客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

フェリー

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

瀬戸の脱走犯に思う。向島は寂れているんですね。

 実は、書くタイミングを失っていたんですがね。実は、私め、例の松山刑務所・大井造船作業所というのを、昔々取材したことがあるんです。

 27歳だかの受刑者が脱走したというニュースを見たものの、どうせ、すぐに捕まるさと思って…。ネタに出来るかなあ!なんて思っていたんですがね。全然捕まりませんで…。そのうちブログに書くタイミングを失って、今日まで…。なんてどうでもいいか?

 この作業場って、かつて「四国の大将」とか「再建王」の異名で呼ばれた坪内寿夫さんが、自分の造船所である大西工場の中に造ったわけですが、彼もフェイクニュースではないにしても、数々の伝説を作り上げた「名人・偉人」でしたからね。

 佐世保重工を初め、経営危機にあった造船所を幾つも引き受けて、傘下に収めて「再建」と称していたわけです。
 僕が大井作業場を訪れたのは、佐世保再建が軌道に乗らずというより労組の反発にあって、迷走し始めたころだったかな?
 そのうち、グループ傘下の東邦相互銀行も経営危機に遭遇し…、と神話が崩れて行く。でもって、側近さんから「工場を見てよ」と招かれて、大西工場を訪れたんです。

 工場の目の前の海域には日本高速フェリーだったかな? の係船中のフェリーが沢山浮かんでいて、タクシーの運転手さんに「いつ頃から、こんな風なの?」なんて、尋ねたことを思い出しますね。
 ええ、そのころは、生意気にも松山空港から今治までタクシーで取材旅行をしていたんだよねえ。古き良き時代や!

 この大井作業場を見た時も、「受刑者の更生のために」なんて説明を聞きながら、そんな風に考えずに、「安い労働力を確保したかったんだろう」なんてね。
 素直じゃないよね、私も。その後、もう少し暖かい目で見るべきだったかな? なんて反省しましたけどね。

 まあいいや。実は今度の事件で一番驚いているのは、そっちの話よりも、逃げ込んだ向島の話ですよね。芸者さんのいた東京は向島(むこうじま!)じゃなくて、瀬戸内の「むかいしま」のことですけどね。
 逃亡した平尾受刑者の、この島までの足跡は分かっているのかな? でもって、警察が捜索に入っているわけですが、なんと向島に空き家が1000軒もあって、捜索が難航? 隠れるところは沢山ある、とテレビで解説していることですね。

 実は、来島どつくだけじゃなくて、このあたりは四国側や尾道側とか、付近の島々には小さな造船所が沢山あって、尾道市の対岸のこの島には、日立造船の向島工場やら、向島ドックやら、かつては造船工場があって、尾道などの対岸や因島も近いですからね。本土側からも人が行き来していました。
 でも大造船不況を経て、造船所は閉鎖、あるいは大きく縮小。中には船体ブロックと呼ばれる船の部分を下請けで建造するような仕事していた工場もあったし、尾道の造船関連会社のベッドタウンみたいになっていたという話を聞いたりしていたんですがね。

 空き家が1000軒ですか? まあ調べに行ったわけではないですが、そうした造船産業の衰退が、この島にも逃亡犯の隠れ家を提供するといった、皮肉な寂れよう、ということなんでしょうかね。
 この島は、しまなみ海道の広島側の最初の島で、陸路で尾道だけでなく、今治まで行くことができるようになっていますし、僕も何度か車で渡っています。
 島々を高速で結ぶことで、この橋ができたころには、島々の観光化プランが沢山あったのですがね。でも、昔からある耕三寺とかいくつかの観光地を除いてはあんまり! というより、むしろ、昔はフェリ―・ターミナル周辺に小さな町があったりして人々の息遣いが感じられる町だったんですがね。

 今の造船業の苦境を見ていると、10年後、20年後ははこんな人の住まない町が、瀬戸内やら長崎やら…、という具合に生み出されてゆくんでしょうか?
 というより、今更ながら思うのは、三本も掛けた本四架橋って何だったんでしょうかね?
 このあたりに、「瀬戸の花嫁」じゃないけど、連絡船が結ぶ鄙びた港町が残してあれば、瀬戸内海クルーズの絶好のアイランズになることも出来たんじゃないかなあ! なんてね。

 やっぱりこの話を取りあげるんじゃなかったな? 話が面白くないぞ!

 はい、すみません。49万アクセスになかなか到達できません。明日かな?
 でもって、この先50万までは2週間以上かかりそうだなあ! クスン。
 

 

さんふらわあの夕方便、2月20日まで全便休止? 我が家の前には、またまた雄姿を現しましたが…

  これ数日前の写真ではないですよ。実況ほぼ生中継です。
 左に大島、中に初島、右に見えますのは、はい伊豆半島です。って我が家の場所がわかちゃうけど。いえ、別に「眺めの良い部屋」を自慢しているわけではないんですよ。はい。今朝7時ころの風景です。初島の右、真ん中に小さく浮かぶのが、またまた「さんふらわあ」なんですね。

 IPadかなんかで、写真をクローズアップしていただければ、船体のひまわりマークも見えると思いますが、今度も「さつま」さん、なんでしょうかね。それとも…。

 「さんふらわあ ふらの」は船体点検の結果、入渠の上修理が必要なことが判明いたしました。

その影響により1月24日から2月28日までの夕方便について欠航と使用船舶の変更、3月についても使用船舶の変更が発生しますことをお知らせいたします。
また、3月の夕方便の新規ご予約を停止させていただきます。


  以下、今朝書いたオリジナル版を訂正し、変更いたします。

 どうやら「ふらの」は、大洗港に入港する際に岸壁に衝突して、そのための修理のようですね。
 それにしても商船三井フェリーはついていないですね。「ふらの」も止まっちゃうんですか。

 まあ、「さっぽろ」の方は、同じホームページで、2月21日からの復帰を発表していますけど、ということは、1月24日から2月20日までは、夕方便は全船運航中止! ということですね。

 商船三井フェリーにとって夕方便、つまり「さっぽろ」と「ふらの」は、人を乗せて運ぶというフェリーの醍醐味(って単なる船旅派にとって、だけかもしれないですけど)を味わえる主力の北海道航路ですからね。

 深夜便は、食事も自動販売機? つまり寝ながら旅できますよ!ぐらいの物流主体のフェリールート。一方、夕方便は船内施設も快適な内装を設えて、しっかりした食事もサービスする、商船三井フェリーのフラッグシップ、という意欲が込められていたわけですが…。
 3月のスケジュールの公表も、予約も停止していますんで、この先どうなるか、「予断を」なんて感じですが、早く予定したスケジュールに戻して欲しいですね。

 でもですね、造船所の方も大変ですね。
 JMUさん、磯子と言えば、IHI。つまりは石川島播磨の東京工場、旧石川島造船(豊洲)を閉鎖するに当たって、艦艇やフェリーの新造部門をここに移設したのを、ユニバーサル造船と合併するにあたって存続させ、小型船や艦艇部門の戦略事業所?にしたわけですが…。

 このユニバーサルという会社NKKと日立造船の合併会社ですが、大手造船集約派の旗振り役だったですね。で、事業構想の完成度を高めるためにも? と、IHIの造船部門が加わったわけですが、経営体の集約という意味では恰好がついたんでしょうが、事業の再編、統合という点は、当初から疑問形で語られることも多かった。
 統合したのちも、工場の統合などは行わずに、津、有明、呉、舞鶴、鶴見、横浜、まあ新造だけじゃないですけどね。全部存続させています。
 合併によってこの会社が手掛ける新造船の製品群は広がった、ことは否定しませんが、事業所間の集約効果ってどうだったんでしょうか? なんて、そんなことまで言われたくないわ。ですか?
 でも、その後磯子の製品。つまり護衛艦やフェリーで起きていることって、どう評価すればいいんでしょう?

 それにしても、この写真にあるのが「さつま」なら何で2度も来るかな?だし。違う船だったら、一体?  

 PS.  金太さん、造船工程の常識について、のご教示ありがとうございます。
 にしても、日本の造船ってどうなるんでしょうかね、この先。今治さんと常石さんだけが…。
 (22日付への書き込みです)

IMG_1608

ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?

   北朝鮮が、またミサイルですか?
 稲田さんニュースのインパクトは、これで少しは小さくなる? アベ政権をおもんぱかって?
 なんてことは、まったくないんでしょうけどね。

 なんかそのうち、「毎月29日は、ミサイルディー」「いや2と9の着く日はミサイルの日」なんてスーパーのセール日のみたいになって来るんでは?
 金さんの意図はどこに? 
 ここまで来ると、ミサイルを撃ち続けていないと、国民が納得しない? とか、「はい、これはイランさんご注文のミサイルの実験です」「来月は…」なんて感じのお試しセットなんですかねえ。

 僕もこれまでは、北が暴発する可能性については薄いと分析(何の根拠だい?)していたんですがね。ちょっと見方が変わってきたですね。
 というのも、北が開戦に踏み切る可能性よりも、トランプさんの精神が持たなくなるんじゃないですか? まあ開戦となれば、「北にICBM発射の兆候アリ」みたいな話から、なんでしょうけど、それならミサイルディは毎月ありますからね。はい。その前に米韓軍事演習を盛り上げて、北との緊張を醸成し…。 

 なんといっても、トランプさんは先日、「北朝鮮への渡航禁止」を打ち出していますからね。続いて韓国からの米軍・軍属以外の渡航者引き揚げ。日本にも不要不急な人の…。なんてなってきたら、「さあ行くぞ!」かもしれんですね。

 だって、近頃のアベチャンほどじゃないけど、トランプさんの支持率は上がる気配どころが、ますます落ち込む可能性の方が高い。
 そろそろ限界。支持率を上げるためには、「強いアメリカ!」イメージを打ち出すよりない。弱くなったアベサンも「もう少し挑発してください」なんて言うかもしれんし。
 となれば「相手にとって不足はない」ところまで成長して来た北はちょうどいいですからね。
 
 なんてね。
 でもってそうなったら、あなたはどうするの? うん。エート! トランプさんの極東渡航禁止令が出たらですか? はい、写真のような北海道! それも日高にでも疎開しようかな?と思いますね。本気ですよ。

 というか、やっぱり日本はおかしいよね。あんだけひろびろとした北海道なのに、人口の多くはサッポロに集中。道内の高速道路はガラガラなのに、新千歳・札幌間は、車線変更が躊躇われるほど混雑していますからね。
 そのうち、衝突予防装置のついた車の技術改良が進んで、さらにガソリン車通行禁止!なんて政策を打ち出すとしても、まずは北海道特区で実験? なんて感じじゃないですかね。
 というより、電気自動車のインフラ整備なんて、北海道から始めたらいかがですかね?

 今年5月、ロサンゼルスの観光島であるサンタカタリナに遊んだら、島内のレンタカーは、みんな電気自増車。もちろんゴルフカートみたいなもんでしたけどね。環境に優しい島と名付けていましたが、北海道全域を環境の島!とか、パリ協定実験アイランド! みたいに命名してはいかがですかね。
 観光客を呼び寄せるに絶好ですよね。フェリーの船内では、EVのコンセントを装備して、無料で燃料を装填します! とかね。
 そういえば、青函フェリーにはコンセントがあったなあ! 

 なんて感じでね。
 もう東京はいいでしょ! 70歳超えたら、強制的に北海道移住とかね。
 写真を見てくださいよ。朝飯食べてから、こんなとこで、寝ころんで、一日中のんびりと…。気が向いたら、マキバを走らせてもらうとか? ってまさに人間牧場やねえ。
 まるでヨーロッパの田舎町を思い出す!って、そんなにヨーロッパには行っていませんけど。

 北海道といえば、札幌? 旭川? 小樽? もうそんな都市型観光は止めましょう、面白くないわ!
 いざ、田園へ。帰りなん!ですよ。
 日高は、「夏涼しく、雪少ない」がキャッチの郡です。ここがいいと思うよ。馬もいるし…。

 ここなら、北のミサイルも別世界の話? 
 えっつ? 壊れたICBMが途中で落ちて来るかも? 
 あらら、それはちょっとやばいかもね。
 ミサイル反対!核廃絶! ですよね。やっぱり。
 

IMG_1459

7つ星フェリーがあってもいいんじゃないですか?

 僕がフェリーに乗らなくなったのは、大阪から瀬戸内を巡ってくる、クルーズフェリーに乗ってからですね。

 サービスもお食事もとても良くて、料金も安くて。しかもブランド物の焼酎も買えるし、朝ごはんの時に出てくるふりかけやら、味噌汁やらの心遣いに感心して、大満足だったんですがね。
 しかも船上のサービススタッフさんが献身的で優しくて、素晴らしかったんですよ。

 でもねえ、食事のとき、ビュッフェやお酒の注文取り、片付けなどをやってくれるウェイトレスさんがとても可愛くて、顔を覚えたんですが、気づいてみると、その後売店やら、レセプションやらどこでも彼女に会うわけです。
 つまりほとんど全てのサービスを兼任してやってらっしゃるわけですね。
 急に、彼女が可愛そうになって、その健気なサービスぶりが、逆にこちらには負担になり始めて、楽しさがしぼんでしまったんです。
 
 もちろん定員の問題もあるでしょうし、人件費の問題もあるんでしょうが、船内運営の大変さを垣間見てしまった感じで、「楽しき旅」というか「憧れの船旅」という感覚より、せつなさが先に立って。

 ちょっと書きにくいんだけど、サービス業というのは、なんだか・オブ・ザ・シーズの機械バーテンさんが批判されてますけど、人から対面で受けるところに、楽しさというかゆとりを味わえると思うんですが、あんまりにサービスが必死そうだと、女工哀史みたいな環境なんじゃないのかなあ、みたいな感じを持ってしまいますね。

 あれじゃ、働き手の確保も大変だろうと思いました。だから、というとアメリカの暴動みたいな話になってしまいますが、やっぱりフェリーも東南アジアのクルーをたくさん採用して、人手を掛けたサービスをしていただければ、随分船内の雰囲気も変わると思うんですがね。
 同じく瀬戸内を走るパンスターのフェリーには、ロシア系やら朝鮮系の中国人スタッフやらがのっていて、サービスしていまして、ビジネスホテル風ではなくて、まあ高級ではないにしろ、旅館を目指すという感じがするんです。
 
 日本の官僚は優秀ですからね。「外国人労働者は入れない」となったら、海の上で働くような船にも絶対に認めない、みたいなところがある。それに海員組合も船乗りとなると、サービス要員でも資格はともかく、諸条件について妥協しないから、かなり硬い労働条件が強いられます。
 それでなくとも若年の労働力は減っています。まあ単純作業は機械化、みたいな方向で行くとしても、サービス乗組員の確保がますます大変になるのではと思います。
 でもって、フェリーは移動手段としての役割はともかく、船上の楽しみみたいなところは求めにくくなる。

 JR九州の「7つ星」がリッチ層に受けて、大人気みたいですね。僕の友人のお医者様も体験して感動していました。だけど、結局、車両の内装のよさと、行き先で当地の高級グルメを出張させてサービスするみたいな目新しさということだけだったみたいですが、高級化することで、乗ってくる乗客の層が独特の雰囲気になって、つまり、選ばれた者のステータス(って、それだけ金が払えるだけなんでしょうけど)を感じる…、みたいなことが受ける?

 でもフェリーにも、そういうコンセプトがあってもいいと思いますけどね。瀬戸内あたりを一週間掛かけて周遊し、船にはその町一番の料亭に来てもらい、サービスしてもらう(芸者も呼びたいね)。夜は停泊して港町の歓楽街で勝手に遊んでもらう(その芸者に誘われて料亭へとかね。というのは悪乗りしすぎですが)。なんかヨーロッパのリバークルーズみたいな感じでやったらどうですかね。

 えっつ? そんならフェリーじゃなくていいじゃん。そうですね。
 はい、小型のクルーズ船でいい。でも、乗組員は乗客と同数で、外国人船員。乗船料金は1泊10万円から、とか。
 って、やっぱりわたしゃあ、豪華客船派なんかなあ。、 
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • ロンドンは、明るく晴れて、通りを跨ぐユニオンジャックが眩しかったですね。
  • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
  • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
  • あらら、49万9578件ですか? ローヌ巡り紀行記は、そろそろ終わりなのに。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • 船内写真、全部見せちゃいます。バイキングのパンフも来ましたよ。リバークルーズの時代が来ていますって!
  • 船内写真、全部見せちゃいます。バイキングのパンフも来ましたよ。リバークルーズの時代が来ていますって!
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ