客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

高級船

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

キュナードよ。お前もか? ぼっーと生きています。はい。


キュナードの新造船でもやってみました。まあファンネルはQE2なんかの雰囲気そのままですがね。これがオーシャンライナーの未来形?ですか。
 でも写真の処理はうまくいかんわ。またあとでやり直してみますわ。師匠のアドバイスも空しく、IT弱者の筆者は、写真はあきらめの心境ですわ。ごめん。

 ですがね。それにしても勘弁して欲しいなあ! と思うのは、この船型ですね。
 アメリカファーストの時代、クルーズ船もなんだか、アメリカナイズされたデザインに統一されてゆくんですかね。
 この船、エリザベス女王の即位50周年を記念して22年に就航させるそうですが、エリザベス、メリー、ビクトリアに続く4隻目だそうで。それら3隻も伝統を感じさせるデザインというか?でもまだ良かったですよね。
 今度はなんていう名にするんですかね。4人目の女王。思いつくのはアンかな? でも伝説がないですね。
 それより、シャーロットなんかかわいい名前ですがね。あるいはダイアナ? 不敬罪で英国入国禁止になるかな?

 アホなこと書いてるんじゃない! ボーっとして生きてるんじゃないよ!ですか?すみません。

 そう言えばイギリスの女王様だけでなく、人の名前を冠したクルーズ客船って、キュナードの3姉妹以外あんまりないですね。覚えているのは、昔探検船仕様のマルコポーロなんて船がありましたけど、それだけヘリテージを感じさせる船に冠する人の名前って思いつかないのかな?

 ああ、ロシアにはあったな?
 マキシム・ゴーリキーとか。あのゴルバチョフとブッシュのマルタ会談が行われた、まあソ連の船でしたけどね。
 というより船名に人の名を付けるのはむしろ戦艦ですね。空母ロナルド・レーガンとかね。
 今に原子力空母ドナルド・トランプなんてのが出て来るんですかね。アメリカでは支持率40%台でしかないのにね。ですから配属は極東。となれば、DDHアベシンゾウでも造って、共同作戦行動にでも就役させないといかんですかね。
 
 日本の次のクルーズ船も「飛鳥3」ってことはなくて、多分飛鳥2から飛鳥への先祖返りするんかな? まさか大和とか武蔵はありえないだろうけど。なんかな、飛鳥はいい名前ですがね。それだと、3隻、4隻体制に行くぞ! みたいな決意も感じられないですね。クシュン。
 それよりにっぽん丸やぱしふぃっくびいなすは、後続船が出来ても同じ名前が引き継がれるんでしょうね。
 まあ4人目の女王の名前をどうるすんだろう?みたいな話になる英国のような、日本クルーズの成功に期待したいですね。
 ああそうか? 英国じゃなくてアメリカ資本が買ったから4隻にまで…。だったら思い切ってニッポンも? って、誰か日本のクルーズ市場に投資する人はいないんかなあ?

 今日は土曜日、こんな話でいかがですか? さて「チコちゃんに叱られる」の再放送でも観ますかね?

新しいCunard Ship

ヴァイキングの逆襲! でもほとんど売り切れみたい。全ベランダ付きだってよ

 昨日、AIDAプリマに上海まで乗りましょうか? なんて書いちゃいましたがね、大いに反省ですね。どうやらキャビンはなさそうですよ。外国では、そんな秋のクルーズでも売れ行きがよいのかもしれませんね。日本発なんてこんな僻地からのクルーズなのにね?

 何故そう思ったかですか? ええ本当なら今頃話題になっているはずのヴァイキング・オーシャン・クルーズですが、外国のメディアを見ていてもほとんどニュースが出てこないんで、ちょっと船会社のホームページを覗いてみたんですがね。どうやら第一船バイキング・スターは就航していて、ではブッキングと考えて、ええ考えただけですよ、チェックしてみたら、秋までほとんど空いてないし、一番安いステートルームは、全部ソルドアウトなんですね。まあ予想していたとはいえ、すざましいですね、欧米のクルーズパワーって。
 ええええ、この会社、僕が今度乗るバイキングリバークルーズのオーシャン版。で、リバークルーズの考え方を海洋にも持ち込んだみたいな考え方と聞いていましたし。
 はい、なんたってロイヤルバイキングの復活!がコンセプトですからね。いにしえのコンセプトに何を追加するか興味深いですよね。大きさは47890総トン、乗客定員930人というからクリスタルクルーズには適わないわけですが、ほとんど飛鳥2の大きさかな、ちょうどいいかもね。飛鳥Ⅲはこれと同型タイプの船をフィンカンチェリで造ればいいのにって、ふと思いました。もちろん三菱がダメだったときですよ。はい。
 でもって、なんたって全ステートルームがベランダ付き! もちろんワイン、ビールはフリー、ワイハイもフリー、ランドリーもフリーだったかな? チップはよくわからんけど、セカンドレストランもフリーかな? とかなりフリー度が高いですね。
 で、かれらがライバルとの差として指摘しているのは、寄港地での停泊時間を長く取って、行く先々で遊ばせよう、つまりリバークルーズのいいところを持ち込もうということですかね。平均停泊時間が12時間だそうで、現地でのツアーもウォーキングが多いように見えます。これも僕は一番提唱してきたことですから…。なんてね。

 料金はベニス発イスタンブール10日間、うんちょっと長めですね、で3599ドルから? ですが、すでにこのクラスは、ソルドアウトで、4049ドルから。まあ50万円近いけど、そんなもんですかね。しかも冬場も地中海辺りに配船するみたいですね。そういえば、この料金も飛鳥並みかな。
 この会社、さらに来年には、シー、スカイの2隻を追加して3隻体制に! ってそうなんですよ。オールドファンには懐かしいあのロイヤルバイキングの船名をどどんと復活させるんですよね。飛鳥もどうせなら3隻同時に建造すべき! って、うるさいねさっきから、飛鳥、飛鳥って。すみません。
 
 実は僕が、取材ですが、初めて外国のクルーズ船に乗ったのが、ロイヤル・バイキング・シーだったんですが、日本人客はみんなロイヤルバイキングに乗れることが誇らしげで、しかもクルーズ界の話を良く知っている人たちばかり、なんか入り込みずらかったのを覚えています。
 つまり、日本のクルーズの初めて物語は、まあ私だけだけじゃないと思うんですが、「選ばれしもの」だけしか乗せないぞ! みたいなスノビッシュというかセノビッシュ、ええ背伸びするような、という意味ですよなんてね、そんな雰囲気に包まれていました。
 そうなんですよ。私はこの船に乗るために、大枚10万円也をはたいて、タキシードやドレスシャツや、カマーベルトやって買ったんですから。って未だにタキシードはそれを着ていますが、ってもうほとんど着ないけどね。
 ヴァイキング・オーシャンのサイトでも、乗って欲しい乗客像は50代以上、海外旅行やクルーズの経験豊富なトラベラーとありますからね、最近のちゃらちゃらした大衆クルーズに物足りなさを感じている人々を想定してることがよくわかります。

 実はね、今回バイキングリバークルーズに乗ろうと思ったのも、そんな昔々の物語と記憶を呼び覚ませるかな?なんて気もあったんですよね。多分サービスの中身は違うでしょうけど、ちょっと大人の雰囲気をね、という感じですねん。
 でもねえ、ここでも計算違いですわ。一気に30隻もリバークルーズ船を建造し、KDというドイツ最大のリバークルーズ会社を買収し、って派手でしたからね。彼らは、一気に来ているから、最初は最低ランクの部屋予約でも、そのうちキャンセルが出てグレードアップできるだろう、なんて甘く考えていたんですがね。そのままフルブック状態ですわ。まあ窓が無いわけじゃないけどねえ。リバークルーズ乗客には、来年のオーシャンクルーズ割り引きます! なんてサービスも期待したんですがね。これも無理やろーな。
 クリスタルが売却されて、バイキングオーシャンの販売代理店も日本にはなさそうだし、日本市場はますます忘れられて行くんだろうかねえ。
 なんか落日のにっぽんクルーズ界、終わりの、いや衰退の始まりの日本を見ているような、2015年ですね。

 ps.その後チェックを続けたら、5月17日ベルゲンから処女航海をスタートさせるみたいですね。やっぱりバイキングだね。
 
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 釜山からリスボンへ、ユーラシア横断鉄道開通まで、もう少し?
  • 釜山からリスボンへ、ユーラシア横断鉄道開通まで、もう少し?
  • 釜山からリスボンへ、ユーラシア横断鉄道開通まで、もう少し?
  • 釜山からリスボンへ、ユーラシア横断鉄道開通まで、もう少し?
  • 北へ! 韓国ツアー(写真1)
  • 北へ! 韓国ツアー(写真1)
  • ポナンさんの画像(記事は前の書き込みで)
  • 災害は忘れる間もなくやってくる。防衛よりも防災! そっちを急ぎましょうよ。
  • ヴァージンボエッジの船内プログラムは、船上的?いや煽情的なものですね!
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ