最近ブログをやっていて、もうペンネームはやめて、実名発信に切り替えようかと、ふと思ったりします。
 一応、毎月のアクセス数の目標を決めているんですが、とりわけ政情不安が続いた今年に入ってからは、月半ばで達成どころか、2倍近くまで行った月もありました。多分今月も、というか、今月はちょっと遅いんですが、今日には達成する感じなんですけど…。
 まあ日記のつもりで書いているんで、これはこれでいいんですが、やっぱり伸びないことにちょっと不満を感じたりしてね。でもって、私の本名を明かすだけで、どれだけアクセスが伸びるもんか、やってみたくなったりもしています。別に人気商売でもないんだから、アクセスを伸ばしたところで、どうってことはないんですがね。
 僕が死んだ後、お孫ちゃんが読んでくれたら、望外の喜びだなんてね。というか5年後に読み直して、与太話ばかり書いてたけど、予言は当たっていたじゃない! なんて言われるのが一番の喜びみたいなもんですけどね。

 でもって、予言。5年後の未来ですがね。日本のクルーズ会社は、みんな止めちゃうか、どっかに売られていて、日本資本によるクルーズはない。なんて断言していいのかな? 大丈夫? はい。

 日本近海は、中国人に少しの日本人を乗せたアメリカ系船社のクルーズが支配して、日本の港湾はアメリカ船社への寄港を働きかけて、卑屈なまでの競争をしている、そんな感じですかね。
 なんて、これじゃあ予言でもなんでもなくて、今起きていることがまさにそうですよね。日本船社のクルーズってほとんど限られた人々向けの会員ツアーみたいなもんだもの。無いも一緒ですよ。むしろ少ない予算で無理に背伸びしてPRして、世間に働きかけて消耗して行くよりも、ネットなり限られたサークルを作ったり、マニアックな旅行会社のネットに働きかけて、しこしこやればいいんだと思いますけどね。だって日本船と外国の船社のクルーズって、海を旅するという共通性があるだけで、もう似て非なるものだと思いますよ。
 みんなで同じ旅行会社にお願いして、パンフ送付をしても、むしろ日本のクルーズ会社のリピーターさんを、外国船社に売り渡しているようなもんだからねえ。むしろ居直って、名簿を売るくらいの発想でいいと思うくらいですが…。はい、無理に世間に働き掛けても、空に空砲をうつようなもんだと。

 でもって中国ですが、本当にこのまんま成長軌道を続けて行けるのか? 日本人の心というか、抵抗勢力と戦って、日本の市場を飲み込んで行けるのか? きっと一度はかなりきついリセションがやってくると思いますけどね。あるいは再び反日運動かな?
 東シナ海に1000万人もクルーズ客が出てくる、そんな未来をアメリカ船社も中国政府も描いていますが、ほんとに一直線でそこまで行くんだろうか? バタバタと新生中国船社が倒れて、アメリカ船社も撤収して行く? 
 でもねえ、欧米船社は現在33隻も新造船を発注していますからね。もし中国市場で躓くとなると、タダじゃあ済まない。ここもリセッション?
 ああ、キューバがありますね。きっと大挙してキューバクルーズに大型船が投入されて、一時しのぎは出来るかもねえ。ええ、「急場しのぎに」!
 なんてね。アメリカとキューバの国交回復で、最大の利得を得るのは観光産業、それもクルーズ産業だと言われています。どどんとキューバに資本投下が行われるんでしょうね。
 まあ中国とキューバか? それでもアメリカ船社には、ニューフロンティアがあるんですねえ。その次はロシアかな? 日本市場なんて関係ないか、こりゃ。

 ああ、そうか! こんなこと書くんなら、実名ブログは無理ですね、こりゃあ。
 こんな下品でしかもクルーズ業界を皮肉るような文章は書けなくなるもんなあ。
 限られたメディアマーケットの中で、しこしこと。はい今週も頑張りますです。