客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

メイヤー

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

社民存立危機突破選挙? ピースさんのエコシップはどうなんでしょうかねえ?

   やっぱり客船ネタの方がアクセスが多いですね。 
 アベッチと百合子さんのちょっと出来レースも伺わせる茶番にもなりかねない選挙話もいいけど、このブログの本分! 大義を忘れてはいかんということですね。 

 にしても花田紀凱さん。ええあの名物元文春編集者さんですが、どうしちゃったんですかね。アベチャンの強力なサポーターになられているのはいいにしても、『「大義」「大儀」とあれほど言っていた朝日新聞も、あまり言わなくった。「希望」に大義がないからだ』って。もう、すっかりトンチンカン! 「希望」に大義をかぶせて来るって?
  問題は「解散」に大義があるかどうかなのにねえ。希望さんには「反アベ」という立派な大義、「加計隠しを許すな」があるじゃん! やっぱりこの解散はおかしいって思わんのかな、花田さん。

 一昨日付けへの
  • たかむがんば
  •  さんの書き込みありがとうございます。
     別に「長州出島」を無理やり取り上げるつもりもないんですがね。すみませんね。でも「長州出島」に果たして大義はあるのか? なんてね。
     まあ、現代日本の縮図!と、大上段に振りかぶる話かどうかは知りませんけど。22万トンの大型客船もそうだけど、この話はむしろ、コンテナ船ポートの話ですよね。

     造った以上、釜山に対抗して欧州航路のコンテナ船辺りをしっかり誘致してきてくださいな。神戸や大阪の太平洋岸には大型コンテナ船はもう入って来なくなって、博多に入るマースクの大型船なんかを奪うのかな。ライバルは釜山! 韓進もいないし? かな。

     まあ、確かに、世界の船は、コンテナ船も客船もどどんと大きくなっていますから、まず日本は港から!ですよね。港湾局さん? 公共事業大国としては、やっぱりやらんとね。なんでしょうかね。コンテナの港別取り扱い実績で、日本の港は、20位くらいにやっと? なんかな? 中国諸港や釜山にも大きく引き離されていますから。港湾局も頑張らないとね。
     って、あんまり港を造りすぎてランキングに入らなくなって、慌てて「阪神港」なんて区分けにしていますがね。どうせなら「虎港」とか、それとも「タイガーズ港」にすれば、ってなんのこっちゃい。

     いや、実は木曜日の朝だったかな?NHKの、海外ニュースの番組を見ていたら、フランスのテレビが、フィンカンチェリがSTX(懐かしい名前だね)の経営権51%を取得してグループに加えたというニュースをやっていて、この話の雑感を書こうかと思ったんですがね。コイケ劇場に付き合った方が面白いかと思いましてね。ゴメン。

     なんで? いやテレビのコメンテーター、ええ、もちろんフランスのですがね、このM&Aで、フインカンチェリは、「中国、韓国、日本との国際競争に勝つ体制を」なんて。
     欧州でも「造船」のライバルは、相変わらず極東なの?
     古い時代に刷り込まれた常識から抜け出られないんですかね。まあ欧州人の(造船)雇用の敵は、ずっと日本と韓国でしたからね。

     でも、両岸は、すでに客船と商船との棲み分けが出来ていて、まあコンテナ船やバルクでは極東にはかなわんでしょ? というか、商業造船では客船に特化しているフィンカンチェリのライバルはドイツのメイヤーしかないわけで。
     フランスのラトランチックをフィンカンチェリが手に入れることで、フィンランドのツルク。はいSTXの旧ワルチラを手にしたメイヤーとの2強による世界分割が実現したという話ですよね。

     でもフランスのテレビの解説はそれより、「雇用が守られた」を強調していましたし、欧州の新聞は、EU艦隊の建造ヤード。というかフランス、イタリアの国防軍の独自性と国際化は? みたいな話を中心に解説していますね。

     まあねえ。欧州はEUで統合されていて、雇用は確かに問題なんでしょうが、造船業の競争力とか艦船の建造!なんて、さしたる話題ではないと思っていたんですがね。 
     フランス海軍、イタリア海軍とドイツ海軍?ーーこんな各国別の戦力というか建造力あたりでの「統合」論まではまだなのかな? いや一歩も二歩も踏み出したというべきか?  
     そんな風に思ったんですが、コイケ台風とどっちが面白いかな?
     我が任務、我が大義を忘れてしまいました。ゴメン。

     にしても欧州の造船と言えば、ええええ。ヘルシンキのPBさんはどうなったんでしょうかね? 「約束の9月末」って、だれもそんな約束はしていないよ? かもしれませんがね。なんか正式契約したとか、建造に着手したというニュースは伝わって来ませんね。

     まあこの船の実現性については、コイケ総理の実現性以上に危ういと思っていますし、出来なくたって別に? ですがね。
     ただ、旅行代金を支払ってしまっている善男善女の「エコシップで地球一周を!」という「希望」を奪うのは、ちょっとねえ。

     日本型民主主義者、エコ活動家の夢は、「希望」へと昇華できずに…。なんでしょうか?
     というか日本型民主主義者自体が、「希望」に見捨てられ、存立の危機? 
     話はまたそっちかい?
     でも、なんかなあ、「社民存立危機突破選挙」にも、なっちゃったねえ!

    略称は「三菱船海」「三菱船体」さんかなあ? あくまで過渡期企業なんでしょうけどね。

       三菱重工さんが、造船部門の新会社の営業開始を宣言したですね。
     これからなんて呼べばいいのかなあ? 三菱船海? 三菱船体? 前は「重工」というだけで、話は通じたですけどね。
    「重工」「IHI」「川重」「住重」「ニチゾー」。三井造船さんだけが言いにくくて「MES」なんて言ったりもしたけど、あんまり一般化しなかったですね。
     「MSM」ですかね? なんかサドマゾみたいだね。これ。
     これからフェリーなんかを受注した時には、「重工下船」さん、修繕は「重工横浜」さん? でもってLNG船を建造するのは「三菱船海」さんでしょうか?
     それに客船については、納期延期を発表した時に、引き続き「受注を目指す」としていましたが、誰がどんなふうに客船を受注するんでしょうか? 受注する側にもリスク負担があるということを、今回のドイツ船はしっかり見せてしまいましたからね。

     まあ良いわ。 多分「船海」も「船体」も、これらの会社は過渡期企業なんだと思いますね。このまんま永遠に生きて行けるとも思えないし…。しばらくは隠忍。耐えることですかね。
     従業員は、船海さんが500人、船体さんが170人ですか? 昔というか、つい去年くらいまで、設計だけで2000人とか抱えていた、技術者集団でしたが…。いろんなところに分散したのか、クルーズのエンジニアリング会社に移籍したのか?まあよく分からんですね。
     余計な話? でもないでしょう。例え1000株だって株主でしょう? ステークホルダーだもんねえ。中間決算の株主総会にでも出ますかね? でもって質問するか? 船をどうするんだって? って、止めときますけどね。
     
     でもねえ、何度も書きますが、どうせなら「三菱造船」とか「西日本重工」とか「新三菱」とか、造船という産業、事業をワンセットで分離してくれれば、企業としてのポテンシャルは維持できると思うんですよ。確かに今の業界は、バルクキャリアもダメだし、コンテナ船も造りすぎ、LNG船だけがなんとか細々と需要はあるようですが、確かに造船供給力は過多かもしれんけど…。
     でも、宇宙や航空は未来産業のように見えますが、海上輸送をめぐる技術力というか構想力を日本は一体どこに蓄積・維持してゆくんでしょうかね?

     単に「重工」と呼ぶことで、ひとつの企業の代名詞になっていた時代は終わってしまったのでしょうが、つまりはそれだけリスペクトされていた会社なんですけどねえ。確かに客船建造の大失敗は、取り返しがつかないほどの信頼の失墜だったのかもしれんけど、そんな事実だけを背景に、事業の息の根を止めかねない形の分社というのは、新しい判断ミスかもしれないですねえ。
     
     僕が造船の記者としてこの業界にデビューしたとき、欧州の造船業は、まさに危殆に瀕していて、ほとんど取材先として考えなくてもいいよ。と先輩からは言われていたのを思い出します。欧州はOECDやIMOなどの国際機関の話としてしか問題意識はなかったし、日本は欧州からのダンピング非難に対して「あんたたちは合理化を怠ったから、こんなことになったんだよ」なんて上から目線で反論していたのを思い出します。欧州造船は、日本との船価差分の国家助成を受けていましたが、それでも赤字ぎりぎりだったような?
     でもねえ、客船を担当するようになって、マイヤーのあるパッペンブルクに取材に行ったんですが、赤レンガの綺麗な一戸建ての家が並んでいて、「これは?」と尋ねたら、「従業員の家だよ」と聞かされて、目を白黒させたのを覚えています。ああ。ヘルシンキのマサヤードでも、従業員は、みんなサマーハウスを持っていると、聞いたのを覚えていますね。つまりはそんな形でも産業だけはなんとかして残した。

     だから何だよ。と言われそうですが、まあなんというか、ここまで贅沢も言わずに「隠忍自重」してきた造船部門の方々の苦労の結末がこれとは?
     
     まだ遅くはない。そう思うんですがねえ。
     海は未来産業のフィールドですよ!

      
    執筆・講演承ります!!

    どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

    名前
    メール
    本文
    ギャラリー
    • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
    • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
    • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
    • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
    • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
    • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
    • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
    • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
    • ミッドウェイから、また悲劇は始まった。なんてね。ええ改憲とはまったく関係ないんですけど。
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    livedoor プロフィール
    カテゴリー
    カテゴリ別アーカイブ
    • ライブドアブログ