客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

米中

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

ESTAの警告を貰っちゃった。なんてね。政府の皆さん、心を砕いてくれますね。まったく

   昨日メールを見ていたら、アメリカ政府から「ウォーニング」のメール! あらら、というんで覗いてみたら、なんのことはない。ESTA期限切れの警告でした。来月22日であなたのESTAの期限が切れますよ! でもって、ESTAは残存期間が1か月を切るとアメリカに入国出来ないので、もし近くアメリカに来る予定があるなら、すぐに更新してください! というわけです。

 まあねえ。私が来年またアメリカに行くことをどうして知ってるのだろうか? なんてことではなくて、自動的な期限切れの警告なんでしょうけど、アメリカ政府さんもいろいろ気を遣って、心を砕いて下さるんですね。
 なんて思いつつも、また14ドルだったかな? 払って登録するんかよ!とちょっと面倒な気分も。二人分ですからね、28ドルだぜ。でも入国がスムーズに済むんならまあいいか、暇だし。

 でもって、ネットでESTAのサイトを眺めてみたんですがね。相変わらず「日本語で手続きします」って怪しげな商売が横行しているんですね。
 公式サイト以外に、○○センターみたいなのがいくつもあって、手順に沿って、手続きを進めさせたうえで、最後に料金を見ると、14ドル+5600円とかって…。
 僕も前々回だったかな、騙されかけたですよ。しっかりサイトを読んで、公正な政府さんがおやりなっているサイトからね。騙されちゃいかんですよ。 

 だいたい米国政府のホームページだって日本語で手続きできるんですからね。簡単に。でもネットの一番先に出てこないものだから、でもって「日本語の…」に騙されちゃうんだろうねえ。
 こういうのも詐欺といえるんだろうけど。 取り締まれよ!というか、自己責任なんですかね。
 心配ですか? だったら、そんな詐欺に引っかからないように、僕がお手つだいしましょうか? 2000円くらいで代行しますよ。なんちゃってね。

 にしても日本政府の海外からの旅行客誘致というか、サービス合戦も緻密化して来ましたね。産経新聞さんのレポートですが、今度は空港からホテルまでのバッグ輸送や、荷物の預かりサービスだって。つまりトランクゴロゴロで買い物は大変でしょうから…、というわけで。
 確かに、昨日も銀座辺りを歩いたんですがね。トランクゴロゴロの家族連れ中国人で群れていましたからね。そんな実情を眺めて観光庁のお役人さんが、これは解決せねば! って思いついたんでしょうか?「手ぶら観光カウンター」だそうです。そんなの民間に任せとけばいいのにねえ。

 いやいや、ほんまに、真心込めたおもてなしの発想は、素晴らしいですね? このまま行くと2020のオリンピックの頃には、裸で来れば、あとば全部やります! なんて日本人総ポーターシステムでも、できちゃうんじゃないかなあ?
 いや土管に入れば東京に出て来れる!みたいなチューブでも造りかねないかな。お役人様の「おもてなし思想」ってね。民間はタジタジですよ。
 
 まあいいや。
 それにしても2020年には「世界三位のメダル」を目指して選手を強化するんだそうですね。オリンピック! 3位って、上の想定って、どこなんですかねえ? アメリカの一番は決まってるとして、仮想2番は中国?それともイギリスなんですか?
 今年は中国がイギリスに抜かれたようですし、ドイツも迫っている。なんで2020にはアメリカに次いで2番!と言わないんですかねえ。

 現実性がない? そんなことないでしょう。はい、せっせと移民を増やせばいいんじゃないでしょうかね。イギリスだけじゃなくて、欧州列強は、ほとんど移民というか帰化者が混じっていますからね。国境なんていまや関係ない。移民希望者はアラブやアフリカから殺到していますし。

 まずはアフリカから来てくれている長距離ランナーさんかな。日本企業に雇われているランナーは多いですから、かれらに日本国籍を与える。いや取得してもらう。民と官の共同事業ですよね。なんてね
 ああ、そうか? まずは2019年のラグビーワールドカップやねえ。フィジーやニュージーランドから高給でスカウトして来たらどうでしょうかね。これは民がやって、官が補強する。
 古代ギリシャやローマだって、剣闘士は移民だった! なんてちょっと書き過ぎですね。

 まあ、民族主義というか、国家という概念も随分変わっていますから。アメリカだって中国だって多民族国家だし。つまり民族と国家はイコールではない、わけで。
 オリンピックで世界3位? なんて大和民族(古いね、言い方が)だけで、達成しようなんて、ムリムリ! 多民族国家ジャパン!の形成と併せて実現しよう! くらい言いませんかね? 日本会議さん! 

 それがいやなら、世界3位! 日本民族は優秀なんです!なんて言わないことですよ。
 日本人の特性は、おもてなしの心ですから。はい、上から目線のオモテナシ! でね。

 それにしても、最近の産経さんは面白いですよ。
 「中国がジプチに軍事基地を造っている」と警戒感をあらわにした記事を書いてますが、日本自衛隊が基地を造ると「国際貢献!」で、中国がやると「欧米の世界秩序への挑戦」ですか? 
 嫌いなんですねえ、中国。やること、なすこと? 

中国は仮想敵国? クアンタムを張りつけるアメリカ船社。米中日の相互依存と相互反発?

  朝刊休みなのね。今日。
 もう新聞なんて止めようか? なんて時々考えるのですが、休刊日が来て初めて思う新聞への喪失感! というか、やっぱりネットだけでは、物足りない気分になりますね。というので、新聞止められない。今日は岩隈さんと、イチローさんの記事が読みたかったんですけどね。

 にしても今週はちょっといろいろありそうですね。株? いやいや安保法制にしろ、ギリシャにしろ、上海市場にしろ、ってやっぱ株なんじゃないないですか? はい。
 まあ中国バブルがいつ爆発するか、なんてずっと言われていたわけで、この小噴火で済めば、まだいいんじゃないでしょうかね。
 
 僕は、習近平政権はよくやっていると思いますね。応援するという意味じゃないですよ。中国バブル崩壊へのソナエという意味で、です。
 AIIBにしろ一帯一路だっけ、陸と海との欧州への交通路開拓にしろ、アフリカや南米への援助にしろ…。だって中国は国内にバブルマンションをたくさん作っってしまったみたいに。不良資産が山積みですよね。これらがみんな使われないまま、放置されている。つまり債権が償却されないまま放置されている。
 7.8年前に蘇州に行ったときに国道沿いに立ち並ぶ真新しいマンション群を見て、目を丸くしましたが、あんなのがみんな不良債権化しているとすると、って最初は考えたんですが、そうしたバブルの崩壊を座して待つより、中国の産業に仕事を回すことで、つまり海外に公共事業を展開するという考え方で、破綻回避を目指しているんじゃないですかねえ? 資本主義は「辺境がないと成長しない」論もありますからね。まさに新しい辺境の開拓に中国は乗り出している。

 いま中国経済が破綻したら、その影響はギリシャどころじゃなくて、世界の沈没に繋がる。だから欧州はみなAIIBに協力したわけですが、中国が7%の成長を果たそうとしたら、東・南シナ海や、中央アジアへの進出というのは絶好のアイデアだもんねえ。というか国内のコンクリート化が出来ないとすれば、近隣への進出。それに軍事産業でしょう。
 
 逆に、そんな中国の動きに上手く便乗して、中国の軍事的膨張論! をどんどん煽って、日本の軍事力増強への政策を実現しようとしているのが、安倍ちゃんじゃないの? 中国だってアメリカと正面から戦争する気なんてないもの。近隣との緊張って、煽りすぎだよ。
 日中韓の緊張って、中国や韓国が悪い!みたいに日本では思われているけど、仕掛け人は安倍ちゃんだよね。明治の産業遺産だって、安倍政権になって急に言い出したわけで、韓国の抵抗なんて当然予想されたわけでねえ。
 中国は、最近の東南アジアの反発もあって、南シナ海への投資は今は一段落させている。にもかかわらず、今度は旧聞に近い東シナ海の海底油田開発、みたいな話を持ち出して、緊張関係を無理に演出しているのが安倍政権であるように思えてなりません。
 まあ軍事的緊張というのは、日本の、そして中国の、いやアメリカの軍隊にとって都合の良い話であって、別に利害は対立しませんよ。

 不況になると「経済の軍事化」みたいな話が古典的に言われますが、いまやおおぴらに「軍事力増強」ですからね。産経新聞の雑誌「正論」はまともに『軍備強化を』なんて特集を組んでいるんですが、こんなことを正面きって言い出されても、そんなに大きな抵抗が生まれない、そんな時代になっちゃった。
 安保法制が見送られても、こんな雰囲気を作り出しただけで、安倍政権は成功なんじゃないですか?
 安倍ちゃんの岸ドクトリンへの回帰、つまり歴史をグニュっとたたんで、岸さんから直接安倍政権へとつなごうかと思うような発想の実現は、習政権の登場という意味で絶好のタイミングだったんじゃないですか?
 つまり「国家権力の復活」。為政者達の共通のテーマですね。
 でもって、欧州もEU型の共同体構想がつまずいて…。いやですねえ。
 ますます時代は戦前への回帰? 危ないよね。世論をコントロールしている、ぐらいに為政者は思ってるかもしれんけど、世論というのは、今に止まらなくなるかも? 

 というんで、今週はニュースウォッチですね。なんかクルーズの話に繋がりませんけど、すみません。
 中国からのクルーズ客は多分しばらくは止まりませんよ。爆買いは、そんなに持たないとおもうけど。
 クアンタムみたいな凄い新造船を目に前に連れて来てくれるアメリカ船社のことを悪く思う大衆なんていないでしょ。
 リピーターなしにでも、クルーズを育てられる。そんな市場が中国にはある。なんてね。
 
 
 
  

専守防衛のメイウェザーさんですか? いや積極的平和主義ですよね

 メイウェザーが勝ちだって? あんな防御オンリーのボクシングが勝っちゃう! そんな! 玄人が見るとそうなるんですかねえ。でもそうだとするとボクシングの採点方法が間違っているというか、ボクシング自体がスポーツとして限界を迎えているとしか思えませんね。殴り合うスピードの速さを競う競技なんだろうか?よく言ったとしても、アマチュアボクシングのちょっとすごい奴を見せられた感じかなあ?
 それにしてもリングサイドはプレミアムが付いて1500万円とか3000万円! だというんでしょ? なんだかなあ、あちら側の世界なんですね。正規料金でも150万円だというんだから。こんな「専守防衛」の試合を本当に観たがるんでしょうか? クリントイーストウッドだとか、アガシだとか一杯有名人がきていたけどねえ。
 昔のモハメッドアリ時代のヘビー級ボクシングの時代に比べて、ウェルター級であれだけ話題になるのは、世界チャンピョンタイトルのインフレ下で、インフレ状況を解消するとか、細切れにした階級を何階級も制覇した、みたいな話題を作って挑戦させる! そんな風にして英雄を作らないと、世界タイトルにならんからなんだろねえ。
 米ソ二大大国の殴り合いみたいな時代から、自分達でたくさんチャンピョンを作り出して話題づくりを進め群雄割拠状況をつくり、今度はその割拠状態を克服するチャンピョンを作り出すことで話題作り? 
 それにしても、そのチャンピョン・オブ・ザ・チャンピョンズの戦術が専守防衛、なんだからなあ! 金返せ! だよね。

 それにしても「専守防衛」ですか? えっつ? いや「積極的平和主義」です。何? いえ安倍ちゃんのことですがね、彼はメイウェザーより先に行っているつもりなんだろけど、今は「専守防衛」が最高の戦術なんだろうと思いますけどね。試合としては派手さはないし、負けているような気がしてくるのかな?
 まあオバマさんと安倍ちゃんのタイトルマッチも、事前の話題づくりに比べて、結局は茶番だったですよね。
 今回の訪米って、アメリカが作った世界体制というか、制度や仕組みの中で、経済以外脇役でしかなかった日本が、より役割分担を引き受けて行くという表明だったみたいですな。

 日本はこれから、中国の膨張主義に対して、「自主憲法」を制定しよう! という方向に向かって行くんでしょうが、でも、これから作る憲法って、本当に自主憲法なの? 
 つまりはアメリカの要請にしたがって、よりアメリカのパートナーとして純化して行けるように、憲法を書き換えるのと違いまっか? つまり「戦力を持たない」なんて憲法は、アメリカだって時代遅れと思っているわけで。
 そんなアメリカの意向を忖度して、自主的に、アメリカの国家戦略の枠内に入ってゆく! そんな感じですかね。つまり「占領軍の押し付け」から「自主的な選択で」ですよ。欧州の対米スタンスとはまったく違うし、これってアナクロニズムに他ならないでしょう、と思いますけどね。
 
 アメリカの制度への順応を図ることが戦後70年の歩みだったし、岸お爺ちゃんの本音でしたね。でもって、お孫ちゃんの言う「積極的平和主義」の意味するところも、結局はアメリカの足りない部分を補足する勢力へ。それですからね、きっと。戦後体制は何にも変わってないよ。

 大体東シナ海や南シナ海で米中が戦うかね? 日中は? まったく現実味がないよ。
 そんな政治的緊張や危機的状況があるんなら、アメリカのクルーズ船社が中国市場に、こんなに大挙してやって来るなんて、考えられませんけどね。貿易だって、どこも相手は中国との関係でしか動かない。
 「相互依存と相互反発」。東アジアの近未来は、米中のそんな国際関係で動いて行くんでしょ。もちろん、日本はアメリカの一部と書き換えてもいい。
 中国の脅威ばかりが強調される昨今って、まるでメイウェザーとパッキャオの試合が「世紀の戦い」とフレームアップされているのと、なんか同じ話なんじゃないか? なんて思いますよ。全て仕組まれたフィクションのようで…。でも、きっと日中はこれでしばらくなんてことないと思いますね。
 次は朝鮮半島かなあ? 朴さんは困ってるだろうねえ。北と握手? 北と紛争? なんかあるかもねえ。

 

  
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
  • ミッドウェイから、また悲劇は始まった。なんてね。ええ改憲とはまったく関係ないんですけど。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ