客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

フェイクニュース

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

入管改革なら、一番先は国内船の解禁。フェリーに外国人クルーを!ってどうして出てこないの?

 もうフェイクって当たり前の習慣! になっちゃったんですかね?
 「日本人と同じかそれ以上の労働条件で」なんて、わざわざ外国人労働者を連れて来る時にそんな条件で雇うはずもないことを、アベソーリは宣わっているのにメディアは、それを叩きもしない。スルーです。

 今朝の東京新聞がシャープの亀山工場で、「日系人労働者が、1000人も雇止めされていた」なんて記事を載せていましたが、ブラジル系かな? この人たちの労働条件も、「家賃や前貸金の返済でほとんど残らない」給与体系の上に、突然「雇止め」。つまり労働力のバッファーなのかな? 解雇なんてされているのに、そんなもんかとスルー? ですからね。
 でもって入管法をが改正されるこれからは! 日本人と同じかそれ以上の労働条件? まあ、そのうちに日本人の給与が引きづられて…。同じになるからいいんです! ですかね。

 でもねえ、こんな話は為政者ばかりでなくてね。
「新造船」いやこのブログでは、昨日から「大本殿」か? いわば「造る造る詐欺」? なんですかねえ? 彼らはユーキャンじゃなくて、Icanだったか、金科玉条でもある反核運動の同調者みたいな団体であることを、PR材に使っているようですが、大本殿建設に賛同した善男善女に謝ることもなしに、計画の頓挫を覆い隠す? 
 これって嘘っぱち政策のアベッチとどう違うんだろね。
 あきらかにフェイクだよね。出るとこに出て釈明しなよ。

 「別に国内で販売すると発表していませんから…」ですか? でもねえ、何人か知らんけど、お金を払って申し込んだ人はいるんだし、昨日の書き込みでは、9月以降のキャンセルについては、返済も遅れがちなんて情報もあります。このまま20年五輪の狂騒に紛れ込んじゃうつもりじゃないでしょうね。

 こうして。左翼は嘘つき!みたいな刷り込みがまた行われるんでしょうか? この事件はピースボートにとって、その存続を掛けるべきスキャンダルだと思いますけどね。
 ただ、まだ予約をお持ちの方に言っておきますが、2020年までに新造船を建造する! という話は、フェイクでしかない。まだ予約中の方がおられたら、今すぐにでもキャンセルするべきだと思いますよ。

 なんてね。こんなこと書くつもりじゃなかったんです。ええ、入管法の話です。このところ「造船・舶用に2万人」の話への疑問だけを書いて来たんですがね、強制連行?じゃなくて、しかも労働条件も日本人並に!というんであればね。アベッチの話がフェイクでないなら、僕は反対じゃないですよ。

 ですがね。何故この話が出て来ないのか?と疑問に思うのは、海上労働者。つまりクルーの雇用に門戸を開けという声も、計画も出て来ていないのは何故? なんですかね。
 つまり、いま内航フェリーのクルー、つまりサービス要員は日本人以外に認められていない。これって労基法よりも船員法。つまり国交省の所轄の話なんで、官邸の菅さんも気が着かないのかな?なんて思っているんですがね。

 いま、フェリー会社に行くと燃料油高の話と、運航部の日本人クルー、それに食堂やベッドメイクの担い手がいないとぼやかれるんですよね。
 でもって、例えばフェリーだったら、入港中にベッドメイク、夕方1時間半くらいレストラン。そのあとすぐにでも、レストランは閉めて、お風呂のお掃除だのって。船上女工哀史もかくやと思われるような、過酷な労働が強いられていますね。だから成り手もいないみたいですね。

 外国人採用が認められるんなら、日本船のクルーに門戸を開くのは、いわば一番先の職種だとおもうんですがね。
 だいたい、日本の船会社はフィリピンあたりに船員教育機関も持っているし、船を外国籍にして運航している大きな要因のひとつにクルーの多国籍化があって、日本籍船はどんどん減っている。
 ですから船会社には、外国人雇用のノウハウは一番あるんじゃないですかね?

 まずはフェリーで解禁。なんでそんな話にならんのだろうか? 
 それに日本籍のクルーズ船もですよ。今でも、クルーは運航部も含めてフィリピンなどの外国人が多くなっていますがね、この分野だけは特例で勤務出来ていても「60日ルール」とかで、60日に一度は海外に出ることを条件にしています。無理矢理船を海外に出して、ワンタッチさせたりして、その分船会社には負担になっている。

 でもって、これからは外国人でOK!となればね。
 そう、業種指定に内航船、フェリー、クルーズ船を入れましょうよね。
 街中のレストランに外国人アルバイトが多いのに船だけはダメ? って。別に解禁して採用は個々の船会社の判断に任せればいいじゃないの、ねえ。

 国際化は海から! ですよ。これなら左翼も右翼もない! よね。

我が家にもロボット君が。別にネスカフェのコーヒーメーカが来ただけですけどね。

   我が家にもついにロボット君がやってきました。
 名前はドル君(写真)。はい、ネスレ国からやって来たんですが、こいつスグレものですよ。背中に水を入れて、小さなカートリッジを装填し、スイッチをいれると、わずか数秒でコーヒーが出来上がる。

 アメリカン、レギュラー、エスプレッソ、カプチーノからお抹茶、ティオレだって出来ちゃう。
 ボタン一つで、コーヒー!ですよ。このドル君。ドルチェグストという製品名だそう、だから「ドル君しようか」が、我が家の合言葉になっただけですけどね。

 何がいいかって、掃除いらずなことですね。カートリッジを入れ、背中に水を入れるだけですからね。リタイア生活に入った我が家ですが、相方さんのお友達交流が増えて、わたくしも、家にひとり取り残される生活が増えて、ポカンと大リーク中継なんかを見ているとき、「あっつ、コーヒーのみたいな」なんて。そんな時に「違いの分かる」憩いの時を提供してくれるわけで。
 ますます「我が暮らし」充実へ!ですね。

 にしても家庭にもロボット君がこんな風に、どんどん入ってくるんでしょうね。まだ買ってないけど、我が家にも、お掃除ロボットもやってきそうだし、そのうちマンションの内装なんかも、キッチンもロボットが使いやすい仕様に改められて行くんでは!なんて思いますね。

 そしたら、昨日の東京新聞に「ネスレ、ビール業界に進出」の広告。あらら。写真を見ると大型の殺虫剤のスプレーのようなノズルで、泡立つ黒い液体をグラスに注いでいるじゃないですか。
 「アイスクレマ」のネーミングもいいし、やっぱりビールは生でないと、あの細かい泡立ちは缶ビールじゃ期待できないよと、すっかり買おうか気分になっちゃったんですよね。
 黒生はこれから旨いしな! フーと、しげしげ広告を眺めたんですけど…。

 ん? でも、なんかへン。
 でもってじっくり広告を読むと、下の方に、「今日はエープリルフールです」だって。 
 なんことはない、エイプリルフールに乗せられただけで、これは新発売なのかな? アイスコーヒーサーバーの宣伝だったんですけどね。コンニャーロメでした。

 ですがね、良く見ると実は、その見開き紙面が全部フェイク。2020年の東京五輪に新種目「借り物競争」。「忖度」で土地を借りたり買ったりするタダ乗りやゴネ得競争を争うとか、愛国度を競う「愛国マイレージ」とか。記事自体は、あんまりおもしろくないけど、まあなあフェイク新聞ばかりが流行る中、しばらくすると、本当にこんなフェイクばかり並べたメディアが出て来る?
 いや、もう「日刊フェイクニュース」なんてもう始まっているのかな。

 一昨日まで、産経さんと東京さんの新聞が入っていたんですが、同じ話でも、書いている内容は全く違いますからね。
 産経愛読者さんと東京愛読者さんは見ている世界も、住んでいる世の中も、世界観なんて大袈裟な話を持ち出すまでもなく、「金太郎あめニッポン」は、もう崩壊しているんかな?と思うばかりです。
 つまりメディアの世界も、すでに壊されてしまって。 これもアベッチ所為なんでしょうか?

 本日付け「東京」の世論調査の首相支持率は、42%で、少し戻しているようですが、大見出しは「佐川証言72%納得できず」です。産経だったら、きっと「40%台に回復」なんて大見出しを打つんでしょうけどねえ。
 まあ、これでアベ政権も「小康」? 私は、ご「焼香」したかったんだけど、しばらく先ですかね。

 それより、昨夜、私に実名で送られてきたメーㇽの方が衝撃的ですね。ピースボートがエコシップの就航スケジュールを消したパンフを作られているとか。

▼きょう、新年度(2日)から使うエコ・シップ関連のパンフがピーセンに到着。主な変更点は、次の通り。
・今後、エコ・シップのクルーズの相談は、PBでは受け付けず、ジャパングレイスに振ること。
・参考までに送られてきたエコ・シップの早得割引価格表(6月21日まで)から、出港日は一切消えて
・第1回エコシップアラスカ航路世界一周
・第2回エコシップ・ヨーロッパ南米コース
・第3回エコシップ・アフリカ南米コース
と呼ぶそうな。
つまり、船の建造が遅れても、いいようにする為の用意か?(エコシップのデフォールト宣言はせずに)、これからは、建造が遅れる、又遅れる、・・・といい逃げる為の布石?▼

 だそうで、転載のご了解を得ていないのですが…。まあいいんでしょうけど。
 どうやら、こちらの方もフェークですかねえ。まさか「エイプリルフール」ではないでしょうけど、追い詰められていますね。こちらは。
ps.世論調査は、共同通信でした。訂正し、お詫びします。

IMG_1626

三菱さんの東芝化を防ぐためには、早めの国営重工化かもしれませんね

  なんやて? こんなことまでフェイクだったんかい?
 怒り心頭やで。おかげで私の株資産評価額は、30%減? トランプさんに損害賠償を求めましょうかね。

 って、カールビンソン君、まだインドネシアにいて、朝鮮半島までやってくる可能性はないみたいですね。依然として「月末までには…」なんて、軍事と反中・反韓マニアの産経新聞は書いてますが、月末というのは、27日の健軍記念日でしょうか? 

 このころには、北を刺激しまくった米韓合同軍事演習も終わるし、まあ北は「毎月ミサイルは打つよ」なんて言っていますが、ブラフでないにしても、そんなの泡の消えたビールみたいなもので。
 トランプ演出による朝鮮半島危機劇場も、団円に向かって行くんでしょう。

 僕は、危ない日本列島を抜け出してアメリカ西海岸から様子見を決め込むつもりでしたが、意味なくなっちゃったね。はい。
 だいたい、今日付けの産経は、CNNの経営者のマドック氏にインタビューして、トランプ登場で、「選挙が終わっても、ニュースは消費され続けている」と満面の笑みを浮かべている姿を掲載したりして…。
 まったく幼気な僕たちを翻弄するトラちゃんとメディアの出来レースに完全に乗せられていたなんて。

 それにもう一人ほくそ笑んでいるのは、森友劇場から逃げおおせつつあるアベチャンかな? しかも、日本の防衛強化や、憲法改正への地ならしも実現しつつあるわけで一石三鳥の朝鮮半島危機だったわけですね。
 支持率も急回復。やられっぱなしですね。僕たち! 怒れ! というか、呆れてものもいえない。したたかですね。まったく。

 昨日の話の続きじゃないけど、官僚たちというか為政者達にとっての不況対策って、危機の演出が一番ですからね。「国家の力」を意識させることで、彼らのプレゼンスを高めることが出来る。
 ほんとうに、アホらしいわ!

 なんてね。「まあいいですけど…」と今日は書きませんよ、真実を見極める目を持ちましょうね!

 でもって、昨日、日経電子版を見ていたら、動画配信も始めているんですね。この新聞。宮永さんのインタビューを報じていました。ええ三菱重工さんですよ。忘れちゃいやですよと言う感じでね。
 テーマは原発事業への取り組み、MRJの言い訳、それに客船建造でしたね。

 にしても、原発もMRJも日本国政府からの支援を引き出したいという鎧が透けて見えますね。
 確かにこのまま進んだら、三菱重工も東芝化する懸念、どころか、もう一歩も二歩も泥沼に突っ込んでいます。

 政府にしたって、このまま三菱さんまで原発撤退! となったら、日本の原発の後処理すらできなくなるし、日本の産業の未来のように見えたMRJだって撤退なんてことになったら、日本国の産業政策すら危ういものになる。

 「売上高5兆円。いや6兆円まで大きくなれば、なんとかなる」と、もう論理性のある回答すら語れなくなっている 宮永さんで、本当に大丈夫なの? と、インタビューを見ていてちょっと怖くなりましたがね。
 客船? 「取り組みますよ。でも絶対に赤字ではダメ」なんて言っていますが、ボコッと一隻造ったって、赤字になるのは当たり前なんで、年間3,4隻の連続建造体制ぐらいの想定をしなけりゃ。また「クラスターがなかったから失敗した」なんて清算的な総括しか出てこないよ。クラスターを造るというのがAIDA建造の際の目論見だったんじゃあないですか?
 
 あそうか、原発もMRJも国の支援が入るなら客船建造だって国営化すればいいじゃん!
 MRJじゃないけど始めてしまえば、「産業の近代化!」を目指すなんて感じで、言い続ければ、なんとかなるって。

 金王朝ならぬ宮永王朝さんなんだから? アベチャンの庇護の下での国策重工業色を濃くして行けばいいわけでね。
 その中に客船も入れてもらいなさいよね。 

 三菱の造船の近未来は、長崎造船工廠ですって? カールビンソンぐらい自分で造るようになりましょうね。
 
 って、今日は朝からフェイクニュースでした。
 ところで株は買いですかね? 今日は。 

フランスファースト! ルペンは勝つんでしょうかね?

  なんだか、どうしても戦争をしたいみたいですね。T.Iさん。

 朝鮮半島と日本で、死者20万人? 戦争のあとは、核汚染され10年間は立ち入れず? いやサリンが漂いーーなんて近未来を想定されているんでしょうか?
 だったら北海道に移住しましょうかね? 早いとこね 
 きっと5年後、日本の首都は札幌に移動し、南に展開していた自衛隊の敗残兵が、続々と北に戻り。日本はロシアとの同盟を強化する?

 いや、新左翼の過激派? それとも新興宗教のテロリスト? うん一向一揆みたいな農民蜂起が横行し? って、「1984年」よりも酷い未来が来るんかな?
 そして、地球上で核攻撃を受けた唯一の国として、日本は永遠に歴史に名を残し続けて行く?

 へへへ。フェイクニュースもいい加減にしなさいね。いくらトランプさんが向こう見ずでも、そんな未来予測がある中で、悪名を背負うような、つまり韓国や日本を歴史から消しかねない、無謀な選択はしないでしょう!

 だったら、あんたは、北のおデブ君に屈しろというの? 
 まあねえ。ここまで引きずっちゃったのが、まずは敗因。
 ですが、彼にきっちり責任を取らせることには、賛成ですけどね。ゴルゴ13の派遣ですかね。それが一番リアクションが小さい。というかassassinateに失敗して、北のおデブさんの「反撃」があっても、トラちゃんからすれば、「北からの攻撃への防御」、大量殺戮の責任は北にあると、歴史に刻めますからね。はい。

 なんて、こんなことを書いていると、また「政治のブログですか?」なんて叱られてしまいそうですが、昨夜「テレビ東京」で放映していた池上さんのニュースショーは面白かったですね。
 というかフランスのルペンさんを巡るレポートはなかなかでした。

 フランスの田舎町を訪れたレポーターが、移民とみられる若者に追いかけられて、車にいくつもキズが付けられるほど、石ころを投げつけられて、ほうほうの呈で逃げる。なんて映像でしたけど。まあ麻薬取引の現場に近づいちゃったみたいですね。

 でもこんな風景に簡単に出会えるなんて、フランス社会の疲弊ぶりは、ちょっとなあ?の感じでした。相方さんも、「こんな感じなの?」。「フランスに行きたしと思えども、これじゃ行けないわ」なんて言っていましたけど。

 僕がかつて、ちょろとですが眺めたフランスの田園や田舎町の落ち着いた美しい風景はどこに? とちょっとショックでしたね。
 取材の意図は、「トランプ現象がフランスでも!」という話にまとめようという雰囲気でしたけどね。つまり世論調査で支持率が低くても、物言わぬルペン氏支持者がたくさんいるのかも、という発想で組み立てているんだろうと思います。

 人心は必ずしも表に出てこない、というかーー
 「人種差別主義者とは言われたくないから発言はしないけど、このままのフランスでは…」なんてフランス市民社会の疲弊ぶりを描き出そうとしていましたけど。本当にそんな感じなんだろうか?
 もしかしたら、ルペンはEUの息の根を止めるかも知れんですね。でもってドイツでもネオナチ?
 まあフランスもナポレオン、ドイツにもヒトラー!なんて、経験がありますからね。

 にしてもちょっと遅すぎたかなあ? 南フランスの田舎を辿るリバークルーズですけどね。来年には、移民のテロ? あるいは暴動が頻発? なんて思うと予約を躊躇いますね。 って、まだ18年のスケジュールは発表されていないんだけどね。

 昔々、会社のお金でサンナザレ、ええラトランチックの造船所に行ったことがありましてね。それも2回も。
 クリスタルセレニティの進水、竣工式を取材するために、滞在したんですよ。付近には、広大な塩田の風景と、近在の小さな美しい田舎町。そのマーケットを散策した経験は、いまでも心に残っています。ほんとうにしっとりしていいところだったですね。

 あの造船所も、韓国資本STXを経由して、フィンカンチェリ、つまりイタリア資本の傘下に組み込まれるようですが、まあ造船所がある限り、フランス人の雇用は継続するでしょう! かな? いや、あすこにもアフリカからの移民労働者がやってくるんでしょうか?
 どうやら、欧州も「激動の世紀」に差し掛って行くんですかねえ?
 いやですねえ。

 なんか、グローバリズムって、正しいと信じて疑わなかった理念だったんですけどね。僕はこれは
インターナショナリズムである! と言い換えて、資本が国境を乗り越えて行こうとしている運動を歓迎して来たんですがね?
 でも、アメリカファースト! フランスファースト! ですか?

 もう日本はとっくにジャパンファースト? いや、ジャパンセカンドくらいでとどまっているのを良しとするしかないんかなあ? 韓国はサード? アホか THRRDやないか、ね?
 

じゃあ、紙おむつやコンド―さんはどうすんでしょうかね? ええ、世界一周クルーズの話ですけど。

  まさかの展開! 昨日、苦吟して書き込んだウォシュレットの話題で、ここまで盛り上がるとはねえ。みなさん同じ悩みを抱えているんですね。
 船上でのセックスは? なんて楽しい話題ではなくて、シモの話と言えば、ウォシュレットのほうが切実なんでしょうか?

 じゃあ次のテーマはおむつですかね? もう、BSテレビを見ていると、そんな広告ばかりですからねえ。尿漏れとか。こういうことで悩んでいるって、あんまりカミングアウトしませんからね。でも悩んでいる方はたくさんおられるようで。僕はまだ大丈夫ですけどね。

 でも、例えば飛鳥2、いやピースボートでもいいですけど、尿漏れパンツとか、売店で売っているんでしょうか? ないとなれば、横浜で100枚も積み込む。おむつ用にもうひとつ旅行バッグが必要になる? まあ帰りはお土産を入れればいいんでしょうけど。

 なんて、いやこれひとつの商売になりそうですね。
 ブティックの片隅に? いやそれも無粋なんで、キャビンに申込書を置いて、届けてもらうとかね。捨て方にも、トイレに捨ててはいけませんとか。それ用の廃棄ケースが必要になる?

 昔、プリンセスのクルーズに最初に乗った時に、トイレにキャップ。ええ、はい。コンドームの自販機がありまして、友人が「何故、客船にコンドームなんて?」と船側に取材したところ。って、客船って高齢者ばかり乗っているというイメージがありましたんでね。

 そしたら「クルーのためです」なんて、お返事があったそうで、納得。だったらクルートイレに置けば…、ってどうでもいいか?
 でも、いまでもクルースペースにはコンドームの自販機でもあるんでしょうかね?
 オラだって現役だぞ! って、別にキャップはいらんけどね。多分。

 まあね。クルーさんの勤務体制って、4か月勤務、2か月お休みというのが原則。最近は3か月くらいで交代するようですが、まさに「月月火水木金金」ですからね。そりゃあコンド―さんぐらい必要ですよね。ってお相手は?
 現地調達でしょう。もちろん!

 一時期、そんなことに興味がありましてね。もちろん記事にはしなかったけど…。で、取材してるとだんだん、オフィサーさんは、何週間か、相方さんを船に招くことが出来るというシステムに変わりつつあるなんて、聞いて。妙に納得しましたけどね。

 当時、家族をお呼びすることは、日本の客船では認められていないというか、実行する人も少ない、なんて聞いたことを覚えていますが、いまでもそんなシステムはないんかな?
 こりゃあ、ブラック? まあILOあたりの規則には従っていると思いますけどね。確か一日の労働時間は? って運航部門は、3交代制というのは、良く知られていますが、サービスクルーなんかは一日10時間労働が基本なのかな?

 でも、もちろん船上ではお休みはないですよね。まあ乗船勤務後の休暇の長さを考えると、このシステムは悪くはないとは、思いますけどね。
 って、何の話だっけ? ああコン…。やめましょうか。

 まあ、最近カリブ海だけでなく客船クルーの悪行が随分伝えられていますが。乗客4000人、クルー1500人なんて社会が洋上に出現しているわけでね。まあ「いつもニコニコ、健康的で明るいクルー」なんて、「北京の空は青かった」みたいな話は、現実的でないと思いますよ。
「フェイクニュース!」や。

 って、今日は、最初何を書こうと思ったんだっけ。
 ああ、コンドームから始めて、日本船と外国船の違い。とりわけ世界一周などロングクルーズがまた始まると、余計その差を知りたいですからね。そんな話にしようと思ったんですがね。
 下ネタはダメだね筆が進まない。って随分進んでいますけど…。
 
 まあ、大型船と、いまや中型船や小型船に分類されるようになった、日本船の差を書こうかなとも。おもうんですが。紙幅が尽きそうです。

 ただ1000人を超えるようになった乗客定員を乗せての世界一周ってなあ? とは思いますけどね。
 まあこれもダイヤさんの話なんだけど、最初に乗ったアラスカクルーズでも乗下船に際して、ものすごい列ができて、人があふれて散々な思いをしたのを覚えていますが、シンガポールから日本にやってくるクルーズでも、鹿児島と神戸で、入国がむちゃくちゃ混乱して。オーストラリア人がでっかい声で「ridiculous!」だなんて叫んでいましたが、あんまり大きい船でいろんなとこに行くのは、止めた方がいいんじゃないですかね。

 その時も、ホーチミンに停泊するのに、船が大きすぎるのか、サイゴン川河口どころか、外洋の港でして、街まで1時間半くらいかけてのバス旅。下りて1時間ほど勝手に散策させられて、またバス!って、なんだよ! なんて、ほとんど「ridiculous cruise」だったですからね。

 はい、飛鳥2くらいが、ギリギリ。つまり、日本人に適した旅でしょう。これ!
 って、今朝は、下剤のせいか、今度は下痢気味です。イメージ壊れるねえ。ごめんなさい。

 
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • ギリシャのカボタージュを調べてみました。外国船上でも税金がかかるんですね。
  • ギリシャに中国を見た。看板が中国語って、何故?
  • ギリシャ船主の結末に、我が日本船社のそれを見る?
  • MSCが、2000円で横浜~上海クルーズだって。いや、980円というのも出たぜ!なんだかすごいことになって来たですね。
  • 船上にカップヌードル! 日本風味はこうして守られた?
  • GSAが変わった? クリスタルの日本での総代理店から郵船が下りたんだって。
  • 旅の終わりは東横イン羽田でした。
  • 今日は岡留さんの訃報に思うことを書きたかったんですがね。PBは本当のことを言って下さいね!
  • 2019年1月が終わる。大過なくね。「平成クルーズ時代」も幕を引きつつある?
読者登録
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ