客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

ライン川

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

むらむら湧き出す、欧州鉄道バックパックの旅への気分

 また写真が順不同ですね。 上と下の二枚は、バーゼルから鉄道で2駅目、徒歩3分くらいのところにあった、ホテルの内部です。上の写真がリビング。そしてリビングから階段を上がるとベッドルームが着いていて、見てください完璧なキッチンが備えられているんです。こんな部屋を使えるとなると、夕食だってバーゼルのコンビニでワインと、電子レンジで食べられるピザと野菜と果物を買ってね。ゆったりと過ごしましたよ。翌朝早かったですからね。コストセーブも考えなきゃならんしね。
 これで、約2万円。ちょっと高いかもしれませんが、いつもなら1万円前後で借りられますね。このときのバーゼルはとにかくホテルが高いうえ、ほとんど空いていませんでしたからね。でもって、旅行に出掛ける2日前にHOTEL.COMで予約したものです。
 でもって真ん中にあるのが、バーゼル駅の時刻表。時刻順に列車が並んでいます。スイス方面、ドイツ方面、ローカルトレインなんて入り乱れていますね。僕らは帰りもバーゼルからホテルのある駅に戻らなければいけませんからね。この時刻表のOFFENBURG行きに乗るんだということをメモルために撮ったわけです。

 でもって、なんでこんな写真を紹介したかと言えば、今度バーゼルに行ったことで、若いころからの夢、「欧州バックパッキングの旅、鉄道編」だって出来るじゃないかの気持ちがどどんと沸いてきちゃったんですね。
 この時刻表でもベルリン行きのICEの出発時刻が出ていますが、帰りに見たら、フランクフルトだの、チューリッヒだのと、夢躍る行き先がバタバタと。はいICEにここからも乗れるんですね。当たり前か。でもって若いバックパッカーや熟年の旅行者が多数乗り込もうとしている姿を見かけて、ムラムラと。
 カミングアウトしてしまいますがね、実はドイツの鉄道って、改札はないし、検札はないし、で無賃乗車は簡単なんですね。僕らも行きは四苦八苦して、そばにいたおじさんに助けてもらって、3ユーロを自動販売機に突っ込んで買いましたが、帰りは何処行きを買ったらいいのか分からなくて、ええい。検札が来たら払えばいいわ! というんで無賃乗車。キセルじゃないですよ。初めから払っていない。
 でもICEのチケットはちゃんと販売センターがあるんで、旅程を組み立てて。そうブレーメンとかフランクフルト、ミュンヘン、そしてベルリンへと行ってみたくなりましたね。
 いや、バーゼルからなら、フランス、南フランスのプロバンスへ抜ける事だって出来るし、イタリアにも行けるんじゃない? フランクフルト経由とかで…。
 夢は広がりましたね。もう年齢的には限界だけど、IPODがあれば、その日のホテル予約だって可能だし、ドイツの田舎町に、こんな写真のような気持ちのよいホテルがあるんだったら、ちょっと冒険。そうプチアドベンチャーもいいかなあ? の気になりましたですね。
 時間はあります。まあ実現するかどうかわかりませんが、趣味の嗜好をちょいと変えて、内陸鉄道旅行をね。
 パックツアー>組み立て型ツアー>クルーズツアー>バックパッカー? 果たして旅の自由度やリスクのランク付けはどなるのか、やってみなけりゃわかりませんが、なんかなあ。まずはフランスの田舎からかな? 
 フランス語やんなきゃ。
 でもって、ラインクルーズ編は、今回で一応! ですかね。ご精読ありがとうございました。

。 image
IMG_2631image

旅は船であり、同時に港であるーー開高健が言うと、そうだそうだですね。

 写真操作にも大分慣れてきたわい! と思うでしょ?でもそうじゃなくて、これ掲載順序が逆なんですよね。
 訪ねた順番とは逆にアップしてしまった。お許し下さい。
 最初の写真が、最後に訪れた黒い森のみやげ物屋のはと時計。クックルクロックみたいな、いい方かな?
 あとは、ハイデルベルグ、ストラスブールの町並みで、最後のはライン川の島に突然現れた出城ですね。なんだか、ここで通行税を徴収したとか、しないとか。

 つまり写真を見てもどこでどんな町だったのか忘れそうです。でもとにかく美しい町ばかりでしたね。ストラスブールはこれも閘門なんですよね。船を入れて水面を合わせてから船を通らせる。観光船ですけど。ってこんなとこばかり見ている! わけじゃないんですが、他の写真には相方さんを入れ込んじゃってたり、外人がばっちりだったりで。ちょっと掲載を自重しているというわけですけど。

 でも実は、こんな風にドイツの田舎町を巡っていて思い出したのは「サンダース軍曹」なんですよ。ええあの「コンバット」です。彼ら米軍小隊は、ドイツではなくてフランスの田舎町をドイツ兵を打ち破りながら、ドイツ、つまりライン川を目指して進軍してくるわけですが、もちろん白黒映画ですわね。あの舞台がカラー化されると、てな感じでね。
 やっぱり70周年なんすかね、船内のテレビでもホテルのテレビでも大戦の映像を良く見ましたね。コンバットも映像史を振り返るみたいな番組で取り上げていました。英語だったからアメリカかイギリスの番組かな? なかで日本のゼロ戦がしっかりレポされていて、日本人もインタビューされていました。さかんにミツビシ、ミツビシと言っていましたが、ゼロ戦もミツビシだったんですね。
 そして、僕は石の橋を見るたびに、ドイツ軍の急降下爆撃機ユンカースが橋を爆撃するドキュメント映像を思い出しましたね。昔は軍国少年? ほどでもないけど。
 でも、それもラインではないのかな? いや連合軍の進攻を阻止するために、ドイツ国内の橋も爆撃したかもしれないですね。

 とにかく、やっぱりドイツもラインも戦場だったんですね。「船上から戦場を見る」なんて馬鹿なしゃれは止めときますが、ケルンの大聖堂やマルクスブルグの城は戦争で焼け残ったから、観光名所になっている。「これはアメリカ人の戦争のときの配慮だ」、みたいなことをガイドさんが言っていましたが、地上戦では様々な破壊も行われ、今ようやく美しく立派に再建された。これがライン川クルーズのテーマかも知れんですね。
 
 今度の旅には開高健の古い文庫本を持っていったんですが、その終章のほうに「旅は船であり、同時に港である」とあります。ちょうどパリからジュネーブ、ルーマニア辺りを歩いたときの印象が突然、こんな言葉で出てきます。別に、彼は船旅はしていないんだけどね。 でもそうですよ。ライン川のクルーズってそんな感じだよね。

 ギリシャ問題も、イスラムも移民問題も、異邦人からみれば、なんか問題あるの? だけど、船の上もサービス要員は異民族。町に出ればムスリムや東欧からの労働者もたくさん。
 「人間は理念で問題を解決できる!」と信じたいですね。 ってだれの言葉? いえいえ、私がほそぼそといい放っているだけですけどね。


IMG_2619
IMG_2539IMG_2585IMG_2525

ライン川でも閘門通過! 一大スペクタクル! なんてことはなく、淡々と

 「あなたたち、夕べのロック通過見た? 2時半ごろだったわよ」とアメリカさんに聞かれて、目を白黒。実はびっくり。確かに英語のアナウンスで、ロックを通ると言っていたんですがね。イメージに残らんですからね、英語だと。というので、酒飲んで歓談したあとは、ぐっすり! こんなことが2回もあった後、バーゼルに向かう最後の日。真昼間にこの写真! キャビンで寝転んでいる間に突然に、でした。

 はい。本日は、サンディスペシャル! って、いつもなら休日なんですけど、時差ぼけもあって暇ですからね。
 viking karaの船としての映像を少し。本当に取材みたいな感覚で写真撮ってないので、ブリッジの仕組みとか、排気方法なんかをレポートできないのは、申し訳ないですけど。
 やっぱり玄人さんむけのブログをやる以上、そのくらいは映像で取っておくべきでしたね。と反省しきりです。
 でもって、予想外だったのが、この最初の写真。そうなんですよ、これ閘門、つまりロックの中にいるkaraなんですね。ライン川の仕組みをもっと知っておくべきでした。突然部屋が真っ暗になって、驚いて出ていったんですわ。
 ラインを遡るのに、3回こうした閘門を通過します。でもって写真撮るぞと、構えていれば、当然アッパーデッキ(写真2)に出て、という感じなんですが、この時は3階のベランダ(写真3)に出て撮るだけで手抜き。って、単に怠けただけですけど。
  まあ本当にコンパクトに出来ていますよ、この船。ブリッジも面白いですが、屋上にもいろんな施設があって、これ(2)は後部デッキですね。この船は2階にも3階にも乗下船口があって、バンクの状況によって、出入り口を変えるんですが、この写真3は3階のレセプションです。
 ああああ、舟しゅうさん。この船確かに2,3階を移動するリフトはありますが、荷物の移動に使うくらいで、足の悪い方も、車椅子派はいなかったし、みな階段使ってましたね。つまり元気です。
 ただですね。パブリックスペースを極力広く使いたいのか、ランドリーがないうえ、共用のトイレがありません。はい、もよおしたら、自分のキャビンまで戻るわけです。ちょっと不便だったですね。不便、ってギャグじゃないですよ。はい。
 いやあ、閘門体験がこんなにナマナマしく出来ちゃうと、パナマ運河クルーズなんて要らなかったかなあ、なんてね。ちょっと口に出して読めないような文章ですね。本日は。
 ところで、これらの写真はiPODから。はい相方さん撮影です。もう一眼レフはいらんよなあ。重いだけで。


image
imageimage

オプションは、マジノ線跡地だってよ。選んで置くんだった!

ごめん!今日がストラスブールでした。もう何が何だかわからなくなって。って昨夜飲みすぎただけですけどね。
 昨日はハイデルベルグ。ええええ、大学の町ですが、韓国人の団体さんに遭遇して、うるさかったなあ。
でもって、念願だった「街中散策、ソーセージとビールの旅」を達成しました。美味かったよ!
 で、夜はドイツナイト。静かにしているつもりだったんですが、ツイストコンクールに引きづり出されて、賞品にシャンパンをゲット!すっかり嵌ってしまったのでした。
うん、船内放送のテレビにも出ているみたいで、有名人ですよ。なんだか一組だけやってきた、日本人? 物好きだねえ、という感じですね。
  でもって、ドイツの話ですが、どこの町のツアーでも、必ず第二次大戦の話から説き起こされて、ヒットラーを批判して、我がドイツは、もうあんな馬鹿なことはしない、みたいな話で締めくくられます。
安倍ちゃんみたいな話を持ちだして、日本だけが悪い訳じゃない!なんて言ったら、総スカンだよ。
やっぱり安倍ちゃんは、アナクロ、勘違い政権だよなあ!
でもこれだけ国境がクロスしていると、この辺を中途半端にしておくと、持たないわな!なんせ左に見えますのがドイツですが、右に見えるのはフランスです!!だもん。感覚がまったくちがうよ。日本から修学旅行煮出すべきだよ、この辺にね。
でもって、本日のオプショナルツアーは、第二次大戦の記念館と、マジノ線の跡地見学だというんですから。僕はそんな旅があるとは知らんかったから、ストラスブール散策を選んじゃった。ここでも失敗!の巻だなあ。
  まあいいや、天気あくまでも晴朗。あと実質二日ですが、気のいいアメリカ様と、きちんとしたドイツ君やエレガントな?フランス人に会ってきます。フランスの田舎ってどんな町かな?また戦争の話をしますかね、ガイドさんは? 

リバークルーズって、安全じゃないんですか? いや安全です! を英訳せよってか? 

  なんですかねえ。これからリバークルーズに行こうというのに、門出に水をさす、どころかぶっ掛ける! ん、ですかね。
  ええええ、長江クルーズ船が竜巻で沈没ですって?
 リバークルーズって、別に確たる理由があったわけじゃないんですが、絶対安全な乗り物だと思っていたんですよ。別にタイタニックじゃないけど、氷山にふれたり、パーフェクトストームみたいな荒天だったら船を出さないだろうし。陸も近いし、とね。

 竜巻は確かに、相当キツイかったのかとも思いますが、船長さんがしっかり操船すれば、まさかねえ…。でもって、その船長さんと機関長さんだけが逃げちゃったなんて。まあ夜ですから乗客は寝ていたんでしょうし、避難命令など出す前に、一気に沈没? まああんまり情報が無い中で、いろんなことを書くのは止めた方がいいでしょうけど、それにしてもねえ。
 良く分からんけど、この4階建ての客室を持つ「東方之星」号は、なんか復元性が良くなさそうですね。韓国のセウル号も改装によって復元性が損なわれていたことに、操船ミスが重なった感じですが、イースタンスター号? だっけ。この船も復元性を上回る自然の力が働いた? って、当たり前か。
 確かに、例えばカリブ海専用で建造された過去の船って、喫水が浅くて、つまり復元性が悪くて、日本や東アジアなどの荒い海では使えない、ないし、ものすごく揺れるなんて話を、昔聞いたことがありますが、まあ乗るほうはそこまでチェックできませんからね。自己責任? というかこの辺りは船会社の責任だよね。相手を信用するよりない。
 長江はバイキングリバークルーズを含めて外国の客船がたくさん走っていますし、日本人もたくさん出かけていますね。僕も何十番目かの選択肢には、って、多分行かないだろうけど。ますます中国の船会社というだけで敬遠するんだろうなあ。
 まあいいや。こんな事故があってもめげません。大体ライン川なんてテロでもないと問題ないでしょう。夜はほとんどバンクにいて走りませんからね。なんかあったら川に飛び込みますよ! はい。
 えっ? 鉄砲で狙われたら?って。 テロですか? それはその時ですね。なんてね。

 でもってリバークルーズの最大の問題点はディナーなんですよね。雑誌「クルーズ」に、かつて、このシリーズ船には2人用のテーブルもあると書いてあったんで、大丈夫だろうなんて考えていたんですがね、旅行会社に聞いたら「ありませんよ。テーブルは外国人と一緒です」なんて、にべも無い。
 でもって、探したんですよ。英会話の本。で、見つけたのが「リアルな日常表現2900 英会話フレーズブック」(多岐川恵理 明日香出版社)、基本的に本は買わないことに決めていたんですが、この本は買っちゃって、今は暇さえあれば…、という感じでめくっています。これ面白いですよ。
 I'm addicted to coffee (コーヒー中毒なんだよ)
  I'm  chocoholiic. (チョコレートに目がないんです)
 Can I have extra lettuce? (レタスをもう少しもらえます?)
 I started to need reading glasses. (もう老眼鏡がいるんだよ)
 Do you have a table for two? (2人掛けのテーブルはありますか?)
 なんて、感じで、実用的ですね。
 でも、英語って嫌だよなあ。旅に行く前から
  I'm exhausted.(もうへとへとや) ですわ。
 
  

自己責任で行ってきます。これからは何でも申告制で進めないといけないのかな?

  せっかくアクセスが伸びているにも拘わらず、今週真ん中から、しばらく休止しなければならなく…。って、はいロンドン経由アムステルダム&バーゼルにね、出かけようと思っていますんで。

 でもって最初は、結婚式への出席ですので、この欄にも、よた話を飛ばすことはできないというか、飛ばしても意味ないと思いますんで…。
 ライン川クルーズ中はできれば、と思っているんですが。でもって、写真もどどんと送りたいと考えているんですけど、どんな風に送ればいいのか、今日ゆっくりと研究しましょうかね。キャノン。リタイア記念に、まずD60を買ったのはいいですが、どうも画像の質を見ても、相方さんのIPADの方が扱いやすそうで、画面も大きいし、カメラの時代 は終わりが来るのかな、なんて思っていますね。

 それにしてもフジフィルムの転進は見事だったですね。もうフィルム会社、というか、フィルムって何? という世代だって出てきそうな中で、化粧品というか化学薬品メーカーに脱皮しつつある。
 これからを考えると、キャノンとかニコンって、きついんじゃないですかねえ。
 大体コンピューターのプリンターですがね。この商売はひどいよね。プリンター本体は1万円もしないのに、インクは4000円! とかで、ひと月も持たなかったりしてね。というので、純正でなくて、非純正のインクを使ってたんですがね、これインクは残っているのに、プリントできなくなって、ナンダローなんですよ。
 これだって安くないし、ちゃんとヤマダ電機で買っているのにねえ。確かに「キャノン製を使わなかったときの保証はしません」どころか「故障のリスクがあります」みたいな、文章は忘れちゃったけど、しっかり脅かされています。非純正を使うんなら、あんたの自己責任よ、とね。
 
 ええええ、話をリスクというか、自己責任に持って行きたかったんですがね。
 今日口永良部島の避難民がテレビで、「何か起きても、自治体の責任は問わないから、家に帰らせて欲しい。一筆入れてもいい」なんて叫んでいたけど、なんか変ですねえ。
 一斉、全島避難! までは良くても、その先どうさせるかは、自己責任でいいと思うんですがね。「危ないから」とか、「救援体制が取れない」とかっていう理由から、帰島を認めないんですかね。自治体や政府が?
 多分、テレビで、あそこまで言い、放送もするんだから、一応「住民の意見」に押されてって、おずおずと帰島調査から、みたいな感じで、住民を戻すんだろうけど。自治体のお役人さんの老婆心、というのか、事なかれ主義というか。
 まあ公共の統制に従わないのは…、なんていうのは、一種の論理の倒錯が起きているような気もしますね。
 自己責任ですよ。
 キャノンの非純正品を使った私の自己責任はあえて、負いますとも。でもねえ、普通に店頭に並べて売っているヤマダ電機の責任はどうなの? なんて言い出すんだよね。消費者はね。ははは! 
 でもねえ、こんなセコイ商売をしていると、キャノンさんの未来はきついんじゃないかなあ? 一眼レフを持っている外国人なんてほとんど見ませんし。なんてね。

 いやそれ以上に、東芝はひどいねえ。あの不正経理が表面化する直前に業績と配当計画を公表してしていたんですから、はいはい、これを見て買っちゃった人がいるんですよね。東芝株を! はい我が家もです。
 これって詐欺じゃないの? ええ? これも自己責任? 冗談じゃないよ。これは落とし前をつけて貰わなきゃ。自己責任じゃないよ。他己責任!なんて言葉はないけど。

 日本の自衛隊も志願兵ですからね。アラブに行って殺されても自己責任なのかなあ? いや英霊!ですか。
 後藤さんは自己責任! 自衛隊員さんは英霊! 国や公共が命じたか、私的な動機によるのか、分岐点はそこなんですかね。
 イスラムとの関係を、おかしくしちゃった政治的な責任はどうなの? というか…。 
 集団的自衛権なんて、リスクもありませんよ! なんて言いながら、とにかく国会を通すことだけを追求する! でもって戦場に出かけて行くのは? これから自衛隊への志願者って出てくるんかな? あるいは今の自衛隊員さんも逃げ出さないのだろうかねえ? そんなら徴兵さ…、ですか?
  
 まあ、欧州の懐であるラインの船上、戦場じゃないよね、に出かけてゆく。テロや事故のリスクが全くないわけではない! はいはい、もちろん自己責任で行ってきますよ。
 これからは何をするんでも、自己責任かどうか申告してから、ってなるのかなあ!
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
  • ミッドウェイから、また悲劇は始まった。なんてね。ええ改憲とはまったく関係ないんですけど。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ