初夏の美しい日がようやくやって来ましたね、なんていうポカポカした日曜日。 
 相方さんのおふくろさんの火葬をして参りました。

 ヨットも浮かぶ伊豆の穏やかな海が見える道を走って。まだ桜の花が残る木々に包まれた火葬場でした。この日の伊豆は、いつもなら渋滞に巻き込まれるのに、道路もスムースで。時を待つ、思い出を語る人々の話も、とげがなく、ゆったりと過ぎて行くようで…。

 相方さんは今週から、ルーティンにしていたお見舞いに行くという日常がなくなり、なにか気の抜けたような感じがありありです。
 でも、100歳の葬儀って、もっと無感動なものとも思っていたのですが…。両親がこの地に移住してきたのが、ちょうど我々が結婚した年で、つまりは、もう45年も前ですし。つまりはこの45年間、年に幾度ともなく通い続けて来た道ですからね。

 まあ、しばらくはそんな空気に浸りましょうかね? 何もするべきことがない日常って決して悪いことではない。
 これで我が親の世代は完全に彼岸へと旅立って、次は…。でしょうしね。

 というので、北朝鮮ですか? お互いに持てるトサカを精一杯逆立てて、まさにチキンレースの形相を呈しています。まあプロレスの試合を見るよりも真剣さが伝わって来て迫力はありますがね。かつてであれば、ヒールはアメリカが一人でしょい込むのに、このゲームでは、金君が情状酌量の余地すらないほどの悪役を引き受けている感じで。トラちゃんはむしろヒーローですからね。
 一体どうする? いやどうしたいんだろうか? 

 なんかなあ。好戦的と誰もが思っていたトランプさんは意外に慎重で。というか、シリアやアフガンで目くらまし? されるのにもたまったもんじゃないでしょうけどね。アフガン射爆場だもんねえ。 
 でも、彼も手を出しかねているようにすら見えます。 果たして。
 僕は中国人民解放軍(格好いいねえこの名前)さんが、北に進軍して北朝鮮人民を金王朝から解放する? みたいな場面も想像しているんですが、ちょっと荒唐無稽? 

 今朝の産経新聞は、爆発が起きたら、机の下に隠れなさい。みたいな有事特集を組んでいますが、その一方で、テレビ欄では「youは何しにニッポンへ」なんて番組がずらっと並んでいて、有事と言うのは、本当にこんな感じでやってくるんですかねえ。

 こんな時代に、クルーズの話なんて書きようがないですよ。本当のところ。
 というか日本市場を巡るクルーズと言っても、最近は日本近海の遊覧!ですからね。正直言ってこういうクルーズの「乗り方ガイド」みたいな記事やテレビの特集を見ても、まったくときめかないですし、レポートを発する気分にもならないね。

 フルコースの食事代が含まれています!ショーやイベントへの参加料も無料ですーーだからどうした? でもって行き先は、上海です。釜山です。と言われてもなあ。
 まあ船というよりテーマパークとしての船の目新しさをPRするよりないのはわかるけど、洋上のアイススケートも無料!なんて言われてもねえ。当分はなんとかなっても、いつまで続く? 
 でもクルーズ会社が儲かるならそれでよし?ですかね。

 飛鳥の2017年の世界一周クルーズは、4月7日に予約受付が始まったようですが、どうやら発売と同時にほぼ満員になったみたいですね。
 まあこれから1年あるんで、ある程度のキャンセルもでるんで、「定員の1.5倍くらいの予約がないと…」なんて旅行会社さんは、手放しではないですけどね。
 こんな政情悪化の時代に贅沢言うなよなあ? だよね。

 でもって、わが相方さんが、御母堂の見守りがあって「参加できない」とあきらめていた我々は、さて! 今度はもっと大きな壁。つまり資金力が立ちはだかるんですけどね
 まあ、今更18年は、間に合わないでしょうから、19年をどうするか? なのかな?

 19年と言えば、ワレまさにクルーズ中に古希を迎えんとす! なんで、こうなりゃ! ドドンと。って、まるで金君みたいな向こう見ずな決断になりますかねえ?

 にしても、日本近海の波も平穏に。そして欧州も穏やかにね。
 私めの古希をみんなで祝ってくださいね。
 って、あんた将軍様じゃないんだからね。
 しかもちょっと先走りですよ。再来年の話やないか! はいすみません。