客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

徴兵制

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

ポナンが、全船でMGO採用だって。ピースさんも口より前に行動が先じゃないのかなあ?

   今日のサービス画像は、ポナンさんのフラッグシップ、ル・ポレアルかな?
 近着のクルーズ・インダストリ―・ニュースによればーー
 

 Ponantは、重油(HFO)の使用を廃止し、LS MGO(低硫黄海洋軽油)に置き換えました。LS MGOは、原油の精製から得られ、汚染物質、特に硫黄と微粒子状物質の含有量が少ない炭化水素燃料です。 
 2020年のSOX規制強化によって、(クルーズ船を含む船舶の燃料油への)硫黄含有量を0.5%の以内とするよう求められていますが、Ponantは、規制が施行される1年前に、最大硫黄含有量が0.1%の燃料を使用することによって要件を超えました。
 ーーだそうです。

 前向きですね。というか、日本エリアでも、石油会社は、MGOを供給する体制は整えられると、していますからね。ポナンならずとも…と雪崩を打って?なんじゃないでしょうかね。
 日本の海運会社は、LNG焚きや、スクラバーの装備よりも、MGOでの対応が主流になると言われていましたが、フランスのクルーズ会社ポナンは、いち早く…。ということのようですね。

 まあこれまでの燃料油は、C重油が使われていましたから、MGOの採用で燃料油の費用負担がどこまで上がってゆくのかは、まだ詳細にレポートされていませんが、MGO、つまりマリンガスオイルが舶用燃料の標準となれば、仕方がないですね。

 既存船を含めて燃料油対策の主流はMGOでしょう! 「地球環境にもっとも優しい」船は、まずポナンさんから?ですかね。
 環境にもっとも優しいクルーズを標榜するピースボートさん辺り、
「オーシャンドリーム号でMGOを採用します!」くらい言ったらどうなんでしょうか? 口より前に行動だよね!

 なんて今日は土曜日ですからね。こんな話はもういいか。
 というんで、久しぶりのアベサンへの文句。
 自衛官募集で「地方自治体の6割が、協力を拒否している。だから憲法改正を!」って、飛躍もここまで来ると…。
 省エネだったら帆船にせよ!みたいな感じというかな? ちょっとこっちも飛躍しすぎですね?
 
 何もかも憲法改正に結び付けたいようですが、これって憲法を改正したあと「徴兵制」なんて言い出す発想が透けて見えますね。
 うちの孫、ええ男の子の方は、17歳ですがね。この調子だと、彼らぐらいから市役所が自衛隊に提出する名簿に沿って、ダイレクトメールが届くようになるんですかね?

 この間、わが町役場においてあった自衛隊のパンフを手に取ったら、結構給与もいいし、いろんな免許も取れそうだし、「育ててくれたお母さんに感謝」なんて隊員の美談調のコメントが載っていたりして…。

 将来、どんな仕事がやりたいのか? なんて聞いても「別に…」なんてお孫ちゃんに、「国を守る仕事に就くよ」なんて言い出されたら、敵わんよね。ホンマに。
 そんなこと言い出される前に、クルーズ会社にでも就職してくれんかな? 同じ船を動かす仕事なら…。ってね。
 
 でもね、今でも36%の自治体が適齢者の名簿を提出していると言うんですね。
 まったく、アララ!ですね。知らないうちに、我が祖国はどこに向かって行こうとしているんでしょうか?
 トランプさんより、こっちの方が「非常事態」を宣言したいくらいだよね。
 危ない、危ない!
 


 ルボレアル

旅行会社の窓口から、反戦を! の運動しますかね?

  いや今日も他のことを書きたかったんですがね。 
新聞を精読しても、食いつける話はなし。眞子さまのご成婚話を書いても仕方がないしなあ! 
 えっつ? どうしても書けというんですが? はい憲法改正論ですかね。
 って誰もあんたの意見なんて求めてないよ。

 にしても、アベチャンは、本気で、自分で改正!したいみたいやねえ。
 でもって、世論操作?

 朝日新聞と読売新聞は見事に、まったく逆の世論調査結果を公表されて。新聞読者も系列化されちゃったの? ここまで違うかなあ! の感じもします。
 でも、あんまり前のめりになるとろくなことはない! みたいな船田さんのご意見まで出てきて、このまま、百家争鳴になるんかな?

 まあ国民投票まで行ければ、成功! なのか、改正まで突っ込まねばいけないのか?アベチャンの胸の内は分かりませんけど…。
 「憲法改正の必要性は認める。でもアベ政権にはやらせたくない」なんて違憲、いや意見があるのを産経が「おかしい」なんてケチを付けていますがね。
 僕の意見は、これです。改正してもいいけど、安倍さんにはやらせたくない! 危なくて。

 そりゃあ北朝鮮の挑発もあって、国防議論は今、史上もっとも正統性を持つかに見えていますがね、北の挑発と核武装に対して、アベチャンが直対応して「軍事力を明記する憲法改正」「70年間の悲願」を実現する…。
 こんなことになれば、東アジアはさらに緊張が更新する。と言うか。世界をダークバレリーに一気に傾斜させる引き金を引くのは、アベジャパンだ! てことになりかねない。
 つまり正雲主役で、相手役はトランプさんじゃないよ、アベチャンあんたが、まるで東条さんのようにクローズアップしてくる。

 いや、なんども書いているように、私はここまで、自衛隊を明記しない現行憲法はおかしいと思っています。しかしねえ、今憲法改正をするとすれば、目的は戦争放棄! じゃなくて反戦の旗をますます高く掲げて、世界に軍縮を働き掛けて行く!というニッポンへ! これでないとね。
 自衛隊は死滅するべき軍隊として、「近隣諸国の公正と信義」を醸成ながら…。なんてね。

 でもこんな話はつまらんわなあ。
 多分、いま国民投票を実施しても、九条の改正は否決されるでしょう! いやもしかしたら、奥の手があるぞ! へへっへ、サイバー操作で? かな?
 なんかなあ、メディアが実施する世論調査も、恣意的な質問で、正反対の答えが出て来るし、トランプ選挙も本当に正しかったのかどうか? これこそ民主主義の危機? 

 まあ憲法に軍事力を明記しなければいけない、なんて感覚に襲われる為政者ってなんなんだろうと思いますけどねえ。今のままだってTHRAADを装備したければ、やれるし、カールビンソンは核を装備したまま日本に配備されているし…。

 このまま徴兵制にまで歩を進めて行くには時間がかかるでしょう。
 いや北と本格的に戦うためには徴兵でしょ?くらい言いかねない? 
 ですか?北も韓国も徴兵制だぜ! なんて流れになるんかな?

 軍事力には軍事力で!なんて外交政策をとるんだったら、政治家は辞めなさいね。こんな理念なき政治なら、誰にだって出来る! 

 あらら、クルーズに触れないままここまで書いて来ちゃったよ。どうする、どうする! 
 はい、ツーリズム、とりわけクルーズ産業は平和産業なんです! なんて締め方で許してくださいな。旅行会社の窓口から反戦を! そんな運動しますかね。こんな産業一気に潰れちゃうよ…。

 にしても、まだ時差ぼけが抜けないですねえ。 
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • ギリシャのカボタージュを調べてみました。外国船上でも税金がかかるんですね。
  • ギリシャに中国を見た。看板が中国語って、何故?
  • ギリシャ船主の結末に、我が日本船社のそれを見る?
  • MSCが、2000円で横浜~上海クルーズだって。いや、980円というのも出たぜ!なんだかすごいことになって来たですね。
  • 船上にカップヌードル! 日本風味はこうして守られた?
  • GSAが変わった? クリスタルの日本での総代理店から郵船が下りたんだって。
  • 旅の終わりは東横イン羽田でした。
  • 今日は岡留さんの訃報に思うことを書きたかったんですがね。PBは本当のことを言って下さいね!
  • 2019年1月が終わる。大過なくね。「平成クルーズ時代」も幕を引きつつある?
読者登録
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ