもあったのかな? 私は知らないですね。 
 さんふらわさんは、瀬戸内海の2隻を含めて4隻をJMUさんに発注されて、JMUさんにとっても10年以上ぶり?って、あとで調べますがね。というかIHIがユニバーサルと合併して初めての大型フェリー建造でしたからね。でも最初の船のトラブル情報は流れてこないし…。
 第二船で就航遅れに続くエンジントラブルが、というのは、やっぱり…。「建造中に事故があって…」なんて風評を裏付けているんですかね。

 続く2隻はちゃんと納期通り出来るんかな? そのあたりメディアさんちゃんと取材して下さいよ。原因が公表されないと、疑心暗鬼が募るばかりですよ。
 JMUさんを巡っては、艦艇、つまりヘリ搭載護衛艦の最初の「いずも」だったかな? この船の運航性能についてもいろいろ噂がありますし。

 なんかなあ。日本の製造業への信頼性にいろいろ疑問が出ている矢先の話ですからね。って「三菱のAIDAさんで、とっくに信頼性なんて…」ですが、なんかいやですね。
 まず客船・フェリーから造船業の技術的基盤の崩れが表面化? なんてね。

 いや、「さっぽろ」さんは9月だったか、わざわざ我が家の目の前に試運転でその雄姿(写真参照)を現して戴いて、「ご心配おかけしましたが、もうすぐデビューしますよ」なんて挨拶? なんてするわけないけど、お姿を拝見したばかりで。実は暖かくなったら、一度乗りに行こう! なんて考えてもいたんで、余計にショックですわ。
 朝から垂れこめる暗雲! なんてね。今日も天気は晴れ! ですけど。

 ええええ。今朝はね。はい雑誌「CRUISE」は本日発売でーす!
 という話を書きたかったんですがね。
 でもねえ、表題を見て、ちょっとがっかりしていたんですよ。
 「外国船の日本発着クルーズに乗ろう!」って。まあ意味は分かりますよ。来年の外国船のスケジュールが出ましたからね。でもねえ、「外国船の」って余計じゃないの?なんて、考えていた矢先だったんでね。この雑誌、別に船旅のプロだけが読んでいるわけではなくて、まあ一般大衆さんが読者なわけで。出来れば「あなたの町からも客船に乗れるんですよ」ぐらいの情報発信が欲しんですよね。もちろん「外国船」ばかりじゃなくて、日本のクルーズ船を含めてね。

 加えて、何故、途中の港町では乗れないか? あるいは「乗れる船もある」なのか?
 舞鶴みたいに「駐車場タダ」とかのような乗客サービスの違いとかね。知りたいなあ。
 「地方の時代」「クルーズ船で地方活性化」みたいに言われていますが、私は地方港から直接船に乗れる!そんな時代が来ないかな? なんて希望しているわけで、是非そんな特集を組んでくださいな。 
 フライ&クルーズやレール&クルーズもいいですけど、「ホームポートクルーズを」が時代の流れじゃない? なんて余計でしたね。

 さてキューバも!ですか? いいですね。ちょっとトランプさんドクトリンで、流れが変わっているのが気になりますが、終わってしまう前に行かなきゃね。いやあまり近代化される前に行きたいです。

 でもって、フォト・オブ・ザ・マンスですね。セレブリティ好きの筆者としては、18ページのミレニアムさんにも引かれますが、今回は29ページのコスタ・ネオロマンチカの「コーヒー&チョコレートバー」かな?コスタの内装は何度か乗った船で、乗るたびに微笑ましくて、思わず和んでしまうんですが、この船もよさそうですね。 
 この船の熱海発クルーズくらいないかなあ? って無理か!

 さんふらわあさんも大洗は遠いよやっぱり。2020年目指して、せめて東京発着くらい始めませんかね? 新木場もそう近くはないけど…。

IMG_3621

三菱さんが、長崎でフェリー建造ですか? 方針は柔軟に!ですよね。

   今日は何の日? 体育の日か! 
 まあリタイアしちゃった僕がぼやくのもなんだけど、なんか一斉月曜休日政策っておかしくない?  
 大体なんで、休むことまで政府に指示されなけりゃあかんのかなあ。

 以前、大企業なんだけど、「週休2日制」と胸張っているのに、「国民の祝日を入れて、週休2日制」なんてのがありましたけど。つまり月8日休ませれば、「2日制じゃないか」と。
 月曜がお休みの場合だと、これを有給に振り替えるとか、姑息な制度を敷いていた会社も多かったですね。今はそんな企業はないんだろうねえ? どうかな?

 現実は、祝日どころか、土日にも出勤して、仕事をこなすなんてことでしたからね。
 制度って文字面で整合させれば、良いというわけじゃない!
 でもなあ、僕らが若いころには、「自主的な勤務だからいいだろ」なんて称して、一日たりとて会社に来ない日はない! なんて、そんな社員もいたけど。
 まあ、そんな僕も月曜となるとフロッピーを持って出社。つまり自宅で原稿を書いて、そう一時期、自宅にワープロを買って、データーの移送はフロッピー持参でやったりしていましたけどね。
 つまり、自宅でのサービス残業ですか? いや今ももっとすごいんじゃないかなあ?
 特に、週単位で仕事のノルマが決まっていたりすると「国民の休日」なんてサービス残業デイと化しているわけで? 
 今日のニュースに、20代の外出は70代より少ないなんて記事が出ていましたが、仕事以外、つまり余暇とか個人的な楽しみに時間を割くなんて人は、少ない? って昔もそうだったよね。休日なんて家でのゴロゴロ日でしたからね。

 でもって70代目前の僕。なんたって効いているのはJR東日本の「大人の休日クラブ」です。
 はい、通称「オトキュー」に入った事が大きいですよね。東日本管内だけでなく、JRどこでも、正規料金の30%引き。先日墓参りを兼ねて東北旅行をしたのもオトキューの期間限定クーポンがあったからですからね。
 でもって、今日からも旅!です。東海道新幹線は、のぞみには乗れないけど、ひかりまでだったら3割引き。
 東京ー新大阪くらいまでだったら、1万3000円なのが、1万円ですからね。って、これでも高いんだけど、隣のお姉さんが1万3000円払っているのに? なんて思うだけで、お得感が感じられて、また行きたくなるんですよね。旅に!

 ということでこれから、「希望と言う名のあなたをたずねて」、「また汽車に乗る!」です。って何よ。今日はそれが書きたかったのかい?

 はい。すみません。でも、このところ例えば「東海道を歩く」なんて企画旅行?を旅行会社が募集したりして。でもって良く見ると、最初の一日は日本橋から品川まであるくだけ!とかね?
 なんだか「プチ冒険」にもならないんだったら、オトキューで日本列島行ったことのない街を訪ねて!みたいな放浪の方がいいでしょ。

 まあ「日本ぶらりと、船旅普及振興協会広報部長」を自認する僕としては、って、あんた確か「クルーズ平和党」を名乗っていたんじゃないないの? 
 うん。でも、嘘つきばかりが横行する政治からは、昨日で卒業しましたから。でもって旅の振興に務めようとね。試行錯誤、右往左往! ですわ。

 三菱重工さんが長崎でフェリー建造を手掛けるそうで。これから工員さんの教育に取り掛かるんですか? 確か既視感がありますね。この方針。
 全長200m以下の船は下関、それ以上は長崎で…。ってバルク不況が始まったころに、そんな方針を明らかにして、新日本海フェリーのフェリーを2隻だったか、4隻だったか建造しましたよね。
 いいんじゃないですか? それだけ需要に確信があって、かつ艤装主体のフェリーを? 
 うん? 艤装主体も長崎で、ですか? まあ長崎造船所の本工場は、護衛艦が並びそうですからね。その合間を埋めるフェリーですか?
 
 でもねえ、香焼はどうするんだろ? 世界に誇る船体製造能力。「三菱重工船体」なんて会社まで立ち上げたのは去年だったかな? ここの仕事は今治造船や名村造船と連合、共闘ですか? いや競合かな?

 うんうん。今治造船が丸亀に大ドックを掘る前に、香焼での「連合や共闘」を、模索すればよかったのにねえ。
 なんて、話はまた政治に戻りそうだから、やめときますわ。
 方針は柔軟にして、かつ臨機応変に! ですね。

 では、行ってきます。

存命の喜び、日々に楽しまざらんやーーですね。はい、ちょっと投げやりですわ。

   T.Iさんありがとうございます。 
 ハイ、ご指摘の通り「さんふらわあさっぽろ」さんでしたね。でもあそこまで出来上がっていて、11月のスケジュールを確定できず? というのはどうなんでしょうかね?
 秋には就航と言ってらしたのですから、11月中。はい秋の間に雄姿を見たいもんですね。大洗? まで行くのはちょっと大変ですので、磯子辺りで見せてくれないかなあ? そうしたら見学会に応募しちゃうんですけどね。

 それにしても、同型第二船ですからね。船を造ることの難しさというか、船それぞれに歴史あり! かな。何が起きたのか、きちんと教えてもらいたいですね。三菱さんに続いて、JMUさん、お前もか! となると、次に出てくるのは、「日本の造船」って、本当に大丈夫なの? の検証ですからね。ちゃんと教訓化して置くためにもね。

 なんて、書いていますが気分が乗ってこないですね。この話題では。
 もういい加減、北の話題から離れて、旅のブログらしさを取り戻したいと思っているんですが、燃えてこないよ! 原爆が飛んで来るのに旅行かい? だもんねえ。

 にしても、今度の演出された「危機」の最大の被害者と言えば…。まあこのあとの展開にもよりますが、北朝鮮人民!なんだと思いますね
 以前から「国家」とか「共同体」と無定見にこの言葉を使うのは、どうか? なんて書いていますが、つい15年ほど前まで、かの国の名を書くときには、「北朝鮮(朝鮮人民民主主義共和国)」、必ず、こうした表記をさせられていました。日本政府の忖度? で、日本の新聞は多分例外なくね。
 まあある意味、この国のことを尊重もしていたんだけどねえ。まあ拉致問題の表面化や親北派の金丸さんの失脚以降かな? 

 でも、未だにこの国を尊重されている方はおられるようで、
 プーチンは、「北朝鮮は雑草を食べることになったとしても、自国の安全が保障されない限り(核開発の)計画をやめない」と述べたようですが、主語は「北朝鮮」ではなくて「金正恩」でしょう。「朝鮮人民」とは、必ずしも利害が一致しているわけでもない。彼らは「国」という幻想の中で苦吟させられているに過ぎない、と思うんですけどね? 

 まあプーチンは経済制裁がいやなので、こう言っているのでしょうが、本当に雑草を食べなきゃいけないのは、「朝鮮人民」なのであってクレイジーファットは、ノウノウとでしょ。

 だから? うん、だからね。この危機を打開するのは、キム政権の呪縛に縛り付けられている「人民」の手による以外にないんだろうと思いますが。
 しかし、ジョージ・オウエルの想像力、つまり「1984年」体制が確立してしまったこの国では、もう無理なのかなあ。

 しかもプーチンは、雑草を食べる人民の側に立つのでなく、北を利用してアメリカ一国支配を崩そうとしています。つまり北はプーチンにとっての暴力装置なわけで、プーチンにとって、今は絶好の政治状況にあるんじゃないですかね。
 なんてね。こんな力学的な分析をしてもしゃあないけど、ここまで来ちゃうと、僕には、金王朝の終焉以外に解決策はないように思えて来る。

 日本の核武装!なんて方向に進んだって、日本と北と南が核を持って、なんて。そんな未来に安定なんてあり得ないでしょ。被爆国が核拡散の引き金を引く? 
 いや、本音では反トランプ、反アベの文韓国大統領は、北に迎合しながら南北統一に向かい、朝鮮半島にスイス型の中立国を造るなんて言い出しかねない。それは、核武装した「共和国」なんでしょうけどね?

 つまり、どんな形でこの「危機」が終息したとしても、昨日までの半島ではなくなる。
 たとえ、北朝鮮民衆による蜂起が起きたとしてもね。

 そういえば、今年はロシア革命100年でしたね。
 でもねえ、プーチンが、「雑草を食べることになっても」なんて、したり顔で解説するなんて…。
 そんな風に事態を解釈するんではなくて? 大切なのは何かなんだろうと思うんですよ。
 
 ああ、意気上がらんですねえ。クレイジーファッショ! いやファットか? それにプーチンもトランプもそしてアベさんも情報分析と判断をブラックボックスに閉じ込めて勝手に動き出し、メディアも、情勢を勝手に伺いながら、事実上の戦争体制への移行を書き始める。

 問題は何に依拠して、情勢を分析するかなんだよね。悪いのは北朝鮮ではなくて、キム! あんただし、そんなモンスターを産んでしまった権力者達の蠢めきかな?

 人生の最終局面で、こんな目に合うなんて…。
 僕は、竹下派で行きます! って一昨日付けをお読みくださいね。
 オラのところは避けて飛んでけよな。ミサイル!

 存命の喜び、日々に楽しまざらんや(吉田兼好「徒然草」)

太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?

  今度は、太平洋上に客船出現ですか?
 いえ、この船、僕が一朝有事のために、こちらに来ていただけるように呼んでおいたんです。いま空いている船は、この船だけですからね!

 って、冗談にもなりませんが、今朝起きて、ベランダを見やるとそこには、奇麗な客船の姿が! 最初は船首部しか見えなかったんですが、オレンジのファンネルだし、なんだろうと、カメラを持ち出してみているうちに、段々回りだして。
 あらら「さんふらわあ」やん。相模湾海上にさんふらわあ発見! と本当にビックリしましたね。
 これどうしたんですかね?

 さんふらわあと言えば、今は瀬戸内海を走る「フェリーさんふらわあ」か、商船三井フェリーの北海道航路の船以外にないわけで…。
 ですが、遠くてあまり定かには見えないんですがね、船体は結構奇麗なようで! これって、もしかしたら、JMUの磯子で建造している商船三井フェリーの新造船、かな?と
 はい引き渡しが遅れていた「さっぽろ」の試運転なのかと!

 相方さんは、なんか「小さいわね」なんて言うんで、じっくり見たんですが、はい左に見えるのは初島です。ということはやはり、少し小ぶりな感じはありますね。
 で、商船三井フェリーのホームページにいそいそと行って見たんです。そしたら新しい「new!」のニュース、ですがね。11月のスケジュールを公表している。
 ですが、
 ーー新造船さんふらわあさっぽろ運航スケジュールにつきまして、11月におきましても引き続き調整中とさせていただきます。

 あらら、ですよね。「今秋から運航開始」と伝えられていた「さっぽろ」はまだメドが立たないようですね。
 入院するんでもちょっと深刻な怪我なのかな? ですね。
 もしかしたら、西の船の方の船の試運転なんですかねえ。良く分からんわ。
 でも、この海域にフェリーの新造船試運転なんて来たことないですからね??? なんでしょうかね。
 もしかしたら、一朝有事になってもこの船に逃げ込めば? そのための訓練?なんて考えたんですが、そんなことはないわなあ。

 でもまあ、フェリーが思いもかけない場所に現れるくらいで驚いていてはいけませんね。
 相模湾遠方1000キロ海上に、ミサイル? なんてことだって考えられるものねえ。
 そうなると小笠原近海ということになるんだろうけど。刈上げ君は、今度はICBMを用意しているようで、次から次と、ちょっと、「なめてるんじゃないよ。この」だよね。
 7日から元プロレスラーを、そっちに派遣するけど、アサシン? 気を付けた方がいいよ。
 この人なら武器なんか持たなくても…ね。
  ほんとうに、そんな領域に踏み込んじゃったんだからね。あんた!
 
 こうなると、毎日いつもと違ったことや、日常のルーティンと思い込んでいたことのすべてを疑いたくなって来るはずです。例えば、目の前にフェリーが泊っても「あれはなんだ?」とね。
 招いた客でも、暗殺者に見えたり、朝食後に飲むお茶が…。なんてね。
 だいたい太り過ぎですからね。体の変調は必ず起きる!

 でもねえ、身体の変調が頭に? なんて、私らが懸念するのはそんな状態なんだよね。
 ボタンを持ったクレイジーファット? 世界の終わりだよね。これ。

 にしてもこの期に及んで、「イージスアジョアを急がないと」なんて語るわが指導部。こっちもちょっとなあ? これって良く分からんけど、東京上空に落ちて来る水爆を撃ち落としたとして、どうなるのかねえ? これ。
 核戦争に使えるの、このアショア?
 でもって、ICBMは落とせるの? 宇宙空間で迎撃すれは、核は拡散して? アメリカ本土は助かる?
 
 ちょっとなあ! 次の危険日は9日の建国記念日ですか?
 ああ、僕は疎開しますんで、あとは宜しく、って4日間だけですけどね!

 行き先? 福島ですが…。 うーん。浜通りには行きませんから。
 何を? こしゃくな! この、ひきよう者め!


IMG_3621

フェリーの目的地として最高ですねえ!新冠!

札幌!天気晴朗なれど、気分は落ち気味。
もうこんな大都会には住みたくない!という気分が先立っちゃて、ちょっと落ち込んでいます。

  我が相方さんも、車が、札幌に近づくにつれて、ご機嫌がわるくなって!まあ当たり前か、全くと言って良いほど車がいなかった高速に車が増えて、車線変更もままならず、レンタカーを返すにも色々わずらわしく。
   夕食もドイツビア、小樽ビールのビアガーデンはまずまずだし、ビールは美味しいけど、レストランの手配なんかがわずらわしくて、結局温泉にはいって、お部屋でサントリーという無駄な夜を過ごしてしまいました。

   にしても、新冠は、素晴らしいーーですね。
なんで、客船やフェリーのオプショナルツアーに組み込まないんだろうと!
優駿メモリアルパークで、オグリキャップの栄光を訪ね、マヤノトップガン君から1メートルのところで、記念撮影。

 コスモバルクに出会いにビッグレッドファームを散策し、レックスという種付けの牧場に訪れ!って、こんなこと案内人がいないと到底できませんが、ええ、親しい知り合いがいましてね。休暇を取らせてご案内頂いたんです。深く御礼申し上げます ですね。
   
  ここからは冗談抜きで、書きますが、苫小牧からの客船 フェリー用のオプショナルツアー観光地としてオススメしますよ。ここ。苫小牧からは1時間半くらいの快適バスツアーで、サラブレッド銀座へ、あとは、いたるところ牧場ですし、体験乗馬もできるし、レースで素晴らしき実績を残した名馬たちが、今やはい、第二の馬生!はい、子作りに励む毎日。
うらやまし、くもないけど、なんか一面の牧草地を自分だけの放牧場として頂いて、まさに我が人生じゃなかった、馬生に悔いなし!
  これこそ夢にまで見た、理想の余生お送りなさっているんですよね。生涯獲得賞金五億円 !なんて馬もいますが、2000万クラスだって、快適種牡馬生活はゆめじゃないんだから。

 でもって、聞いて見たら、坪400円位の土地があるんだって、100坪だって、40000円!ってあんた、話が小さいねえ。1000坪と言いなさいよって。ダメですね、単位が小さい!都市生活者の悲哀ですなあ。

 でも移住するなら南の暖かいところ!となんとなく決めいた、僕もすっかり気を改めましたね。夏涼しく、冬雪のない、新冠ですよ!魚もうまいし、お肉もいろいろ!静内にはイオンのでっかいスーパーもあるし、暮らしやすそうですよ。近くに自衛隊の駐屯地もありますからね。敵が来ても大丈夫?いやいや、災害対応もですけどね。
   とにかく、新冠は魅力的な観光地やね。一月ぐらい、マンションを借りて、体験移住なんていかが?マンションは5、6万で借りれるみたいだし、夏だけ?いや秋も、という具合にね。
   
  いやいや、それよりフェリーの目的地ですよね。苫小牧に上陸し、あとは2、3泊で、日高を踏破!
って、相方さんはもう嫌だと言っていましたけど、オラ、これから免許?と行くわけにもいかんし!船会社さん是非オプショナルツアーに加えてくださいな。
新冠町の観光協会に問い合わせれば、いい企画があるかもしれんて!

   考えましょうね。北海道!中国人に支配される前にね。
 

68歳にして人生初体験! 馬に乗っちゃったよ。ハイヨー!

なななんと!68歳にして、人生初の快挙!です。はい、なんとジョーバ!に初挑戦、いや、乗馬ですけどね。我が愛馬は、シーガートップ君、!9歳かな、の巨体の栗毛のオス、場所は新冠のホロシリ乗馬クラブ!でした。
まあ、実は、私と同じくらいの歳の老体ですがね。まあ、 ハイヨーシルバー !   なんて感じじゃなかったけど、しっかり山道を歩いてもらいました。

 でも、こいつ頭がいいのか、道悪の山道だと草の上を歩くから、なんか雑木にぶつかりそうになったりしたのですが、45分間、完走!
 素晴らしき体験でした。
でもって、昨日は、名馬オグリキャップのお墓に参って。マキバに戯れる馬さんをながめて!思いもかけない体験 でしたねー。満足満足!

 でも、船旅のブログですからね、船の話題も ひとつ。ええ、新冠の名湯、はいレコードの湯 につかったんですよ。そしたら、ひろびろとした天然の中に設えられた露天風呂でね、出会った人と雑談。静岡来たというこの人    なんとキャンピングカーで、南北海道を走破中になんですって。

  もちろん手段はフェリーの旅、仙台から苫小牧へ、というから太平洋さんだね。でもって、帰りは?  函館から大間に渡って! あとは陸路を、だそうですが、ここでも大感動!
  今年リタイアし、4月にキャンピングカーを買い、夢に見た一と月間のツアーに挑戦、らしいですね。なんか話に夢中になって、のぼせちゃいました。
  来年は北北海道だそうですが、割引してくれる会社と、してくれない会社があって、航路選択よりも、関心はそっちにあるみたい。
それと CQ、つまり無線のマニアさんらしいのですが、インターネットの普及で、ラジオ無線の会員の減少を嘆いていましたね。
 
無線免許は割高だし、規制がうるさいらしくて、無線も開放してやれよな!アベちゃん!
問題は獣医学科だけでもないんだよ!
  一気に規制は無くしましょうよね。の旅でした。
明日は札幌から!です。ではまた。

 

静内です。快晴!爽やかな風が心地よいですね

いやあ、なんとも爽やかな朝ですね。天気は晴れ、窓を開けると湿気を含まないドライな風が吹き込んで、シャワーを浴びた後の身体を冷ましてくれます。
   はい、今僕は静内のホテル。まだ朝食も始まっていません。
  昨夜はこの小さな町の繁華街というかストリートの一角にある飲み屋に繰り出して!それが旨いんだなあ。にくが!野菜が!イカさんが!堪能の夜をすごしました。
  残念ながら、曇りがちで 天の川は見えなかったですけど、サラブレッド銀座ーーこの名ずけを、なんとかしろ!!!ーーをドライブ!ひろびろひろびろに、包まれました。サラブレッドくんもたくさん放牧されていて、お母さんに、じゃれる子馬もいたなあ!2年もすれば、府中か中山か?いや大井かもしれんけど、勇姿が観れるかもしれない。楽しみで、胸がいっぱいです!

 実は日高ですがね。22,23年前に一度。はい、わざわざ名古屋までドライブ、ええ、太平洋フェリーのいしかりでね、2泊しながら、苫小牧。そこから日高ケンタッキーファームにやって来たことがあるんですよ。今回はそんな旅の、センチメンタルジャニーのつもり。船知めん太ですからね。センチメンタル  にね。
  その時はリタイアしたハイセイコーの牧場にもいったんですがね。会えなかったですね。

  でも、今回、新冠の、道の駅のハイセイコーの銅像 の前でパチリ!この道の駅には、新冠が生んだ名馬のモニュメントが並んでいて、IPAD電池切れで、写真は、ガラケーでしか取れずで、残念でしたけど。
でもそれ以上に残念なのは、どうやって写真をアップするかわからんことですね。ごめんなさい。

  でもって、センチメンタルな旅の理由のひとつ、かのケンタッキーファームがなぜ潰れたのかの原因を探ることでした。
はい。もしここが健在なら、クルーズ船やフェリー、特にフェリーのオプショナルツアーの目的地としては絶好!と思うんですがね。
なんでだろ〜って感じ! まあこれからおまごちやんの、乗馬、レ・コード温泉なる奇妙な名の温泉に行くつもりですので、じっくりとね。
では、またあした! 

厦門で、クルーズフェリーですって。日本は、またまた置いて行かれる?

  このブログ、いろんなところで読まれているんかな? なんてね。 
 昨日、和田秀樹氏の産経新聞の論文を引用したら、今朝の「産経抄」さんが、なんと自画自賛というわけではないのだろうけど、和田さん論文を引用。日本の科学技術教育について、「長年、文科省行政を担って来た前川氏は、果たして深刻な危機を認識しているだろうか」だってさ。

 やられましたね。産経が和田さん論文を書かせた真意がここにあったなんて! なんてこともないか?

 いや、私のブログと繋がっていると感じるのは、産経さんだけじゃなくて、T.Iさんも、そうなようでーー。
 ーーViking Lineは、中国のXiamen Shipbuilding IndustryCoに対し、造船契約の全ての条件が整ったと通告し、契約は発効した。
 この造船契約は2020年に引渡し予定で、トゥルク(フィンランド)―オーランド諸島―ストックホルム(スウェーデン)航路の新しい旅客クルーズ船についてのものだ。
 契約額は、約1憶9400万ユーロ(2憶2000万米ドル)。この契約には、もう1隻の船の選択権も含まれている。

 まあクルーズ船というより、北欧の、かのクルーズフェリーの新造について、ついに中国の造船所への発注が決まったという話のようですね。Xiamen Shipbuilding IndustryCoというから、厦門の造船所ですかね。で船の大きさは、
 長さ218メートルで、63,000総トン。旅客収容力は2,800人で、貨物レーンの長さは1,500メートルになるーーんだそうです。

 こんなに、記事の中身を引用するんなら、全文転載した方が早いですね。へへへ。

 日本のフェリーも新日本海あたりだと長さが200mを超えたりもしますからね。長さはそうでもないですが、63000総トン、というのはね。日本のフェリーも国際トン数でも4万総トンを超えるのはないですから、日本船に比べると、2回りくらい大きい感じかな?
 でもって、船価は日本円だと250億円強というところでしょうかね? かなりいい値段ですね。こんな高いフェリーは、日本にはない。

 バイキングラインは、LNG焚き主機関を搭載したフェリーを、すでに就航させていますからね。2020年就航となると、この船もLNG燃料が焚けるデュアルフュエル! ということになるんでしょうか? 
 T.Iさん、そこんとこ追加取材?お願いしますね。なんちゃって、虫のいいこと言うんじゃないよ。すみません。

 問題は! って、何も問題なんかないんですが、より正しく書けば、日本造船業にとっての問題は? なんですがね。
 このプロジェクトは「コラボレートプロジェクト」つまり「共同作業」とされていることですね。記事を読む限り、資材の供給、つまり調達。それに内装というかデザイン面でバイキング側が協力?というより、ほとんど担当するという感じかな。でもってコンストラクションを中国側が担う? と読めます。つまり船主側が技術指導しながら船を仕上げ行くという話ですね。

 これなら今の中国造船業の力があれば、出来るんじゃないかな? なんて思いますね。
 250億円の船価の中に、どれくらいの「技術料指導料」が入っているのか知りませんが、このプロジェクトをきっかけに、欧州の指導で、大型フェリーの建造が、ドドンと中国で展開される! というわけですかね。

 まあ、確かステナさんも中国に発注しているんですよね? 中国が韓国どころか日本を抜いて(って、まだ日本の造船所の技術力に対する神話から抜けきれない、ボクなんです)、極東造船業の「領導者」になる日も近い…。かな?

 だいたい、バイキングラインって、船もそうですが、乗船するところから、清算までスルーで処理できる船内ITシステムを採用していますからね。日本のフェリーより格段に進んでいる。
 こうして、それこそ欧州フェリーの船内システムのノウハウを、中国が学び取ってゆくことも出来るのかもしれません。

 というか、造船所は厦門でしょう。そんな造船技術の話ばかりじゃなくて、台湾海峡を結ぶフェリーだって、想定しているに違いありません!って。台湾だって金門島と台湾を結ぶ高速フェリーや「ナッチャン」をつかったフェリーが活躍してしていますからね。
 船を造ってくれて、技術教育をしてくれて、中台合併の礎を! ってそこまではまだでしょうけど。台湾と中国を移動する旅客を運ぶ船、あたりはこれから、どんどん造られるんじゃないですかね?

 それにしても、三菱重工さん。
 あなたがAIDA失敗以降の造船部門の事業計画で、確か「5万トン以下のクルーズ客船」と「欧州のクルーズフェリー」を営業品目に高々と掲げて、僕達の夢を繋いでくれたわけですが、あの話、どうなったんでしょうかね?

 そうかバイキングは6万トンだから、「5万トン以下」という方針に合わない? いやいや日本の総トン数のカウントからすれば、3万総トンくらいじゃないの? ってなんだか変な制度だよね。日本のトン数測度法!
 まあいいか。欧州のクルーズフェリーも失注? 飛鳥3を想定していたクルーズ客船の受注商談も不調?

 なんかなあ。僕も、夢を見たまま死にたかったけど、こんな調子じゃ。僕の生命が尽きるまえに、日本造船業の命運が尽きる? 

 なんてことないよね。頑張ってよな。ニッポン造船業!
 
 
 
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 初日の出
  • さんふらわあさっぽろ、どうしたんですかね? エンジントラブルですか? 新造船なのに。
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ