客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

カーニバル

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

クルーズ船の供給過剰? うんうんやばいよね。でもガラパゴスジャパンは関係ない!

 まあねえT.Iさんは基本的に悲観主義者ですからね。人類の輝かしい未来への展望を否定される!

 >クルーズ船建造バブルは最高潮に達しつつありますが、もうバブルは弾けそう。そこで、弾けることを前提に将来を予測すべきだと思います。

 弾けたら、クルーズ船の船腹過剰問題は深刻になるでしょうね。コンテナ船に次ぐ大変な過剰供給問題となる。
 そうなると、掘出し物のお手頃価格の新同中古品がザクザクということになるような。その1隻を「飛鳥」(三代目)にするのは、どんなもんでしょうか(笑)。

 はっはは。全面的に同意です。 
 クルーズに輝かしい未来は? うん難しいというか。世界の政情が不安ですし、おっしゃる通り、客船の造り過ぎ。つまり供給過剰が懸念されますもんねえ。
  
 CLIAの予測によれば、17年以降、毎年13、15、20隻と外洋クルーズ船は建造され続け、2026年までに80隻。ベット数で23万ベッド(リバークルーズの17隻含め)が増加する計画。17年現在のベッド数は258万ベッドだそうですから、「一割以下、大したことないよ。供給、つまりクルーズ参加者の伸びはもっと大きいさ!」
というわけで、悲観主義はダメだよ! といいたいわけですね。

 でもって、彼らの精神安定剤は中国!、そして日本もかな? なわけですが、まあねえ。コスタ・ネオ・ロマンチカで日本市場をこじ開けようとしたんですが、市場の反応は???
 それにねえ。中国の伸びも止まって…。しかも富を生み続けて来たカリブ海のハリケーンのダメージは小さくないし、夢にまでみた新しいデスティネーション・キューバとまた国交断絶? トランプの野郎め! な話になっている。 まあ「冬の時代」はともかく、秋から晩秋へと向かっているみたいな感じですね。

 でもねえ、これもマイナス情報として欧州から伝わって来たんですがね。カーニバルとフィンカンチェリが組んで、中国でスタートさせようとしている客船新造プロジェクトは三菱さんのAIDAを上回るぐじゃぐじゃぶりなようで、このままでは「予定通りには…」みたいですね。
 つまり26年までに80隻という絵は、画餅かもしれません。というか自律的に調整される。アダムスミスじゃないけど「見えざる手」ですよね。なんてね。

 それで思い出すのは、第一次クルーズブームのころの話。日本でも客船元年と言われた90年代初めに、ファンレイ・イガーという船会社が、2度に渡って合計8隻だったかなの中小型の客船を一気にデビューさせた。ルネッサンス・クルーズですね。日本にも販売ルートを作ったんですがね、数年であえなく倒産。ですがね、何が起きたかと言えば、船の奪い合い。3万トンクラスの高級クルーズ船として、いろんなところに買われていきました。
 日本勢が気づいた時には、もう遅し! だったのを覚えていますね。

 何が言いたい? ええリセッションがあっても、クルーズ船は消えない。むしろ債務の少ない船が市場に出回って行く。残存者の肥やしになったりするわけですよ。って相変わらず表現が悪いね、あんた。
 でも今度リセッションがあっても、日本勢のリセットはどうかな? 多分、中古市場に出て来る船は日本船がターゲットにしている船よりもどれもデカイ! なんてことで逡巡しているうちに、どっかに吸収されてゆく。アラブかなあ。あるいは東南アジア市場に嵌め込まれてゆく?
 なんてね。

 日本の船社さんは、船を知っていると思っていますからね。海運会社さん出身ですから。でもって、目の前に7万トンの船が浮いていても「これじゃあ大きすぎる」なんて社内で稟議を上げているうちにチャンスを逃す?
 でもって、日本市場はこの船型だ! と、ばかりにすでに市場性を失っているような、既存船とほぼ同型船を世に問うて、彼らのサラリーマン人生は終わる…。

 なんてね、オラも悲観主義者だねえ。と言うかアダムスミスは、欧米市場では成立しても、ガラパゴスジャパンでは、機能しない? のかな?

 話は変わるけど、日本の社民主義者のことをネトウヨ君たちは、ガラパゴス左翼と読んでいるようですね。ええ
護憲ばかり言っている辻元さんみたいな人たちのことですが、よかったですよね。
 ガラパゴスはみんなで手付かずのまま保護して行きましょう!貴重なんですからね。

「北の脅威はますばかり」ーー今度の選挙は「脅威と闘える体制を選ぶ選挙だ」って? 別にアベッチを変えようと、解散総選挙を要求したわけでもないんだから、そのまま、北の脅威に備えてくれればよかっただけじゃないのねえ。

 でもって結果は、アベッチは議席を減らして、脅威と闘う盤石の態勢???は、グズグズになるんでしょうね。
  世の中は思い通りには行かんものですよ。ですが、何が起きても対応できる柔軟性! クルーズでも政治でもそれですよね。
 今、議論しておくことが肝要なんですよね。って相変わらずの上から目線だねえ。
 



 

なんだよ、まだ東京なのに錦織君の試合って。でもいいんです。僕らは避寒にゆくんですからね。

  あらら ですよ。
 羽田どころか、まだ自宅にいる間に、やっちゃうんですね。錦織君の試合。
 推察するに、どうも全豪オープンには、錦織君が勝つようになってから、日本からの観戦客が多いみたいで、盛り上げのためにも、まさに開幕試合に錦織君を持ってきたような感じですね。
 
 勝てば、WOWOWの加入者だって急増しますからね。
 今年は、NHKもWOWOWも豪州テニス協会と契約したようで、我が家でも、朝からどっち見る?状態だし。 日本はラグビーもそうだし、アベチャンもしっかり旅しているし、って関係ないけど。
 豪州からすれば、日本市場に対する大きなプロモーションに使っている?
 
 こうなりゃ、錦織君、絶対この試合には勝たなきゃね。
 でもいいんですよ。負けても。僕らは、何も錦織君の試合だけを見に行くつもりもないですから。はい避暑ならぬ避寒!目的だもん。負けても、時々、他の試合を見ながら、街歩き! これですよ。
 って、早くも避寒ならぬ、「悲観」して心が折れないように、防衛線を張ったりしてね。
 こんなに見たくない試合もないなあ。

 期待が外れたら、今夜のカンタス航空便に乗るときの気分を考えて下さいよ。
 凱旋将軍か、敗残兵?の差があるよね。きっと。まあいいわ、ダメなら大坂さんもいるしね。今年はレディス見学ですからね。ははは! と苦しいね。 

 でもって、ダメな時のためのクルーズ情報? なんてこともないですけど。やっぱりオーストラシアと言えば、P&Oですね。はいP&Oオーストラリアは、最近はオランダアメリカの中古船をどんどん移籍させているんかな? 大型船を含めて5隻の船隊で、シドニーを中心に、はいメルボルンも起点にして、盛り上がっているみたいですね。
 
 考えてみると、ここはシドニー、ブリスベーン、メルボルンと、大都市がほとんど港町ですからね。これらの港町を出発港にすれば、良いクルーズが展開できるし、北に行けば常夏、というか、トロピカルシーですからね。サンゴ礁の中をクルージング。世界でも最適のクルーズエリアかもしれないですね。
 まあP&Oの物語を書き始めたら、それこそオリアナ・マニアさん辺りに、どどんと論破されてしまうどころか大英帝国の世界戦略の歴史、というか栄枯盛衰の物語が書けてしまうから、止めときますが…。

 まあいまや、それも、すべてがカーニバル! プリンセスさんもここは冬場って、北半球のですがね、冬場の拠点していますからね。
 彼らにとって、オセアニアは、アジア! なんですよね。
 もう白豪主義!なんていわないしね。なんてね。
 
 まあなあ。そのP&Oさんが世界の海運を支配した時代もあって、私もうっすらとですが、覚えています。というかP&Oと日本の造船所や商社さんの取引話なんかも記事に書いた覚えがありますからね。もちろん商船ですけど。いや日本でクルーズが始まる80年代後半。P&Oにご協力を求めた会社もあったんじゃないかな?
 郵船もP&Oとはお友達でしたからね。よく覚えてないけど。

 つまりP&Oは、欧州とオーストラリアを結ぶ航路、つまり競争激しき大西洋とは異なり、アジア航路の雄でしたからね。
 まさに日の沈む時のない大英帝国が、キラキラしていた時代です。彼らは避暑とか休暇と言えば、ひと月やふた月は当たり前で、日が照るキャビンだったか、照らない側のキャビンだったかな、を求めて、大航海に乗り出していったわけで。
 寒い欧州から広々として陽光降り注ぐ南太平洋!なんて、憧れも憧れだったでしょうねえ。。
 憧れ?「あ、木枯れ」じゃなくてね。ってダジャレも冴えないね。

 当たり前です、錦織君の試合が気になって仕方がないんですから。
 こんな駄文でごめんなさいね。この文章を消してしまうためにも、明日、いや明後日からもづづけましょうね。このブログ!
 試合終わったら、また書き込むかもしれませんから。はい。

 なんか錦織君の試合が気になって、この文も集中できません。ではまた。
ps
あらら。負けそう! 簡単にやろうとしすぎや。
pps
  あららら。2対2になっちゃた。本当にダメかもね。いつもとちがうわ。
ppps

よかったねえ。錦織君。次の試合は見に行くからね。ハイセンスアリーナは混んでるねえ。早くから行かなけりゃ!

   

沖縄のクルーズ観光拠点に、外国3社が名乗り!ですか? どんな風になるんかなあ?

  おはようございます。って、でも、つい「明けまして…」なんて書いてしまう気分ですね。
 はい、昨日は一日かかって住所録の整理と年賀状の作成。ラグビー観戦の合間にでしたけどね。 
 賀状はもうとうに、字では書かなくなって、コンピューター作成。でもって日本郵政のソフトを使ってお手軽に。

 でもねえ、作成ソフトの誤操作で、住所録が飛んでしまって、これを機会に住所録の整備もしましたよ。
 リタイアから3年。やっぱり旧社の方々とか、お仕事でのうえでのお付き合い年賀状は縮小しないと、賀状のコストも…。

 それに、今年は随分と「喪中はがき」も多くて。ほとんどがご両親の逝去報なんですが、皆さん90代、ようやく代替期が来たのか? なんて書いたら不謹慎!と叱られそうですが、つまりは僕らも、あと20数年は生きるという感じかな? と感慨にふける、というほどでもないけどね。

 わが相方さんのお母様は、今年晴れて白寿。つまり99歳ですが、どうやらこのまま大台を迎えそうで、今更ながらの生命力の凄さ? 日本の医療体制の凄さ? 敬老精神の凄さ! 医療費の高騰ぶりの凄さ? しっかりとを思わざるを得ない、ですね。
 というか、オラたちは、どうやってフェードアウトすればいいんだろう! なんてことに思い至りました。
 月曜の朝の清々しさと裏腹な話で、ごめんなさいね。はい。

 で、話はクルーズでしたね。金曜日だったかに「琉球新報」が打った、沖縄の3つの港のクルーズ港化についてアメリカ3社が計画書を出したという話は、注目! ですね
 私は、ずっとこういう形での沖縄の観光振興が、沖縄平和化の一歩だと主張してきたんですよね。

 例え乗客が中国人や、台湾人で、連れて来るのがアメリカ船?でもって沖縄県民がサービス? でもね。
 IR法でもちょっと危惧しているんですがね、地元民はこれらのプロジェクトに入り込めるんだろうか?なんて思っちゃいますけどね。

 カーニバルとRCLとゲンティン。でもって港は本部と平良と石垣ですか? 石垣以外行ったことがないけど、いいとこなんでしょうねえ。
 で、船会社が、港湾の優先使用権とのバーターで、周辺に旅客施設、商業施設の整備の名乗りを挙げたというんですね。
 でもって、植民地化を図るーーなんてことはないけど、カリブ海の島々を見ていると、ちゃんと主導権を取って下さいね。ニッポン! の気分からは離れられないですね。
 すでに石垣にはクラブメッドもあるけど、日本資本はどんな風に参画していくんですかね?

 でもねえ、この話では抵抗勢力というわけではないですよ。僕も。
 日本の観光資本がやらないなら、しょうがないわな、というより、こんな風に沖縄が観光化されて行って、しかも覇権主義のアメリカと、もうひとつの伸び盛りの覇権主義国・中国が、沖縄・南西の地で握手し、共同事業開発を進めて行く。軍事力の覇権争いより、ずっといいですよ。
 東シナ海の平和って、こんな風にして積み上げられてゆく? のかな、なんてね。

 尖閣だって、クルーズアイランドにして、ディズニーのキャスタウェイケイより、もっとワイルドなリゾートアイランドにでもして、ここには日本客船だけの寄港を認めるとか。なんか東シナ海の平和、つまり観光化を進めるマスタープランを描くやつはいないんかなあ? 日本政府に。

 本当は沖縄の観光化って、東京オリンピックの競技場づくりやIR法より前にやるべきことなんだよね。
 嘉手納に大規模基地。はいクルーズのですよ!大規模基地を造成して、年間1000万人を集め、ここでの観光と周辺海域のクルーズ化!を実現する、とか。
 そのためのIRの解禁だったら、しゃあないわ、なんだけどねえ。

 まあいいや、政府の「官民連携による国際クルーズ拠点の形成」の旗振りに、なんとか沖縄が手を挙げたわけで、RCLの奄美のプロジェクトよりは実現性はあるんでしょう。
 主導権は誰が? シツコイね、あんたも。旅行会社さんの出番と言いたいんでしょ!
 
 しばらく、成り行きを見て行きましょうかね?  手付かずの沖縄、にクルーズで手を付ける!。
 港湾局の思い付き政策を超えて、なんかしっかりしたマスタープランが欲しいですねえ。 

パラレルワールドなら、今頃…。Buck to the Future!  せめて5年前でいいから戻れないでしょうかね

 ここ数日、5位に低迷していたブログのアクセスランキングが、また4位に躍進!
 やっぱり三菱さんのお話は、人気があるんですね。新しい強力コメンテーターの金太さんをお迎えして、挽回!です。でも私の書くことが無くなっちゃったですね。

 昨日付けも鋭いご指摘! ですが、LNG炊き船幻想を打ち破る? 前々日付けの方も面白い。というか、ちょっと難しいですけどね。まあ石油価格が落ちるとLNGシフトも停滞!って、環境に優しい、なんて掛け声はいずこへ? ですかね。
 にしても、気になるのはブログへの書き込みですけどね。これって、今日付けはともかく、過去分も皆さん読めているのか、ちょっと心配になりましたね。結構昔の日付のブログに書き込まれたりしていて、私にはメールで届くんですが。気が付かないとすれば、ちょっと勿体ない! 

 まあいいや。このところ昼間ぼんやりしていて思うのは、映画「Back to the future」のことですね。ええ、あのタイムマシンで未来と過去に出かけて行く、マイケル・J・フォックス主演の名作のことです。
 未来社会、つまり映画の舞台ではまさに2015年なんですが。未来社会で大金持ちになっているビフ君、つまりジャイアンですね。この人のモデルがトランプさんだったと、最近また、明らかにされて、話題を呼んでいました。宙に浮くスケボーだの、自然に締まる靴紐だのの開発が本気で行われてて、アメリカって面白いですよね。デロリアンはまあ無理でしょうけどね。

 何を書きだすの? すみません! いやね、この映画、現実に進行している世界とは別に、パラレルワールドというのがあって、現在をちょっと変えれば、未来はドカンと変わる、みたいな話です。もし本当に、そんなことがあったら…。なんて考えちゃうんですよ。

 そう、三菱さんがAIDAの建造に用意周到に取り組んで、例えば数十億円の赤字位で乗り越えていたら、今頃長崎は? なんて風にね。(架空の想像なんだから、数十億の黒字でもいいんだけどね)
 T.Iさんが発信されているメールニュースで今日、カーニバルグループがイタリアのフィンカンチェリに出かけて行って、15万総トン級のクルーズ船5隻の発注契約にサインしたと! それもカーニバルグループの構成会社の幹部ほとんどを集めて、結構なデレゲーションでの会議でも開いたんですかね? 総投資額は30億ユーロ。イタリア政府高官まで列席したとか。

 これら5隻の船は、はいコスタ・アジア、プリンセス、P&O・オーストラリアの各社が使うんだとか。
 つまり、これらの客船は欧州でもなければアメリカでもない。ええ、太平洋というより、東アジア市場、豪州市場向けの客船なんですよね。3600億円か?大したことはない? いや、1隻5億ユーロ、600億円ですからね。大したことですよ。

 はい、世が世なら、これらの発表はprimaさんの船上、いやPerlaさんかな、で行われ、パーティには中国や東南アジア、豪州からも客を集めて、2020のオリンピックイヤーに向けて長崎で行われたのかも。そして観光庁やら、いやアベチャンのビデオメッセージ位は…!

 なんて夢物語か…。  
 なんか長崎では、仮設住宅を今頃、造り始めているなんて、「しんいち」さんからの情報ですが、こんな風に歴史が進んでいたら、いまごろ長崎には、仮設住宅どころか、巨大ホテルや大カジノ、そして…。やめましょうね。

 でもねえ、最近本当に思うんですよ。2015年のビフ君とトランプさん、そしてミッキーアリソンさんのお顔がラップしてきてね。
 アリソンさん? ええ1990年代に一度、マイアミのカーニバルパレスでインタビューさせてもらっています。ご本社をパレス!て言うんだから、まあなんていうか、ビフさんの世界なんだよね。
 当時からスッゲ―金持ちだったですけどね。覚えているのは彼の巨大な応接室と、別フロアで秒単位で管理され、電話の内容までチェックされているテレフォンオペレーターさん達の 姿ですね。
 
 どっちの印象が強いかって? そりゃあ金髪のテレフォンオペレーターさん達がずらりと並んだ姿…。なんてことはないですよ。おばさんばかりだったし…。 

  

アイススケートリンクやインドアスライダー?通年型、欧州越冬型客船だったんですね。primaさん

 フー! 今朝は書き出しが遅くなってしまったんです。というのもカーニバルグループのアニュアルレポートが発表されたというので、HPは便利ですね。飛んで行って読んだんですがね。例年と違ってなにがなんだかわからなくて、50ページもあるレポートを仔細に…。決算の数字は分からなかったですね。そのうち分析して書きますよ。はい。

 でもでも、ついに出たんですね。はいAIDAについての、ちょっと詳細がね。第一船、ええprimaさんですが、竣工は2016年2月で、第二船が17年3月とありますね。造船所さんとカーニバルグループの間のコミ二ケ―ションはちゃんと取れているんですね。でも今月中にできるかな?ほんとに。

 そして、primaさんの概要について簡単なコメントが6,7行。これまでも感じ取っていたんですが、primaさんて、寒い欧州でも一年中使えるような全季節型というか通年リゾート型のクルーズ船を目指しているんですね。つまり欧州市場むけ客船のスタンダートというか。
 省エネタイプのhall。つまり船体というのは例の泡システム、それに垂直に切り取られたバウ、あたりのことを言ってるのかな?うんうん ここまでは三菱さんも胸をhall、いいや胸を張るか、まさに得意分野の仕事ですね。
 ところがね船上設備については、なんかやっぱり凄そうですね。
 フォイルドーム型アウトサイドデッキ? って良くわからんですが、アウトサイドデッキが包まれている? 誰か訳してよ! とか、年間を通して使えるフォー・エレメント・アクティビティ・パークとか、なんだか凄そうな施設がそろっていますね。
 そして何?アイススケートリンク? 真似してんのかな?  さらには世界最大のインドア・ウォーター・スライダーだって?
 他にもレージーリバーと称するリラックススペースとかプライベート・ウインターガーデン付きのラナイ・キャビンだとか? 訳したくても訳せません。
 もちろん英語力の不足もあるけど、読んだだけではさっぱりわかりません、な、船内仕様が目白押しなんですね。(日本語もおかしくなっちゃよ)

 まあ、写真付きで発表される日が待ち遠しいですけど、つまりはドイツのクルーズ市場、カーニバルのこのレポートによれば、186万人まで伸びている市場をさらに拡大させるとすれば、 冬場この近郊でクルーズに参加したくなる仕掛けが必要と考えるのは、まあカーニバルさんでなくても…。でしょうね。
 でもってドイツ市場では、RCLより一歩先んじているAIDAさんですからね、どどんとテーマパーク型のクルーズ船を造らせたというわけですか。

 こんな船のプロトタイプを、日本の老人施設のようなクルーズ船のイメージしかない(失礼!)三菱さんが取り組むったって、こりゃあ!!! だよね。確かに。
 9日付の書き込み欄に「通りがかり」さんが書き込んでおられましたが、「クルーズビジネス自体、欧米が支配している感じ。彼らの感覚で設計できなければプロトタイプの船に手を出すべきではなかったと思います。」
 ーーだったんですね。
 でもこれくらい予見できなかったとは!と、重工さんの力の減退を嘆いておられますが、まさに同感です。

 というか、なんでそんなに契約を急いだんだろう? と、このところ思うのは、そんなことですね。
 三菱の船舶海洋さんが、AIDAを受注した時には、僕も現役でしたからね、いろいろ思い出すんですけど、当時ドメイン制への移行が打ち出されて、事業部が解体されそうになっていて、このころの本部長さんは、「分離ー他社との合併も考えたいんだけど」なんて、今三菱さんがやろうとしていることと同じことを話していましたが、時すでに遅く。IHIはユニバーサルに統合、川崎重工は川崎造船を再合併してしまっていた。残っていたのは今治とか中手しかなったわけで。
 でもって「高付加価値を目指せ! ターゲットはLNG船、豪華客船」に、行くしかないムードが生まれていましたからね。
 でもって、選んだのが「プロトタイプ」でしたか? 急ぎたい気持ちになるのもわかるけどねええ。

 でもですね、考えてみれば、欧州一の市場まで出来上がったドイツに、冬場があるんなら、中国はもっと冬が大変。日本だってそうなわけで、ここで積んだ「越冬クルーズ船」のコンセプトは、東アジアでも十分に通じますよね。

 そうなんです。もっともっと世界のクルーズ事情と問題点を精査して、そのソリューションを提供すれば、三菱の客船部隊のエンジニアリング能力は生かせると思いますよ。って、すっかり怪しげな英語モードになっていますが…。
 そう、すぐにでも造船の技術者を現場に復帰させて、本当の意味での客船復活を目指して下さいな。
 中国を筆頭にアジアのクルーズは始まったばかりですよ。まだまだ間に合う。

 潜水艦輸出もいいけど、東アジアの平和のためには客船! これですよ。ってなんだか話が分からんようになっちゃたけどね。
 


執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
  • ミッドウェイから、また悲劇は始まった。なんてね。ええ改憲とはまったく関係ないんですけど。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ