客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

船体塗装

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

極彩色のNCL。行き着くところまで来ちゃったんでしょうか?

 月曜の朝。
 だし、なんか目の覚める話はないかと、ネットをさまよっていたら、ウーンなんだかなあ! 確かに目が覚めるような光景に出会ったですよ。
 ノルウェージャン・クルーズ・ライン(NCL)さんが、ドイツのマイヤーで建造中のノルウェージャン・アンコールの船体塗装ですがね。スペイン人アーティスト、エドゥアルド・アランツ・ブラボーさんの作という船体塗装を披露したようですね。
 今年秋に就航するんですって。最近船上でもタトゥールームを設ける船が多くなっていますがね。船体にもタトウ―ですかね?

ノルウェーアンコールハルアート

 塗装が目立つ船会社といえば、NCLグループもそうですが、AIDA、それに最近では髪の長い少女?じゃないけどプリンセスもそうですね。船体塗装の3大ブランドかな。 
 いやそれだけ船会社の個性が眼立たなくなって来たというか? 確かにこの間、ギリシャに行った時も、港に停泊するクルーズ船の数の多さというか、こんな風にクルーズ客船が増えて来ると、船体を眺めるだけではどこの客船だか、分かんない。
 まあ、船体を塗装するというのも悪くはないとは思うんですがね。
 
 かつては、船体のデザインというと、カーニバルやコスタみたいにファンネルの形状や色に特徴を持たせて個性を強調した。ファンネルを見れば、簡単に船会社を見分けることができたんですがね。
 ちょっと行くとこまで来ちゃった感じですかね? 

 そういえば、以前にっぽん丸が紺色に船体を塗って。この船は遠くから見ても、すぐにわかるしスマートに見えますからね、良い選択だと思いましたよ。
 で、呑み屋話で、船体に使える色は?なんて話したことがあって。
 黒とか、グレーとか、「まあ緑までは許せる」なんて話の中で、ピンクがいいと指摘した人がいて。「そんな色の船が出て来るかもね」で話は終わったんですがね。そんな発想はすぐに乗り越えられちゃったですねえ。

 まあ極彩色の船体に、楽園を見るという発想。これって仏教の極楽イメージに近いかな? も、あるでしょうけど、ここまで来たら、どうだろ。船体を広告画面に見立てて、トヨタとか、グーグルに売っちゃうとか?
 そうすれば少しくらいは乗船料が安く?――ならないよね。

 さて塗装に寄らずとも、一見するだけでどこの船と分かるあのデザインの船の実現はどうなっているんですかね? 約束の期限までは、ますます???
 フィンランドのArctech・ Helsinki・Shipyardの売却話を、T.Iさんが伝えています。なんだかんだで、もう半年たっちゃって。あの羽のついた新造船はどうなっている? んだろ。 そろそろ着工ぐらいの話が伝わってこないと、2022年の就航だって…。

 にしても、当欄への都万さんの書き込みによれば、ピースさんは2020年の外国船のチャーターを決めて、4月8日横浜起こしで3クルーズをするとか。リピーターさんというか、予約された乗客に連絡してきているようですね。確認してはいませんけど。

 でもねえ、何度も書きますが、あの羽の付いた船、「環境に優しい船だから」と、予約した乗客も多いんじゃないですか?
 別の外国船を用意したから、とりあえず…。で、いいんですかね この話?

マジェンタカラーの統合コンテナ会社。ならクルーズも3社統合で、ファンネルはショッキングピンク!

  このところ、欧州航路の自動車運搬船の闇カルテル問題が、メディアで取り上げられていて、数年前アメリカで摘発されたばかりだし、コンテナ船の3社統合が進んでいるのに、なんだろうなあ! と暗澹たる気分で、記事を読む気にもなれなかったんですが。なんかなあ、良く分からんけど、2008年から12年にかけての行為に対する話で、郵船と川汽に課せられた課徴金も「引き当て済み」。だそう。最近になって、ペナルティの内容が決まったような話? なんですかね。

 まあ取材をしていないので、これ以上良く分からんし、書くこともありませんが、株価はちょいと下がってますが、織り込み済み? むしろ買い場が来ている? ということかな? 
 よく「郵・商・K」なんて大手海運会社のことを略称で呼ぶんですが、一時期、ぎくしゃくしていた関係も整流化し始めていると理解していましたんで、コンテナ船3社の統合会社ONEラインがサービスを開始する4月を目指して、仲良くね!なんて書くと、今は語弊があるかな? 
 でも海運市況も変わり始めたし、反転攻勢に出て欲しいですね。えっつ。はい株価の方もですけどね。

 なんて、随分ハードな話から今日はスタート? というより。このONEって、コンテナを輸送する海運会社の主力商品、定期船部門の統合を目差したものなんですね。
 まあ世界の定期船、つまりライナー会社は一国一社が相場というよりも、最近は国境を乗り越えての統合すら進んでいた中で日本だけが3社。それがまとまってシンガポールに本社を置き、3社の定期船部門を分離統合。オールジャパンとして世界で戦うということになったわけで、日本の海運史という意味では画期的な話なんですが…。

 世界最大のライナー会社はデンマークの巨人、マースク。で第二位がMSC。はいクルーズでも有名ですね。この2社がMMと称するコンソーシアムを組んで…。中国も国営や香港の会社と組んで、なんて話は、別の機会に譲りましょうね。煩わしい。

 ですがね。この会社のイメージカラーというかカンパニーカラーが、これがね、なんとピンク!なんですよね。そのうち港近くの道路にピンクカラーのコンテナを積んだトラックがどんどん走り出すでしょうけど、これは驚くと思いますよ。

 で、なんでピングなんですか? と関係者さんに尋ねたら、「ピンクじゃなくてマゼンタだよ」なんてまぜっかえされて。理由なんてないよ!でしたが。とにかく鮮烈です。マゼンタなんて、コンピューターのプリンターインキの1色くらいの認識しかなかったですからね。そっちの色の説明も斬新! 
 派手さよりも安定というか、安心感を企業イメージにするような海運会社会社がねえ。まさにイメージ一新!ですよ。

 まあ飛行機だって機体に様々なアニメをレイアウトしたり、最近は電車の方もデザインも凝っています。フェリー辺りはとっくに「さんふらわあ」なわけで、コンテナ船が変わり始めるというのは、事業内容にも変化の予感。海運のイメージはかなり良くなるんじゃない?
 ここまできたら、コンテナの前に、F1のレースクイーンみたいな感じで水着女性を立たせたコマーシャルとか、カンパニーイラストポスターや動画を作るとか。
 2万個積みコンテナ船の船体にモデルの水着姿をレイアウトする…。というのはちょうと悪乗りし過ぎだけど、ピンク、いやマゼンタ色のコンテナを満載した巨大コンテナ船が浮かぶ港は、観光化を目指す港の行き方にもマッチするし、いいんじゃないですかね。

 まあ産業がファッショナブルになるのは、とてもいいことです。人材確保にも腐心している産業界ですからね。若者も参加したがるんじゃないでしょうかね。

 というんで話は、クルーズですよ。
 MSCは定期船会社からスタートし、世界有数のクルーズ会社にもなっちゃったし、どうせならONEの次の仕事は、「クルーズ0NE」でどうですかねえ。
 まあ川崎汽船は参加するかどうか分かりませんけど、代わりに、日本クルーズ客船が参加すれば、郵船・商船・JCLの3社統合ですからね。
 そう、NMCですよね。いやYMCかな? Aが加わればYMCAやないか! ってなにそれ。
 まずは、「郵船・三井・クルーズ・アソシェーション」ですよね。

 船体の色は? もちろんピンク。マジェンタじゃなくてショッキングピンクですって。
 だめですか? 
 なら少なくともファンネルはピンクでね。はい。
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
本文
ギャラリー
  • 探検船特集ですか? 今年の冬場の南極は「客船銀座」ですかね?
  • 新冠のマキバ
  • 郵船・長澤さん「問題は一隻体制。でも代替船を造る造船所がない」って、未来も1隻体制で?
  • ギリシャのカボタージュを調べてみました。外国船上でも税金がかかるんですね。
  • ギリシャに中国を見た。看板が中国語って、何故?
  • ギリシャ船主の結末に、我が日本船社のそれを見る?
  • MSCが、2000円で横浜~上海クルーズだって。いや、980円というのも出たぜ!なんだかすごいことになって来たですね。
  • 船上にカップヌードル! 日本風味はこうして守られた?
  • GSAが変わった? クリスタルの日本での総代理店から郵船が下りたんだって。
読者登録
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ