客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

マルクス

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

NCLトップの年収は2263万ドルだって! 所得格差は、経営者がまず受け取るところから始まる! んですよね。

    消費税延期? まあ誰もが、アベッチのお小姓と見込む荻生田さんが発言したというので、一般メディアもワイドショーもこぞって取り上げましたがね。
 まあフェイクというより、アドバルーン? って最近アドバルーンって見ないけどね。このあいだ上海に行った時は、3つくらい上がっていて、昔懐かしでしたね。って話がそれた。

 最近のアベサンの手法は、こうして世論をサウンディング? その動向を見て新政策に踏み切る? というより、今「アベ政権は、消費税引き上げに迷っていますよ」と示すことで、何故上げるのか、もう一度、メディアに語らせて、国民に忖度させようとしているんかな?

 まあ、荻生田さんの意図は、この先いろいろありますよという、ちょぴり不安定な感じを作り出す?
 というか、この発言で、不良大臣一掃の話の余波もまさに一掃しちゃったし、北方領土返還問題も、拉致被害者を取り戻せ論もモヤモヤと後継化させて、「改元解散」へですかね。
 さらに、経済の不安感が広がる中での参院選での疵をなるべく抑えましょう…。かな?

 したたかですね。一方で、野党さん、とりわけ旧民主党系の皆さんは、「消費税引き上げ延期」なんて言われても、どうする、どうする? つまり財政再建はどうするの? なんてピントの外れた反応ですからね。この国は末期症状ですよ。

 小沢さんと袂を分かったように見える山本太郎の「消費税5%への引き下げ」ぐらい、どうして一緒に、言えないのかなあ?
 福祉の財源? いやイージスアショアだって、辺野古だって、F35だって、いらんでしょ。というよりこちらは財源問題で対決するより、軍事力強化反対!で、いいんだと思いますけどね。

 まあいいわ。土曜になるとどうもいけませんね。焦燥感ばかりが高じて来る。とっいっても、まああと10年くらいで死ぬからいいや、くらいの焦燥感ですけどね。

 なんて、ちょいと気分を落ち着けるために、クルーズ・インダストリー・ニュースから話題をひとつ。
 僕もかねてから気になっていた話なんですがね。クルーズ会社のトップの皆さまの年収ですね。一昨日あたりから、CINさんが報じています。
 ノルウェージャン・クルーズ・ライン(NCL)のフランク・デルレオさんの去年、つまり2018年の年収が2263万ドルですって、記録的な年収みたいですね。でもってRCIのリチャード・フェインさんは1240万ドル。フェインさんは17年の1642万ドルよりも減収になっているようですね。

 110円を掛けると、デルレオさんで25億円くらいか? まあメジャーリーグの一流選手と同じくらいの水準? こうしてみるとゴーンさんが、日産からかすめ取ろうした金額も「なるほどな」の水準に思えてきますね。にしてもねえ。

 こういうクルーズ会社の船上で働くクルーたちのサラリーって、月額600ドルプラスチップぐらい。って、ちょっと昔に聴いた話なんで、今は違っているかも知れんけどね。まあ食事は支給されますが、クルーだと休暇中の賃金は出なかったり…。
 まあ、でもチップは、月額1500ドルにはなるなんて言っていましたからね…。

 そう、欧米では依然として、階級社会が残っていて、労働者、とりわけ外国人労働者は、ボロボロ貧困状態から抜け出せない? なんて。カールマルクスの時代もかくやな状況を証明しているんである! 立て飢えたるものよ!かな。

 まあ土曜日だからといって、そこまで書くつもりもないけどね。
 でもねえ、メディア、野党も「消費税引き上げ延期」と一政治家君が言っただけで、「財政は大丈夫か?」なんて、話にするってちょっとずれてませんかねえ?
 アベッチの対抗馬として荻生田―山本新党でも造らせて、少なくとも消費税引き上げ阻止!でも後押ししろよね。

 そんな風でないと、アベサンの次も小アベサンですよ。
 えっつ、荻生田さんはまさに小アベサンか?
 世も末や。
 
 
 
 
 
 

大手重工のベアは1500円ですか?カーニバルのドナルドさんの年俸は1350万ドルだってさ。

 昨日付けとは関係ないんでしょうけど、日本郵船さんが、大型バルクキャリア50隻を対象に中国の複数の造船所との間で、包括的な修繕契約を結んだようですね。海事プレスさんが伝えています。

 でもって、契約には、「バラスト水処理装置(BWMS)とSOXスクラバーの既存船への搭載(レトロフィット)工事も含まれる」のだそうです。バルク先行! まあショウガナイでしょうけどね。この種の工事で修繕造船所が忙しくなる前に手を打ったということですかね。
 
 それより、中国の造船所を起用するというニュースに時代を感じます。
 まあ客船は飛鳥1隻だし、大きさもドックに入らないなんてこともないから、必要になれば…。なんでしょうけど。
 飛鳥さんもにっぽん丸も日本国籍船ですからね、さすがに海外で修理するという話は伝わってこない!から。

 にしてもどうするんだろ。やっぱりスクラバーを付けるんかな? 飛鳥Ⅱも改造の上、しばらく使うそうですから、その時に手を入れるんかな?
 どうでもいいですけど、客船の窓から覗く、造船所の姿というのも興味深いものがありますね。最近は「船舶修理」については、あんまり問題になっているなんて話は聞きませんが、例えば「三菱重工の横浜が止めた!」 なんて、なったらどうするんだろうねえ。

 まあ、バルクキャリアみたいなコンベンショナルな船の修繕は、メインサプライヤー(修繕みたいなサービス業でもそういうのかな)が中国に移ってゆく? 韓国に修繕ヤードはありませんからね。
 なんかなあ、国策で、東京湾に修繕ヤードを残して行く! 補助金を出しても…。なんて話になってゆくのかもしれんですね? 
 ああそうか、艦艇があるからいくつかの拠点修繕ヤードは残して行くんでしょうけどね。

 なんてこんな話書くつもりじゃなくて、今日は、今はなき「春闘」、ってまだあるけど。
 昔、金属労協、いまは基幹労連への回答が出て、総合重工業へのベア、今は賃金改善というのかなは、1500円!だって。

 まあベアなしが当たり前だった数年前とか、JRの組合がスト権を確立した途端、組合からの脱退者が相次いだ昨年のエピソードなんかを見てきた身としては、まあこれでも、いいんじゃない?くらいの感じしかないですが。

 かつて、春闘と言えば、公労協がゼネストまで打つの?なんて感じで。しかもしょっちゅう通勤電車が止まった時代を経験した身としては、これで本当にいいのかな?ですけどね。
 黄色いジャケットを纏って、土曜日ごとに街頭へ出て行くとか、EU離脱の混乱に抗議して、ロンドン―パリ間のユーロスターを半分止めちゃうなんて、日本ではもうあり得ない?
 労働組合よ! そして労働者よ! いずこへ? なんて、まあいいか?

 今日付けのクルーズ海外メディアは、カーニバルクルーズのアーノルド・ドナルドCEOの去年の年俸が1350万ドルだったって…。
 この人どんな履歴の人か知らんけど、別にカーニバル宗家、つまりアリソンファミリーとつながりがあるとも思えない。多分サラリーマン上がりでしょう。でもって年俸15億円? ですか

 まあゴーンさんほどでもないけど、たかが、クルーズ会社の会長さんがねえ。
 途上国のクルーを低賃金で集めて。しかも現場の仕事が半端じゃないのも知っていますんでーー。 
 いい加減にしろよ!ドナルド。怒鳴るど!ーーって今日はこれが書きたかっただけですけどね。

 あああ。ネタがないよね。このところのクルーズ界。そろそろ動かないかな? 新造船。
 大修繕、大改造でもいいけどね。 

錦織君4強! でもフランスの国鉄労働者も頑張っちゃてるからなあ。

   凄いですね。我が同胞。
 錦織君が、ランキング3位のチリッチを下してベスト4に上り詰めたようです。
 このあと伸び盛りのズベレフ君と当たるので、決勝に出られるかどうかわかりませんが、待ちに待った復調!ですよ。

 大谷特急が停まっちゃって、国粋主義者たる僕としてはちょいとグルーミーな日々がやって来ていたんですが、ここで錦織4強! でもって全仏へ期待が…。って、やめましょうね。まだ、そこまで復活しているとは、なあ?
 
 はいモンテカルロオープンです。モンテカルロってどこだっけ?
 ああ、モナコの首都?というか。イコール「国」みたいな大きさだったね。でもって、グレースケリーの嫁ぎ先。レニエ大公も試合見物には来られていたみたいですね。

 WTP1000点の大会だから、勝てば20位くらいに入ってくるでしょう。でも、ドイツのズべレフ君には、こないだコテンパンにやられましたからね。
 ドイツを倒せ! じゃなくて、ここは素直に錦織君の復活を喜びましょうね。

 でも、モナコですか? こちらもあと2週間とちょっとで、フランスへの旅立ちですからね。
 GAORAの映像に出て来る地中海のキラキラした美しい海を眺めて、気分は大いに盛り上がっているんですよ。実はね。
 大谷君がチャレンジしているアメリカ国もいい雰囲気ですが、別に憧れの国でも、世界最強国でもないんだぞ! テニスじゃあんまりいい選手は出来ないじゃなん、なんてね。

 でもねえ。実は昨日の午後見たNHKのワールドニュース! このニュースで気分は落ち込んでいたんですよ。
 はい、パリの国鉄労働者の争議の映像ですが、なんとシャンゼリゼを封鎖して、街頭闘争? みたいな光景で、なんかなあ!ですね。 
 これじゃあ、パリ行きは無理? なんだろか、と心は沈む一方というわけで。
 
 まあイギリスの旅行会社リビエラ・トラベルというんですが、そこからのアナウンスも来ないんで、今は「まあこのまま、このまま」な気分ではいるんですが。って、この会社、出発2,3週間前には詳しいアイテナリーを送ると言っていたんですが。まだ「2週間前」までは時間があるし…。かな?

 でどうするの、あんた? ええ相方さんとは、とにかくロンドンまで行っちゃおうよ、とね。
 全日空のロンドン便の往復は取れていますからね。飛行機には乗ります! 
 そのあとマルセイユ? リヨン? だめならそれこそモンテカルロにでも行きますよ! ここってフランスじゃないでしょ?
 鉄道は走るの? そうか。

 ならドイツやベルギーかスイスにでも足を伸ばすか? どうやって? そっちも鉄道でしょ!
 ウーン、なんとかなるさ。ね。
 そういえば、I.Tさんがドイツの情報として、トリーア市観光局が、カールマルクスの肖像をデザインした0ユーロのお札を3ユーロで発売したら人気がでちゃって、大増刷する、とのニュースを流されていましたね。

 マルクスは1818年にこの町で生まれたんですが、5月5日が誕生日なのかな?つまり生誕200年ですわね。
 もしフランスが混乱していたら、トーリアとかに出かけて、この札を買って、そのあと、マルクスさんが活動したロンドンでも訪れて…。でもいいかな?

 でもマルクスさんは、なんて言うだろうか? お札のデザインの紙を刷るだけで、ただの紙が400円の価値を生むなんて! いやそのうちプレミアムがついて、30ユーロぐらいにはなっちゃうかな?
 お土産に何枚か買ってくるかなあ
 それって、剰余価値? いや贈与価値だよ、なんてね。

 まあいいか。でも、私ら本当はドイツじゃなくてフランスに行きたいだけなんだよね。
 フランス国鉄労働者よ! しばらく「団結」はやめましょうか? ね。 

 

ジョンって、叙音で、いいかな? 涙ぐましい努力が始まりました。

あの時、何故素直に舟しゅうさんのアドバイスを受けて、旅行保険をかけて置かなかったのだろう。と大いに反省しています。航海、いや後悔先に立たず!  ネットでBAの保証をチェック、クレジットカードの方にも行ってみて、今更ながらの、保証の少なさと、面倒くささに失望しています。あーあ。
   被害全額保証は無理やねえ。せっかくゴールドカードや、セゾンカード持ってるのに、全部から保証取れるかなあ、帰ってからの仕事ができました。

というわけで、昨日はケルンの街中に繰り出して、デパートへ。ベルトやサンダル、シャツなんかを買ったし、相方さんも、 靴とかね。でもねえ、なかな買えないもんですよ。ズボンにトライしたんだけど、ウエストに合わせても、長さの方は、松の廊下の感じで。はい長過ぎて。で、カットを頼もうにも、そんな雰囲気はなくて諦めました。それにスーツケースも、トラウマなのかな、手が出ず。航海、いや後悔先に、ですわ。
 でもって、航海のほうですが、バンクに続く景色は、ヨーロッパのふところに懐かれて行く気がして、感動に震えています。ということで、今朝足がつりましたけどね。関係ないか。
でもねえ、このクルーズ、乗客が大体、わたしらとほとんどおんなじくらいの人ばかりで、子供はおろか超高齢者もいない。なんか不思議な落ち着きを感じます。
でもって英語力不足!を補うための得意技! 同席した方の名前の和訳と言うか漢字変換をしてあげました。でもねえ、初めから、ジョン?って難しいですよ。結局「叙音 」なんてので、ごまかしましたけど、なんか良いのある?
   今日は、マルクスブルクのお城とローレライ。そしてリューデスハイム。つまりこの旅のハイライトです?  マルクスに感動か!いえ違います!って、なんだろね。早速、買ったサンダルにするか、靴で行くか迷っています。はい。 
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • ギリシャのカボタージュを調べてみました。外国船上でも税金がかかるんですね。
  • ギリシャに中国を見た。看板が中国語って、何故?
  • ギリシャ船主の結末に、我が日本船社のそれを見る?
  • MSCが、2000円で横浜~上海クルーズだって。いや、980円というのも出たぜ!なんだかすごいことになって来たですね。
  • 船上にカップヌードル! 日本風味はこうして守られた?
  • GSAが変わった? クリスタルの日本での総代理店から郵船が下りたんだって。
  • 旅の終わりは東横イン羽田でした。
  • 今日は岡留さんの訃報に思うことを書きたかったんですがね。PBは本当のことを言って下さいね!
  • 2019年1月が終わる。大過なくね。「平成クルーズ時代」も幕を引きつつある?
読者登録
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ