客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

ロングステイ

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

りタイあ者の旅は、結構タイ変でした。


円安の恩恵を受ける労働組合  リタイア者はただバンコクを彷徨うだけ



 さて昨日は目指すべきシンハガーデンが見つからずで、暑い中さまよいました。で、スクンビットですからね、日本人に人気がある不動産の佇まいを見歩き、不動産屋の店先を物色。結局バンコクには、もう移住などできない。難民化するくらいの覚悟がいりますが、なんのために私が難民になるの?ということで正式に断念。えっつ、一体何がせいしきなの? でもって傷心を抱えて帰国します。なんてね。
  やっぱり円安政策は、日本人の富を減らし行くだけだぜ!安倍ちゃんよ。いい加減にして下さいな。
  日本では生活者のほとんどがサラリーマンですからね。しかも輸出に依存して生きて来た。「にっくき円高」みたいなものが刷り込まれていましたからね。でもリタイアすれば話は別!円高こそ生活を豊かにしてくれるわけで、民主党はそんな経済政策を主張するぐらいでないと、地方選挙も安部ちゃんの圧勝ですかね。春闘は安部ちゃんの成果だろうね、トヨタがどどんですからね。
 でも、 国民の生活を支える党みたいなのは、人気ないもんな。信用していないから。ねえ。でもって、国威発揚、勇ましいのが人気になると思っている。まあいいや。
  せめてもの慰めは、ユーロ安が続いていることですかね。6月のドイツで、取り戻すぞ!って何をですかね?
  つかのまのバンコク旅行もこれでおしまいです。ホテルから空港までどうやって行きましょうかね。道は混むし、鉄道は面倒だしね。リタイア者の旅は、結構タイヘン!ってタイずくしも面白くないですね、お粗末! 

身捨つるほどの祖国! 無国籍クルーズ船を祖国にしたいですね。

 マッチ擦るつかの間海に霧深し、身捨つるほどの祖国はありや。 

 
はい。寺山修司さんですね。 
 それが、僕の愛読する産経新聞の愛読するコラムにドンキホーテの話があるんですが、今朝の見出しにこの「身捨つる…」とありまして、コンピューターに向かったというのに、この言葉が頭から離れません。

 何年前だったかなあ、三沢の米軍基地の前を通って「寺山修司記念館」に出かけて行って、この短歌に改めて心を奪われ、そしていままたなんと産経新聞でこの言葉に戻る。

 自らを捨てるほど<大事にするような>祖国なんてないよ! と解説者は読んだままに書きますが、「身を捨つるほど」大切なものを持てない僕たちの不幸を嘆いているわけで、昨日アメリカ人でないことを喜ぶと書きましたが、アメリカ人でいることの幸せもあるんだろうと考え直した次第でもあります。
 三沢には青森の友人がわざわざ車を運転して連れて行ってくれたんですが、その時走った津軽と南部の風景、それこそ青い森が続く風景を未だにわすれませんね。
 それに異形とでもいえばいいのか、記念館の建物も、大変印象深いものでした。
 去年リタイアしてから宮沢賢治記念館にも行きましたが、東北はいいですね。夏場は東北に住みたい、なんて思います。

 なんてね。ええ今日も、タイにロングステイすることが出来るのかどうかの話を考えています。
 日本人相手の不動産屋さんのホームページもいくつもあるんで、チェックしていて、そのうちの一軒くらい今度は訪ねてみたいと思いますね。
 ぼくが初めてタイに行ったのももちろん仕事でしたが、例の経済危機のあと、ええ当時はまだタクシン政権が力を持っていて、海外からの観光客やロングステイ派の誘致を盛んに進め始めていました。その後何度かの政争もあって、今は何を目指しているのかわかりませんけど、物価はドドンと上昇しているようですね…。
 で、今年、日本への観光客が60万人を超えるということで、まあ経済格差を理由にしたロングステイもそろそろ終わるんじゃないでしょうかね。

 それにしてもよく考えると、途上国へのロングステイというか移住って、リタイアして使い物にならなくなった老人の海外への輸出!であって、逆に若い介護士さんの日本への導入なんて、つまりは東南アジアからの労働力の輸入だよね。強制連行ではもちろんないんだけど…。
 なんだか、良心の発露みたいな顔をして、日本人ってなんだろうねえ。身勝手な奴らだよ。ホントウにね。

 なんて、またまた過激になりそうだからちょこっと修正しましょう。
  ただ、本当にタイでロングステイするとしたら、バンコクでなくてチェンマイやハジャイ、サムイ島とかプーケットだったんですけど、そっちに行くほどのスケジュールはとっていないんですよ、今回。
 というかハジャイなんて、まだ日本人は受け入れられてないだろうし、ツアーもあんまりないんじゃないかなあ。

 何が言いたいかと、といういつものパターンに戻しますが、これってクルーズ船で巡るのが一番じゃないかと思いますね。例えば、にっぽん丸級の客船で、タイやマレーシアを巡ってロングステイの適地を探るとか、いや東南アジアに船を置いといて、というかマレー半島を巡る定点クルーズをしていただいて、というかロングクルーズのアイテナリーの中にもっとディープな東南アジアの寄港地を入れていただいて、ロングステイの適地を見るとか。 って、これ25年も前に川崎汽船がソング・オブ・フラワーでやろうとしたことですよね。

 まあカリブや地中海だって、いまや1泊1万円台でクルーズできるわけで、東南アジアでも地方都市を巡るクルーズってそのぐらいの価格で出来ると思うけどね。
 それに去年行ったダイヤモンドプリンセスだって、ベトナムの田舎町を2つも回ってくれたし、クリスタルのパナマ運河クルーズの寄港地だって中米の新しい港群でしたからね。東南アジアはまだまだクルーズ発展途上ですよ。中米はアメリカ人の保養地、というか、まるで植民地のようになっていますが、このままだと中国人の保養地になるんじゃないかかなあ、東南アジア。安倍ちゃん頑張ってくださいね! てか?
 何? お前またアジアを植民地にするつもりか? なんて、そんなことはないですが。

 もちろん僕にだって、『日本』を愛する心はありますとも。
 「身捨つるほどの祖国」ーー今の心境に、とてもシンクロする言葉ではあるんですが、でもねえ、日本はまた『祖国』を強制するように、道徳観を高めて行くのかもしれませんね。
 そうしたら、僕は「祖国」を捨てるオプションを持ちたいですね? タイ、いや沖縄かなあ? 
 いや、無国籍のクルーズ船に移住しましょうかね。
 クルーズ客船「祖国」とかね。ペイトリオッツよりいいでしょう。
 全財産を金に換えれば、5年くらいなら保つでしょう。そうクルーズ船が祖国になるのかも。

 それとも、ピースボートで一日1000円で働きましょうかねえ。それならもっと保つ!
 
 

 
 

 
 

海外移住願望? ありますよ。だからバンコク? それもいいけど。

  アメリカンスナイパーですが、アカデミー賞に関連して、いろいろ話題になっているようですね。
  というより、アメリカでは、候補になった7作のうち6作分の売上高を1作で上回っているとかで、すごい人気のようです。しかも評価はばらばら。
 共和党のマケインさんは「真のアメリカンヒーローを讃える映画だ」といったそうですし、またイランのハメイネ師は反イスラムの政治宣伝映画だとし、「非イスラム教徒の若者に、イスラム教徒を苦しめるよう煽っている」と反発している。
 当のクリントイースウッドは、「反戦映画だ」と言っている(いずれも産経新聞より)ようですが、まあ右派が評価し、やられる側が反発するんだから…。アメリカ人の発想からは乖離していない「反戦」なんでしょうね。営業右翼だとか営業左翼みたいな感覚の上を行っているよね、イーストウッドさん!

 昨日も書いたけど、僕には反戦映画にも国威発揚映画にも見えなかったですが、でも、マケイン氏のその後の言葉、「映画を観た人が、軍人に感謝の気持ちを持ってくれ」ればいい、というコメントが一番印象に残りました。
 つまり「銃後の守り」なり「兵隊さん、ありがとう」といった、軍をレスペクトする必要性がアメリカ社会の底流に流れているんだと思います。そうでもしないと、やりきれないんでは? 
 でもって、アメリカに生まれなくて良かった。最後の印象は変ですけどそんな感じですね。というよりやっぱりアメリカは病んでいるよ。この映画に対する反応の全てに共感できないもの。僕がもう変なのかねえ。

 なんてね。我が息子から、「ブログ読んでるけど、文章が長すぎるよ」と厳しいコメント。はいすみません。つまりはつまらない、ということでしょうね。反省です。

 というので、バンコク旅行の話。はいはい単に、ぼやっとしに行くんだったら、日本でそうしていればいいんじゃない? そうなんですけどね。えっつ? 移住願望?
 うん、それはあるんですよね。先週TBSの番組で、日本人が一番多く移住しているというマレーシアを特集し、ロングステイのご夫婦をインタビューしていましたけど、僕も以前、マレーシアもタイもロングステイにどうかなあ? なんて感じで見て回ったことがあったんですよ。病院にも行ったし、医療制度についてもちょっとチェックしたりね。
 でもって、行くならタイと思っていたわけです。何が良いかといえば、あののんびりしたホンワカ感がいいんですけどね。
 なんて思っていましたがね、今はちょっと違う。やっぱりマレーシアはイスラムなのに対してタイは仏教国であるのも大きいのかなあ?なんても思いますね。風俗や生活のリズムもかなり違いますよ。

 やっぱり、私は仏教国生まれ! イスラムやキリスト者ではない、なんてね。
 宗教なんて、意識したことなかったのにねえ。世界は進歩しているのか、退歩しているのか? 
 まあ移住するとしても、精々1ヵ月から3ヶ月だろうけどねえ。きっと飽きちゃうよ。
 TBSに出ていた人のように絵を描く趣味もなければ、ゴルフもやめちゃったからなあ。
 「明日はこんな生活をしたい」なんて、憧れつつも何もしない。別に「あすなろ」をしゃれているワケでもないですが、そんな風に年老いて行くんでしょうね。きっと。  
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
  • ミッドウェイから、また悲劇は始まった。なんてね。ええ改憲とはまったく関係ないんですけど。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ