客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

一つの中国

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

西沙諸島の景観って、素晴らしいですね。行って見たいな、南中国海クルーズ!

   中国にとっての武器というか、戦力というか、先兵というか? どうやら人民力だって、つくづく感じちゃったてすね。
 昔、毛沢東が「核戦争が起きても、中国人民は他の国々が滅びても生き残る」。多分全然違う言葉でしたが、そんなこと言っていたのを思い出しますが、はい南シナ海。この海域の支配は、まさに人民がどかんと訪れることで、実質化して行く。
 つまり人間の数で攻めて来るんだから、敵わないよね。これ。

 いやね、中国が、これ新造船なのかな?「長楽公主号」なる客船で、西沙諸島への「豪華客船」クルーズを開始するというので、はい人民網日本語版に行ってみましたよ。
 そしたら2013年にすでにーー

  今回発売されたのは5日間のツアー旅行で、観光客はまず、海南省海口市でクルーズ客船に乗り、19時間かけて同省文昌市北端の岬・木蘭角や七洲列島、西沙諸島最北に位置する暗礁・北礁などを通過し、同諸島西部の永楽群島に向かう。その後、鴨公島に上陸し、漁村を訪れ、漁民の生活を体験する。わずか面積0.01平方キロの同島には、漁民約40人が生活しているという。一方、コースに含まれている全富島は無人島で、周囲の海には美しいサンゴや魚の群れが生息し、世界有数のダイビングスポットと称されている。上海発の同ツアーの料金は9210元(約14万2千円)。
 
 なんて風にツアーを開始していて、つまりは、これを定点・定期で始めるんかな?と読めますね。

 でもって、3月7日付の人民網では、西沙諸島の島々の写真が、沢山掲載されています。一枚持ってきちゃったけど、上の文章にあるように、「周囲の海には美しいサンゴや魚の群れが生息し、世界有数のダイビングスポット」という表現が、決して「白髪三千丈」的な表現ではないことが、よく分かる場所であることが、本当によく分かりますね。
 つまり南太平洋の楽園だとか、カリブのダイビングスポット!なんてパラダイスが、日本から数時間のところにあるんだ! てな感動を覚えちゃいます、です。

 国賊め! 南シナ海は、中国のものじゃないだろ!
 はい! でもねえ、習近平さんが、この写真と言うか、南中国海ですね、を見た時、「これが欲しい!」なんて考えちゃったとしても納得が行く景観ですね。

 でもって、ここまで来たら、彼らは手放さない。きっとカリブ海と同様、中国人の経済圏として開発して行くでしょうし、その先兵はクルーズ船。つまり中国の一般人民というわけでしょうねえ。
 凄い世界戦略?といいうより「一帯一路」戦略って、「鄭和の大遠征」みたいな古色蒼然とした帝国主義戦略なんかではなくて、アメリカのクルーズ船社が突き進むような、平和的な装いをまとって…、なんてね。

 まあ中国さんにアドバイスするとすれば、アメリカはカリブの島々の国々の主権を尊重する形を取りながら、クルーズ文化圏を形成し、支配して行きましたが、中国さんもベトナムやフィリピン、そして台湾さん、ってここは「一つの中国」だったね。と協力しながらやっていった方が。
 つまり、「僕らと仲良くすると、生活が向上するよ!」みたいな幻想を振りまきながら進めて行けば、もっと軋轢無く、中国経済圏が形成できると思うんですけどね。
 って、別に私は、中国の味方しゃないですけどね。

 にしても、こんな「手付かずの自然」(また手垢にまみれた言葉を使っちゃった、ゴメン)が本当にあるんなら、このクルーズに行って見たいですね。
 日本人は乗せてくれるんだろうか? 
 でも、アメリカ船社やスターさんはこの海域のクルーズ開発に協力するみたいな発想はないんでしょうかね?
 それに、それにカボタージュはどうなんだろう? 「西沙諸島は我が国の核心的利害」なんて言ってるんだろうから、カボも適用されるんだろうねえ。
 つまり、立ち入るためには、そこここで入管? 

 まあいいわ。 でも、海は広いな大きいな。行ってみたいな…。ですね。
 こんなの中国のものじゃくて世界人民の共有だろうに、ね。 

人民網日本語版 2017年03月07日14:26


直線一気。中国が遼寧でくるんならニッポンは飛鳥で行くべきやね。

 第四コーナーを回って、直線一気にーーなんて、凄かったですね。昨日のサトノダイヤモンド。末恐ろしい3歳馬って、3歳になれば、もう大人。しかも、今年は「強い」と言われる3歳馬の雄ですからね。有馬を制しても、まあ当たり前か? って勝ってから言うんじゃしょうがない。
 残念でしたね。キタサンブラック。まあここまでが上手く行き過ぎた感じだったものね。

 って、今日の「第四コーナー」の書き出しって、カレンダーを見て、「今年も回りましたね、4コーナー」という話で始めたかっただけですけどね。
 そうあとは直線一気ですが、逃げ馬ならぬ、私としては、もうちょっと息絶え絶えで、なんとか直線に向き直ったところかな?
 今年もいろいろご苦労様でした。はい。

 というので、気分を変えようと、一昨日も書いたCielさんのブログをちょっと覗いたんですがね、なんと台湾の旅行誌「asukatravel」のことが紹介されているんですね。
 この雑誌のことは僕も相当前に聞いたことがあったんですが、今は「asleisure」に変わっていたようです。でもって今月号は青森特集とかで、誌面のサンプルも載っています。飛鳥Ⅱのこともドドンとね! 
 ムムム!わがブログへのライバル出現! なんてことはないけど、日本より台湾の方が進んでいるんかな? なんてね。
 というか、この雑誌日本向け旅行の専門誌みたいな感じの雑誌ですからね。クルーズ旅行がしっかり特集されていても驚くことはない。しかも青森! ここは飯が美味いし、人情も厚いしね。いまは寒いけど…、なんてね。

 いやあ、本当に昔々。飛鳥が東北のお祭りのクルーズを始めたころに、取材で乗船したんですが、その時台湾から30人くらいの団体客が来られていて、皆さんリッチそうな人ばかりで、感心したのを覚えています。この時台湾に「飛鳥旅行社」というのが設立されて、お客さまを送り込んできた、なんて話を小耳にはさんだのを思い出しましたね。
 もちろん、郵船クルーズさんは「支社ではないよ。勝手に…」みたいな話をしていましたが、もとより悪い話じゃないですからね。でもってそこが旅行雑誌もやっている、なんて聞いたのか聞かなかったのか…。
 だから青森特集も納得です。つまり来年の東北祭りクルーズには、また台湾からお客さんがだどどんと、来るんかな? 

 Cileさんは、その雑誌にも記事を書いておられるようですが、でもねえ。この雑誌が「郵船クルーズの子会社」というのはねえ。ちょっと…。いやむしろ、そのぐらいの元気さが郵船さんにあれば、逆にいいと思うんですがね。
 というか、あのころアジアマーケットへの進出をしていれば…。今頃は、なんてね。
 
 なんかなあ、今日付けの新聞、ええ、産経さんですがね。中国の空母「遼寧」が沖縄と宮古島の間の公海上を横切って太平洋に出た!なんて一面トップで、さも大事そうなニュースとして取り上げていますが、この空母、飛行機をリリースするためのカタパルトも未整備で、飛び立てるけど、しっかりした装備をすると飛べない! みたいな中古の欠陥空母であることは、小っちゃくしか書かない。
 さらに、トランプさんが台湾総統と電話したことで、「一つの中国」を主張するメインランドとの角逐をサイドストーリーにして、米中対決! 果たしてニッポンは何処へ! みたいな話をに仕立てているんですがね。そんなに戦争したいんかなあ、この人たち。
 でも確かに、「軍事」となれば、国家と言うか為政者さんたちの専売特許みたいな話であってね。国権が強くなるためのステップ だけどなあ!

 なんてね。まあ年の瀬にこんな話はどうでもいいや。中国が遼寧でくるんなら、こっちは飛鳥やにっぽん丸で!
 戦争反対! 世界の海をクルーズ船で制圧せよ! ってか?
 まあ、まずは台湾との友好の再確認だよね。はい。 

 なんか影文字が消えないよ。どうしたら…。これじゃCielさんに勝てないわ。
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • さんふらわあさっぽろ、どうしたんですかね? エンジントラブルですか? 新造船なのに。
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ