客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

旅行

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

本日は晴天なり。

本日は、晴天なり。じゃなくて本日も日が暮れて、ようやくひと風呂浴びて、缶ビールを開けたところ。7着からのディナー!!! までようやく暇になりました。ってずっと暇な なんだけどね。
   はい、24の瞳の島にでかけて 、醤油の醸造元をたづねて、船の待合室で、ニュースのワイドショーを眺めて。ああ選挙が始まったのかと !

 ああでも、相方さんが風呂から帰ってきたので、今日はここまで !
天国とはこういう場所なのかな!
  失礼 !瀬戸内海はキラキラと輝き、でっかい夕日が 落ちて行きました!

飯坂温泉には、日本の原風景がありました。ノンビリゆったりや!

  おはようございます。はい。福島市の奥座敷、飯坂温泉からお届けしています。朝風呂に入って、羽を伸ばして、いざ飛び立たんかな?

  ここは福島駅から、昭和を思い出させるような、ローカルトレイン、福島交通の飯坂線で30分。リンゴ畑?を抜けて行く清々しい小旅行で、たどり着きます。
   なんせ、30分で着くのに駅は11もあるんだから。
  女子高生はたくさんいたけど、男の子は、1人くらい?まああたり前か?このくらいなら、歩くわけにはいかんけど、自転車の距離だよね。
   まあいいか?

  でもって、なんだか雰囲気が違うんだよね。最近行った旅行先と。というんで、ビュッフェの夕食を、楽しんでいたら、はた!と。並ぶ人々のお行儀が、いい!
  そうなのですよ。インバウンドさんがいないんだよね。ビュッフェにも、お風呂場にも、ロビーにもね。
 このところ出かけた、心斎橋、京都、札幌、銀座、いや我が家の近くにだって明らかに、はい大陸の方や、半島の方、はるばる来られた、マルコポーロの末裔さんが、必ずいらっしゃるのに、福島駅あたりからは、プロトジャパニーズさん、ばかり!

  まさに昭和の原風景に、出会ったのです。ノスタルやなあ!

  ですがね、なぜか,と思い致せば、はい、福島といえば!多分原発!ですかねえ。
  まあ、福島産というだけで、食べようともしない人々だもんなあ。そりゃあ、観光で日本に行こうとなっても、来ないよなあ!きっと!

  ですがね、日本の原風景を見たくなったら、福島!  これです、発見しちゃいましたよ。
 
  なんて考えていたら、ビュッフェのお酒の注文を取りに来た子が、おちょこ幾つですか?って、しつこくお聞きになる。
    徳利二本頼んだだろー!とお顔を見れば、はい中国からです!だって。
  四川省の隣ですよ!って、みんなに聞かれているのか、すぐにお返事が帰って来る。まあかわいい子でしたよ。

  でもねえ、あらら、かわいそうに!かな?
   こんな放射能で有名?なところからの求人だと、やっぱり、中国人も、田舎からなのかなあ!なんてね。
はい、人手不足は核をも克服する!てか?
 いえ、考えすぎでしたねえ。ごめん!

  さあ朝ごはんだ、今日は洋食にするかな? 

吹き飛ばす 野分に抗して、行く東北へ

   野分ーーですか? 今朝は窓を叩く大きな風の音で目覚めました。

 二百十日ですね。いつもなら防災の日の方がクローズアップされるんでしょうが、今は地震や台風より、西から飛んで来るミサイル君の方がウザったいですからね。防災=ミサイル防衛! の方がメディアは喜ぶんでしょうか。物騒ですね。

 ですからね。へそ曲がりなブログ子としては、今日の出だしは、「野分」です。

 吹き飛ばす 石は浅間の 野分かな(芭蕉)

 --なんて、本当に小石が飛んで来るような風ですね。もっとも我が家の辺りは、風は海からですからね。浅間からの石は飛んで来ませんが、湯河原の浜から舞う砂を感じますね。

 今年も、夏は終わったんでしょうね。
 いつもの年であれば一度は出かけたビーチにも、今年は行きそびれて、砂には下りませんでした。
 この地に引っ越して来た時には、高架下に隙間なく並んで店を出していた海の家に出て、ビールとラーメンの午後を過ごしたんですがね。今や歯の抜けたような感じで、数年もすれば、店開きする海の家もなくなるのでは? なんて思いますね。

 吹き飛んだ ラーメンの午後 野分かな(麺太) 

  --プレパトだったら、落第でしょうね。
 でもなんかなあ、そんな失われてゆく風景に秋を感じる? というより、日本の衰退というか、活力が失われて行くさまを感じますね。

 なんて、今日はこんな話だけで終わりたいなんて、思うんですが、これでは、つまらんかな?

 となれば、サッカーですかね。ワールドカップ出場おめでとうさん。
 一時代を作った本田君とか香川君が最前線から退き始めて、浅野君や初先発の井戸口君のゴールで完勝! 彼らは22歳と21歳というから、五輪世代ですよね。若い!

 サッカーは五輪、ワールドカップに年齢制限があるので、井戸口君なんて、いわば裏の世代。全盛時に五輪には出られんですからね。
 彼らを先発に起用したハリルさんの起用、大当たり! でしょうね。
 一時期「解任も」なんて言われた雑音を吹き飛ばしちゃったもんね。

  雑音を 飛ばしたハリル、野分かな (船知)

 ですかね。

 まあいいや。にしてもスポーツの世界は、本当に若返りの機運ですね。

 テニスでは、錦織がフェードアウトする流れの中で、大坂さんがまた勝った。世界一を狙えるでこの娘。
 陸上の単距離だって第一線は学生さん。大谷君だってまだ20歳チョイだし、卓球だってバトミントンだって…。
 水泳の池江さんなんて高2だよ。ふふふ。同じ高校に通っているわがお孫ちゃんは、彼女の一つ上だというんだから。まさに心境は…。

 うれしさも 中ぐらいなり、野分かな 

 はい、老兵は…の気分と重ね合わせてね。って自分で解説してどうするの?

 はい分かりましたよ。野分!だなんて、黄昏ている暇はないよね。

 吹き飛ばす 野分に抗して 行く東北へ(船知めん太)

 ですね。

 台風が来たって、来週末は東北に行きます。
 墓参りのあとは、
 静けさや 岩に染み入る 蝉の声ーーの山寺にね。

 でもこれって夏の詩だなあ? 
 すみません、いつも、ちょっとずれている旅人です。 


もうミサイルは飽きました。9月に墓参りにね。大人の休日です。

   それにしても、何も起きないじゃん! このグアム騒動っていったいなんだったんですかね? 
 日本の島根、広島、愛媛、高知に移動式ミサイルを設置し、住民の避難訓練を実施し、一基800億円はするというイージスアショアを配備することを決め、THRRDも調達へ。危ない、危ないと基地のあるところではどこでも毛嫌いされているオスプレイの訓練を三沢と北海道で展開する。

 これらの装備強化が、ほとんど何の抵抗もなく実行されてゆくんですからね。それに、シンゾー君にとっても、スキャンダル隠しに成功しそうだしね。
 まさに刈上げ様、様だよね。

 しょうがないじゃない! 刈上げデブが挑発するんだから? 
 まあなあ、商売上手のトランプさんが、危機を必要以上に焚きつけて、金持ちジャパンのシンゾー君に買わせる。こんないい商売はなかったでしょう。さすが商売人トラちゃんですわ。それに延命しか頭にないシンゾー君が乗っかって、三方一両損じゃなくて、一両どころか千両得くらいかな。
 
 だいたい。今度、小野寺さんが買うことを約束して来た装備品って、本当に日本の国土防衛に役立つんですかね? 刈上げデブは、日本や韓国との戦争なんて想定していなくて、あくまでも敵はアメリカだよね。「アメリカを地上から消し去る」って? 

 まあ、日本にも韓国にもアメリカの軍事基地があるじゃない! だったら、ここもやっつけないと…。と考えるのは分かりますけどね。韓国は米軍基地撤去を言い出しているみたいで、そうなると次の東アジアの標的は日本かもしれんけどね。

 でも、例えば沖縄に米軍基地がないとすれば、ここんとこにミサイルを撃ち込むなんてことはありえないし。日本は嫌いだからやっつけちゃうんだ、というなら、ついでにちょっと仕返ししておくか! みたいな感じはあっても、主要打撃対象が米本土となれば、スカッドの1,2本打ち込んでおいて、ぐらいの話でしょう。

 今朝の産経新聞によれば、ロシアは北への石油輸出を急増させているようですが、つまりは東アジアで緊張を創りだして、お金集めにしか関心のない日本から、ちょっと金を吐きださせるか? と。 
 トラちゃんとお友達のプーチン君がそんな密約をしていたなんて、あと50年もしたら、秘密文書公開で暴露されたりしてね。

 なんだかなあ? こんな話に付き合わされるのはもう、いい加減にしてほしいよね。まったく。
 あとは北の建国記念日発射ミサイルか、核実験? まあ日本でも夏となると花火が風物詩ですからね。これからは日本海のミサイルが、風物詩になるんですかね。いやだいやだ。まったくだ。
 静けさや 岩に染み入る ミサイルの音ーーなんてね。

 もっと楽しい話をしましょうかね。「サウンド・オブ・ミュージック」だって、雷の夜に、ベッドサイドでみんなで歌ったのは、「My Favorite Things」。いやジョン・コルトレーンの同名のナンバーのほうが素晴らしいけどね。って、また横道にそれた!

 ハイ、9月に福島に墓参りに出かけることにしました。妹たちとね。
 まあ、わざわざお盆も彼岸も外しますよ。仏教徒じゃないもん。
 今年は相方さんのお母さまも亡くなったし、聞けば我が家もおふくろさんの33回忌の年だそうで。ちょいと気分を清々しくしたいと…。

 なんて。何よ。こないだ北海道や京都に行ったばかりやないの! すみません!!!
  でも、休暇取得国民大運動の主唱者であり、「旅行」でブログを立ち上げている団塊オヤジとしては…。
 なんてね。そんなことじゃなくてね。先日舞い込んだ「大人の休日倶楽部」のチラシで、目に入ったのが期間限定の「JR東日本パス」なんですよ。

 9月12日までですが、東北地方のJRの全線に4日間15000円で乗り放題! もちろん新幹線だって可! ですからね。こりゃあ買わない手はないでしょ。
 この週末にいろいろプランを立てましてね、福島、仙台、山形に1泊づづし、途中で墓参りする!とね。
 「岩に染み入る蝉の声」はまだ聞こえるかな? 仙山線の山寺にも行くぞ!。あの藤井君を讃えに、天童にも行かなくちゃね? なんてね。
 
 良くお金が続くね! ウーン本当は心配なんだけど。唯一の頼りは株です。
 こんどの北とアメリカの緊張株安で、ちょいと仕入れたんで、戦争もなく、これが元に戻ればね!
 って、あんたも、刈上げデブとトラちゃんのディール頼りかい?

 まあ、可愛いもんでしょ。そのくらいおこぼれがないと、やってられへんわ!
 えっつ? 下がったまま回復しなかったら? 
 原発復興・放射能除去のアルバイトでもやってくるかな? 

 もうそんな仕事あらへんで! あらら。すんません。


 
 

欧州では、出入国管理が破たん寸前? 入国に4時間もかかるんだって。あらら。

 台風一過!というわけでもないんですがね。  
 暑いですね。今年一番になるのかな? まあ週末は3連休。そのままお盆休暇に入られる会社も多いんでしょうから、あと2日の我慢、じゃなかった頑張りです。

 逆に、夏は頑張って、夏休みは9月に、という選択肢もあるわけですが。
 でも、まだ来週から月内ずっと、お休みという方はおられないのかなあ? 私なんぞは、もうずっとお休みみたいなもんですけどね。

 そういえば、昔、有給休暇はとれるけど、他の社員にも取らせるために、夏に長くとってはダメ!なんて指導をしていたことを思い出します。労基法違反やねこれ。いや忖度をお願いしただけですけどね。
 まあなあ、確かに社員の半分以上休まれたりしたらやばい…。みたいな感覚からでしたけど、集団主義の国ニッポンなんですよね。

 でもって、海外でも、なんとなく予想した通りの現象が起きているみたいですね。
 欧州の出入国管理が破たん寸前とか。入国審査で4時間待ち、なんていう空港がどんどん増えているって、朝日新聞にでていましたね。欧州は、いままではいったん入国してしまえば、EU内の移動はフリーパス。

「シェンゲン協定」というんですか? 以前英国からオランダに移動するのに、アムステルダムの入国で随分並んだのを覚えていますが、英国だけは出入国管理があったんですよね。うんざりしたんですが、それでも1時間は掛んなかったような。まあ入国管理は、そこまでストレスフルじゃなかったんですがね。

 4時間? 数百メートルの列? まあ入管についてどうするかの体制整備が出来ていないうちに夏のバカンスシーズンを迎えた、ということみたいですね。
 EU域外からの入域についての審査をしているんでしょうか?それとも、EU内での移動についても「厳しい国境管理」?なんでしょうかね。
 いやですね。スペインやフランスなんかの空港がとくに大変みたいですが、まあバカンスの目的地ですからね。この二か国はね。
 
 今年行ったロサンゼルスでも、なんか大変な思いをした、と言うか。
 今から思えば、どんな風に審査をするのか、システムが良く見えないところがストレスになっていたような気がして。機械で人物の特定をされて、それでいいのかと思えば、そこからまた審査官のブースに並ばされて、さらに中には別室へ? みたいな二重三重の対応にストレスが昂じて行くわけで…。

 まあ朝日によれば、飛行機に乗れなかったり、予約をフイにする例もあるとかで、こんなニュースを見ると、「行きたくないなあ」の気分も湧いてきます。
 って、長々と書いたのは、はい来年の5月にええ、南フランスのリヨンからプロバンスに向けた南仏クルーズに行くことにしているからなんで。

 しかも、同行者と合流するために、まずはロンドンで待ち合わせて、そこからリヨンまで飛んで…、というスケジュールなんですよね。
 朝日には、混雑空港の例として「リヨン」!! あららそうですか! なんだよね。
 ロンドンというかヒースローは、前回アムスからのリバークルーズに行くときにバッゲージロスがありまして、かなり苦労した経験があるんで、そっちも気になるしねえ。
 だからパリ集合にして、TGBで、と僕は主張したんだけど。待ち合わせる相手のご体調を考えて…。
 なんて、大分イライラの募る旅になりそうですね。

 まあ、難民や移民問題やテロの乱発みたいな政治的要因を朝日さんも他のメディアさんも原因として挙げていますがね。僕は、海外旅行の大衆化時代に、すでに現在のイミグレシステムが間に合わなくなっているんじゃないかと、思ったりもするんですかね。
 格安航空会社がどんどん就航して、旅行客や労働者を運ぶ。でもって、飛行場では、ひとりひとりのドキュメントをチェックするって。
 他にどんなシステムがあるん? なんて言われても、なかなかですがね。

 この間テレビで、手のひらにチップを埋め込んで個人情報を記録しておく、みたいな話を取り上げていましたがね。そんな風に? 僕らもだんだんロボットというか人工知能というか? ロボットの進化より、人間のロボット化の方が、先に進んで行くのかもしれませんね。
 ゲートを通るだけで、イミグレ完了! 問題ある人は別室へ?なんてね。
 
 でも、イミグレも飛行場があるあるから出来るんで、例えばオランダとドイツとかフランスとドイツとか、イタリア国境でのイミグレなんて、もう出来ないだろうにねえ! 
 
 まさか、リバークルーズ船上で、ドイツやフランスに入るたびにチェックとか? いや橋を通れはここはフランスなんて町もいっぱいありましたからね。
 「国境」って一体なんだろうね? 昔は群馬と新潟の間も「国境」、ええ、クニザカイと読むのかな?
 なんて言っていましたが、もうないもんねそんなの。
 長いトンネルを超えても、そこは雪国じゃないんだからね。
 って今は夏でしたね。暑いね。ほんとうにね。

  

フェリーの目的地として最高ですねえ!新冠!

札幌!天気晴朗なれど、気分は落ち気味。
もうこんな大都会には住みたくない!という気分が先立っちゃて、ちょっと落ち込んでいます。

  我が相方さんも、車が、札幌に近づくにつれて、ご機嫌がわるくなって!まあ当たり前か、全くと言って良いほど車がいなかった高速に車が増えて、車線変更もままならず、レンタカーを返すにも色々わずらわしく。
   夕食もドイツビア、小樽ビールのビアガーデンはまずまずだし、ビールは美味しいけど、レストランの手配なんかがわずらわしくて、結局温泉にはいって、お部屋でサントリーという無駄な夜を過ごしてしまいました。

   にしても、新冠は、素晴らしいーーですね。
なんで、客船やフェリーのオプショナルツアーに組み込まないんだろうと!
優駿メモリアルパークで、オグリキャップの栄光を訪ね、マヤノトップガン君から1メートルのところで、記念撮影。

 コスモバルクに出会いにビッグレッドファームを散策し、レックスという種付けの牧場に訪れ!って、こんなこと案内人がいないと到底できませんが、ええ、親しい知り合いがいましてね。休暇を取らせてご案内頂いたんです。深く御礼申し上げます ですね。
   
  ここからは冗談抜きで、書きますが、苫小牧からの客船 フェリー用のオプショナルツアー観光地としてオススメしますよ。ここ。苫小牧からは1時間半くらいの快適バスツアーで、サラブレッド銀座へ、あとは、いたるところ牧場ですし、体験乗馬もできるし、レースで素晴らしき実績を残した名馬たちが、今やはい、第二の馬生!はい、子作りに励む毎日。
うらやまし、くもないけど、なんか一面の牧草地を自分だけの放牧場として頂いて、まさに我が人生じゃなかった、馬生に悔いなし!
  これこそ夢にまで見た、理想の余生お送りなさっているんですよね。生涯獲得賞金五億円 !なんて馬もいますが、2000万クラスだって、快適種牡馬生活はゆめじゃないんだから。

 でもって、聞いて見たら、坪400円位の土地があるんだって、100坪だって、40000円!ってあんた、話が小さいねえ。1000坪と言いなさいよって。ダメですね、単位が小さい!都市生活者の悲哀ですなあ。

 でも移住するなら南の暖かいところ!となんとなく決めいた、僕もすっかり気を改めましたね。夏涼しく、冬雪のない、新冠ですよ!魚もうまいし、お肉もいろいろ!静内にはイオンのでっかいスーパーもあるし、暮らしやすそうですよ。近くに自衛隊の駐屯地もありますからね。敵が来ても大丈夫?いやいや、災害対応もですけどね。
   とにかく、新冠は魅力的な観光地やね。一月ぐらい、マンションを借りて、体験移住なんていかが?マンションは5、6万で借りれるみたいだし、夏だけ?いや秋も、という具合にね。
   
  いやいや、それよりフェリーの目的地ですよね。苫小牧に上陸し、あとは2、3泊で、日高を踏破!
って、相方さんはもう嫌だと言っていましたけど、オラ、これから免許?と行くわけにもいかんし!船会社さん是非オプショナルツアーに加えてくださいな。
新冠町の観光協会に問い合わせれば、いい企画があるかもしれんて!

   考えましょうね。北海道!中国人に支配される前にね。
 

68歳にして人生初体験! 馬に乗っちゃったよ。ハイヨー!

なななんと!68歳にして、人生初の快挙!です。はい、なんとジョーバ!に初挑戦、いや、乗馬ですけどね。我が愛馬は、シーガートップ君、!9歳かな、の巨体の栗毛のオス、場所は新冠のホロシリ乗馬クラブ!でした。
まあ、実は、私と同じくらいの歳の老体ですがね。まあ、 ハイヨーシルバー !   なんて感じじゃなかったけど、しっかり山道を歩いてもらいました。

 でも、こいつ頭がいいのか、道悪の山道だと草の上を歩くから、なんか雑木にぶつかりそうになったりしたのですが、45分間、完走!
 素晴らしき体験でした。
でもって、昨日は、名馬オグリキャップのお墓に参って。マキバに戯れる馬さんをながめて!思いもかけない体験 でしたねー。満足満足!

 でも、船旅のブログですからね、船の話題も ひとつ。ええ、新冠の名湯、はいレコードの湯 につかったんですよ。そしたら、ひろびろとした天然の中に設えられた露天風呂でね、出会った人と雑談。静岡来たというこの人    なんとキャンピングカーで、南北海道を走破中になんですって。

  もちろん手段はフェリーの旅、仙台から苫小牧へ、というから太平洋さんだね。でもって、帰りは?  函館から大間に渡って! あとは陸路を、だそうですが、ここでも大感動!
  今年リタイアし、4月にキャンピングカーを買い、夢に見た一と月間のツアーに挑戦、らしいですね。なんか話に夢中になって、のぼせちゃいました。
  来年は北北海道だそうですが、割引してくれる会社と、してくれない会社があって、航路選択よりも、関心はそっちにあるみたい。
それと CQ、つまり無線のマニアさんらしいのですが、インターネットの普及で、ラジオ無線の会員の減少を嘆いていましたね。
 
無線免許は割高だし、規制がうるさいらしくて、無線も開放してやれよな!アベちゃん!
問題は獣医学科だけでもないんだよ!
  一気に規制は無くしましょうよね。の旅でした。
明日は札幌から!です。ではまた。

 

人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。

 おはようございます。昨日は、突然のお休みで、失礼しました。
 共謀罪施行で、突然のブログ閉鎖! なんて!まさか。
 心配された?なんてことはなかったですよね。

 で、どこに行ってたの? はい、写真の通りです。

 にしても暑かったですね。まったく。それにものすごい人ひと…。ヒトヒト、ピッチャン、ヒトピッチャンって、昔、橋幸夫の歌にありましたけど。
 アレ? それは人じゃなくて、シトシト…、だったですよね。
 四条大通りのバス停では、屋根から、霧吹きのように冷水を散水していましたが、湿気増すだけでね。とてもシトシトなんて感じじゃなくてね。

 通りには、浴衣姿のコスプレお嬢さんが沢山いて、被写体には事欠かなかったんですがね。
 でもって、前からやってくる3人組のゆかたお嬢さんをパチリ。
 でもって、追いかけて後ろ姿も撮っちゃうか? みたいにすれ違ったんですがね。
 あれあれ聞こえて来たのは、なんと中国語、やないですか。
 すんごいですね。ニッポン、そして京都。こここそ、国際交流通りやないかい!
 
 京都の活気と消費力に熱中症気味でした。


IMG_1269

ツーリズムは哲学である! 観光旅行という訳語は???

    新聞の書評欄で、東浩紀さんの「ゲンロン0 観光客の哲学」という本が、この種の本としては、売れていると見て、今日あたり本屋さんに行ってみようかな? の気分です。
 書評で見る限り、現代の思想的原理を『「ナショナリズム」と「グローバリズム」の折り合いがつかぬまま重なっている時代』と分析。フムフム!

 でもって、その思想的困難さを乗り越える存在が「観光客」なんだそうでーー。そうかそうか! 
 だったら僕は、そうした思想的な混迷状況を切り開く、フロンティアなのかもね。と悦に入ったりしているんですがね。

 はい、僕は、自分は観光客だぞ! と胸を張ってもいいんじゃないかと…。なんてね。
 でもねえ、昔、五木寛之さんあたりが、好んで使った「デラシネ」。つまり根無し草、といった感覚の方が近いと思っていたんですが、それを乗り越えて、世界に羽ばたくようなイメージの論理なんだろうかね? なんてね。

 というか、僕は昔から「観光旅行」の翻訳語じゃなかった、逆だけど!  観光旅行の英語訳が「tourism」つまりツーリズムって、なんか違和感というか、疑問に思っていたんですよね。
 「イズム」なんて、観光旅行くらいの話なのに、何でそんな、大袈裟な言葉が使われているのかってね?

 まあ日本人ですからね、初めに観光旅行と言う言葉ありきで。浅墓にも、tourismの方が原語で、その訳語が、旅行とか観光旅行だと気が付いたのは、ずっと後になってからなんですがね。
 となると「思想的困難」さを乗り越える存在である「観光客」は、東さんの論理で行くと
「tourist」。つまりツーリズムの実行者ということになるわけで、段々、僕らは哲学的存在になってきましたね。

 なんてね。にしてもツーリズムという言葉に接した日本人が、何故「観光旅行」なんて訳語を当てたのか、ずっと疑問に思っていたんですよ。むかしジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョエリーだかが主演した映画で「tourist」と言うのがありましたが、こんなの英語だから題名になるんで、「観光客」とか「旅行者」だったら、映画にする想像力なんて湧いてこないんじゃないかな? なんて考えたりもしましたね。

 つまりは、ツーリズムの「ism」という語尾に、妙にそそられたんです。はい、「主義」ですか?
 そう、観光旅行とは主義なのか、でもってツーリストとは「旅行主義者」だ!なんてね。
 1万円の予算で韓国まで行ってきたツーリスト!=旅行主義者だぞ、なんてね。格安旅行者なんて名づけられるより、格好いい? かな。

 でもって、東さんの言うように、「折り合いがつかなくなってきた」「ナショナリズム」と「グローバリズム」の困難さを乗り越えるのが「ツーリズム」というなら?
 移民とか移住なんかと違って、ナショナルな拠点を残しながら、グローブを掴む存在=旅行者。いいですね、この論理! 
 といっても、多分買わないな、この本。八重洲ブックセンターで立ち読みですかね。

 僕は、こう思うんですがね。
 グロ―バルな広がりを求めて、世界に羽ばたこうとしているのに、それを阻害するのが、ナショナルな思想。そうトランプさん。だけじゃなくて金正恩さん的な閉鎖主義なんだよね。
 つまりナショナリズムとグローバリズムって、東さんが今更指摘するようなもんじゃなくて、そもそも「折り合い」なんてつかない、対立する概念なんじゃないですかね。

 いやもし、折り合いをつけるとすれば、「帝国主義」ですか? 自分のナショナルな論理で世界を支配しよう! なんてヒットラーさんのようになって行く? これに対する概念は、欧州諸国のような国際協調主義というわけでね。EUはおかしくなっているけどね。

 いや、でも長年、喉骨に刺さっていたような、「tourism」という言葉を考えるきっかけを与えてくれそうですね。この話。
 そうか、これからは、国際協調主義なんて気の抜けたビールのような論理より、ナショナリズム国家や帝国主義国家に代わるツーリズム国家!を これいいですね。国家という概念も、もっと軟なイメージになってくるじゃないですか? 
 歴史や伝統の「継承」よりも「過客」なんだよね、って。
 これこそクルーズ客船「地球号」みたいな想像に発展するかな?

 そう旅行! ツーリズムとはまさに、哲学だったんですよ。
 なんてね。今日はここまで! ご精読ありがとうございました。

 

 

ガンバレよ。錦織、大坂、杉田君! 英国からも日本ツアーは売れているんだから! って関係ないか?

   それにしても忙しいですね。はい、昨日から始まりました。自民党の混乱❔
 いえいえ、そんなことではなくて、はいウィンブルドンです。でも一番忙しいのは、我が家のテレビですかね? なんと昨夜の夕方7時過ぎから、つい1時間ほど前まで、付きっぱなし。はいWOWOWの実況ですわ。

 まあ昨夜は錦織君も大坂さんも勝ったようで、今年はさらに杉田君とか、土居さんとか、期待できそうな選手は多いですからね。今週いっぱいは、真夜中までウィンブルドンアワーかな?
 にしても観客の中にも日本人と思しきファンさんも多いですね。それも妙齢の女性、はいオバサン以上の方が2,3人連れで…。まあこれから2週間ずっとロンドンにいらしゃるのかなあ?

 結構ロンドンはホテル代が高いし、ななな、なんたって、飯がマズい。じゃなくて、美味しくないですからね。グランドスラム見物ツアーを考える私としても、一番後順位なんですよね。ウィンブルドンは。って相方さんは一度行っているみたいだから、という理由もあるんですけどね。

 というんで、昨日の続きじゃないですけど、イギリス人がどんな海外旅行をしているんだろうというのが気になりましてね。「日出る国」ジャパンが、行き先のNO8に入っている旅行社さんのラインアップをチェックしてみたんですよ。

 この日本ツアーは、13日間で3399ポンド。今、ポンドは150円くらいですからね。うーんと、50万円くらいですね。でもって盛り込まれているのは、東京(浜離宮なんかも入ってるんですね。でもって築地もね)、もちろん銀座、浅草。新幹線、富士山、京都、奈良…。有名どころは全て網羅し、食事も全部込みのオールインクルーシブ。ガイド付きです。まあこんなもんかな? というジャパンツアーですね。

 でもって、旅行パックを俯瞰してみると、ほとんどが2週間。最低でも11日間から21日間くらいの日程で組み立てられています。
 この旅行社は結構御歳を召した方むけツアーが多いんですが、やっぱりツアーの差を感じますね。ですんでクルーズ船を使ったツアーもドドンと。この日数ですからね。まさにパンフの真ん中に組み込んであるんですが、やっぱりメインはクィーンメリー2。定期船ですからね。この船。

 でも、QM2の旅だけでも、+グランドキャニオン・ラスベガスとか、+ロッキー山脈の旅とか、+ナイアガラとか。このナイアガラ付きでも14日間。で、1999ポンドというから30万円くらいかな? キャビンのランクは下のクラスなんだろうけど。まあこれなんかが売られているパックツアーでは、最短・最低価格に近いんです。

 でもって、さらに見るとアジアの旅もほとんどがリバークルーズ。ガンジスとかメコンとか…。これだけをチェックしただけで、世界でクルーズは、こんなにも! なんていうつもりもないけど、旅行の手立てとして、「クルーズ+」は定着しているんですねえ。 
 僕なんかもクルーズには一杯行っています! と威張っても、乗下船は同じ港がいいよね。飛行機がアレンジしやすい! なんて言いながら港町で1泊プラスぐらいの旅程を組むのが精々。
 そういえば、グランドキャニオンも、ラズベガスもナイアガラも行ってないわ! クスン、ですからね。
  
 よしこうなりゃ。クルーズかグランドスラムか? なんて言っていないで、クルーズ+グランドスラムを実現しましょうかね。だったら、来年はローヌ川+ローランギャロス! 
 悪いアイデアではないけどね。ちょっと気が付くのが遅かったね。もうそんなに余裕がないわ。行きたい船旅も、もっとあるからね。グランドスラムはテレビで見れるし…。

 なんてね。我が人生も終わりの始まり?ですかね。 
 アベ政権も終わりの…? って、もうその話はいいよね。
 でも、今度の政変の功労者は、なんたって稲田朋美防衛大臣さん。あなただよね。
 
 今まで、私たちは「自衛隊をどうする」という文脈で、この暴力装置について語っていたのに。つまりまあ国防上存在するのもショウガナイかな? みたいな感覚で、合憲論は組み立てられていたのに。
 彼女は、「自衛隊が、政治家を支援する」という言い方で、主語と目的語の転換を実行しちゃった。矛はどっちにも向く! ということだよね。これって。
 ますます、この政権に憲法改正はやらせたくないね。

 なんてね。ウィンブルドンの話でしたね。今日は。 
 がんばれよ 錦織&大坂&杉田君。ね。
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
  • ミッドウェイから、また悲劇は始まった。なんてね。ええ改憲とはまったく関係ないんですけど。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ