日刊ゲンダイが、人質交換の話が出る前に、「何故トルコにでなく、ヨルダンに対策本部を作り、中山氏を駐在させたんだ」と日本政府の対応について疑問を提示していましたが、たしかに、人質事件が起こるやいなや、何故速攻でヨルダンに依頼したんでしょうかね。
 その後、イスラム国がヨルダンが拘束する人質との交換を要求する、つまりヨルダンがまさに当事国になるわけだけど、ちょっと出来すぎな感じがしますね。
 イスタンブールでなく何故アンマン? 日本政府が、ヨルダンの人質交換に話は発展すると読んでいた? トルコだったらもっと違う要求がイスラム国から出てきた? 
 なんだか不思議な展開ですね。
 それにしても、安倍ちゃんの顔は蒼白な感じで満月のようにまん丸になってきましたね。大丈夫かねえ。持病は直ってないようだし。

 まあいいけど、日本のメディアも日本人の人質問題を報道するだけで、アラブ、中東情勢をしっかり分析して、日本政府がいくらいきり立ったても、アラブでできることは限られている、ということを分からせるような報道をするべきですよね。
 メディアはサッカーがアジアカップで敗退すると、韓国が決勝へ行った事を含めて、サッカーのサの字も報道しない。錦織君と人質問題でトップニュースを争っているだけですからね。
 日本国の話以外、みんな興味ないなんて、思っているんだろうか?
 というか日本のメディアは新聞の崩壊とともに衰退に向かう?

 新聞がネットに取って代わられる? という風潮が確かにあるんでしょうけど、ネットだと人質事件の詳報は例えば朝日新聞だけを読んでいるより、いろんな情報を得る事ができるけど、ヨルダンやナイジェリアやエジプトで何が起きているのか、なんていうことは、新聞を読んでないと目に留まらないんじゃないでしょうか?
 だから人質問題も、後藤さんのお母さんは何故石堂さんなのかとか、彼のこれまでがどうとか、どんどん余計なところに突っ込んで行く。
 何を報じて欲しい、なんていえるほどの知識はないですが、トルコやヨルダン、イラクの親米政権の動向とか、アメリカに距離をおく政権のこの問題への興味の持ち方とか、そもそも日本人の人質問題を中東ではどこまで関心を持って見ているのかとか。知りたいことは山ほどありますけどねえ。
 
 まあいいけど、イスラム国問題の本当のところは、イスラム圏内部での革命運動というか反乱なんでしょう。イスラム国は、西欧文明に屈している現在のイスラム諸国の政権に対して戦っている。イスラム教徒の支持を得るためには、教義をおしたて、異教徒であるアメリカやフランスと戦う姿勢を示し、十字軍との戦いみたいに旗印を造ることが一番なわけで、だれも欧米を中東から叩きだせるとか、イスラム対キリスト教徒の本格的な戦いをいまやろうなんて思っていないとおもいますけどね。
「大中東亜共栄圏」くらいのイメージはあると思いますが、これは旗印ですよね。敵はイスラムの親米勢力? シーア派? まずは中東での覇権をにぎること。それも過激派間での党派闘争に勝ちながら、なんて意識でしょ。
 
 安倍ちゃんがのこのこ出かけて行って、なんか出来る訳もないし、日本はそもそも敵ではないんだよね。イスラム国にとって、日本なんて相手にしている暇もない。
 多分安倍ちゃんも、今回の中東歴訪がそんなオオゴトになるなんて思っていなかったんでしょうしね。

 それにしても日本共産党も変だよね。「日本人人質解放」のために安倍政権の応援団ですか? やっぱり彼らも日本国主義なんですね? 今度の問題で、安倍政権の稚拙な外交をしっかり叱っているのは小沢一郎だけだよね。

 なんて、またこの話で申し訳ない。でもねえ。新聞を見ていると、これっきゃ出ていないからね。

 いやそれにしても、カイロでもなんか大デモが起きているみたいですねえ。こんな感じでアラブが動いて行くと心配です。
 えっつ? ええナイルクルーズですよ。来年なんだけど、やっぱりダメかなあ?