客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

未来

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

諸国民の公正と信義に信頼し、軟弱に行きましょうよ、ね!

 ご無沙汰です。な、ほどでもないですが、2018年のブログ開始です!

 またうるさくなりますが、隅から隅まで、ズズイとよろしくお願いします。
 さて、新年となれば、今年の決意ですね。というくらい話題のない年明けですが、今朝目覚めながら、やっぱり徳川幕府はエライ!なんて思いましてね。

 新年明けてから3日経つわけですが、初日の出は見られるし、風はないし、ちょいとチリチリしますが、豊かな日差しの中で迎える朝の気持ちよさ。関東地方ってリゾートだぜ。まるでね。
 でもテレビでは、北風吹き荒れ、大雪に見舞われている北海道やら日本海側。いや西日本の方も関東平野ほど、好天に恵まれているわけでもなさそうで。ですが、日本の正月風景を知らせるテレビは「平和ニッポン」。穏やかで優しく、豊かな国ーーとして紹介される。

 日本のお正月の風物詩は、外国人が沢山混じる初詣の様子や、福袋をたくさん抱えたオジサン、オバサンの群れ、ですからね。
 この世界には何にも問題はありません、という感じ。国民の関心は、わずか5時間ちょっとで箱根まで走ってゆく駅伝!の順位ですからね。これなら京都まで3日、いや4日もかからずに行けてしまう、なんて今朝起きぬけに想ったりもしましたがね。

 それもこれも、首都を江戸に定めた徳川家康さんの御蔭かな? 西にはスーパムーンの満月、東には3日目のお日様! 旧江戸城には、西郷さんが無血開城させたおかげで、天皇がおられて…、関西まで新幹線で2時間半で結んでいるし…。

 香港では1万人規模のデモ、イランでは衝突と荒れているのに、日本では一般参賀に12万人が、整然と皇居を訪れて! ニッポンはいい国ですよ。ホンマにね。
 余は満足じゃ!だね。アレ与かな? それとも予ですか?
 いや「世」がいいねえ。今年の年明けは、「世は満足」でいいと思うんですがね。まあいいか。

 でもってあの金正恩さんが、「アメリカは射程内」なんて、なんのサプライズもない演説をしたんですか? でもよく読んでみると「オリンピックに参加してやってもいいよ」と路線を微妙に変化させる柔軟戦略? へと舵切りする姿勢を示しています。

 日本近海も平和に向かって?かな。まあ産経のように「時間稼ぎ」なんて分析も確かにそうなんだとろうし、経済封鎖はかなり効いているという分析も確かなんだろうけど、いいんじゃないですか?
 だいたい経済制裁の意味って、北の強硬姿勢を軟化させて、彼らの本音を引き出すことにあるわけですからね。イージスアショアだなんて、言い出すより、「軟弱な日本は軟弱に闘え」(佐藤優さん)ですよ。
 「今年、戦端が切られる」なんて予言もいいですけどね。僕は軟弱に生きて行きたいですね。はい。
 
 まあいいじゃないですか? 朝鮮半島がベトナムのように統一したって。核を持った隣国が対馬海峡まで迫ってくる? って、今までだって中国やロシアはそうだったんだから…。
 大体北ベトナムに統一されたベトナムは良い国ですよ。人々は優しいし、社会は安定している国だというのが、一度行けば肌で分かる。

 今年は周りが平和になる年です。
 でもそれにはアベッチを縛って、余計なことをさせないことかな?
 なんてね。それより、どんどんアジアに出かけて行って、諸国民との交流をはかることです。
 「諸国民の公正と信義に信頼し」! だもんね。
 
 『諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。』(日本国憲法前文)
 
 今年も頑張って! なんてことでもないけど、「政府の行為」をしっかり監視してね! 

 いや、軟弱に!でしたね。
 「日本軟弱党」結党を宣言しましょうか?
 って、話はあんまり軟弱じゃあないけどね。
 


 

中国さんも「量から質」ですか? 韓国は外国船のチャーター? 東アジアは風雲急かな

   風雲急を告げる東アジア! なんて感じですかね。

 いえね。ここ数年景気のいい話が続いていた日中韓のクルーズですがね。まるで台風に襲われたような、かなりなリセッションに覆われているようで。
 これこそ、新たな充実期に向けた「腰だめ期」、つまり「ホップ・ステップ」期がやってきている? なんて思いたいですね。

 はい、昨日。みなと総研さんが開催した講演会。日中韓3か国の「クルーズ研究機関」のMOU締結を記念した講演会を傍聴して来ました。
「クルーズ研究交流覚書」締結記念講演会。つまり3か国のクルーズ事業をプロモートする政府系機関が、「これからは情報交換やプロモーションを一緒にやりましょうね」という覚書(MOF)を交わしたのを記念して…。ああ面倒。こんな風に書かなきゃ、本論まで到達できない! こと自体、政府の機構が複雑化してしまっているーーことの方が問題ですがね。

 まあね3か国の研究機関が一緒にやりましょう!というわけですが、これがなあ。
 研究交流といっても、中国側が「上海国際クルーズ経済研究所」、韓国側が「韓国海洋水産開発院海運産業研究室」でもって、日本側は「みなと総研」。

 なんかなあ! 現状が、乗客を送り出す国・中国、受け入れる国・日本、それを仲介したいなあと考えている国・韓国というクルーズ事業に係わる産業への視点をそのまま表した研究組織体が連携するって感じ? これで良いんかい?ですよね。

 例えば、「観光」ということであれば、それぞれの国に観光協会なりがあって、わりとすっきりと手を結べるけど、「クルーズ」となるとどこがやるの? みたいな話で、早い話、日本の場合、観光庁、港湾局、海事局と、この産業をどうするか、どころか誰が監督するの? みたいな、いわば政府側がカオス状態なわけで。
 まあねえ、なんたって公共事業大国ですからね、港湾局がまずは伸してきて、外交も主導するの? いえ、国交省が元締めていますから? なんですかね。きっと。

 先方も、韓国は未だ海事関係の部局。中国は総合化しているように見えて、実は「上海」が中国を代表しているにすぎないわけで、まあスッキリしませんね。って、前置きのつもりがこれだけで今日の紙幅が尽きちゃった。
 まあいいわ。

 でもってリードに帰って、結論ですがね。
 あれだけ倍倍どころか、桁違いに伸びて来た中国のクルーズですが、ついに17年以降は「量から質」と言い始めていて。中国での新造船が就航する20年以降に新しい展開。つまり国籍船、造船、旅行会社らが総合的に発展し始める、みたいな論調ですね。
 もちろん欧米系のクルーズ会社の力を利用しながら…。な戦略ですが、中国の旅行販売は、「(早期割引きどころか)直前まで埋まらない。安くなるのを待っている」なんて面白い発言もあって、まあこの話は後日書くか、別のニュースで読んでくださいね。はい

 一方の韓国は、THRRDを巡る中国の意地悪で、今年済州島を初め、入域客が激減していますからね。戦略と言ったって「東アジアの平和」ぐらいしか言えないよね。北朝鮮の港への誘致! みたいな視点があったのには、驚きましたがね。

 で、自分で何か出来る訳じゃないことを知っていますからね、ロシアを含めた東アジア(さすがに「東海」とは言わなかった)クルーズの新しい拡大を目指しましょう!と独自性を打ち出すのに必死でした。
 でもって、組織方針としては、「国籍クルーズ船がない」という致命的な欠点を克服するために、「新造船のファイナンスや造船の建造体制の確立、必要な政府支援」の研究を進めるとして、来年の最大のテーマは、44回やってくるコスタなどの外国船のチャーター! だそうです。つまり韓国人にクルーズに親しみを持たせるという韓国クルーズ市場の拡大!にターゲットを置いて行くという。

 はい、両国とも実現性はともかく、戦略的な狙いは、正しい!と思いますよ。

 でもってニッポン! いや今回は日本側の講演はなかったんですがね。もし「みなと総研」が話すとすれば、クルーズポートの整備! しっかりやっています、くらいでしょうかね。
 つまり日本市場をどう開拓するのか? みたいな視点での話は誰も出来ない。

 高度に発達した資本主義国ジャパン! でもねえ。クルーズ産業ひとつまともに育てられないなんてね。夢も希望も…。絶滅危惧産業化をおろおろと指を咥えて…いるだけなんて。

 日本クルーズ研究機構? はい、JCI(ジャパン・クルーズ・インスティチュート)でも造んないとねえ。
 みなと? 地方自治体? 以外クルーズ事業を発展させたいという人はおらんのかい?? まったく。
 なんてね。いつも同じ結論で、ごめんなさいね。

 

ピースボートさん。エコシップ論争でそろそろ焦れて来ましたよ。僕の見解です!

 数日前の書き込みになりますんで、目に止まらないかとも危惧し、「金太負けるな2」さんの書き込みを引用させていただきます。

ーー海事プレスによると、欧州の客船の内、17隻はLNG専焼船だそうで、これから多数が建造されることになります。とは言え、インフラがまだ整っていないので、カリブ海や西海岸を遊弋する短距離航行の船は良いとして、PBのように太洋航行の割合が高い船ではタンク容量の決定に悩むことになるでしょう。LNG消費量を150トン(300m3)弱/日として、例えば"Trans Pacific"で最低5,000m3も有れば良いとなりますか?
加えて何がしかのMGOタンクも設置することになろうと考えます。(7月28日付)

 ピースボートのスーパーエコシップ構想の実現性に付いて、このブログでは、結構な論争が生まれていますが、つまりは、この「金太」さんの技術的な解説に尽きると思うんですよね。
 LNG専焼、つまりデュアルフュエルではないわけで、寄港港でLNGを補油しなければならない。これがひとつ。つまりLNG供給ができる陸上施設の整備された港を巡る航海にならざるを得ないーー。というか、いかにピースさんとはいえ、陸上の補油施設を整備させる力はないでしょう。

 でも、LNG焚き、だけなら、それに対応するエコシップは、すでに欧州の造船所がアメリカ船社さん向けに受注しているわけで、今、ピースボートさんが謳いあげている環境先進性を強調できる客船になるわけではないと思うんですね。
 
 となるとこの、エコシップの「エコさ」を象徴するのは、あの太陽光パネルを張った羽。つまり風力と太陽光利用のPR。船体のエコさ(?)と併せて、この船のフィギアを実現することで、「環境先進性」を強調する以外にないわけですが、これも「金太さん」ご指摘のように、僕の取材した造船技術者さんたちもそうですが、太陽光の効果は、口を揃えて「ないよりまし」ぐらいであると…。 

 まあ、風力は一定の効果はあるんでしょうが、操船も大変だし、建造コストだってかさむし、メンテナスだってかかる。「エコ」つまり経済性の方ですが、こちらにも疑問があるんじゃないの…、といった反応でした。

 ならば、新しい船を実現するために、とりあえず帆は外しちゃおうか? という判断も出てくるかもしれない。となれば、カーニバルさんあたりが建造しようとしているエコシップと変わらんわけでね。 

 つまりエコとか環境対策の実現性は、主機関ーーエンジン周りの改善で果たすよりないわけで、奇をてらった「羽シップ」の意義って? そんなに高くないんではないだろうか? ファイナンスする側は、そのあたりもしっかり見ていますからね…。
 つまり、あのまま実現するのは、かなり…。
 いえこれは僕の個人的な意見ですがね、はい。

 まあ、この船のフィギアを見て、「ああ環境に優しい船だ」という宣伝効果はあるんでしょうから、集客効果はあるんでしょうね。しかもエコが求められる南極行きですからね。
 つまり、この船のこの羽は、「営業的な羽」! だと思っていたわけですが…。

 第二次航、第三次航は、南極クルーズです。燃料供給のめどは立っているんでしょうか? 最終ポートは、南米やアフリカの南端経由ですよね。
 というかなあ、一番の地球環境対策とは、わざわざ南極までクルーズするの? という疑問への答えですよね。こんなデカい船で? 
 ロシア製の原子力客船あたりに任せておけば? 南極クルーズはこれでいいと思うんですが?

 にしてもピースボートさん、逃げ回っていないで、そろそろ会見の場に出て来なよね。
 新プロジェクトが十分な先進性を持っていることは、PR出来ていると思うんですよね。ここまででも。
 問題は実現性です。なんたって金集めちゃっているんですからね。
 アベシンゾーってたら、いかんですよ。もう、そろそろ。
 
 

「&」か「・」か? この違いって一体どこにあるんでしょうか?はいドメイン論ですけどね

  もう宮永さんのインタビューでも、客船の話題はまったく出て来なくなっちゃたですね。
  「パワー」「インダストリー&環境・社会システム」「航空・防衛・宇宙」の3ドメインーー今年4月から、また事業構造を3つの事業群に改変してーーて、これら事業を統合したり分離して管理することで、一体どのようなシナジーが見込めるというのでしょうか?

 なんで現場が同じな商船と艦艇を、わざわざ切り離して、その分離の弊害がはっきりしてきたのに、さらに遠ざけようとするんでしょうか?
 いやこの会社のOBさんと話していても、艦艇と陸自と航空って、相手が防衛庁であるだけで、製品分野も受注の仕組みも、ましてや製品技術も全く違う分野なのに…。造る事業所も製造技術だって違うでしょう。分離し、統合してドメインなるものに集めることにどんな意味があるんですかねえ。
 
 一時期盛んにおっしゃっていたエンジニアリング事業という考え方というか、アプローチもどこへ行っちゃったんでしょうか。
 というかメディアさんにお願いしたいのは、さらに「M&Aをすすめなきゃ」みたいな、焦りに似た感覚論よりも、こうしたドメインの事業推進がどんな形で進められようとしているのか? で、それがかつての事業部制、事業所制型の管理とどう違っていくのか、そのあたり、「ドメイン」なんて言う言葉に惑わされずに、お聞きいただきたいですね。

 そんな面倒な話じゃなくても、「インダストリ―&環境・社会システム」ドメイン。商船もここに入るようですが、これらの日常的な会議なり、打ち合わせ、それに、ほうれん草じゃなかった、「報連相」は、どんなふうに担保され、これらを括り、事業範囲とされる分野で、どのように事業を高度化させて行くのか、その辺をお聞きして欲しいですね。

 それにしてもねえ、、「インダストリ―」という言葉は英語で、「環境」は日本語で、これを「&」で繋げる発想というか、日本語を無視した言葉使いの無頓着さには、ちょっと我慢がならんのですが、社内から反対する意見は出てこなかったんですかねえ? この会社は日本語も破壊しようとしてるんでしょうか?

 さらに「・」、はいナカグロと読むわけでが、これも本来、日本語にはない印ですけど、このナカグロと&の関係をどう読み解けばいいのか? 
 つまりは、「インダストリー」分野と、「環境・社会システム」との統合なのか? 「インダストリー&環境」と「社会システム」の並列なのか?

 まあどうでもいいですけど、名は体を表す! わけで、これでは体がまったく見えてこないですね。

 「パワー」つまり発電プラントや原子力かな? 「航空・防衛・宇宙」(こっちはナカグロや)は、そのままでどんなフィールドで勝負しようと考えているのか分かりますが、「インダストリ―&環境・社会システム」って、いわゆる民生品以外と言う感覚ですかね。つまり「その他事業」と称した方が良いような分類です。

 でもって、一番危惧するのは、結局各製品を担当する技術屋さんたちは、結局は船なら船、発電機なら発電機、建設機械なら建設機械、印刷機械なら…。ってやめましょうか?
 そうした製品分野のことだけを考え、ロイヤリティを持って仕事して行くだけで、それが「インダストリー…」の発展につながっているとは実感できないんじゃないでしょうか?

 これで企業は発展して行くんかな? 幸せな気分になれるのは、「これぞ企業統治」だなんて考えておられるMさんだけで、働く人々には、ほとんど達成感はない?
 いや、例えば、この会社の船に未来を感じなくなった人が、ロケットに配転をお願いし、転属するなんて人事交流は担保されているんですかねえ。

 なんて、もういいか? しつこかったですね。この話。
 まあなあ。僕だって重工さんの株を持ちたいな?みたいな感覚はあるんですよ。昔、懇意にして頂きましたしね。
 企業の「未来・発展・幸福」いや「未来&発展&幸福」かな?
 僕も、そのおこぼれに預かりたいんですけどねえ。 
 
 
 
 

ハッピバースデイ、スイート65! はい相方さんも年金世代にね

  昨日は、わがお孫ちゃんとわが相方さんの誕生日を同時に祝う式典を、ってワシントンではなくて、八重洲の中華料理屋さんで執り行いました。って、大げさかな?
 晴れてJKさんになっちゃったお孫ちゃん。GKじゃないよな、これだとゴールキーパーだもん。はい女子高生です。で、「ハピバースディ! スィート・シックスティーン」の式典です。
 そういえば、船の上のビンゴで16が出ると、日本も外国船でも必ず「ハピバースディ、スイートシックステーン」なんて言います。昔々のポピュラーソングですね。あのころは、こんな歌とともに、アメリカのきらきらした明るさに憧れたものです。
 でもって、相方さんの方は「ハッピバスディ! スィート シックスティファイブ」つまり前期高齢者、つまり年金世代への突入記念日です。はい。ちょっぴりですが年金支給も増えるようで、ハピ!ハッピ!の記念日というわけで、式典!催行しちゃったわけですね。
  まあ、ワシントンで安倍ちゃんがリンカーンだのホロコーストだのの記念施設を訪れて、平和と民主主義!を印象付けているわけだけど、だったら慰安婦像とか、南京の博物館にも行けばいいのにねえ。ナチスには反対でも、東京裁判史観は受け入れない? なんて感じなんですかねえ。ちょっと違うんじゃないかなあ。
 って、また話がずれた。

 私らのほうは、式典の前に、せっかくですから北野たけし監督の「龍三と七人の…」、題名忘れちゃたけど、映画を観に行きました。 なんで有楽町にあるのに、「丸の内ピカデリー」なんだとぶつぶついいながらでしたが、なんとなんと映画館は満員。でもって大スクリーンを見上げるような2列目しか空いてないんですからね。すごいすごいですよ。でもって、スクリーンの中と同様、座席もほぼ前期高齢者、つまり団塊の世代で埋め尽くされていたですね。
 まあ物語は、老人の元やくざが、仁義も気概も無く銭稼ぎだけが目的の独裁型の若いやくざ組織をやっつけようとするんだけど…、という悲しい物語? です。老人やくざは、7人のキャリアが集まる、つまり「七人の侍」のパロディかと思うんですが、話し合いで親分を決めちゃったして…、面白かったですよ。藤竜也さんとか、近藤正臣さん、いい役者ですね。
 というか、多くの観客と一緒に観るのは面白いですね。変なところで、大笑いするようなオバサンがいたりして、お茶の間で観るのと違った雰囲気を感じることが出来るんです。
 映画館はいいですよ。昔子供のころ、東映と日活の3本立て映画を観ている時、主人公が窮地に追い込まれると、代官所から捕り手の軍団が、どどんと出てゆく。そんなシーンで客席から拍手が沸きましたからね。

 なんてね。昔の思い出話ばかりしても仕方がないですね。
 この日はJKちゃんたちがアイドルに嬌声を上げるなんて感じではないけれど、映画館の中では、我が同輩さんたちと妙な一体感で結ばれたのでした。ちゃんちゃん!
 まあねええ。4・28といえば、昔は沖縄反戦デー。サンフランシスコ条約発効の日で、団塊さんはデモで街頭へ。でしたが、今はたけしの映画を観に映画館へ。
 安倍ちゃんは、まったく反対運動もなく、ワシントンでオバマさんと握手。
 辺野古に2000人が集まったといっても、ダメだろうなあ!の諦観が先に立つ。 
 安倍ちゃんとオバマさんは、未来志向の日米同盟! で、弱体化するアメリカの肩代わりを日本が徐々に進める! って、唄い上げたわけですが、それでも僕らは映画館。
 メディアは「過去の陳謝」の合唱ですが、未来を批判するといってもねえ。難しいですからね。
 うろうろと、都会を彷徨う高齢者! 船にでも乗せといたほうがいいと思いますけど、って話は無理やり、そっちかい!?
  

未来の客船社会を語るクルーズなんていかがですか?

 エリーさん。髪型変わっちゃったんですね。昨日からとか。
 歳を取ったことを髪型で表現しているわけですか? まあしょうがないか?
 
 本日は、月に一度の上京日にしました。でも東海道線が今止まっているとか。ちょっとやばいですね。
 まあ僕が出るころには、回復はしていると思いますが。新幹線は高いからなあ…。

 ということで、NHKの話ばかりになりますが、日曜夜に放送していたNHK特集の「未来社会」。先日は平均寿命が100歳になる、という予言で、最終回の今回は火星移住とか高さ1000メートルを超えるビル群の登場。しかも海上にそうした人口島が建設されるというんですね。
 宇宙と海。フロンティアを失った人間は、未知の世界である宇宙や海に新天地を求める、というストーリーですか。篠田まり子さんがアンドロイドになって出てきましたけど、あれいいなあ。相方さんもいいけど、もしなんかあったら…、って嘘ですよ。もちろん。ふー。
 でもねえ、実際の日本は、人口減少時代に差し掛かり、欧州のイスラム教徒との問題もクローズアップされてしまって、国内への移民を認めるという政策の実現性は遠のいていますからね。
 海洋都市だの、火星移住どころか、東京の真ん中にもシャッター商店街が生まれ、空き家だらけのスカスカ都市に高齢者が住み続け、スラム化していくような未来の方が、現実性があるあるような。つまりバック・ツー・ザ・フューチャーでいえば、ビフ君が支配する悪の帝国みたいな社会の方が現実性がありますよね。
 なんて悲観論どころか、イスラムとキリスト教国の全面戦争で、地球存続の危機? そんなことはないと思うけどね。支持率が60%を超えるような、安倍ちゃんがおるから、彼の言うような『世界の真ん中で輝く国』を目指して日本は発展するんでしょうね。きっと。

 って、この話にしたのは、そんな話題に話を振るんでなくて、海上都市の話ですよ。なんだか太平洋の沈み行く島々の救済のために、赤道上に高層ビル島を建てる構想とか、技術的検討を日本の建設会社さんが勉強しているとか、東京湾内に海上都市を造るポンチ絵まで描かれていましたが、こんな未来図を作るとなれば、建設会社に対抗して海運・造船会社にやって欲しいのは、超大型客船。それもその中で生活してしまえるような巨大なスペースを持つ客船を建造し、人工島を巡る客船の未来を描いて欲しいですね。

 かつてフェニックスといったかなあ? NCLのオーナーだったクロスターさんが40万トンの巨大客船構想を作って、 動く洋上都市構想を示した。それがRCLのオアシスに繋がったと言われていますが、オアシスが22万トンであることをみると40万トンでは小さすぎるかもね。
 三菱・香焼のドックの大きさは、長さが確か990mくらいあったんじゃないかな? 幅は忘れちゃったけど、L/Bという船のバランス的に言えば、100mから150mくらいの船幅にして、喫水は15m以内に抑えて欲しいけどね。船速は15ノット以下でいいと思うんですよね。

 それで海上都市と陸地を巡るライナー型の客船にするとか…。
 そうえば、昔北極点まで潜水する潜水球を搭載したクルーズ船がありましたが、海はロマンの塊だよね。ジュールベルヌの「海底2万マイル」だっけ、「80日間世界一周」だって、まずは構想があったから、現実化する。

 こんな話を船の上でしたいですね。未来社会はクルーズ客船社会ですよ。まあ船上のエンターティンメントも大切ですけど、こんな話をしながら世界を巡る。
 海は、これからの資本主義の発展を支えるフロンティアだと思うんですがね。はい。
 さあ、出かけなきゃ。 
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 初日の出
  • さんふらわあさっぽろ、どうしたんですかね? エンジントラブルですか? 新造船なのに。
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ