客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

ゴッホ

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。

 アルルに船は到着しました。
 僕の家の冷蔵庫のドアには、100枚近くになるのかな? いつ頃からか、クルーズで訪れた街々のマグネットを買い求め、張り付けてあります。そして、新たに加わったのがこの6枚です。

 一番下。アルルの町をガイド氏に連れられて、最初出会ったお土産物屋で、一枚3ユーロで買い求めた安いお土産ですが、多分これらのマグネットは僕の宝になるのかもしれませんね。

 「アルルの女」と勝手に名付けている女性たちの歩く姿は、もしかしたら、この町のお祭りの時の映像かもしれません。美しい写真です。
 「ゴッホが切り落とした耳は、左側でしょうか?それとも右」。ガイド氏の定番の謎カケにでもなっているのか、そう問いかけるこの有名な絵。ゴッホが耳を切り落としたのも、この町でのこと。
 はい、右ですね。というのもこの絵は鏡を見ながら描いたのだとか!この話はどこかで僕も聞いたことがありますが、このガイド氏によって、僕の耳の中に永遠に残る話になるかもしれません。

 この町には、クルーズ船が停まる公園からローヌ川を見渡せる場所に「ゴッホがここで風景を描きました」みたいなガイドパネルが至る所に残してあります。そういたるところにです。
 真ん中の写真は、ゴッホがアルルで住み、ゴーギャンものちに合流することになる「黄色い家」です。こんな家が、そのまま19世紀の街とはかくやと思わせるように出現する。僕らが歩いたのは午前中で、このここち良さそうな椅子に座ることはできませんしたし、「夜のカフェテラス」を見ることも出来ませんでした。
 クルーズ旅行に欠点があるとすれば、こうした街に留まりたいと思ってもその希望は叶わないことにあるのかもしれません。

 ですが、一番感動したのは、最初の写真、「アルルの病院の中庭」です。まさに、買い求めたマグネットの下段の絵の舞台でしたね。
 建物は絵の通りに残っているようだったし、庭園は、精神病で入院したゴッホのこころを慰めるように美しく設えてありました。
 ここに来れるなんて…。と思いましたね。

 この町は、街の奥にはフランス最大のマルシェが展開し、人々が生活の品々を買い求め、観光客はテーブルで寛ぐ。そして古い町の通りに突然現れる「ゴッホ財団」の美術館。この町にゴッホの絵はほとんど残っていないそうですが、財団ではそんなゴッホに何枚かに出会いましたし、ピカソも、ゴーギャンも。そう1枚だけでしたが広重にも出会いましたね。

 ゴッホが描いた町ーーそんな風に思いながら歩いているうちに、「いやゴッホが描いたからこそ。この町は生き残っている」んだ、みたいな感覚に襲われましたね。
 クルーズ船旅行の最大の弱点は、その町にしばらく留まっていたい。そう思っても叶わぬことです。
 アルルでは、そのことを本当に残念に思いましたですね。好くなくとも一夜ぐらいは…!

 必ず戻って来たい。今度は陸路、TGVでプロバンスに下り、思うがまま、この町で過ごしてみたい。別にゴッホを気取るわけではありませんが…。
 つまり、もう少しだけでも長生きしたいなあ、と。来年、齢70を迎えるのだけど、何年後かには。
 また、アルルへ。
 残りの人生に小さな目標が芽生えた町でした。
 

IMG_1766
IMG_1758IMG_1949

桜エビとシラス丼を食べに、由比まで行って来ました。えっつ? 独島エビ?じゃないですよ

   最近は、お出かけが予定されている日になると、雨。今日も横浜に出かけるつもりなんですが、雨と言うより嵐ですね。
 もう1時間もしたら、出て行くことになるんですが、果たして電車は動くのだろうか? な感じです。気分悪いですね?

 その前はいつ? それが今週の水曜日でして、我が家のあたりはどんより雲で、それでも雨あがる!だったんで、わざわざ用意しした傘を玄関において出て行って…。
 ええ、我が家から電車で1時間ばかりの由比という町にね。その地の東海道浮世絵美術館で、広重の浮世絵展をやっているというのと、はいはい。桜エビの漁が解禁になったので。小さな旅へ!

 と、しゃれこんだんですがね。でもねえ、今年は例の台風の連続で、桜エビさんも不漁とか。漁は解禁されたんですが、解禁から二日目だったというのに、前夜船が出なかったそうで、有名な港の屋台は、すいていて、ほとんど並ばずに、桜エビとシラスの乗ったどんぶりを戴きました。

 ウマーイ! ですねえ。
 最近、東海道の宿場町を、みんなで歩くツアーが大手旅行会社辺りから発売されていますが、桜えびどんを食すのもそんな旅のハイライトじゃないかな?
 多分旧東海道を歩き、由比港の屋台のようなお店で、どんぶりを食し、それから江戸時代の本陣跡辺りを掠めて、美術館へ。この間は、東海道を逆行しながら行ったんですがね。電車は富士川を通り、富士山を眺め。晴れていたらもっといいと思うんですが、そしたら混むだろうから、まあいいか。

 いい旅でしたが、でも、何も旅行会社のガイドさんに連れられて歩くような場所でもないかな。
 雨の中を往復1時間くらいあるいて、広重を堪能して、美術館では、木版の実地体験もあるし。ええ、ゴッホと浮世絵の話と、ゴッホの絵のサンプルとの比較をチェックして、大満足の午後でした。
 
 確かに、別に雨の中を行くこともなかったんですがね。来年四月に予定している南フランスのリバークルーズ。ええゴッホ所縁のプロバンスに行くために、最近はその準備を意識していましてね。で、どうせならと、桜えび漁の解禁を待っていたわけですわ。
 駿河湾は、全国でも唯一桜えびが取れる漁場ですし、シラスも生で食べられるほど新鮮ですからね。

 僕はエビ自体はそんなに好きじゃないんですけどね。どっちかと言えばカニの方が。でも桜えびだけは好きですね。
 うん? 独島エビですか? 
 なにそれ。あんまり食べたくないね。というか韓国に何度も行ってるけどそんなの食べたことないし、興味ないけどね。それにしても、韓国さんもやることがえげつないね、まったく。ジョークのつもりなんだろうけど、なんかねえ。

 それより、誰も話題にしないけど、いま旬なのは、おシラスですよ。お白洲! 
 モリとカケの上におシラスを!というか。モリとカケを、お白洲に引き出してかな?
 いや。こっちの方も「桜えびのかき揚げ載せ」の方がいいんですけどね? 
 まあいいや、モリかカケの上に桜エビ、それにお白洲ご飯!を添えてーー。
 今日の昼飯はこれだね。

リバークルーズとは、格安衣料品探索の旅なんですかねえ!

冗談ではなく、腹立たしい展開です。「24時間経てば!わかる」なんて勝手な説明をしていたBAでしたが、今朝の、つまり事件が起きて34時間経つのに、何の連絡もなし。今日の午前中に来なければ、船に行くしかない。このまんま、バッグが本当になくなっちゃうなんてあるんだろうか?アンビリーバブル⁉️な展開ですよ。
  OTさん、ご心配かけます。チケットは、もう一つのバッグの底から出てきました。これでなんとか乗船できそうですが、持ってる衣類はジーパンを含めて2本、フリースを含めて2枚の上着、数枚のシャツ。仕方がないので、アムスのH&Mで下着を買いましたよ。これらのコスト保証はしてくれんのかなあ。
 でも酷いのは、相方さん。着る物もそうだけど、彼女が持つ全財産とも言える、金銀財宝類を全てこのバッグに入れてきたみたい。訴訟してでも取り返すぞ!誰か戦い方を教えてくださいね。BAよ、悔い改めるなら、今のうちやで!コノー!
   なんてね。それにしても、どうして無くなったのかなあ?ガトウィックーアムステルダム間なんて一番簡単なフライトだよねえ。積み忘れか別便に載せちゃった!が一候補。載せるまでに、飛行場のスタッフが盗んだとか、あるいはスキポールのターンテーブルから、誰かが持っていったとか  。BAは、載せ忘れと誤送の線だけで捜査しているけど、ここまで連絡がないと、ストールン案も有力やなあ。
  誰かこんな時の傾向と対策について、アドバイスして下さいな。それと保証の中身もね。BAとの戦いは日本帰ってからでもいいんかな?それにこのフライトはJALで買ったんだよね。JALにもクレームするかな? 彼らには、私たちをこんな目に合わせたことを深刻に後悔させてやる!なんてことは言わないから、早く探してよ ね。もう!

というので、アムステルダムでは、ゴッホにしか行けませんでした。混んでるよね。どこも。まあリバークルズですから、ドイツの町でもいろいろ買えるから、それだけが慰めかな。結局お土産など買えずに、格安衣料を捜して歩く旅に成っちゃうのかねえ。あらら! 

まだプロローグだと、いうのに相次ぐ事件!BAを訴えてやるぞ!コノー

なんてこったい!まだ本番が始まる前だというのに。しかもシナリオとしては最悪、C級のドラマだよ、ってねえ、バッゲージミッシング。ガトウィックからわずか1時間 のフライトで、着いたアムステルダムで、なんとトランクが1個だけ、出てこない!最悪の体験です。しかもBAのスタッフはおらず、代理店さんのお嬢さんだけだからアポロジャイスもせずに、住所は?メールアドレスは?住所はホテルのもよ!という感じで、空港でイラつくような体験をさせられました。見つかったら今日運ぶし、クルーズには間に合うでしょ!だって。なんかあったらここに電話をと、プリントした紙を渡されておしまい。今日は1日バッグ待ちだわな。このヤローめ。ブリテッシュエアウェイ、そうあんただよ!訴えてやる。
でもって、疲れた身体にビールでもと、到着したホテル、はいベストウエスタンプレミアクチュール。新しいホテルと期待したんですが、なんとビールどころか、お酒の販売が認められていなんです!だよ!もう怒る元気もなかったです。おかげで夜の10時過ぎだというのに、ナイトショップに出かけて、ビールとワインと、出来合いのオカズ!まあインドネシア料理風を買ってきて、遅いサパーですがな。まあイギリス風結婚式の感想戦と、相方さんファミリーの分析で、12時過ぎまで、盛り上がったんですけどね。
   でも安いよ!オランダ。これだけ買って20ユーロかな。3人、はい、相方さんのお姉さんが、同行してくれましてね。明日もこれで!というわけには行かんだろうけど。最後になって、満足して、寝ましたよ。
でも相方さんは、応援していたジョコビッチが負けて、輪をかけて不機嫌でしたけど。

今日はアムステルダム見物。昨日のジーパンをまた履いて、ゴッホ美術館やら、国立美術館やら、飾り窓、いやこっちは行きませんけど、ちょっとだけしか。かな。
あーあ、どうなることやら!大体、クルーズのチケットもロストバゲージの中だぜ。もう!クルーズに船にたどり着くのは一体、いつだろかねえ。
 混乱のアムステルダムからお送りしました。天気だけは良さそうだけどね。
 
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
本文
ギャラリー
  • ギリシャのカボタージュを調べてみました。外国船上でも税金がかかるんですね。
  • ギリシャに中国を見た。看板が中国語って、何故?
  • ギリシャ船主の結末に、我が日本船社のそれを見る?
  • MSCが、2000円で横浜~上海クルーズだって。いや、980円というのも出たぜ!なんだかすごいことになって来たですね。
  • 船上にカップヌードル! 日本風味はこうして守られた?
  • GSAが変わった? クリスタルの日本での総代理店から郵船が下りたんだって。
  • 旅の終わりは東横イン羽田でした。
  • 今日は岡留さんの訃報に思うことを書きたかったんですがね。PBは本当のことを言って下さいね!
  • 2019年1月が終わる。大過なくね。「平成クルーズ時代」も幕を引きつつある?
読者登録
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ