客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

マルクス

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

錦織君4強! でもフランスの国鉄労働者も頑張っちゃてるからなあ。

   凄いですね。我が同胞。
 錦織君が、ランキング3位のチリッチを下してベスト4に上り詰めたようです。
 このあと伸び盛りのズベレフ君と当たるので、決勝に出られるかどうかわかりませんが、待ちに待った復調!ですよ。

 大谷特急が停まっちゃって、国粋主義者たる僕としてはちょいとグルーミーな日々がやって来ていたんですが、ここで錦織4強! でもって全仏へ期待が…。って、やめましょうね。まだ、そこまで復活しているとは、なあ?
 
 はいモンテカルロオープンです。モンテカルロってどこだっけ?
 ああ、モナコの首都?というか。イコール「国」みたいな大きさだったね。でもって、グレースケリーの嫁ぎ先。レニエ大公も試合見物には来られていたみたいですね。

 WTP1000点の大会だから、勝てば20位くらいに入ってくるでしょう。でも、ドイツのズべレフ君には、こないだコテンパンにやられましたからね。
 ドイツを倒せ! じゃなくて、ここは素直に錦織君の復活を喜びましょうね。

 でも、モナコですか? こちらもあと2週間とちょっとで、フランスへの旅立ちですからね。
 GAORAの映像に出て来る地中海のキラキラした美しい海を眺めて、気分は大いに盛り上がっているんですよ。実はね。
 大谷君がチャレンジしているアメリカ国もいい雰囲気ですが、別に憧れの国でも、世界最強国でもないんだぞ! テニスじゃあんまりいい選手は出来ないじゃなん、なんてね。

 でもねえ。実は昨日の午後見たNHKのワールドニュース! このニュースで気分は落ち込んでいたんですよ。
 はい、パリの国鉄労働者の争議の映像ですが、なんとシャンゼリゼを封鎖して、街頭闘争? みたいな光景で、なんかなあ!ですね。 
 これじゃあ、パリ行きは無理? なんだろか、と心は沈む一方というわけで。
 
 まあイギリスの旅行会社リビエラ・トラベルというんですが、そこからのアナウンスも来ないんで、今は「まあこのまま、このまま」な気分ではいるんですが。って、この会社、出発2,3週間前には詳しいアイテナリーを送ると言っていたんですが。まだ「2週間前」までは時間があるし…。かな?

 でどうするの、あんた? ええ相方さんとは、とにかくロンドンまで行っちゃおうよ、とね。
 全日空のロンドン便の往復は取れていますからね。飛行機には乗ります! 
 そのあとマルセイユ? リヨン? だめならそれこそモンテカルロにでも行きますよ! ここってフランスじゃないでしょ?
 鉄道は走るの? そうか。

 ならドイツやベルギーかスイスにでも足を伸ばすか? どうやって? そっちも鉄道でしょ!
 ウーン、なんとかなるさ。ね。
 そういえば、I.Tさんがドイツの情報として、トリーア市観光局が、カールマルクスの肖像をデザインした0ユーロのお札を3ユーロで発売したら人気がでちゃって、大増刷する、とのニュースを流されていましたね。

 マルクスは1818年にこの町で生まれたんですが、5月5日が誕生日なのかな?つまり生誕200年ですわね。
 もしフランスが混乱していたら、トーリアとかに出かけて、この札を買って、そのあと、マルクスさんが活動したロンドンでも訪れて…。でもいいかな?

 でもマルクスさんは、なんて言うだろうか? お札のデザインの紙を刷るだけで、ただの紙が400円の価値を生むなんて! いやそのうちプレミアムがついて、30ユーロぐらいにはなっちゃうかな?
 お土産に何枚か買ってくるかなあ
 それって、剰余価値? いや贈与価値だよ、なんてね。

 まあいいか。でも、私ら本当はドイツじゃなくてフランスに行きたいだけなんだよね。
 フランス国鉄労働者よ! しばらく「団結」はやめましょうか? ね。 

 

ジョンって、叙音で、いいかな? 涙ぐましい努力が始まりました。

あの時、何故素直に舟しゅうさんのアドバイスを受けて、旅行保険をかけて置かなかったのだろう。と大いに反省しています。航海、いや後悔先に立たず!  ネットでBAの保証をチェック、クレジットカードの方にも行ってみて、今更ながらの、保証の少なさと、面倒くささに失望しています。あーあ。
   被害全額保証は無理やねえ。せっかくゴールドカードや、セゾンカード持ってるのに、全部から保証取れるかなあ、帰ってからの仕事ができました。

というわけで、昨日はケルンの街中に繰り出して、デパートへ。ベルトやサンダル、シャツなんかを買ったし、相方さんも、 靴とかね。でもねえ、なかな買えないもんですよ。ズボンにトライしたんだけど、ウエストに合わせても、長さの方は、松の廊下の感じで。はい長過ぎて。で、カットを頼もうにも、そんな雰囲気はなくて諦めました。それにスーツケースも、トラウマなのかな、手が出ず。航海、いや後悔先に、ですわ。
 でもって、航海のほうですが、バンクに続く景色は、ヨーロッパのふところに懐かれて行く気がして、感動に震えています。ということで、今朝足がつりましたけどね。関係ないか。
でもねえ、このクルーズ、乗客が大体、わたしらとほとんどおんなじくらいの人ばかりで、子供はおろか超高齢者もいない。なんか不思議な落ち着きを感じます。
でもって英語力不足!を補うための得意技! 同席した方の名前の和訳と言うか漢字変換をしてあげました。でもねえ、初めから、ジョン?って難しいですよ。結局「叙音 」なんてので、ごまかしましたけど、なんか良いのある?
   今日は、マルクスブルクのお城とローレライ。そしてリューデスハイム。つまりこの旅のハイライトです?  マルクスに感動か!いえ違います!って、なんだろね。早速、買ったサンダルにするか、靴で行くか迷っています。はい。 
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • ヴァージンボエッジの船内プログラムは、船上的?いや煽情的なものですね!
  • ロンドンは、明るく晴れて、通りを跨ぐユニオンジャックが眩しかったですね。
  • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
  • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
  • あらら、49万9578件ですか? ローヌ巡り紀行記は、そろそろ終わりなのに。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • 船内写真、全部見せちゃいます。バイキングのパンフも来ましたよ。リバークルーズの時代が来ていますって!
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ