凄いですね。我が同胞。
 錦織君が、ランキング3位のチリッチを下してベスト4に上り詰めたようです。
 このあと伸び盛りのズベレフ君と当たるので、決勝に出られるかどうかわかりませんが、待ちに待った復調!ですよ。

 大谷特急が停まっちゃって、国粋主義者たる僕としてはちょいとグルーミーな日々がやって来ていたんですが、ここで錦織4強! でもって全仏へ期待が…。って、やめましょうね。まだ、そこまで復活しているとは、なあ?
 
 はいモンテカルロオープンです。モンテカルロってどこだっけ?
 ああ、モナコの首都?というか。イコール「国」みたいな大きさだったね。でもって、グレースケリーの嫁ぎ先。レニエ大公も試合見物には来られていたみたいですね。

 WTP1000点の大会だから、勝てば20位くらいに入ってくるでしょう。でも、ドイツのズべレフ君には、こないだコテンパンにやられましたからね。
 ドイツを倒せ! じゃなくて、ここは素直に錦織君の復活を喜びましょうね。

 でも、モナコですか? こちらもあと2週間とちょっとで、フランスへの旅立ちですからね。
 GAORAの映像に出て来る地中海のキラキラした美しい海を眺めて、気分は大いに盛り上がっているんですよ。実はね。
 大谷君がチャレンジしているアメリカ国もいい雰囲気ですが、別に憧れの国でも、世界最強国でもないんだぞ! テニスじゃあんまりいい選手は出来ないじゃなん、なんてね。

 でもねえ。実は昨日の午後見たNHKのワールドニュース! このニュースで気分は落ち込んでいたんですよ。
 はい、パリの国鉄労働者の争議の映像ですが、なんとシャンゼリゼを封鎖して、街頭闘争? みたいな光景で、なんかなあ!ですね。 
 これじゃあ、パリ行きは無理? なんだろか、と心は沈む一方というわけで。
 
 まあイギリスの旅行会社リビエラ・トラベルというんですが、そこからのアナウンスも来ないんで、今は「まあこのまま、このまま」な気分ではいるんですが。って、この会社、出発2,3週間前には詳しいアイテナリーを送ると言っていたんですが。まだ「2週間前」までは時間があるし…。かな?

 でどうするの、あんた? ええ相方さんとは、とにかくロンドンまで行っちゃおうよ、とね。
 全日空のロンドン便の往復は取れていますからね。飛行機には乗ります! 
 そのあとマルセイユ? リヨン? だめならそれこそモンテカルロにでも行きますよ! ここってフランスじゃないでしょ?
 鉄道は走るの? そうか。

 ならドイツやベルギーかスイスにでも足を伸ばすか? どうやって? そっちも鉄道でしょ!
 ウーン、なんとかなるさ。ね。
 そういえば、I.Tさんがドイツの情報として、トリーア市観光局が、カールマルクスの肖像をデザインした0ユーロのお札を3ユーロで発売したら人気がでちゃって、大増刷する、とのニュースを流されていましたね。

 マルクスは1818年にこの町で生まれたんですが、5月5日が誕生日なのかな?つまり生誕200年ですわね。
 もしフランスが混乱していたら、トーリアとかに出かけて、この札を買って、そのあと、マルクスさんが活動したロンドンでも訪れて…。でもいいかな?

 でもマルクスさんは、なんて言うだろうか? お札のデザインの紙を刷るだけで、ただの紙が400円の価値を生むなんて! いやそのうちプレミアムがついて、30ユーロぐらいにはなっちゃうかな?
 お土産に何枚か買ってくるかなあ
 それって、剰余価値? いや贈与価値だよ、なんてね。

 まあいいか。でも、私ら本当はドイツじゃなくてフランスに行きたいだけなんだよね。
 フランス国鉄労働者よ! しばらく「団結」はやめましょうか? ね。