客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

サンディエゴ

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

ミッドウェイから、また悲劇は始まった。なんてね。ええ改憲とはまったく関係ないんですけど。

 反戦青年としては、やっぱり敵の動向も探らなけりゃね。
 てんで、なんとサンディエゴの停泊地は、あらら、空母ミッドウエィ博物館の隣だったんですね。

 今回のカリフォルニアの都市を巡るクルーズは、船上からの眺望もウリ!のひとつと聞いていたんですが、このミッドウェイに向かって行く入港シーンは迫力がありましたよ。
 こんなところに停泊するなら、散々な結果しか予想されなかったゴルフなんかやめて、空母見物をリストに入れておけば良かった、と深く反省したのでした。

 でなに? こんな写真に何の魅力が? って言われそうですがね。私が乘った船は結構高さがありますからね。潮風に吹かれながら、12階でビュッフェの朝食を楽しんでいた矢先の空母。飯食うどころか泡食って、すぐにキャビンに戻り、一眼レフを取り出して!というわけです。
 こういう角度から空母を、それもこんな近くから見るって、あんまりないでしょ? 
 軍事オタクさん!いかがですか?

 でも甲板に並んでいる飛行機って、あんまり新しそうじゃなかったですね。でもって、博物館見物は諦めて、遠くに見えるあのコロナド大橋(って、僕が勝手に命名しただけですけど)を渡って、悲劇のゴルフ場に向かったわけです。
 でもって玉砕! わが日本軍の運命と同様、ミッドウェイは悲劇の舞台だったんですよ。なんてね。

 ですがね。撮影していて思ったのは、朝鮮戦争やベトナム戦争の主役で、横須賀を睥睨してたこの空母ですが、全長296mもあるんですね。最近建造される「大型豪華客船」は、ようやくこの大きさに到達し、抜いたに過ぎないわけで、こんな船を持つ国と戦争させられるなんてねえ。我が大日本帝国海軍の悲劇を思うと、涙が…。ええ、目玉焼きの黄身が割れただけですけど。

 いやあゴールデンウィーク前の一触即発状況も、帰ってみれば過去の話。
 まあ僕は北の挑発も、米韓軍事演習が直接的な引き金になっていて、それに韓国の大統領選もありましたから、それまでの虚勢だろう、ぐらいに思っていましたからね。案の定、演習が終わったら、戦争前夜ムードは後景化して。

 でもって、残ったのは、改憲! ですからね。
 何から何までアベチャンの狙い通り? そしてまた金さんは、ミサイルをぶち上げて、今度は成功して見せ、「脅威は続いているんだぞ!」と宣言なさる。ほくそ笑むのはアベチャンだけなのにねえ。彼らも必死なんだろうか?
 
 そして流れは、憲法9条への「自衛隊明記」、すべてを2020年をターゲットに!と、また大きく歩を進めたんですね。
 あらら。いけないんだ、いけないんだ! ですよね。

 でもアメリカに行ってこんな写真を撮って来て、沖縄で反基地闘争に参加しよう! なんてかいたら、共謀罪にでも問われるようになるんかな?
 いやですね。僕はこの写真を掲載することで、反戦闘争へ! じゃなくて、アメリカと闘っちゃいけませんよ! と書くているだけですからね。もちろん共謀!なんて意図は全くないんですから。本当にね。
 
 でもこんな思いがけない光景にいきなり出会えるのもクルーズです。
 みなさん、クルーズはいいですよ!はい。

IMG_3606IMG_3604

すごいですね。Ubar! クルーズの発展を約束させるシステムです???

   いやあ、なんとも不明を恥じるというか、ほんとうにビックリしましたね。
 これが普及すれば、クルーズは大いに栄える!なんてね。

 今度のアメリカ旅行で一番驚いたのは、ウーバー(uber)サービスです。知っている人は知っている! つまりスマホによるタクシー配車サービスというんですかね。

 会員登録とカード登録をしておけば、いつでもどこにでも、タクシーというか車がやってきてくれて、目的地にまで届けてくれる。しかもタクシーに比べて圧倒的に安い価格で、現場での支払いも要らない。この車の運転手は、善良な一般市民の皆さんで、配車側も登録しているんですね。しかもアメリカなのに、日本語でのアプリ操作で全部済んでしまうんだから、こんな便利なことはありません。目的地を英語で? 言う必要もない!

 実は、今回サンディエゴでオプショナルツアーではなくて、日本からゴルフ場を予約して、ゴルフをやったんですがね。メンバーの中にロサンゼルスに駐在中の息子さんを持たれる方がいらして、このウーバーサービスを利用したんです。というか彼も初めて使ったんですがね。

 でもって、港の入り口で待っていると、数分で、妙齢の女性が運転する車がやってきて、ゴルフ場まで一直線! 車は何人乗りかを指定出来て、何色の車で、運転手は誰それと教えてくれるだけでなく、「ピックアップ地点への到着まで、あと5分!」なんて常に現在地を教えてくれるんだから、まさにIT社会の申し子みたいなアプリなんですね! びっくり!ですわ。

 でも、すぐにこりゃあ日本では難しいだろうなあ! と。つまり規制社会ですからね。免許だ安全だ!と国交省辺りの巨大な抵抗で…。って、アメリカで2009年に始まって、すでに欧州や中国に普及してるんですけどね。世界はどんどん先に進んでいる!

 でもってソフトバンクの孫さんが、中国の配車会社に出資するなんて記事が、今朝の新聞に出ていましたが、こんなのも実際のサービスを体験していなかったら、目にも止まらなかった記事だったと思うんですよ。

 いやね。個人旅行を旨として生きて来たボク、ってちょっと大げさですがね。
 にとって、クルーズ旅行の最大の悩みは、空港やホテルから港への交通手段なんですよ。
 つまり大きなトランクを抱えて、しかも4人で出かけるなんてことになったら、車の車種の特定だっているし。というんで、いつもクルーズ会社のお迎えがあれば、それ。なければ、現地のインバウンド会社への予約によって、確保しておくというストレスフルで、かつ高額なサービスを前提にしていたんです。

 今回だって、日本系のタクシー会社に、空港からの出迎え、ホテルから港まで…、と言う具合で、計300ドルくらい、遣ったかな? いや下船港から空港への船会社への輸送サービスを含めると450ドルくらいになりましたよ!
 いや船に間に合わないとマズいですからね、わざわざ出発港で前泊するなんて慎重な行き方をしますからね、それを考えると、今まで使って来た金額は膨大なもの! までは行きませんけどね。とにかく大きな出費とストレスを抱えていたんですが、アララ! ですよ。
 
 もうこれなら、次のクルーズでは、船だけ予約して、あとはウーパーで空港から船まで! ってまた行くんかい、あんた。
 でも、都市を巡るクルーズなら寄港地でも使えるから、オプショナルツアー要らずでもあるね、これ。

 わが同行者たちは、サンフランシスコで早速、ゴールデンゲートブリッジまでウーパーで往復していましたからね。ぼくら? 指を咥えて見ていましたよ。チャイナタウンまで山登りに近い行程の徒歩ツアーになんて出かけたりしてね。はい。

 にしても日本では???、というんでネットで現状をチェック! なんかもう「日本でウーバーが成功しなかった理由」なんてスレッドが立っているようで。案の定、またこの分野で、敗残国? 後進国に追いやられている。
 というか、東京でも、使えないわけではないけど、いわば、面白がりマニアのニッチな活用くらいの話になっていて…。

 もちろん問題点は、予想通り! 規制、安全、免許だの、保険だのといった言葉が並んでいて、事業を始めようとした会社の反政府的態度まであげつらわれていて…。
 確かにタクシー業界は猛反発するだろうな、と思った通りの展開のようで。アララですね。いい国ですニッポン! 
 
 でもこれって、すばらしいビジネスチャンスやないの! 孫さん、日本の制度に風穴あけて下さいよ。でも考えてみると、ボクってもう、日本じゃタクシーなんて乗らんし、道路に立っていれば、すぐに車は拾えるし…。地下鉄だって網の目のようだしねえ。

 いや、これからは介護の時代! 福祉タクシーの需要だって、なんて考えるけど。
 その場限りの需要対応はするけど、「ITを駆使して」なんてことにはなっていない。なんでも規制が先に来るんですよね。
 こりゃだめかもね。
 
 それにボクって、スマホも持っていないし。まずは、そこから始めるんか、あああ! だね。 

沖縄移住の選択肢が出て来たかな? 沖縄クルーズだけは成功させて欲しいですね。

   いやねえ。今何を考えているのかと言えば、ぼんやりとですがね。「そうか引っ越しをしてもいいのか?」ということです。

 具体的にどうするというアイデアがあるわけではないんですが、わが相方さんの御母堂がなくなり、今の地にいなければならないという積極的な理由がなくなって、引き払ってもいい、という選択肢が出て来た、ということかな。
 とはいえ、今は、何処そこにゆきたし! という思いもないんで。
 つまり、住む場所が自由に選べる? と、いつもの思い付きに過ぎないんですけどね。

 50代のころには、リタイア後は海外移住もいいかな? と、バンコクやシンガポールをそんな気分で歩いたこともありますが、例えばバンコクのスクンビット。はい日本人が沢山住む、マンション群のある街ですが、2,3回訪れるうちに、なんかなあ! の感じになって来て。

 まあ今なら、メルボルン辺りが、と思いますが、きっとここも2,3度行ったら、アラも見えて来る?
 ということで、最近は、現在地を離れて、もっと小さなフラットでも借りて荷物を置いておいて、あとはフラフラと、半年ぐらいづつ…。いろんなところに行ってみたいという感じかな?

 つまり大橋巨泉型生活なんかを夢見たりしてるんですが、彼の場合、居住地を転々と変えることによって、所得税を逃れようという意図があった、なんて「日刊ゲンダイ」に出ていて。なるほどな! ですがね。所得税なんて払ってもいない、僕の動機からは除外、ですね? と思ったりしています。

 となれば、国内移住。やっぱり沖縄? ですよね。
 まあ朝鮮半島有事となれば、嘉手納辺りは一番先にミサイルが飛んでくるんだろうけど、ここだったら米軍さんは意地でも守ろうとするからね。安全かもしれない? なんてね。

 嘘ですよ。
  大体、ここに米軍基地さえなければ、金君だって貴重な原爆なんて落とさんだろうし。平和で安定した生活を続けて行けるんだろうと思いますけどね。

 再来週から乗船するクリスタルクルーズの親会社さんは、はい沖縄クルーズのパイオニアであるゲンティングループになっちゃって、ですね。
 急激な事業拡大に集客が追いついていないのか、昨年ゲンティンは数百万ドルとはいえ、赤字決算だったみたいで。
 
 飛行機やらヨットやら、リバークルーズやら。そしてクルーズ事業も大衆クルーズのスタークルーズからゲンティンそしてウルトララグジュアリーと称するクリスタルまで、積極投資に出ていますからね。まだ全貌がはっきりして見えてきていない中で、期間決算で赤字と言うのは、ちょっと不安ですけどね。

 かつてスタークルーズの経営を任されていたアウさんが、経営に復帰したみたいですが、この会社変わり身も早いですからね。
 って、でも、ここまで事業を拡大すると、なかなかねえ。
 
 まあゲンティンがどうなってもいいんですが、沖縄というか南西諸島にクルーズを定着させて欲しいというのは、スターがこの地に登場してから、私はずっと思っていたんですよね。
 「那覇はマイアミと緯度が同じだから…」なんていうと、船会社の友人は「台風が必ず来るし、冬場は海が荒れる」なんて論争を繰り返してきたことを思い出します。

 日本で定期定点クルーズを実現するとしたら、博多と釜山を結ぶ日韓海峡と、奄美まで含めた南西諸島だ!と言い続けてきたわけで。
 東アジアの方はなんとか形になりましたがね。

 いま、台湾マーケットを造ったスターに続いて、中国人を乗せたゲンティンドリームが本格的に沖縄クルーズの充実に向かっているわけで。日本は、いいんかな? インバウンドだけで! と思わないわけでもないですがね。

 だからと言って、僕が何かできるというわけでもない。
 とうにそんな元気はなくなりましたが、沖縄、宮古、石垣あたりに移住して「クルーズ振興」の旗を振るのは、なんて思わないわけでもないですね。

 でもねえ。移住しても、オラが出来るのは、野坂昭如さんみたいに、酔っぱらって嘉手納の柵に取り付いて、ヤンキーゴーホームと叫ぶようなこと?かな。 やりかねないね。

 まあいいや。今度のクルーズから帰ったら、考えましょうかね。

 サンディエゴにも行きますからね。アメリカ海軍の基地にでも行って? ヤンキー!って。
 ああ、ヤンキースの田中君もなんとか活躍しだしたって、関係ないか? 
 それにサンディエゴは、パドレスだったよね。
  

カリフォルニアでの決戦が決定! いやサンディエゴのゴルフ場予約が出来ただけですがね。

  大本営発表ーー日米は本日10時、東太平洋近くの西海岸地区で、世界の覇権をめぐる決戦に突入した!
 敵米軍は、スタントン砲などICBM級のミサイルを持ち、防御も鉄壁なれど、わが日本機動部隊の精鋭は筒香、中田の日本流小型スカッドで対抗、激戦に突入した!!

 なんてね。はい、メディアの喧伝する「日米決戦」なるものが、もうすぐ始まるようですね。でも、好きですね。こういうの。こういう日があると、まさにリタイア者にとっては、心の満足を感じられるわけで、さっさとテレビ桟敷に移動しましょうかね?

 にしても、WBCですか? まあアメリカ本土まで攻め込んで、わが日本軍は頑張れるんでしょうかね? と書くのが普通なんでしょうが、これもメディアのフレームアップというか、「実力では敵わない」なんて書いたら視聴率は取れませんからね。
 
 でも、どう考えても我が軍に利あらず? 
 敵アメリカ軍内深くに送り込んだイチローやダルビッシュら諜報部隊の追加招集を図って置けば、なんとかなったろうけど…。
 まあ敵軍の狙いは、ペナントレースの盛り上げ。つまり国威発揚よりも各企業の利益でしょうからね。我が国が送り込んだ精鋭は、マッタク機能せずでしょう。でも、国賊めなんて、言わんでね。

 なんてね。こんなきな臭い大本営発表になぞらえるほどの「決戦」ではないでしょうけどね。
 でもねえ。朝鮮半島を巡る米中韓、そして北朝鮮の方はなあ!
 なんかなあ、トラちゃんとジョンウンさんのお遊びに付き合いたくはないんですがね。

 平和ボケ太郎の僕としては「平和を愛する諸国民の公正と信義を」信じてますからね。北が日本や沖縄に向けてミサイルを打ち込む!なんて事態にはならんとおもいますけどね。
 つまり中東辺りで、アメリカが爆撃するようなイメージの戦争と東アジアの「戦争」の展開はかなり異なると。北が核を持ったことで、核なき中東へのアメリカのアプローチとは相当異なるものになると思うんですよね。

 いくら派手好きのトランプさんでも、大統領になったばかりで、まだ、なんにもしないうちに、核のボタンに触るようなことはしないと思いますし、まして中国は自分のお膝元、どころかほとんど自分の領土とすら考えている北で戦争が勃発するのは避けたい、と思うんじゃないかな?

 金正恩は偉い! これで、東アジアにおける全面戦争は、当面は回避されたと思いますよ。「軍拡を背景にした平和」 ーーそんな状態がしばらくは続くんでは?と。
 随分楽観的ですね。はい。昨日のニューヨーク市場が暴落していて、あんまり心穏やかではないですし、こんな一触即発の緊張状態は、とても耐えがたいほどに、いやですけどね。

 そのうち、軍や軍事産業が尊敬され、背中につっかい棒が必要なくらい反り返るひとが出て来る時代がくるような気がします。今アメリカに行くと空港でも、軍人は優先的にイミグレを通過できたりして、なんかなあの景色に出会ったりしますけどねえ。

 でどうなるか? というか、どうすれば? ですか! もちろんゴルゴ13ですよ。幸いスナイパーの「デューク東郷」さんは、日本人ですからね。平壌に潜り込んでも目立たない。潜入は容易ですからね。
 目には目をですよね。って何書いてるんだろうねえ。あんた。アホか! すみません。

 はい5月のクルーズ中にゴルフをする話です。サンディゴで、ですけどね。確保できたようです。パブリックでないんで高いし、ちょいと市街地より遠いんですがね。まあキャンセル可ですから、本命が取れれば、乗り換えるということで、まあ予約だけでも。

 ちょっとスタートが早いのも心配なんですが、港にタクシーを待たせておけば、30分以内で行けそうだから。
 にしても、ワレ、ゴルフから撤退し、すでに5年! 矢尽き刀折れ状態なのに、グリーンなんかに出ていいんかな?

 いいんです! 船の上にはゴルフ練習場もあり、キャロウェイだったかのゴルフ教室もありますからね。クルーズ中はカリフォルニアの洋上でゴルフ練習に勤しみ、さあ、サンディエゴ決戦に赴かん!
 って、靴も捨てちゃったからなあ! 買うのも悔しいけど、サンフランシスコのナイキ辺りで調達すればいいかな?
 なんだかクルーズじゃなくて海外ゴルフツアーに行くような気分だね! 
 ロサンゼルスでの日米決戦じゃなくて、サンディエゴでの日日内戦だねどね。まあいいか! 
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • ギリシャのカボタージュを調べてみました。外国船上でも税金がかかるんですね。
  • ギリシャに中国を見た。看板が中国語って、何故?
  • ギリシャ船主の結末に、我が日本船社のそれを見る?
  • MSCが、2000円で横浜~上海クルーズだって。いや、980円というのも出たぜ!なんだかすごいことになって来たですね。
  • 船上にカップヌードル! 日本風味はこうして守られた?
  • GSAが変わった? クリスタルの日本での総代理店から郵船が下りたんだって。
  • 旅の終わりは東横イン羽田でした。
  • 今日は岡留さんの訃報に思うことを書きたかったんですがね。PBは本当のことを言って下さいね!
  • 2019年1月が終わる。大過なくね。「平成クルーズ時代」も幕を引きつつある?
読者登録
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ