客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

第二次大戦

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

<ドイツ編>僕の町は戦場だった? のですね。

なんだかBSの町歩き番組風になってきましたけど、ドイツで見かけた風景です。別に飼っているわけではないんでしょうが、スワンはラインのそこここで見かけましたし、訪れた町々は、ある意味観光用の工夫を様々に凝らして、観光客を誘います。
 写真は撮らなかったんですが、でも、私が心地よさを感じたのは、船側が用意した、っておかしいか? 用意しなかった「何にも無い日」。つまり午後フリーのシステムです。 午後はたいていフリーになるか、有料のオプショナルツアーにあてられていましたね。
 日曜日の午後だったかな、バンクに広がる公園に出てみると、家族連れがたくさん憩いでるわけです。子供達は水遊び、親たちは犬連れで散歩したり。まあ日本でも田舎の地方都市の公園辺りで同じような光景を見ることが出来るのかな? 美しく整備された木陰のある公園で芝生に寝っころがり…。空気を胸一杯吸い込みたくなる午後でした。
 また少し歩くと本当の田舎の町に出会います。小さなスーパーと小さなドイツ風のレストランやビアホール。住みやすそうな町々でしたね。町のどこも手入れされていて、手抜きしていない感じというか。
 
 ただ、ドイツに感じたこととは、そうした自然の中に生きる瑞々しい生活、とはちょっと違う、狭さというか緊張というのかなあ? 良くは書けませんが、川向こうはフランスですからね。国境から10キロとか数十キロのところに住むことによる緊張ってあるんだろうなあ? の匂いですね。
 ここがいわば世界史で習ったラインラント。常にフランスとの係争の種になった場所ですね。
 たしかにこんな豊かな町並みや野山を見ていると、つい70年前まで領有権を争い、戦場にもなったという話が夢の世界の話か、という一方で、ようやくそれなりの安定を享受しているのか、なんて思いますね。
 でもねえ異民族、異なる言葉を話す人々が橋の向こうには住んでいるわけですからね。
 ナポレオンだってヒットラーだって、という「英雄」を生み出しちゃった、というのには、根っこがある。というか、どこかに残っているではないだろうかとも思いますし。でも、きっと、彼らはそれらを克服したんだろう、あるいは克服しつつあるんだろうと思いたいですね。

 それにしても、ギリシャ問題ってなんなんでしょうかね。
 通貨の発行権を共同体に供出してしまったギリシャからすれば、ドイツの支配に市民生活が委ねられるような感じがするんでしょうか? 経済が不振、だったら緊縮しなよって?? 
 ドイツからすれば、再び経済的な利害から、欧州域内での戦争が起るなんて、まっぴらな話で、共同体の結束を強めて行くことが…、そんな感じでしょうかね。
 出かけてゆく前以上に、欧州域内での利と害の感覚が輻輳している、というイメージを今持っています。
 というか、そんな中で、結束なり協調なりを模索する欧州はやっぱり尊敬に値すると思いますね。
 
 まあほんの70年前には、「僕の村は戦場だった」わけで、瓦礫と化した。ガイドがどこでも強調したのは、「地元の人々が自分達の手で復旧させ」古い町並みを復元したんだ、という言葉ですね。
 そして船上でよく聞かれたのは、「福島はいまどうなっているんだい?」でした。
 うん、どうなっているんでしょうね。説明できなかったのは、英語力の不足だけではなかったですね。
 

IMG_2473
IMG_2589IMG_2610

オプションは、マジノ線跡地だってよ。選んで置くんだった!

ごめん!今日がストラスブールでした。もう何が何だかわからなくなって。って昨夜飲みすぎただけですけどね。
 昨日はハイデルベルグ。ええええ、大学の町ですが、韓国人の団体さんに遭遇して、うるさかったなあ。
でもって、念願だった「街中散策、ソーセージとビールの旅」を達成しました。美味かったよ!
 で、夜はドイツナイト。静かにしているつもりだったんですが、ツイストコンクールに引きづり出されて、賞品にシャンパンをゲット!すっかり嵌ってしまったのでした。
うん、船内放送のテレビにも出ているみたいで、有名人ですよ。なんだか一組だけやってきた、日本人? 物好きだねえ、という感じですね。
  でもって、ドイツの話ですが、どこの町のツアーでも、必ず第二次大戦の話から説き起こされて、ヒットラーを批判して、我がドイツは、もうあんな馬鹿なことはしない、みたいな話で締めくくられます。
安倍ちゃんみたいな話を持ちだして、日本だけが悪い訳じゃない!なんて言ったら、総スカンだよ。
やっぱり安倍ちゃんは、アナクロ、勘違い政権だよなあ!
でもこれだけ国境がクロスしていると、この辺を中途半端にしておくと、持たないわな!なんせ左に見えますのがドイツですが、右に見えるのはフランスです!!だもん。感覚がまったくちがうよ。日本から修学旅行煮出すべきだよ、この辺にね。
でもって、本日のオプショナルツアーは、第二次大戦の記念館と、マジノ線の跡地見学だというんですから。僕はそんな旅があるとは知らんかったから、ストラスブール散策を選んじゃった。ここでも失敗!の巻だなあ。
  まあいいや、天気あくまでも晴朗。あと実質二日ですが、気のいいアメリカ様と、きちんとしたドイツ君やエレガントな?フランス人に会ってきます。フランスの田舎ってどんな町かな?また戦争の話をしますかね、ガイドさんは? 
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • さんふらわあさっぽろ、どうしたんですかね? エンジントラブルですか? 新造船なのに。
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ