客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

板門店

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

なんだい板門店旅行は来月からだったんだね。

酷い話や!
今朝、T.Iさんのニュースを見ていたら、板門店の JSA、つまり共同警備区域の非武装化についての南北協議が終わって、
来月にも板門店 の自由立ち入りが実現するって。喜ばしいはなしですがね。私らが行った先週金曜日はツアーが催行されていなかったということのようで。別の日本人客は、「もう売り切れって言ってたから」なんて、フェイク情報で別のツアーの誘導されたというわけかな?
  まあ私らは、第3トンネルと、北朝鮮が遠望できる展望台、それに最北端の鉄道駅である都羅山駅を訪れることができたんで、満足というか、結構強い雨で、板門店に行っても仕方ない(と負け惜しみ)、からいいんですけどね。
    でも、これでは心残りを残したまま、韓国を去ることか なる!いいよまた、来るさね。

 なんたって、イムジン河を遡ったのは感動的ですね。
  イムジン河 水清く!!って、ガイドさんは、仁川あたりから海の  水が上がって来るので、ちっとも清くない!なんて解説していましたが、「その代わり、人がはいれないので、魚や水鳥が沢山いるのは、本当です」と。「水鳥、自由に飛びかーい!」はほんとなんですね。車窓からしっかりみえました。
    北へゆくのは、70代に入ってからの旅ですかね。

   さて、今日も釜山!どうするかな?、昨日は休日の海雲台に行ってきましたから、今日は市内で。別に寝転んでいてもいんですがね。
  大体チコちゃんに叱られる  も西郷どんも同じ時間に見られるんだから、外国にいるなんて感じじゃないしねえ。ぼやーと生きてるんじゃないよ。いえ、ぼんやり生きて行きまーす、
では、また。

板門店ツアーは雨!疲れました。

ソウルから、板門店のツアーからただいま帰着!ホテルで一休み。
疲れました。だいたい、板門店のテレビに出てくる北と南の会議は、南北交流のディテールが決まらないためか、見学は禁止中。bですので、大3トンネル深くへと進むツアーと韓国最北の鉄道駅へ!ここは面白い?でも、相方さんが今、デパートへ行こう、というので、今日はここまで。
    では、行ってきます。今夜はサンゲタンかな 。彼女鳥きらいだからなあ。説得せねばねえ。

思い出搔き集め、カバンに詰め込み…。はい韓国に行ってきまーす。

  さあ出発ーー! ローレン!ローレン! の気分です。
 って本当に古いね。ローハイドですか? で、どこへ。
 はい。今日から一週間の韓国縦断旅行へ。ですね。
 日本列島を西に横断し、北上。釜山に上陸し、KTXでソウルへ。でもってイムジン川を渡って、板門店が最北端かな?

 さらに北へと潜入し。なんてことは考えてないけど、DMZを遠望するくらいは可能だよね。
 でもって日本語ガイド付きで第三トンネルに入るというエクスカーションもあるみたいで。
 まあ10年もしないうちに、DMZはなくっちゃうかもしれないから、今のうちにね。歴史の探訪者になれる! ほどのことでもないけど。

 本当は仁川辺りからのフェリーで大陸に渡りたい!という気持ちもあるんですけどねえ。もう齢だわな。ウェイドンフェリーが、現代尾浦造船で建造したという最新のフェリーにも乗ってみたいしねえ。
 「青年よ、荒野を目指せ!」 って、中国のどこが荒野なんだい? 
 青年がどこにいるんじゃ! なんて。もう日本には青年なんていないみたいだし。
 
 シベリア鉄道に乗って、欧州へ! 黒海ではロシアの客船に乗るーーなんて夢に見た時代もありました。
 雑誌編集者だったころ、ロシア語の分かる大学の先生に夏休みに体験旅行をしてもらったんですが。
「ソ連時代のロシアは、労働マスターへのご褒美でクルーズ船に乗せてくれたみたいだね」なんてエピソードを聞かせてもらったのはいいけど、「鉄道は散々」だったそうで。
 その後、「マキシムゴーリキー」とか、沢山あったロシアの客船は次々とドイツに売られて、ドイツのクルーズマーケットを作っていったんですよね。

 そんなこともあって、当時「東からロシアに向かうのはちょっと無理かな」と諦めたことを思い出します。
 このころは元気でね。取材も、日本人など行ったこともないエニセイ川のリバークルーズに、某大手新聞社のロシア語のわかるOBさんに行ってもらったり。
 こんなことしていたから、雑誌経営に苦戦するのも当たり前か? 夢を追うだけじゃだめなんだよねえ。はい。

 というので、板門店行き!という一番お手軽で、すぐに行けそうなところで、60代最後の年の海外旅行を締めたいと。
 いま思いついたんだけど、僕の海外旅行、ってもちろん社費による取材旅行でしたが、最初の目的地はソウル。

 みんな海外旅行ではタバコをワンカートン持っているんで、空港に行く前に、街のタバコ屋でカートンボックスいりのタバコを買って、空港まで意気揚々と持って行ったら…。
 同行する先輩に「へー。タバコ買ってきたんだ!」なんて馬鹿にされて。
 成田では売っていないタバコだったんで、「まあそのタバコが好きならショウガナイね」って慰められた、というか? 優しい先輩だったですね。

 はい、その時、タバコをカートンで買うのは免税!だったからなんて知って。うぶですね。僕も。
 そうやってひとつひとつ勉強しながら、大きくなった! じゃなくて年老いて来たんですね。
 でもこのころのソウルは毎月15日だったかな? 正午になるとサイレンが鳴って、町行く人がみんな立ち止まって、直立不動。国歌が流れて…。

 戒厳令の昼! じゃないけど。70年代の戒厳令が解除されたばかりで、ソウルには緊張感が漂っていましたね。
 その後、金剛山クルーズが始まった時にも、日本の記者団の一員として、釜山からのクルーズに行ったことも思い出しますね。
 現代峨山が、スタークルーズからチャータした古い船でした。あれロイヤルバイキングの中古船だったんじゃないかな?もう忘れた。

 韓国旅行も、きっとこれが最後だろうねえ。
 いまアメリカ船社の日本起点クルーズで、釜山だけにワンタッチして。クルーズでは、「韓国」ってそんな国の位置づけになっちゃたのかな?
 そんなんじゃなくて、フェリーで渡って、もっとディープに嵌りましょうよ。
 食事は美味しいし、おばちゃんの活力は半端じゃなくて、いい国だよ。

 なんかな反日宣伝教の皆さんって、韓国に行ったことがあるんですかねえ。
 慰安婦像ですか? 釜山は日本大使館前にあるんかな? 行って見ましょうかね。
 先日、NHKが放送していたドキュメンタリー。戦前、国の動員政策と大宣伝に乗せられて、大陸に渡った日本軍や日本人植民者が、いかなる行為を働き、終戦直後散々な目にあったこと、を加害者と被害者の証言をもとにまとめていました。
 少なくともヘイトスピーチなんて、そんな発想は出てこないと思うけどね。

 まあ思い入れを一杯詰めて、出かけます。
 アー。でも、スーツケースが重いんだよな。
 「思い出!搔き集め! 鞄に詰め込」むから、余計重いんだけどね。(最後は沢田研二かい?)

 そうそう。一応 、iPADを持ってゆくので、このブログは継続するつもりですがね、通信事情もありますからね。時々プツンと! 行方知れずになっても、捜索はしないでくださいね。

鼻血作戦は出来るのかな? 人気は美女軍団に移っているし。僕のリバークルーズは行けそうになって来た。

  やっぱり海外旅行の部のブログよりも造船の部の方が反応がいいですね。昨日付けは、今年最高数のアクセスを戴きました。ありがとうございます。
 ですが、造船の続報なんてそんなにないですからね。

 となると今日は北朝鮮? まあ平昌五輪は、北に乗っ取られたようで、もう日本のメダルが幾つなんて話題は、興味の方でも3番目くらいかな? 競技の方は国際的にもどんな選手が出て来るのか、ヒーロー、ヒロインなんて感じの選手へのクルーズアップはないし。ロシアも個人参加みたいだし。

 まあ最大の話題は、赤いコートを纏い、整列して万景峰号から美女劇団?が、降りて来たと思ったら、陸路を通って、こんどは板門店経由で同じコートと黒い帽子、さらにキャリーバッグまでおそろいのいでたちで、応援団女子が南へとやってくる。南北融和ですか? 背広のおじさんも紛れてやってきたようだけどね?
 2018年北朝鮮軍団の南への侵略は、こうして始まった!なんて感じかな。

 でもこんなお色気路線ならいいですよ。前回よりも年増さんが多いなんて評価もありますが、北の悪行を忘れさせる第一ステップ? 単なる五輪だけじゃここまで盛り上がれないですからね。作・演出金正恩、いや演出はその妹君かな? は、なかなか。彼らは策士ファミリーなのかもしれませんね。完全に北ペースに持ち込んじゃった。 

 韓国では、美女軍団のファンクラブが出来たなんて話も伝わって…。
 こういう融和ムードが出来て来ると、いまや地球上では金さんより嫌われているトランプさんたちが、「鼻血作戦」なんて言っても、誰も喝采してくれないでしょう。

 茶番だね。トラちゃんは、11月にワシントンで軍事パレードをやりたい!なんて言い出して。なのに、昨日はアベッチが「100%共にある」なんて、わざわざまた新味のないセリフで応じる。
 韓国にいま出かけて、一番歓迎されないのは、あんただよ。きっと。
 身辺には本当に気を付けた方がいいですよ。なんかあると、こんな半島祭りが、一気に暗転しかねないからね。

 まあいや。産経新聞さんが、昨年米海兵隊員の交通事故に関連して、琉球新報と沖縄タイムスが海兵隊員の英雄的事故処理を書かなかったと、「(沖縄2紙は)メディア、報道機関を名乗る資格はない。日本人として恥だ」なんて書いちゃったことを撤回し、去年11月の記事を全面削除しちゃった。
 という話も突っ込みがいがありそうな話題ですがね。
 
 これらの新聞が「日本人の恥だ」? なんて、事大主義丸出しで吠えた産経さんの本質が出ちゃった話。日本を守るアメリカさんの言うことは、なんでもいいから賛美する。アメリカ軍の動きは忖度して…、という編集方針なのですかな? 産経さん。
 あんたがたがたの沖縄2紙に対する偏見、日ごろ指摘してきた罵詈雑言まで、削除したんですかね。反省し、「日本人の恥」じゃなくて、「沖縄人の良心?」 なんて賛美はしないか?
 まあ別に、僕は産経を報道機関とも思っていないし…。名乗っているんかな?アベ政権機関紙って?

 こんな話はいいですわ。それより朗報です。同行予定者がケガをしてしまって、5月の南フランスリバークルーズに行けるかどうか暗雲!が漂っていたんですがね。回復が順調のようで、どうやら行けそうな感じです。というので、今日からまたアイテナリーの作成を進めようかと。介護クルーズになるのはいやだけど、また違う経験ができるかもねえ。

 それに確定申告表も作らないと。結構忙しいんですよね。今月は。
 えっつ!景気がいいですね? じゃなくて医療費控除やふるさと納税の申告のためですよ。
 細々と節約しながら、地道に余生を送っている今日この頃です。 


執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • ギリシャのカボタージュを調べてみました。外国船上でも税金がかかるんですね。
  • ギリシャに中国を見た。看板が中国語って、何故?
  • ギリシャ船主の結末に、我が日本船社のそれを見る?
  • MSCが、2000円で横浜~上海クルーズだって。いや、980円というのも出たぜ!なんだかすごいことになって来たですね。
  • 船上にカップヌードル! 日本風味はこうして守られた?
  • GSAが変わった? クリスタルの日本での総代理店から郵船が下りたんだって。
  • 旅の終わりは東横イン羽田でした。
  • 今日は岡留さんの訃報に思うことを書きたかったんですがね。PBは本当のことを言って下さいね!
  • 2019年1月が終わる。大過なくね。「平成クルーズ時代」も幕を引きつつある?
読者登録
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ