客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

尾道

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

瀬戸内に自転車船ですか? 地方の時代です。観光化は着々と?ですかね。

 どうもアベッチネタは、人気がないですね。って当たり前か? これ海外旅行のブログだし、テーマはクルーズだもんね。もっとクルーズにディープに嵌った話を書かないと70歳に至る前に、閉門蟄居! を言い渡されるかもしれないですね。

 ですがね。なんたって日本を巡るクルーズの面白い話題が出てこない。海外ネタもいいですけど、なんとも話に力が入らない。保守的というか、活力を失っているというか、新しいことにチャレンジしないんですね。ニッポン! アベチャン、これでいいの? なんてまたそっちに話題をふるんかい?

 というんで、今日はネタ探しに、日経産業新聞まで行っちゃったですよ。でもって瀬戸内の話題です。
 いまや海の観光としてのスポットが当たっているようで、STU46はどうしたんかな? って、そっちは、どうでもいいか? 
 なかなか事業化がうまく行かない瀬戸内ですが、はいさすがJRさんですね。今度は鉄道版オプショナルツアーの充実ですか?
 
 ーー自転車船「サイクルシップ・ラズリ」はJR西が出資する瀬戸内チャーター(広島市)が新造した。定員は75人。船内に駐輪スタンドを備え、整備工具を貸し出す。運航は瀬戸内クルージング(広島県尾道市)が担い、28日の国際サイクリング大会で参加者と自転車を運ぶ。29日以降は貸し切りチャーター船として、11月以降は認可が下り次第、しまなみ海道を渡る尾道市の尾道瀬戸田間を定期運航する。

 

 自動車船というのは、沢山走っていますし、大体フェリーというのは自動車と人間の混載船ですよね。ところがこの船は、人と自転車の混載船。尾道って、JRの駅と港がすぐそばですからね。JR西では、「JRで尾道まで来てください。そこから因島まで50分の船旅をどうぞ」、って。
 因島からは、瀬戸大橋をサイクリングで、島々を巡りながら、今治まで渡るというのはいかがですか? という話ですね。
 
 28日に瀬戸大橋を渡る国際サイクリング大会があるのかな? そこへ参加者を運ぶ船旅からデビューするんだそうです。船としてはあんまり格好よくはないですがね。掛け声ばかりでなかなか盛り上がらない「瀬戸内海クルーズ」の起爆剤? ウーン。もうちょいかなあ? ですけどね。

 瀬戸内の観光化を巡っては、常石造船グループのGUNTUが頑張っていて、缶コーヒーのコマーシャルとタイアップして、今や毎日、テレビでスポットCMが流れていますね。何はともあれ池波志乃が色っぽいですね。こんな女性と旅したい! ってどうでもいいか?

 1泊20万円の旅ですからね。こういうスポットコマーシャルが、客層に会っているのかどうかは分かりませんが、最近、僕もいろんなところで、GUNTUのことは、よく聞かれますからね。ようやく一般に認知され始めて来たようですし、ここが攻めどころですね。
 ネットの旅行サイト、「一休」で、検索できます。

 常石グループさんは、同時に水上飛行機での遊覧観光を生業とする「せとうちSeaplanes」を始めていて、空からの多島海の美しさを見物するツアーを催行しています。こっちはもっと苦戦しているようですが…。
 でも、これにサイクリングが加わるわけですか? 陸海空、3方向から瀬戸を攻める体制が出来上がりつつある。
 なんてね。

 私も若いころ瀬戸内に点在する造船所を取材するのに松山に飛行機で飛んで、今治、多度津、坂出などの四国側を回ってから船で、伯方島に寄りながら中国側に抜けるなんて取材旅行を何度もやりました。
 旅客船では「瀬戸の花嫁」がテーマ曲のように流れ、取材というより、のんびりと船旅を楽しんだものですがね。
 でも瀬戸大橋が出来てからは車の旅でね、正直言って詰まらんな?の感じを覚えていたんですがね。

 もうこの齢になるとサイクリングはちょっと敬遠ですけどね。オレンジフェリーさんもサイクリングパックみたいなことをやっているけど、まあ関東に住む人間としては、遠い話になっちゃうですね。
 でもねえ、旅行会社さんが得意のコーディネート力を生かして、「瀬戸内一週間陸海空の旅」みたいなプランを作って、組み合わせて売ったら、新し物好きはそそられるんじゃないですかね。

 そうそう、水上飛行機とGUNTUの常石さんは、GUNTUの出発するピアの上に、これこそ超高級リゾートホテルとでもいうべきベラビスタ境ガ浜というホテルを経営していますし、福山側に向かえばみろくの里という施設があり、美術館や温泉、それに禅体験ができる新勝寺というお寺があり、ここの庭園は、まさに心が和む空間です。

 なんか観光PRみたいになっちゃいましたけど、ここは船知めん太、本当にお勧めするスポットですよ。
 日本のこんなところがあったのか! ってね。

 そうかサイクリングでも始めましょうかね? 70歳から自転車で日本一周? って、大阪の富田林から逃げた逃亡者がそんなことしてたね。
 って、話を落としてどうするの?

瀬戸の脱走犯に思う。向島は寂れているんですね。

 実は、書くタイミングを失っていたんですがね。実は、私め、例の松山刑務所・大井造船作業所というのを、昔々取材したことがあるんです。

 27歳だかの受刑者が脱走したというニュースを見たものの、どうせ、すぐに捕まるさと思って…。ネタに出来るかなあ!なんて思っていたんですがね。全然捕まりませんで…。そのうちブログに書くタイミングを失って、今日まで…。なんてどうでもいいか?

 この作業場って、かつて「四国の大将」とか「再建王」の異名で呼ばれた坪内寿夫さんが、自分の造船所である大西工場の中に造ったわけですが、彼もフェイクニュースではないにしても、数々の伝説を作り上げた「名人・偉人」でしたからね。

 佐世保重工を初め、経営危機にあった造船所を幾つも引き受けて、傘下に収めて「再建」と称していたわけです。
 僕が大井作業場を訪れたのは、佐世保再建が軌道に乗らずというより労組の反発にあって、迷走し始めたころだったかな?
 そのうち、グループ傘下の東邦相互銀行も経営危機に遭遇し…、と神話が崩れて行く。でもって、側近さんから「工場を見てよ」と招かれて、大西工場を訪れたんです。

 工場の目の前の海域には日本高速フェリーだったかな? の係船中のフェリーが沢山浮かんでいて、タクシーの運転手さんに「いつ頃から、こんな風なの?」なんて、尋ねたことを思い出しますね。
 ええ、そのころは、生意気にも松山空港から今治までタクシーで取材旅行をしていたんだよねえ。古き良き時代や!

 この大井作業場を見た時も、「受刑者の更生のために」なんて説明を聞きながら、そんな風に考えずに、「安い労働力を確保したかったんだろう」なんてね。
 素直じゃないよね、私も。その後、もう少し暖かい目で見るべきだったかな? なんて反省しましたけどね。

 まあいいや。実は今度の事件で一番驚いているのは、そっちの話よりも、逃げ込んだ向島の話ですよね。芸者さんのいた東京は向島(むこうじま!)じゃなくて、瀬戸内の「むかいしま」のことですけどね。
 逃亡した平尾受刑者の、この島までの足跡は分かっているのかな? でもって、警察が捜索に入っているわけですが、なんと向島に空き家が1000軒もあって、捜索が難航? 隠れるところは沢山ある、とテレビで解説していることですね。

 実は、来島どつくだけじゃなくて、このあたりは四国側や尾道側とか、付近の島々には小さな造船所が沢山あって、尾道市の対岸のこの島には、日立造船の向島工場やら、向島ドックやら、かつては造船工場があって、尾道などの対岸や因島も近いですからね。本土側からも人が行き来していました。
 でも大造船不況を経て、造船所は閉鎖、あるいは大きく縮小。中には船体ブロックと呼ばれる船の部分を下請けで建造するような仕事していた工場もあったし、尾道の造船関連会社のベッドタウンみたいになっていたという話を聞いたりしていたんですがね。

 空き家が1000軒ですか? まあ調べに行ったわけではないですが、そうした造船産業の衰退が、この島にも逃亡犯の隠れ家を提供するといった、皮肉な寂れよう、ということなんでしょうかね。
 この島は、しまなみ海道の広島側の最初の島で、陸路で尾道だけでなく、今治まで行くことができるようになっていますし、僕も何度か車で渡っています。
 島々を高速で結ぶことで、この橋ができたころには、島々の観光化プランが沢山あったのですがね。でも、昔からある耕三寺とかいくつかの観光地を除いてはあんまり! というより、むしろ、昔はフェリ―・ターミナル周辺に小さな町があったりして人々の息遣いが感じられる町だったんですがね。

 今の造船業の苦境を見ていると、10年後、20年後ははこんな人の住まない町が、瀬戸内やら長崎やら…、という具合に生み出されてゆくんでしょうか?
 というより、今更ながら思うのは、三本も掛けた本四架橋って何だったんでしょうかね?
 このあたりに、「瀬戸の花嫁」じゃないけど、連絡船が結ぶ鄙びた港町が残してあれば、瀬戸内海クルーズの絶好のアイランズになることも出来たんじゃないかなあ! なんてね。

 やっぱりこの話を取りあげるんじゃなかったな? 話が面白くないぞ!

 はい、すみません。49万アクセスになかなか到達できません。明日かな?
 でもって、この先50万までは2週間以上かかりそうだなあ! クスン。
 

 

GUNTUですか? イシガニの乗客は「医師ガニ」さんですか? なんてね。失礼!

  それにしても、競歩って、ルールが細かすぎるというか、判定がはっきりしないというか、見ていてもよく分からんですね。でもって最後は審判に訴えて、二転三転。50キロ歩いたのに、決着は審判の協議で決まる「協議」じゃなかった競技って?
 ってまあいいわ、日本が勝ったから。

 ということで、五輪も終わりですね。明日からしばらく感想戦が続いて、次いでリオロス状態が続くのかな?まあ来月になれば、ラグビーのトップリーグが始まるから…。

 なんてことより、五輪が終わったら、イシガニですか? はいGUNTUプロジェクトが公表されましたね。
 ホームページを覗いてみると会長は、神原勝成さん。つまり神原グループ総帥の神原眞人さんのご長男ですね。この間伝えられていた、3万トンプロジェクト、つまり中国の舟山で客船を建造し、2020年ごろまでに就航させようとしているプロジェクトとはまったく違う話です。
 
 GUNTU自体は、日本国内で建造し来年9月に就航させるようですが、大きさはもっとずっと小さくて、数千トン。定員も30人とかの規模になるみたいですね。って、ここまでは、ホームページにも出ていませんから、噂話として流れている話だけですけどね。

 この神原勝成さんも面白い人で、父親を上回るアイデアマンというか、実行力のある方で、少し前までは常石造船や神原汽船の社長を務めていたんですが、出家して京都におられたとお聞きしていましたが。
 ドドンと復活。
 
 尤も、まずは水上飛行機事業からだったんですけどね。
 すでにプチリゾートホテルのあるベラビスタ前のマリナーを改造して、瀬戸内を巡る遊覧飛行事業の立ち上げを進めており、続いて瀬戸内海に特化したオールスイートの豪華クルーズ船で、宮島、松山、大三島、丸亀などの西瀬戸内海の景勝地を巡るーーということのようです。

 この尾道市にあるベラビスタは、素晴らしい露天ぶろやスパを持つリゾートホテルで、隠れ家的リゾートとして、夏場は予約が取れないほどの人気があります。
 で、ここを拠点に水上飛行機遊覧や、飛行場からの観光客の輸送、そして満を持してクルーズ!というわけでしょうか。

 なんて、取材もせずにしたり顔でこれ以上書くのは、止めときますが…。
 別に中国人客を目指しているわけではなくて、むしろリッチな層。まあ「ななつ星」の瀬戸内版、クルージングリゾート版をもっと大掛かりに展開しようとしていると、考えた方がいいですね。

 でもって3万トンプロジェクトですか? まあこうした小型船を一回建造してみれば、中型クルーズ船の技術的な問題点もわかるでしょうからね。より技術的な信頼度も上がる?
 まあクルーズや観光やらって、個別の専門業者の仕事ような捉え方をされていますが、常石さんは、造船や海運や観光のプロですからね。こんなコア事業をベースに取り組むべきプロジェクトなんでしょうねえと、思っていたわけで。

 常石さんは、ずっと昔、南太平洋行きの貨客船によるクルーズを実行したり、サウンド・オブ・セトでの遊覧、さらには柳原良平さんのリトグラフを事業化する、みたいに、クルーズ事業の実現は悲願みたいなもんでしたからね。
 こういう練りに練ったアプローチで、事業成立の確度は、より高まる! なんてね。そう思いますよ。

 まあ五輪が終わるんだから、つぎの話題はGUNTUですかね。
 今日はこれ以上書けませんが、 ホームページにはその一端が出ていますんで、イメ―ジを膨らませましょう。この先も、ちょっと動向を見守ってみたいですね。

 イメージですか?
 広島空港から水上飛行機のお出迎えで、ベラビスタリゾートへ着水。ベラビスタ自体は素晴らしい露天風呂を持つ、ゆったりとした本当に静かなリゾートホテルですからね。
 近くには「みろくの里」やお寺や温泉もあるし、ここで1,2泊くつろいでから、GUNTUで瀬戸内深部のクルージングを楽しむ。

 さて、この旅に幾ら出します? 
 私らじゃ無理なんでしょうかね?
 にしても、ツアーの販売が始まるまで、ワクワクして待ちきれないですね。 
 
  
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 釜山からリスボンへ、ユーラシア横断鉄道開通まで、もう少し?
  • 釜山からリスボンへ、ユーラシア横断鉄道開通まで、もう少し?
  • 釜山からリスボンへ、ユーラシア横断鉄道開通まで、もう少し?
  • 釜山からリスボンへ、ユーラシア横断鉄道開通まで、もう少し?
  • 北へ! 韓国ツアー(写真1)
  • 北へ! 韓国ツアー(写真1)
  • ポナンさんの画像(記事は前の書き込みで)
  • 災害は忘れる間もなくやってくる。防衛よりも防災! そっちを急ぎましょうよ。
  • ヴァージンボエッジの船内プログラムは、船上的?いや煽情的なものですね!
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ