客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

スポーツ

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

セレナさんの焦りに、追い詰められたアメリカ社会のあがきを感じましたね。

 アメリカって、ああなんですね。
 まあセレナを応援したい人たちばかりが、集まっていた? 出産後初めての全米オープン制覇の感動を共有したかった? 衰退が目立ち、押されっぱなしのアメリカテニス界の唯一の星?

 たしかにそうかもしれませんがね。あのセレナの焦りと、第2セット追い詰められてからの態度の悪さを、会場全体で応援しまくるなんて、ちょっと常軌を逸した場を見ているような、嫌な気分で見終わったですね。

 だってセレナは自分にイラついて、審判に暴言を吐き、ラケットを破壊したわけですからね。ペナルティを受けるのは当然でしょう。
 追い詰められて、自らの立場が崩れて行く、「終わりの始まり」に遭遇している、過去の王者のあがきを見ているようで…。醜さしか感じなかった、というか、後味はものすごく悪かったですね。

 なんてね。  ちょいと書き過ぎかな? にしても、いや、セレナのあがきに見たのは、崩れつつあるアメリカ崩壊の予感? というか、アメリカ帝国が崩壊して行く時には、こんな悪あがきを見ることになるんかな? の感想です。

 でもってアリーナに集まったアメリカ人の観客には、あがき!というか、それにも気づかないのかというか? こりゃあトランプを支持してもショウガナイ? というか。
 えっつ、何言ってるのかって? 

 はいトランプ政権のアメリカファースト!なんて言うのは、ニューヨークのテニスアリーナの中のような狭いとじられた世界で、その場の気分に乗っかってるということなのかな? なんて考えてしまったですね。テニスアリーナの中の支持くらい集めれば、市民社会はどうでも、大統領として存在し続けることができる?

 でもって、大坂なおみさん。素晴らしかったですね。あんな状態でも自分に集中し…。新しいテニスの女王の誕生!と、アメリカメディアは騒いでいますが、まあ大げさでもない話で。
 でもねえ、日本のテレビもテレビだよね。テニスの女性の試合って、伊達さんがリタイアしてから、でもって錦織君が台頭してからはほとんど見向きもしなかったのに、大坂さんが、活躍するようになって…。
 いまにテニスのツアー放送は、女性のツアーばかりを映し出して行くようになるんじゃない? なんてね。
 
 もうひとつ感じたのは、日本会議さんたちが、心のよりどころとしている日本純血主義にも終わりが近付いて来たと感じさせたのも大坂さんの偉業かな? 
 このところ、もう誰もケンブリッジ飛鳥君、ダルビッシュ有君らに対しても。そして大坂なおみさんに対しても、日本人!であることを当たり前のように受け入れ、いやノーベル文学賞を授章したカズオイシグロ氏に対しても、日本人! と思ったりもしている。

 僕が言いたいのは、あと30年もしたら、日本人!って、神武天皇から万世一系の単一民族である!という幻想は誰も信じなくなるというか、感じなくなるんじゃないでしょうかね。

 このところ、遅まきながら青木理さんの「日本会議の正体」を読んでいるんですがね。まあ彼の論は、かの60年代終わりの左翼の伸長に危機感を持った成長の家なり、日学同なりの右派のみなさんの地道な活動に、プリンスアベが乗っかって! みたいな論調なんですね。
 でも、確かに一時期、女性天皇やむなし論に、右派の大きな抵抗があったことの背景には、「万世一系」思想というか、日本人の純血性、単一性に対する神話を信じ続けている人々の情念があった?というような。

 かって今上天皇が、「皇室の祖先には朝鮮系の血が…」と言明されていて、とっくにそんな情念は乗り越えられているはずなのに、純血性を根拠に日本の伝統を言い続ける人々の時代錯誤さにも違和感を感じざるを得ないんですがね。
 さて、日本会議の皆さんは、大坂なおみさんとか、ケンブリッジ飛鳥さんとか。どんなふうに評価されているんでしょうかね?

 なんてね、テニスの試合だけを見て、何考えているんだろうね。アンタ。
 いえね、ケンブリッジ飛鳥って、格好いいよね。というよりなんとも美形だよね。
 やっぱり「飛鳥」は格好いい!なんて、はいクルーズブログの話でしたもんね。

 にしても、ここでどうしても言いたかったのは、日本人は純粋で、万世一系の血筋? なんてことはないんだよ。ということでした。はい。ではまた。

日本、サッカーのトトカルチョ対象から排除処分? いえ、フェイクニュースですけどね

   爽やかな土曜日ですね。
 ベランダにデッキチェアでも持ち出して、朝からビール!な気分。ですが、今日は上京日。昼には、東京駅周辺でビール! どっちでもビールなわけですが。なんか身体に変調。足や腕に蕁麻疹が出て、赤剥けになっているうえ、痒くて仕方がありません。
 遂にアルコール三昧の日々の弊害が肉体を襲う? なんてこともあるんかな?
 外界はなんとも爽やか、内部世界には変調? 世界は変わろうとしている? のかな?

 今朝の東京新聞。この新聞は、コラムや小記事が面白いんですがね。中国人の話です。
 ワールドカップの試合の賭け、とりわけドイツの敗退で、大損した奴がいて。60万元、1000万円だかを摺っちゃって、破産した。その人だけじゃなくて、10万元単位で損する中国人が続出しているという。

 中国人のカジノへの突っ込み方は半端じゃないですからね。僕も香港発のスタークルーズでカジノを「取材」してやろうと覗いたことがあるんですが、僕としては意気込んで、大枚2万円也をチップに変えてルーレットのテーブルに肩を突っ込んだんですがね。一枚500円ぐらいのチップだったかな?
 でも、そこでかけていた隣のおばちゃんが、持っているチップは1枚が1万円相当。
 とたんに参加意欲が失せ、しかもルーレットは、手しか突っ込めないくらい混んでましたからね。早々と撤退した思い出があります。

 なので、ワールドカップの賭けで1800万円摺っちゃった!といってもあんまり驚く話でもないですが。でも、この話、もし昨日の日本ーポーランド戦だったらどうだろうねえ。「八百長だ」「金返せ」の声が澎湃と沸き起こって、カジノが襲われる? って、インターネットだろうから、暴動にはならんだろうけど。

 でも、日本戦前日、英国のオッズでは、日本が2倍、ポーランドは3倍ぐらいの配当があるってニュースで流していましたからね。日本に賭けた善男善女は、暴動を起こしてもいいくらいの心境だったと思うけどね。

 なんかなあ。そりゃあ、ルールどおり!なんだから文句言うな!だろうけどね。
 でもねえ、このサッカーくじというのは、闘う両チームは真剣にやるという前提で、大衆はお金を賭けるのに、やっている方は「負ける方が合目的」というんじゃ、ここで賭けの前提が崩れている! 
 
 これってある意味、トトカルチョシステムの崩壊を意味する、驚天動地の世界? 西野君はトトカルチョの破壊者!として永遠に歴史に残る!
 なんてこともないか? でもサッカー賭博の対象からしばらく日本は排除処分! 裏社会ではそんな話になって? も、いないかな?

 にしてもね、スポーツギャンブルの前提は、試合を闘っているモノ同士は、勝つことを前提に一生懸命闘うことにあるわけで、イエローカードの多寡!なんて、勝ち負け以外の尺度が試合に持ち込まれるとこんなことになるんじゃないの? 
 民主主義とは結果の平等です!なんて誰かが言っていたっけ。そういうルールなんだからショウガないでしょ。

 いや、これってやっぱりダメでしょう!という論理と、そうしたことも併せ呑んで、の賭けなんですという論理のぶつかり合い? 日本戦の話じゃなければ、日本の新聞も叩いたろうけどね。この人たちも、別に平等でも正義の味方でもないですからね。はい。
  日本の新聞の論調も、ルールなんだから仕方ないだろ! よく読むと、そう言っているわけで、まあ日本チームに多額のお金が流れて、負けゲームを演出した!なんてことは全くないにしても…。
 
 にしても、コロンビアとセネガルには知恵者はいなかったんですかね。
 日本がリードされたという情報が入ったら、様子を見ながら引き分けに持ち込む! そんな展開を目指せば、一次リーグ突破は、合法的に、晴れてコロ君とセネさんに転がり込んだのにねえ。
 それだけ、西野君は賢かったんでしょうか。なんたって早稲田出身ですもんねえ。なんてね。

 今日は土曜日。高度プロフェッショナルの僕としても、本日は休日! そんな感覚でのブログだから。初めからフェイクブログですからね。
 どんな抗議も受け付けません! フェイクですからね。
 
 でもって日刊工業新聞さんが、三菱重工の長崎が、ROPAXの営業に意欲(ってずっとやっていたはずなのにねえ)。輸出を含め200M級以上のフェリーを造るという意向を示しているようで。
 「やるぞ、やるぞ!」詐欺? なんていうつもりもないけど、ステナ辺りが、中国でLNG焚きフェリーを建造するみたいな情報まで伝わっているのに?

 「やるぞ」ニュースもいいですけどね、そろそろ本気で「やってみなはれ!」ですわね。
 でも、利益が出るんかな? しかもROPAXで、年間いくら稼ぐつもりなんだろうか?長崎。
 ここは艦艇事業部さんの傘下に入れてもらって、艦艇・商船事業会社として再生を目指す方がいいと思うんですけどね。
 って、最後の項はフェイクじゃない、つもりです。はい。

ドイツ敗退!不吉ですね。ニッポンチャチャチャになるんかなあ?

   暗雲漂いますね。ドイツが韓国に敗れて、最下位ですか?
 日本国内では、もう一次リーグを突破したかのような報道で溢れていますがね。オラは、勝利を当てるネコじゃないけど、最終戦を予言するとすれば、昨日も書いたように、コロンビアとセネガルが引き分けて、日本がポーランドに負けて敗退! に50%かな?

 なんかコロちゃんとセネ君たちが抱き合って喜んでいる姿が目に浮かびます。新聞では、ゴールキーパーを変えろ!みたいな、これを言論の自由というのか? そんな論調もでていますが、ゴールキーパーを変えて、先発を香川君から本田選手に変えたところで選手にも迷いが浮かび。日本は終わる! なんてね。

 こんなことを書いていると、このブログ炎上!どころか本当に火を付けられるかのような批難を浴びたりするので止めますが。私め、大体、悲観主義者なんで、どうしても…。
 頑張ってくださいね。西野さん。じゃなかった、頑張るのは選手さん達だね。

 とある読者様。
 私の知りもしない浅知恵からの書き込み! 恥じ入りますね。
 でも近くに駐車場があって、一日1000円なら、いいですね。
 駐車場のあるクルーズターミナルと言うキャッチで売り出したらいかがですか?
 ついでに船会社さんとも話して、クルーズ船に乗る場合、駐車代はタダにして、「ドライブ&クルーズ」なんてね。
 というか、この話は、乗客を日本人と想定してのプランですがね。でも、岐阜や三重あるいは静岡西部や和歌山とかからの集客を想定したら、ドライブ&クルーズって、いいんじゃないですか?それこそセントレアのカバー地域からの発着クルーズです。名古屋にピッタリ?

 外国船の名古屋発着、つまりプリンセスや、日本起点のクルーズを計画しているMSCあたりへの売り込みをされたらいかがですかね。四日市あたりにクルーズ港なんて話もあるようですがね。要らんでしょ。それ、って、また叱られるかな?
 でも名古屋なら、長野辺りからも車でやって来て…。なんて有り得る!

 いや、目指すはインバウンドです! 外国船を名古屋に誘致する! んですか? 
 でも、これもセカンドポートならて手間いらずで、「名古屋城クルーズ」で十分集客できる。というかセントレアを利用したフライ&クルーズかな? 
 それ以外に、なんか外国人が喜びそうな文化はないですかね? ういろうやきしめんもいいけど、絹織物とか陶器とか…。

 まあ五輪に向けてですかね。いや円高効果かも? 日本へのインバウンドはどんどん拡大しているようで、最近は銀座に行ってないんで、あんまり良く分かりませんが、国別でも中国人ダントツ!から変わって来た? 日本の物価は本当に安いしね。

 でもって、大阪、東京、京都!だけではちょいと飽きられて来ているようだし。
 というので僕の持論! クルーズ船に港を開港するんでも、全国にクルーズポートを造るんじゃなくて、ファーストポートと中間寄港地用とを分けて整備したらいいのに。
 今は、日本全国同じ機能を持つクルーズポートを造っているような気がして…。

 CIQ施設を整備する大型船用の国際港は、横浜、博多、那覇それに函館だけにしてとか。
 日本にやってくる外国船は、この拠点港にまずは寄港していただく!とかね。あとは寄港地港でいいじゃないの。それなら着岸と同時に下船。寄港地観光もたっぷり楽しめるってね。

 にしても、港湾管理者はみんな地方自治体ですからね。横浜がやるなら東京も!なんて風に同じものを造りたがる。
 選択と集中ですがな。なんてね。

 T.Iさん。
 アドバイスありがとうございます。でもねえ。この数か月というもの、コンピュータの更新をずっと考えているんですがね、データのパックアップ?あたりからもう、出来そうになくて。今は、相方さんに接するよりも細やかな気を使ってコンピュータ君と付き合っているんですがね。
 ちょっと手を付けては見るんですが、なかなか踏み切れない。
 ですが、そういえばバックアップって、iPADにほとんどデータは入っているやん!と思いましてね。人生最後の機種、最新ソフトインストール型を買おうかと。なんて量販店を歩いてはいるんですがね。

 ところが、デスクトップ型なのか、ノートパソコン型にするか、メーカーは中国かアメリカか、いや日本製? なんてところで迷ったりして…。

 まあいいや。ここまで書いて来て、やっぱり韓国も敗退のようですね。
 突破したのは、別の競技場でやっていたメキシコとスェーデンですか?

 なんかなあ。そっちの二つの方が有力な展開だったんで、仕方ない?のかもしれんけど。
 にしても不吉!ですね。ニッポンチャチャチャになるかな? アレ、これってバレーボールだったかな。オレオレ!だったですね。

ニッポン完勝! アベッチも完勝! ニッポンチャチャチャが、官邸付近に鳴り響いた?

   いやあ、見事ですね。ニッポン!
 にしても今朝の新聞は、一面のトップをどうするか整理部は悩んだんでしょうねえ。
 でもって編集責任者のツルの一声かな? 「しゃあない。加計さんの会見を右肩に」なんて感じじゃなかったんですかね。
 「もう一日違っていたら…」なんてね。はい「ニッポンチャチャチャ」vs.「加計さん、逃げ切り劇」の話です。

 なんだろうね。昨朝9時に突然、「記者会見します」とアナウンスし、11時開催ですか? 大リーグ中継は雨で流れちゃって、仕方がないのでザッピングをしていたら、突然、写真で見慣れた顔が出てきて「会見を行います!」
しかも岡山で!だというじゃないですか。
  これこそアベ戦略。完敗です。ニッポン! いや、日本勝ったのよ。夜になってからだけどね
 
 はいはい。コロンビアのハンドまで演出し、相手は10人で戦わせて。 
 2対1の勝利を演出? まさかコロンビアに経済協力を約束? なんてことはないだろうけど。
 大方は「日本敗戦濃厚、引き分けに持ち込めれば…」なんて解説されていて、試合展開も、そんな予想を後半半ばまで引き摺り、その意味でも「日本国民の期待」に応えたうえで、予想を上回る決着! ですからね。
 ニッポン、チャチャチャ!って歓声が、昨夜は官邸周辺で聞こえたようですね。なんてのはフェイクニュースですけどね。

 アベサンは、「国民栄誉賞の準備」を事務方に指示!って、これもフェイクだけど。
 本当に悪運の強い人だね。
 「改憲」じゃなかった「会見」の設定までは仕組んだんだろうけど、まさか勝っちゃうなんてね。
 これで、政権は、3選、そしてまさしく改憲へまっしぐら! 
 大体今日付けの新聞では、大阪震災の続報を探すのが難しいくらいですもん。
 
 にしても犯罪的だぜ!  アベサン!これじゃあ、サッカーの歴史的な勝利だって霞んじゃう。 
 「本来なら一般紙だって、サッカーで埋め尽くすはずだったのに」って、サッカー協会が抗議声明?
なんてことはないでしょうけどね。
 今日はフェイクばかりですみません! でも世の中がフェイクばかりだからねえ。

 まあいいや。支持率が回復して、去年の総選挙に続いて、「北朝鮮さまさま?」だね! なんて皮肉の一つも書こうか、なんて思っていたんですがね。
 まさかワールドカップまで利用しちゃうなんて、昭恵さんじゃないけど、まさに親父たちの「悪だくみ」大成功! かな。

 もういいよ。こんな会見一つで、今治市と愛媛県から90億円をせしめて、「はい、ごめんなさい。だけど給与10%カットですから」ですんじゃう。
 昨日の続き、つまり黒沢映画の「生きる」に続いて、「悪い奴ほど、よく眠る」だっけ? 思い出しちゃったよ。
 はい、完全敗北を認めます。いやコロンビアに! じゃなくてね。

 さて船にどう結び付けましょうかね? とここまでずっと、頭では考えていたんですがね。ワールドカップだけだったら、「国」と「国民」みたいな話に結びつけられた。つまりラグビーのニッポン!とサッカーの日本代表との差を書くとかね。テーマは国際化ですかね。

 でもねえ、加計がチラチラしますからね。
 で、加計だけだったら? はい議会制民主主義というか代議員制政治に対する違和感というか。フェイクニュースとフェイクな記者会見、事実の隠ぺい! でもって選挙で「国難!」と叫んだだけで9年にも及ぶ政権が成立してしまう。
 って、どこが船のはなしやねん?

 でもねえ、わずか30%台の得票で、オレ様顔を見続けなければいけないなんて…。こんな選挙制度はおかしいだろ。
 次の自民党総裁選には、アベッチになんて投票しないぞ!
 って、僕らには、選挙権はないんだっけ? な?

 次期政権? そう西野さんでいいか? まだ若いけど香川? いや本田君も捨てがたい! って、なんの話していたんだっけ?
 


 

臨時ニュースを申し上げます! やった錦織…!!

  やった錦織! A.ズべレフも撃破ですよ。 
 決勝進出です。次の相手はナダル! あらら。まあなあ、クレーコートの王者ですからね。深夜までの半日間、余韻に浸りますかね。

 にしても、テレビも触れるのは、GAORAだけで、ニュースにも出て来ません。大坂さんの時もそうだったけどね。
 こんだけチャンネルがあって、世界のトップで戦っているのにねえ。番組編成担当の方、深く反省しなさいね。
 張本さんは、なんていうかな? 「テレビ局にカツ!」 ですかね。

 日曜ですが、今朝は、臨時ニュース! とアクセス数稼ぎのためでした。
 あと1万強で50万件! でも月内は厳しいな? 目指せゴールデンウィーク中の達成! 

大坂さんインディアンウエルズ勝利! でも、負けたのはメディアですね。

 ヤッター! 勝ったじゃないか。なおみさん。しかも圧勝! って。深夜だしテレビはやっていませんし、ですがね。インターネットでスコア速報を追いかけて、真夜中まで起きていた相方さんがね。朝目覚めるとすぐにご報告です。

 にしてもねえ。今日どこかで録画の再放送でも見ることができないかと、探したんですがね。なし。
 こりゃねえ、大坂さんの圧勝とともに、メディアの完敗をお伝えしなけりゃなりません! 
 にしても、日本のメディアには、それっぽっちの想像力すらなかったんですかね。大坂さんは、いつ優勝するか分からないって、言われていたのにねえ。

 今フェデラー対デルポトロの死闘を放映していて、それはそれでいいんですがね。女子の部の結果については、アナウンサーもコメントすらしない。つまり主催者辺りとTV局の契約上の問題でもあるんかな? 
 大坂さん、国民栄誉賞ものだぜ、ってそれは全仏まで待ちましょうかね。今年中にランキングNO.1にもなるからね。と予言しておきます。

 まあいいや、メディアと言えば、はい世論調査がでて、アベッチの支持率ですがね、朝日で31%、毎日が33%、でもってシンパだと思っていた読売(日テレ)が30・3%だって、オラ30%を割る新聞も出て来るかと思っていたんで、ちょいと不満ですが、「岩盤の支持層を持つ」と言われるトランプさんだって、35%を上回っているわけで、アベッチは完全に危険水域に入っちゃった。

 というより、今週の国会次第では、30%を割るかもしれない。そうなりゃ、どうするんかな? 潔く自裁死? 粘るなら昭恵さんを離縁し謹慎させ、延命? 
 いやこの期に及んでそんなことをしたら、右派の支持も失う。無理でしょうな。悪あがき!
 
 ああ読売ですか? 自民支持だけど、アベッチはあまりにもひどすぎるという感じの、伝統的な保守支持層がお見限りになったんじゃないですかね。
 にしても佐川さん。ここまでいたぶられて、まだ嘘をつき通すんだろうか? 僕だったら、国会で全部話すぞ!と居直って、裏取引だね。沈黙を続ける代わりに不逮捕? みたいな条件をつける! でもそれなら、これからの一週間の間にやらんとね。
 だれかの懐に逃げ込めよ。もうアベッチに忖度する必要はないんだからね。

 なんて、今日はこの話もそぞろなんですよ。実は…。

 「FACTA」という定期購読制の月刊誌があって、昔僕も知り合いがいたんですがね。今月号の広告が出ていましてね。
 一本は『三菱航空機「MRJ」国有化の検討』--なんてね。なんか結末はそれかな? なんて、ありそうな話を書いているようです。

 もう一本は、「造船業界の名物社長・三島愼次郎、勇退の真相」--です。
 三島さんとは、かのJMUの社長さんですね。NKK出身で、JMUの前身ユニバーサル造船のいわば創業者で、もう10年くらい社長職にあったのかな?
  IHI造船との合併まで漕ぎ付けた、ジャパンマリンユナイテッド創立の功労者さんですね。でもって業界協調派、というか集約再編派の主唱者でした。

 ぼくなんか、そろそろ勇退されても…、なんて遠くから見ていたんですがね。何かお辞めになるのに、「真相」と言われるような、真実なんてあるでしょうかね。
 読みたいな? でも定期購読? その気にはなれんしね。誰かコピーをくれないですかね?
 貧乏なリタイア者にね。
 コラ!ちゃんと買いなさいね、それぐらい。

 にしても片や造船大嫌いの宮永さんの悲願「MRJ」が国有化? 衰退産業の造船存続の夢に賭けた三島さんが晴れて勇退! そんなら、ドラマですけどね? でもないか
 にしても宮永さんは辞めないんだよね。任期の5年が過ぎるのにねえ。アベッチも辞めるんだぞ。って、まだ決まってないか!!
  

大坂ナオミの試合が見たい! メディアは、もっと視聴者ファーストにならないとね。 

  今、本当に頭に来ているのは、GAORAに対してです。
 はい。テレビの有料放送で、今、インディアンウエルスのATPテニストーナメントを放送している。うちは、GAORAとWOWOWそれにJスポーツのスポーツ放送3ブランドをペイテレビで買っているんですがね、でもって昨日はフェデラー対韓国のチョンヒョン君の対戦をゆっくり見させてもらったのは、いいんですが。
 なんで、大坂ナオミを放送しないんじゃい! まったく! 視聴料返せ! な心境です。

 確かにプログラムには入っていなかったのは、しかたない? まだランクは40位前後だからね。でもシャラポアを一回戦で破ったあたりから、主催者と交渉して、番組変更しろよな。ですよね。有料放送なんだからね。
 本日お昼ごろに準決勝。第一シードのハレプさんと当たる。これに勝つとATPポイント1000の試合で決勝に進むわけですからね。今日こそ、見たい! のになあ。

 いつ頃からかなあ? 錦織君が注目されるようになってから、女子のプログラムは、グランドスラム以外なくなっちゃんだよね。でもねえ、もっと臨機応変に対応してくれてもいいんじゃない? 大坂さんは、海外メディアも注目するくらい、いい試合をしているというのに…。
 
 それに一昨日は、デンマークのウォズニアッキさんを破り、今日はルーマニアのハレプ。って、テニスマッチの優秀選手は、世界中の国々から出てきますからね。いまテレビではアルゼンチンのデルポトロ、このあとカナダのラオニッチ。昨日は韓国対スイス。移民選手も多いし、テニスがイチバン国際的なスポーツなのかなあ!なんても思いますからね。

 話はそっちじゃなくて…。いくらなんでも大坂さんを放送しないGAORAって、なんだよ? というんで、ホームページで急きょ調べちゃったんですがね。この会社MBS。つまり大阪の毎日放送系の会社なんですね。ですが従業員43名!なんだって。
 日ハムや阪神の試合、それにATPのテニスマッチ。吉本新喜劇も定期プログラム化していて、まあちょいと面白そうな会社なんですがね。
 でもなあ、大阪系なら大坂さんを放送しろよ! って、話は急にローカルに振っちゃて、ゴメンなさい。まあ土曜日ですからね。

 それにしても最近メディアも特定の読者、聴衆の嗜好に合わせて、旗幟鮮明というか? 集中した構成をめざしてますよね。公平公正! 不偏不党なんていうメディアはなくなっちゃった。
 
 かつて文春にいた花田さんは、今朝の産経で、古巣に噛みついていて、今週発売の週刊文春のタイトル「安倍首相夫妻の犯罪」というタイトルは「度を越している」と批判しています。この人月刊「WILL」「HANADA」なんかを創刊してもらって、すっかり右派ジャーナリストの旗手みたいになって「度を越した」特集ばかり組んでいますが、昔「マルコポーロ」だったかで、「ホロコーストはなかった」なんて特集を組んで、同誌を廃刊に追い込み、文春をおやめになった方です。当時は、そんなに右派文化人でもなかったですけどね。というか主義より売れるかどうか?なんですねえ。きっと。

 最近はケント・ギルバートなんて、わざわざ日本にやってきて、ヘイトスピーチをしまくっているのもいるけど、まあなあ、メディアも旗幟を鮮明にしないと売れなくなっていますからね。花田さんも、まあ確信犯というか売らんかな型というか。メディアは売れなきゃ飯が食えないのも事実ですからね。

 でもって今月の愛読誌「新潮45」の特集は『「朝日新聞」という病』だそうで、もう月並みすぎるテーマですけどね。新潮お前もか? かな? 
 で、買おうかな買うのをやめようかな? とWOWOWのコマーシャルみたいな心境になっていますが、実は私、朝日も嫌いなんだよね。上から目線で。お金払って購読しているのに、ご意見を拝聴しないといけないという感じですからね。
 購読を辞めた時のきっかけは、紋切型でへたくそな天声人語に呆れたからですが、新潮さまが特集するほどの新聞なのかね。これ。そんなの「HANADA」や「WILL」に任せておけばいいのにねえ。

 あっそうそう、花田さんは、社会党の土井たか子を「本名 李高順」なんて書いて、完全な誤報をやっちゃって、200万円の損害賠償を払ってる。
 でもその前には、朝日新聞にいたこともあるわけで、まあジャーナリズムとかジャーナリストなんてこんなものよ! という本当のところを見せてくれる殊勲甲な人!、なんだけどね。
 つまりは世渡り上手さんなのね。

 まあいいや、何を書きたいのか、訳が分かりませんけどね。今日は。
 それより、大坂ナオミを見せろよ。彼女はもしかしたら、日本テニス界悲願のグランドスラマーになる存在だぜ!

 それに、このところ大坂さんだのオコエ君だの、陸上のサニーブラウン君、テニスのマクラクランやダニエル太郎君だの、若手に混血のアスリートがどんどん出てきて、素晴らしいよね。
 こんだけ海外からの観光客が増えて来ているし、近未来の日本人像とは! なんて見せてくれているようで、その意味でもスポーツ放送はちゃんと見ないとね。

 あそうそう、それにしても「ケンブリッジ飛鳥」くんは美形だよね。私には、そっちの気はないけどほれぼれして見てしまいます。
 「クルーズ客船飛鳥」の方も頑張りましょうね。こっちは純粋日本船?でもクルーはフィリピ―ノが一番多いんです。
 って、今日は何を書いているんだい? すみません。
 
 

キング・オブ・スキーを欧州は手放さなかったですね。次は戦争?いや平和ですって

   これで本当に終わっちゃったですね。平昌。キング・オブ・スキーの称号は、また渡部君の目の前でスルリと逃げて行った。
 やっぱりこういう伝統技を欧州は手放してくれないんでしょうね? まあ月並みな表現ですが、渡部君。よく頑張りました。ドイツ軍3人の連合に対して孤軍奮闘! しゃあないわ、ね。

 にしても今年の冬季五輪は面白かったですね。まあ北のエンタテイメントはちょっと期待外れだったけど。競技の方はまるでサーカスみたいな曲技もあれば、体力勝負の競い合いもあるし、寒いのによく頑張りましたよね。 まだ終わってないぞ! かな? すみません。

 でも先週、ちょっと飲んだ友人が、「冬季五輪って言うけど、ありゃあ冬季三輪だね」なんて言っていましたが、確かに真剣に参加しているのは、欧州と北米と北東アジアだけかな? 黒人も多くないし、イスラム教徒もあんまりいないみたいだし。「冬季三輪」とは言い得て妙やね。「オート三輪」?なんて、つまらん話でまぜっかえしましたが、今この言葉を打っていたら「投棄山林」という変換候補が出て来て、アララでしたけどね。
 山々を開発したはいいけど、この後はまさか投棄されちゃう? なんてね。

 さて、これからパラリンピックが始まって、話はまた戦争の時代へ! ですか? 閉会式にはイバンカさんが来るんだから、もう一度盛り上げて欲しいね。平和の祭典!ってね。
 まあいいわ。

 なんか昨日の記者会見で、河野外相が「北朝鮮は、南北統一への野心を持っている」なんて語ったらしいですね。何を今更言っているんだろうねえ、この人。
 書く産経も産経だけど、南北統一の野心?いや悲願を持たない韓国・朝鮮人なんていやしないでしょう。そんなことをもっともらしく述べる外相って? 外交のプロじゃないんだね。やっぱり、この人。

 このところ、北の「本心」を分析するのに、わざわざ「金体制維持が目的?」、なんて書くのは、「朝鮮半島の統一」という野心が後景化して、むしろ自己防衛的、というかハリネズミのように、「一国社会主義に凝り固まり始めている」から危険なんだ!と分析していたのに、「南北統一への野心」だって? 教科書以前の話だよね。まったくピント外れなんやねえ、この人。

 もし、「南北統一の野心」があるんだから、南との全面戦争なんてしないーーそういう文脈で朝鮮半島情勢を語りたかったのなら、まだ分かるけどね。

 三輪じゃなかった五輪が終わって。さて次は何が始まるんでしょうかね?
 今朝の海事プレスさんに、「日本通運、中欧鉄道の日本発着で販売開始」という記事が出ていました。
 つまり中国と欧州を繋いでいる鉄道での貨物輸送ルートを、日本にもつなぐサービスを始めるようです。陸海空の輸送モードを活用すると、船だけよりも大分早い、とか。

 そんなこと引用して、何が言いたいの? はい。中国と欧州。つまり一帯一路構想に、日本企業も一翼を!という話として、読んだんですけどね。 
 つまりアメリカファースト!なんて叫んでいる民族主義を煽る一方の暴君、いや某君はほっといて、世界はまだまだ、グローバリズムを底流に動いているというわけかな? なんてね。

 にしても、本当に東アジアで戦争なんて起きるんかな? それも核戦争なんて…? 

怒ったネコになれ! ですか? サラリーマンは、ノルディックの長距離だから、ゆっくりゆっくりね。

 怒ったネコになれ!ーーですか? 凄いですね。小平さん。スケート大国オランダに留学した時、コーチのティメルさんから、怒ったネコのように肩を怒らせて、つまり上体を起こして滑ることで、足が動きやすくなるーーとアドバイスされて。それから開花した、ようですね。
 この人、競技をしていない時は、物静かで、こたつの上のネコ、みたいな雰囲気なのに、一旦リンクに出ると怒るネコ!ですか?

 確かに、「空気抵抗を減らす」というイメージで、重心と姿勢を低く、低くーーという構え方でスケートするというのは、獲物にとびかかろうとするネコ、というか、ライオンもそうですが。その方が瞬発力も高くなりそうな気もする。
 でも、スピードスケートは、獲物を捕らえる狩りのような競技じゃありませんからね。空気抵抗への配慮も必要でしょうが、姿勢を高くし足を動きやすくする! ド素人の私めが論評することもでもないけど、冬季五輪の競技解説としては一番納得がゆく話でしたね。

 とにかくおめでとうございます。なんて見ていたら、この人、ほとんどなにがあっても動じない心の強さを感じさせる女性なんですね。いっぺんに惚れちゃたですよ。って、あなたも浮ついているねえ。まったく。
 勝っても両手を上げるだけで、騒いだりしないし、負けても悔しさを前面に出して落ち込んだりするわけでもないし。当然の話だよ、みたいな表情。なんか走り方だけでなく、心構え自体もネコのような感じで、安心感がありますね。

 なんて思っていたら、羽生君。はいフィギュアスケートのチャンピョンですが、銀メダルを取った宇野昌磨君のことが可愛くて仕方がないようですね。でもって「弟というよりも、ワンちゃんみたいな感じ」って。宇野君をペットのように可愛がっているようで。確かにこの子も性格がよさそうだし、可愛いよね。
 まあ羽生君自体が、犬でいえばコリーみたいな感じで、健気な青年なんだけどね…。

 なんて書いてきてハタと感じるのは、女性アスリートに対する表現が「逞しさ」への賞賛であり、男性を表現するのに「可愛さ」? って。なんか価値判断というか、評価の尺度にコペルニクス的な転換が起きている、なんてね。とにかく、かなり違ってきていることに気付きましたよ。

 いやね。このところテレビで五輪を見ていても、アスリートOB、OGの解説者が沢山出て来るんだけど、女性の解説者の方が元気だし、快活で見ていても安心感がある。逆に男子はなあ、織田信成君じゃないけど、あれだけ泣いちゃうってなあ。軟弱だよ、あんたたち。なんて思っちゃう。
 まあ勝ってくるぞと勇ましく! よりはいいですけどね。

 でも今年の冬季五輪を見ていて、まあ北の話はともかく、国とか国家のために? みたいな共同体に対する忠誠心を全面になんて、あんまり感じない? というか流行らないですねえ。なんて思って考えたんですがね。やっぱりロシアが国として参加していないこと、それに中国が強くないことが原因かなあ!なんてね。 
 つまりステートアマみたいな国威発揚!意識が、前面に出て来るのは韓国と日本だけ?みたいな感じなんですね。

 だいたいメダルは欧州勢が総なめ状態ですが、欧州の国々の違いなんて、僕らは肌で感じとれるわけでもないし、腐ってもEU!じゃないけど、これらの国々は、経済や政治権力の共同化を進めようとする意志の中にまだありますからね。

 スポーツはスポーツの中で!だし。それにメダルセレモニーや国歌、国旗掲揚セレモニーを切り離して、とりあえず熊さんのお人形だけを配り、国旗掲揚は後でね!というのはいいですね。
 競技者の栄誉と、国の威信というのは、違うんですよ!
 羽生さんに国民栄誉賞検討って? 間違っちゃいけないよ、アベチャン。というか、スポーツを政治に利用しちゃいけないよ!ね。

 この五輪は前半戦の北と南の国家論?に対して、競技に入ってからはアスリート達の鬩ぎあい。
 いいんじゃないですかね。これで。 
 韓国が嫌い? ウーン。でも欧州人から見たら日本も韓国もほとんど差がないよね。きっと。
 チェコとスロバキアの差を述べよ! とかモルドバとかリヒタンシュタインってどこ? なんて質問に応えるようなもんだもの。

 というか大国が必ず勝つわけじゃない! という冬季五輪っていいよ。メダル上位にはノルウェー、ドイツ、オランダだもん。3か国合わせても人口は日本を少し上回るくらいじゃないの?

 と、ここまで来て、本稿の〆ですか? 何にも思いつかないですね。
 月曜日です。皆さん、コタツのネコから、庭駆け回る犬へ。今週も頑張りましょうね。
 だれですか? そんなに肩を怒らせなくてもいいですよ。
 サラリーマンは、ノルディックの40キロレースみたいなもんですからね。

西岡君、杉田君!すばらしいですね。良いコンテンツは有料で買う。WOWOWに入ろかな?

  ネットで何度もお誘いを受けていたのに、お伺いいたしませんで申し訳ありません。
 
 お誘いに応じてお伺いしていれば、素晴らしい試合が見られたのにねえ。
 って、はい全豪オープン(AO)が始まりましたね。今朝もAOの情報がメールに送られてきていますが、わずか一年前のことなのに、懐かしくて涙しています。なんて大袈裟ですが。

 凄いですね、西岡君、杉田君。とりわけ杉田の試合はWOWOWで、じっくりみちゃいましたが、今ランキング9位のジャック・ソックに、あれは圧勝というのかな? ほとんど危ういところなく勝って。グビッとウイスキーをあおっちゃったですよ。
 終わったのはまだ夕方だろ! はい、すみません。

 いやねえ。去年初めてAO観戦に出かけたんですがね。今年は錦織君が出ないというし出かける気にはなれなくて。ですがね。テレビで見ていると、映し出される街中や会場の様子が、あの青空や会場周辺の公園の空気感を伴って、すっきりと浮かんできますからね。
 アフターテニスじゃなくて、午後の街中の雰囲気とともに思い出すことができて、懐かしくて。堪らなくなってしまいました。

 去年AOに行ったあと、これからはスポーツイベント、とりわけテニスのグランドスラムは、全部!回るぞ。なんて思っていたんですがね。
 今は、飽きるまではメルボルンだけでいいかな? あそこに行ってあの街角のスーパーで買い物し、ハンバーガーショップに寄って、みたいな生活感を感じることが出来るようになった町を、もっと攻めたい気分ですね。
 やっぱり旅も、何回か出かけて行ってこそ、その土地の良さが分かるものですよ。なんてね…。

 今週はWOWOWですよ。AOは時差もないし、連日放送だし! 「廃炉かな?止めようかな?」なんて柳楽君や錦織君のコマーシャルが流れていますが、絶対「廃炉」です? って、いけない。原発じゃなくて、「(WOWOWに)入ろかな?」でしたね。
 世の中は有料放送の時代ですって。良いコンテンツはお金を出して買う! これです。

 閑話休題。
 良いコンテンツと言えば、ダラダラとこのところ、イシグロさんの本を読んでいるんですがね。
 いやテニスの石黒さんじゃなくて、はいノーベル賞のカズオ・イシグロさんですよ。でもって最初に選んだ「浮世の画家」がようやく終わるんですが、話題に波乱も万丈もなくてね、時々投げ出しそうな気分に襲われて、1週間ほおって置いたり…。なぜこの本から選んだと言えば、章立てが「1948年10月」とか「1949年4月」なんて。まさに私が生まれた頃の、年回りに設定されていたんで。どれでもよかったんですが。
 で、読まないで「積読」というのも、本を買うことすら逡巡するくらいに、節約生活に追い込まれている私としては…。まあひまもつぶれるし…。またぼつぼつとページを追っている。

 ですが、そろそろ終わりに来て、テーマがようやく。つまり戦前、戦中に、戦争絵画を書いてもてはやされた、画家さんが…。 戦後、戦争責任? というより、取りまく世間の変わりように…。娘の縁談まで…。
 なんて話ですが、開戦時の高揚感なんて決して東条の付いた嘘話なんかに踊らされて、なんてことでもなくて、戦争に突入して行ったのは、他ならぬ民意の高揚? だった。みたいな。
 なのに「僕は、当時戦争には反対だった」と、戦後の気分に乗って。
 いや、開戦時の高揚感など忘れて今度は東条批判に高揚する。

 一時期流行った知識人の戦争責任論というより、ただの市民の責任とは何、というか。
 上手く書けないし、朝っぱらから、こんな話は止めましょうか。
 
 さて、これからスポーツジムに行って、午後からはAO観戦ですかね。
 スポーツを見ていると、国籍すら区別できないような人種の坩堝の時代がすぐにやってきそうな。テニスに止まらず、どんな試合でも国際試合を見ているとそんな賑やかな未来も見えてきます。

 北だのトランプだの、プーチンだの? そして国家だの?  
 やっぱり守るべきは「国家」?「国境」? なんでしょうかね? 今でも…。 

 今日付けは失敗作!です。何が書きたいのか分かりません。ごめんなさい。
 

 



執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 飛鳥Ⅱカレンダーより
  • 釜山からリスボンへ、ユーラシア横断鉄道開通まで、もう少し?
  • 釜山からリスボンへ、ユーラシア横断鉄道開通まで、もう少し?
  • 釜山からリスボンへ、ユーラシア横断鉄道開通まで、もう少し?
  • 釜山からリスボンへ、ユーラシア横断鉄道開通まで、もう少し?
  • 北へ! 韓国ツアー(写真1)
  • 北へ! 韓国ツアー(写真1)
  • ポナンさんの画像(記事は前の書き込みで)
  • 災害は忘れる間もなくやってくる。防衛よりも防災! そっちを急ぎましょうよ。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ