客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

マスゾエさん

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

輸出フェリーですね。804隻中半分が船齢20年以上なんですって。あり得ますね。新規進出!

   すごい、すごい。昨日付けの、わがブログへのアクセス数です。
 やっぱり三菱重工さんの話に飢えている! というより、その動向を見守り続けているということなんでしょう。
輸出フェリー物語より、飛鳥Ⅲでもいいから客船建造の灯を消すな! という熱情のようなものなんでしょうか? とブログ子は思うんですがね。
 
 ですんで、もう少ししっかりした話が知りたいので、えええ、専門紙「日刊海事プレス」の記事を取り寄せて、鯨井さんの会見記事を読んだのですがね。昨日の一般紙なんかより、もっとはっきり、ROPAXの受注に取り組むと仰っているんですね。
 日経新聞なんかの書き方より、突っ込んでいます。
 「世界で運航されているROPAXは804隻あり、このうち404隻が欧州」「全体の半分以上が船齢20年以上で、代替期を迎えている」なんて、市場分析もされていて、どうやら本腰を入れるみたいですね。

 つまり日本向けは下関、欧州のフェリーは長崎なんて感じで、「船体を長崎で造って、艤装は下船で」なんてことも、あり得ると、話は具体的ですね。
 すでに欧州のフェリー会社との交渉も始まっているのかもしれません。

 確かに昨日も書いた通り、欧州の造船所は、大型客船の建造でどこも大忙しで、これら大型フェリーの需要にしっかり応えられないという話は聞いています。こんな風な需要見通しが描ける分野であれば、三菱さんの新規参入の機は熟していると言えるのかもしれませんね。でもって「年2,3隻の建造を目指し1000億円の売り上げ」って、まあ2.5隻体制に持って行ければ、なんとか可能な数字なんでしょうね。
 技術的にも、内装だけでなく、こういうフェリーは省エネや環境対策、狭い船内の配置など、かなり大変ですからね。長崎と下関を持つ三菱重工の強みが生かせる仕事とも言えるわけで、これで長崎存続は決まり! かな?

 がんばれ、がんばれですよ。今度は赤字にしないようにね、ですね。 
 僕も、かつてバイキングラインとシリアラインの両方に、ヘルシンキとストックホルム間で乗りました。フェリーというより、まるで客船という凄い船という印象しかないですね。スモーガスボードの夕食は不味かったけど。白夜の中を走る船外の景色は、鏡のような静かな海に白鳥が泳ぎ、本当にメルヘンの世界のような印象だったですね。

 まあ日本のクルーズ人口の統計で長年、海外クルーズと言えば北欧! 長い間北欧がトップシェアだったんですが、この北欧のフェリーが欧州旅行のパッケージツアーに組み込まれて、「ワンナイトクルーズ付き」と宣伝されていたために、人を集めたからなんですけど。最近は本物の、「クルーズ」の方で、もっと凄いのが沢山出て来たためか、ぐっと減っています。シェアだけでなく、人数もね。

 ということで、はい。来週からの北欧行きは、ストックホルムを出た後、次の寄港地がヘルシンキですからね。まあ船の外観と、人々や車の乗下船風景だけでも見ることが出来るかな? 今回は一眼レフを持ってゆくつもりはなかったんですが、やっぱり持ってゆきますかねえ。なんてね。

 でもって、三菱さん、客船の方はどうするのですか? 「縦割り風土の脱却や工程リスク管理の改善」ですか? あくまで船舶・海洋事業の仕事の進め方に敗因を求める姿勢は変わってないようですね。つまり「事業部制」という名の「縦割り」体質って、船のことだ! というわけですか?
 まあしょうがないわなあ。でも、他の事業部の技術者さんに仕事の管理を任せても上手くいかなかったのが、長崎の焼け野原の姿だったと、私は思うんですがね。
 
 でもいいです。わかりました。了解です。って、なんであんたがそこまで! えらそうに上から目線で。
 はい、私の前言、不用意で浅薄な言論を撤回します。
 反省しますので、客船もラインアップに加えて下さいね。客船事業の延命! お願いしますよ。

 えっつ? マスゾエさんも、あれだけ謝っているんだから! ってこっちは許しちゃいけませんよ。延命させるべからず、です。はい!
 
 

  

日本船が伸びないのは、国内諸規制という名の「藪」に入り込んじゃったから! そろそろクルーズ基本法を!

  それにしても大和君、健気だし、可愛いし、ワイルドだし、この子、今年上期のアイドル・オブ・ザ・イヤーだね。
  置き去りにされて絶望したかな? 泣いて。涙を拭いているうちに父の車が行った先が分からなくなって。
 でも気を取り直して、暗くなりつつある夜道を10キロ近くも歩いて、自衛隊の演習場にたどり着いて…。なんだか藪の中を捜索し続けていた大人の、つまり警察や自衛隊の想像力のなさにも驚くけど、藪の中に入らなかったのがサバイバル出来た最大の理由ですね。きっと。
 このあと、この子が出る運動会も見てみたいね。なんてね。

 対するにマスゾエさん。この人は自分で、藪の中に話を紛れ込ませて逃げ込もうという発想だったようだけど「違法性はない」というという穴ぼこを探して逃げ回っているいるうちに、自分でも何をしているのか、どこにいるのかわからなくなっちゃった。つまりは深い藪の中に迷い込んじゃって、自民党もレスキュー隊を出せなくなりつつある。金か名誉かのどちらかを選択するべきだったのに、この人、金も名誉も!の藪に入っていった、と言えばいいのか? 多分このまま逃げ切れられないんじゃないかな? 

 でもって三菱重工。週刊ダイヤモンドさんや週刊新潮さんが、ついに経営問題!を書き出した。 
 あの日本を代表するインフラ企業・三菱さんに、経営問題の記事が出るなんて、驚天動地の話ですよ。
 ダイヤさんは、「直ちに経営危機に陥いることはない」なんて、抑え目ですが、でも、そんなこと書かれること自体が「危機」なんだろうけど。SONGS、はいアメリカの原発ですね、この裁判次第では、「三菱重工の命運が左右される」と週刊新潮さん。これってマズくないですかね。

 まあ確かに、自社の事業を成長分野だとか、現状維持分野とかに分類し、M&Aを基調とした経営戦略を、あらゆる事業分野で進めようとしている訳ですが、一握りの経営者さんたちが、いかに優秀でも、総身に知恵が…、なんて失礼。というか、全て舗装道路を走るほど平坦ではないですよ。
 道路を走っているつもりでも、いろんな困難にぶつかる中で、この会社も「藪の中」に入り込んじゃった。15事計の見直しと称していろいろパッチを張っていますがね。道路に戻るのは、容易じゃないんじゃないですかね。藪は相当に深い。

 なんてね。ちょっと苦しい展開ですね、今日は。
 実は日本船による日本のクルーズがまったく伸びない理由について考えていましたし、別のところにも出稿しましたんで、そのうち目に届くと思いますが、まさに「藪の中」なんですよね。

 つまり「カボタージュ」という名の深い藪の中に。そう1989年の当初から入り込んじゃって、そこから容易に抜け出せない。クルーズを始めるにあたって日本船社は世界のクルーズ事情を調査したわけですが、この「カボタージュ」というか便宜置籍化だけは何故か真似しなかった。
 まあカボは世界共通のルールですが、実は、世界のクルーズ会社が何をテーマに戦ってきたのかと言えばカボタージュへの対応だったんですけどね。

 いや国内クルーズは国内船で!というルール自体はまあ仕方ないとして、「国内船なら国内諸法規に従うのが当然である」という、がんじがらめの諸規制が待っていて、これがこれほどまでに、深い藪であることに気付かなった、と言えば良いのかな。

 まあここで詳細までは触れませんがね。
 最近聞いた、ひとつの例。例えば、「まったく同じ寄港地、同じ日数のクルーズを年3回以上行ってはいけない」んだそうです。
 どんな規制なのか、本当にそんなものがあるのかどうか調べてはいないんですがね、フェリーなんかの定期船と差別化するために、そんなことになっているんだとか。
 確かに、にっぽん丸の「飛んでクルーズ」、も小樽から出るのは同じでも、寄港地や日数が微妙に違うし、小笠原クルーズでも東京発をやったり神戸発にしたり、と、いろいろ工夫しています。

 ことの真偽とその理由はまた調べますがね、他にも60日ルールだとか、総括安全管理者だとか…。それこそ外国人クルーを乗せるというだけのためなのに。
 政府は、フェリーとの違いを際立たせたいのか、がんじがらめなんですね。

 でもって日本船社は、あえてそんな藪に入り込んで、一本一本藪を開き、って例えば、「日本人船員(クルー)の配乗義務」とか「30日ルールの60日化」なんて、一本づつ藪を切り開いてますがね。気が付いたら、26年も経っちゃった。

 カボタージュって、国内産業(輸送業)を守るための法規で、これ自体は批判される筋合いでもないと思うんですがね。問題は「国内」という名の藪です。日本船と日本人の諸活動をギリギリと縛る。ほおっておくと民間は何をするか分からんからね、という発想かな。官尊民卑ですか?
 いや何か起きた時に、責任を問われるのを回避する? のかな。わかりませんけどね。

 クルーズって、明治の産業立国時代から比べれば新しい産業ですよね。ですが、明治時代からの産業政策の延長で、監督しようとするとこうなる。

 だったら、パナマ籍にでも転籍すればいいじゃない。まあね。そんな選択肢はあったんでしょうけど、日本人市場に向けた日本の客船なのに、パナマ籍というのはねえ。

 ならどうすればいい?

 カボタージュはそのままにして、日本国籍のクルーズについて規定しなおす。
 つまりクルーズ基本法の立法化でも、検討するべきでしょうね。
 たった3社3隻のために? はい。
 そんな風にした責任は、日本政府さん、あなたにもあるんだと思いますよ。

憲法を考える! でも言葉がどんどんミヤナガってますわ。

 いやはや。これだけ世の中の方が面白けりゃ、このブログのアクセスなんで伸びませんよね。
 と言い訳。

 はい、マスゾエさん、あんたのことだよ! ですよね。このひとの会見、流石に時間内に収まらなかったために民放も「完全中継」は諦めちゃったけど、見ていてよく分かったのは、この人は、政治的な立場というか、レピュテーションよりも、「お金が欲しくて」、それだけの人なんですね。
 それこそ子供の散髪代まで領収書を取った人ですからね。1000円のお金だって自分では出したくないーーそんな根性で2時間半! 贅沢はしたいけど、自分の金は出さないよ、と言い続けたような。

 都知事に執着するんだって、辞めちゃったら給料も出ないし、公用車もホテル代も回転ずしもつけ回しできない。だからなるべく引き延ばして、なんて感じなんですね。
 だったら、ペナルティは、「都知事でいたいなら任期までやんなさい」。
 その代り都議会はね、知事の給与召し上げ、公用車廃止、出張はエコノミー以外認めない! みたいなことを議決しないさいよ。知事職はボランティアでどうぞってね。そしたらすぐ辞表だすよ、このひと。

 なんてね。今日は土曜日ですからね、しっかり憲法でも考えたい!なんて思っていたんですがね。

 僕が憲法を考えるときは、若いころ、兄者。この人赤門じゃなくて白門の法学部を出た人なんだけどね、「法学部じゃ、条文解釈とか判例ばかりを学んでいるけど、条文をどう読むかではなくて、憲法に文章化されている国家の意思を読むべきなんだよね」なんて言われたことが、未だに耳に残っていて、僕はそれで法学部に進むのを辞めた、って入れなかっただけだけどね。
 
 つまり現行憲法は、交戦権を否定し、「戦力を保持せず」なんて書いてあるけど、「自衛隊は軍隊じゃないから、戦力じゃない」ないと。
 「戦力」という言葉の解釈に為政者さんは、持ち込んで、しらを切る。つまり「平和主義」なんてところで議論はしないんだよね。この人たち。優秀だよね、日本の官僚さんたちって。

 本当はね、自衛隊が、警察予備隊から自衛隊に切り替わった時に、憲法解釈を変えて自衛権はどこの国でも持っている!なんて言わずに、憲法改正するべきだったんだよね。
 だからいつまでも経っても、こんな立派な軍隊が存在しているのに軍隊かどうかは、あいまいなままにしておく。さらに官僚さんは、「国際情勢の変化の中で、憲法は核武装を容認している」なんて議論すらつくり始めている。

 つまり憲法をどうするか、なんて言わば、「看板を掛け変えるべきかどうか」とか、為政者のメンツの問題のような感じで、実質的な軍備は、「現実世界への対応」を旗印にして、「憲法なんか関係ない」という具合にどんどん進められる。
 このことに対して、今の左翼という人達は。「憲法を守れ」と言っていればいいだけで、例えば自衛隊の戦車の前で寝ころんだりすらしない。

 というか昔は「戦車」なんて言わずに「特車」だったし、未だに三菱重工じゃ「特車」なんて言っているのかな?
 大体、「護衛艦」だって素晴らしい表現だよね。DDとか、DDHってつまりは、「Destroyer」、デストロイヤーですわね。一般的には駆逐艦なんだろうけど、戦前とはちょっと違うイメージで通し、国語的には護衛艦で通す。もう空母だって、DDH、つまりデストロイヤーの分類ですからね。
 このまま、「国防軍」くらいまでは読みこなせると思っているんじゃないですか、いまの憲法のままでもね。

 原爆はどうるすんかな? アトミックボム? 困ってしまうとATBなんて言い換えるのかなあ? 
 ATB48計画とかね。2048年には核配備とか。失礼!
 生物兵器はBWですかね。はいバイオロジカル・ウエイポン。つまり日本がこれらを持つときには、巧みに言い換えてイメージ操作をするんでしょう。

 こうした国防軍や自衛隊論争の議論を、「憲法」だけ、つまり最大限の概念だけで争っても、気付いた時には、現実は全く違うもんになっている。
 平和を守る平和主義のために、北朝鮮に進駐するとか、憲法の改正などせずに、ATBを備えることにしました! みたいなことになっていく。「北朝鮮の『挑戦』に対抗する」なんて論旨が先行してね。

 まあ今の憲法は、どう読んだって、自衛隊を持てる文面には読めない。だけど「自衛隊の廃止」も国民はもう求めないでしょ。60年安保のころとは違うんだから。
 だったら、憲法改正だって…。

 でもねえ、今のアベチャンたちは「軍拡のための改正」ですからね。はい民主勢力(この言葉も古いなあ)、革新勢力(これも死語だね)。はいDPJ(デモクラティック・パーティ・オブ・ジャパン)は、RIAはいリダクション・イン・アーマメントを目指して憲法改正議論に応じるべきだと思いますけどね。自衛隊、しゃあないわ。軍事力として保持を認めるしかないでしょう。でもねえ、「死滅するべき軍事力」みたいな規定でいいんですよ。

 つまり同じ改正でも、文章表現の差異に拘るんではなくて、何を目指すかか大切なんですよね。

 あらら。RIA? DPJですか? 私もついにミヤナガってしまいましたね。でもこれも「軍事」を「防衛」、「軍隊」を「自衛隊」なんて一生懸命言い換えて、「憲法に抵触していないもん」なんていう人々の所為ですからね。
 この人達は、国語の破壊者?
 いやそんなことはない。語彙を豊富にしている功労者、と言われてしまうと、ギャフンかな?

 昔ソ連や中国が核実験をしたときに、社会党や日本共産党は、「きれいな核」なんて表現したと聞きましたが、つまりアメリカの核は、侵略用に使う「きたない危険な核」であって、というわけですね。
 そんなことを言っていた頭でっかちが左翼さんだったんだものねえ。 
 


 
  

僕だってカジノに行きますよ! 擦った金? 100ドルくらいですけどね

   さて土曜日。土曜日ぐらい、クルーズから離れてもいいですよね。
 なんてね。はいオリンピック! バトミントン? じゃなくて水泳です。北島君?残念でしたね。でも違うんです。
 はい、JK。女子高校生の二人が相次いで五輪行を決めた件ですとも! にっぽんの未来は明るい! いえいえそんな話でもなくてね。
 高校1年生の池内さん。名前が難しくて活字が出てこない、と、2年生の長谷川さん! この二人の共通点ってわかりますか? はい高校が同じなんですね。淑徳巣鴨高校。でもってね。
 なんと、わがお孫ちゃんは、今! ええ、ここの高校の2年生なんですよね。

 彼女に、おめでとうメールをLINEで打っても、なんの返事もありませんが、なんかうれしいですね。大体33歳の北島君はもういいよね。若い子に譲りなさいね。すでに名誉もお金も稼いだんでしょうから。って、やっぱり何か掛けるもの、チャレンジするようなものがないと、生きにくい世の中なんですかね。
  北島君より池内さんですよ。今年はね。メダルでも取ったら、一気にヒーローじゃなかったヒロインでしょうね。リオの恋人! 東京の星って感じかな?
 
 なんて書いてきて、やっぱり頭を掠めるのは桃田君のことですよね。バトミントン協会は、もう喉の先まで「謝ります! 彼にも謝らせるから許して下さい。だから、なんとかリオにだけは出させてやってください」という世論を造りたいという雰囲気がアリアリですね。
 冷静に戦略を分析すれば、まあ「リオはあきらめさせるけど、東京で!」くらいが穏便な挽回策なんだろけど、どうかなあ、エントリー期限までに…。間に合わないでしょうねえ。

 でもねえ、桃田君って刑事罰になるんですかね。賭博って刑法で禁止されているんですよね? 僕の友人も昔、闇カジノで捕まっちゃったことがあったけど、警察で任意の事情聴取を受けて、すぐ帰されて、お咎めなかった。つまりやる方は、とりわけ初「犯」だったら、「不問に付す」なんじゃないかなあ?
 なんか、パリでは売春婦を買った方も罰せられる法律ができるなんて新聞に出てたけど、って関係ないですね、はい。

 別にここでカミングアウトするわけじゃないけど僕だって、って売春じゃないですよ。危ない、危ない!
 はいクルーズ船上ではカジノにも行きますよ。
 でも、どんなに突っ込んでも100ドルくらいまでで、最近はスロットで20ドルが限度かな?
 この間釜山に行ったときだって、数年前ナッソーに行った時だってやりましたよ。

 いや50万円が多すぎる? いや、そのぐらいだったら、良く知っている元大企業の友人だって、お医者様の友人だって擦っているんじゃない。って、そっちはパチンコだけどね。
 問題は、金額の多寡でもないんでしょう?

 つまり政府が公認していない。つまりは闇だから、いかん。裏には暴力団なりの反社会勢力が…。
 錦糸町の雑居ビルで大ぴらに御開帳してたのに、パチンコとどこが違うの? ちょっとだけなら、なんて21才だったら考えても…。というわけにもいかのかな? 
 麻雀だって金掛けてやってるじゃない、同じ世代の学生さんは。 いや今はコンピューターゲームか?

 カジノで1000万円擦るやつと、カジノを開設して1億円売り上げる奴、いやコンピューターゲームで仮想通貨を編み出す奴と、どっちが悪いんだろねえ? 
 最近クルーズ船の建造論めぐって、いろいろ議論に参加したりしていると、クルーズを知らない人ほど、「クルーズ船のカジノってあんまり儲からないみたいね」なんていいますが、外国船でカジノをやらせなくなった船もあんまりないですからね。

 それなりに人気のあるアトラクションであることは間違いないし、カジノ以外にもビンゴだとか、賭けに類するドキドキするようなイベントをカジノのディラーさんがやってますよね。船上では。
 うんうん。AIDAprimaちゃんだって、イタリア籍の客船ですがカジノはありますよ。って関係ないか? いやありますよ。便宜置籍でなくともカジノはやっているんです。

 カジノ=健全な娯楽ではない? ダイヤモンドプリンセスは確か日本の港から日本の港に行く場合は閉じているけど、中国から日本に来るときは開けてる?
 ちゃんと調べてないけど、多分そうでしょ?

 日本は健全な国! で、世界中の他の諸国は、カジノなんかやっている不健全な国。
 日本は、12カイリ以内の近海には、不健全なものは入れずに無菌状態にしておきたい! なんて感覚があるのかな? まるで鎖国時代の発想と変わらんよねえ。
 で、IRはどうするんかな? 引き続き解禁論議をするの? だったらますます桃田君はかわいそうですね。
 
 許してやれよ! 前科がつくわけでもないし、バトミントンの試合で賭けたわけでもないし、ドーピングしたわけでもない。
 オリンピックだもの、選手の人格も品行も問われるんだよ! 本当かね? 
 だったらあのモリさんとかいう人はどうなの? マスゾエさんだって、「出張旅費は規定に沿ってるんです。でもこれからはコストを抑えて…」って、公金横領とは言わんけど、自分が稼いだ金を擦った桃田君とどっちが悪い?
  
 
 
 
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
本文
ギャラリー
  • 探検船特集ですか? 今年の冬場の南極は「客船銀座」ですかね?
  • 新冠のマキバ
  • 郵船・長澤さん「問題は一隻体制。でも代替船を造る造船所がない」って、未来も1隻体制で?
  • ギリシャのカボタージュを調べてみました。外国船上でも税金がかかるんですね。
  • ギリシャに中国を見た。看板が中国語って、何故?
  • ギリシャ船主の結末に、我が日本船社のそれを見る?
  • MSCが、2000円で横浜~上海クルーズだって。いや、980円というのも出たぜ!なんだかすごいことになって来たですね。
  • 船上にカップヌードル! 日本風味はこうして守られた?
  • GSAが変わった? クリスタルの日本での総代理店から郵船が下りたんだって。
読者登録
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ