客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

ガラパゴス

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

クルーズ船の供給過剰? うんうんやばいよね。でもガラパゴスジャパンは関係ない!

 まあねえT.Iさんは基本的に悲観主義者ですからね。人類の輝かしい未来への展望を否定される!

 >クルーズ船建造バブルは最高潮に達しつつありますが、もうバブルは弾けそう。そこで、弾けることを前提に将来を予測すべきだと思います。

 弾けたら、クルーズ船の船腹過剰問題は深刻になるでしょうね。コンテナ船に次ぐ大変な過剰供給問題となる。
 そうなると、掘出し物のお手頃価格の新同中古品がザクザクということになるような。その1隻を「飛鳥」(三代目)にするのは、どんなもんでしょうか(笑)。

 はっはは。全面的に同意です。 
 クルーズに輝かしい未来は? うん難しいというか。世界の政情が不安ですし、おっしゃる通り、客船の造り過ぎ。つまり供給過剰が懸念されますもんねえ。
  
 CLIAの予測によれば、17年以降、毎年13、15、20隻と外洋クルーズ船は建造され続け、2026年までに80隻。ベット数で23万ベッド(リバークルーズの17隻含め)が増加する計画。17年現在のベッド数は258万ベッドだそうですから、「一割以下、大したことないよ。供給、つまりクルーズ参加者の伸びはもっと大きいさ!」
というわけで、悲観主義はダメだよ! といいたいわけですね。

 でもって、彼らの精神安定剤は中国!、そして日本もかな? なわけですが、まあねえ。コスタ・ネオ・ロマンチカで日本市場をこじ開けようとしたんですが、市場の反応は???
 それにねえ。中国の伸びも止まって…。しかも富を生み続けて来たカリブ海のハリケーンのダメージは小さくないし、夢にまでみた新しいデスティネーション・キューバとまた国交断絶? トランプの野郎め! な話になっている。 まあ「冬の時代」はともかく、秋から晩秋へと向かっているみたいな感じですね。

 でもねえ、これもマイナス情報として欧州から伝わって来たんですがね。カーニバルとフィンカンチェリが組んで、中国でスタートさせようとしている客船新造プロジェクトは三菱さんのAIDAを上回るぐじゃぐじゃぶりなようで、このままでは「予定通りには…」みたいですね。
 つまり26年までに80隻という絵は、画餅かもしれません。というか自律的に調整される。アダムスミスじゃないけど「見えざる手」ですよね。なんてね。

 それで思い出すのは、第一次クルーズブームのころの話。日本でも客船元年と言われた90年代初めに、ファンレイ・イガーという船会社が、2度に渡って合計8隻だったかなの中小型の客船を一気にデビューさせた。ルネッサンス・クルーズですね。日本にも販売ルートを作ったんですがね、数年であえなく倒産。ですがね、何が起きたかと言えば、船の奪い合い。3万トンクラスの高級クルーズ船として、いろんなところに買われていきました。
 日本勢が気づいた時には、もう遅し! だったのを覚えていますね。

 何が言いたい? ええリセッションがあっても、クルーズ船は消えない。むしろ債務の少ない船が市場に出回って行く。残存者の肥やしになったりするわけですよ。って相変わらず表現が悪いね、あんた。
 でも今度リセッションがあっても、日本勢のリセットはどうかな? 多分、中古市場に出て来る船は日本船がターゲットにしている船よりもどれもデカイ! なんてことで逡巡しているうちに、どっかに吸収されてゆく。アラブかなあ。あるいは東南アジア市場に嵌め込まれてゆく?
 なんてね。

 日本の船社さんは、船を知っていると思っていますからね。海運会社さん出身ですから。でもって、目の前に7万トンの船が浮いていても「これじゃあ大きすぎる」なんて社内で稟議を上げているうちにチャンスを逃す?
 でもって、日本市場はこの船型だ! と、ばかりにすでに市場性を失っているような、既存船とほぼ同型船を世に問うて、彼らのサラリーマン人生は終わる…。

 なんてね、オラも悲観主義者だねえ。と言うかアダムスミスは、欧米市場では成立しても、ガラパゴスジャパンでは、機能しない? のかな?

 話は変わるけど、日本の社民主義者のことをネトウヨ君たちは、ガラパゴス左翼と読んでいるようですね。ええ
護憲ばかり言っている辻元さんみたいな人たちのことですが、よかったですよね。
 ガラパゴスはみんなで手付かずのまま保護して行きましょう!貴重なんですからね。

「北の脅威はますばかり」ーー今度の選挙は「脅威と闘える体制を選ぶ選挙だ」って? 別にアベッチを変えようと、解散総選挙を要求したわけでもないんだから、そのまま、北の脅威に備えてくれればよかっただけじゃないのねえ。

 でもって結果は、アベッチは議席を減らして、脅威と闘う盤石の態勢???は、グズグズになるんでしょうね。
  世の中は思い通りには行かんものですよ。ですが、何が起きても対応できる柔軟性! クルーズでも政治でもそれですよね。
 今、議論しておくことが肝要なんですよね。って相変わらずの上から目線だねえ。
 



 

こうなりゃ。超・超・超豪華客船を目指しましょうか?

  なんですかね。暗転大不況! ですか? 
  原油価格も落ち込んで、デフレ再び、アベノミクスも破たんして…。あららかな? 僕らの年金基金も破たんして、給付が減ることが決まっていますからね。来年あたりから。わが暮らし楽にならず。じっと手を見る? って、手じゃなくて、私あたりじっと指を見たりしていますが、この指で叩くキーボードで、糊口を凌いでいければいいんですがねえ。
 ああ、生活苦は一層深刻になるばかり。舟しゅうさんの励ましを援軍に。私も現役復帰を目指して、暗躍しますかねえ。なんてね。

 というんで、昨日付けのこのブログへの書き込みへのお返事を書こうとしていたら、またムラムラと書きたい事が出てきちゃって、もったいないから本文で、と考え直しましたですね。

 はい。僕も外国船がやって来るまでは、「日本にないのは大衆クルーズ。価格を下げて!」みたいなことを持論にしていましたがね。せっかくダイヤモンドプリンセスさんが来てくださったのに、なんだかなあ。盛り上がらんですよねえ、まったく。
 しかも、これから日本のクルーズ会社が頑張ろうとして、格安の大衆市場を目指したところで、もうプリンセスやRCIさんに対抗したって、ムリムリ! でしょ? となるとまったく別のコンセプト以外に戦えないよね。

 ですので、両備さんの2500トン、4泊5日で100万円。これお二人様料金ですからね。分りやすいですよね。1泊25万円。これでいいと思いますし、両備さんだけでなく、ほかにも同様のプランがあることは聞いています。
 つまりアベノミクスと東京五輪に向けて、こうした話が盛り上がってくる! そんな風に思っていたとこです。
 でもねえ、やっぱり「ひょっこりひょうたん島」なんかなあ? だったんですが、SEA BIRDさんがおっしゃるところ、というか良平さんがおしゃったという「戦前の豪華客船の復活」! というのは、悪くないかもしれんですね。
 別に、世界のクルーズ界の主流になる必要はないですし、世界を見ると、キュナードのような古典的なクルーズはしっかりと市場がありますからね。

 僕はずっと豪華客船という「言葉」反対派! だったんですが、もう世間はなんたって「豪華客船」でないと許してくれない。「格安の豪華客船」なんて、中国からやってくるクアンタムなんかを命名しているし、両備さんのも「コンパクトな豪華客船」(産経新聞)なわけでね。
 こうなりゃ。本当の、「正真正銘の豪華客船」を実現してみたくなりましたね。
 といっても金持ちならぬ身としては、何がホンマにリッチなのかは、私ではよくわからんし、クィーンエリザベスの真似をしたところで、うまく行くとも思えないし?
 豪華客船「鹿鳴館」ですかね? まあどうせ、メディアからは皮肉っぽく書かれるに決まっているんですが…。
 世の中は戦前への回帰! 集団的自衛権! って関係ないか? クルーズ船も懐古趣味の時代へです! 
 総資産1億円以上の方限定客船? 乗船料はセブンスタークラスの、ひとり1泊20万円。いや総資産1億円じゃ足りないかな? 総資産10億円様限定! 選ばれた人々のための…。

 日本人のクルーズが、まさにガラパゴスになっていることは、T.Iさんのおっしゃる通りで。だったら徹底的に居直って、超・超・超豪華客船。横浜発ハワイ経由ニューヨーク行きの定期航路なんて感じかな?

 ガラパゴスには行かないの? ん? 何言ってんの! 話が違うんだよね。 それって。
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
  • ミッドウェイから、また悲劇は始まった。なんてね。ええ改憲とはまったく関係ないんですけど。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ