客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

辺野古

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

辺野古埋め立てを即時中止し、沖縄をクルーズアイランドに! 

   パリは相変わらず凄いことになっていますね。エールフランスのパリ行きチケットが往復35000円か!なんて喜んでいたんですが、こんなことなんですね。
 つまり観光地としてシャンゼリゼ!なんて、当分あり得ない? 話なのかな。まあ治安が戻れば、航空運賃も値上がりする? デモ弾圧反対! なんて不謹慎ですかね。

 そんなニュースを伝える東京新聞の本日付。もう一方の柱は、安倍政権による軍事費の増大の実態。そして相変わらず、工事が中止されない辺野古基地建設の話です。
 県民投票が行われたにも拘わらず、一顧だにしない安倍政権の対応は、まるで政権によるテロ! こんなことを続けていると、暴動が起こるで!ホンマに。

 で、思い出したのは、「沖縄を返せ!」と街頭がにぎわった1969年の頃の情景ですね。それでも今のパリほどは荒れていなかった? 「神田にカルチェラタンを」なんて学生が言っていても、テーマは学園の民主化? 付け足しで、安保反対、沖縄を返せ!だったもんねえ。

 当時大学に入ったぼかりの僕は、当時から「沖縄を日本に返せ!」なんて反米民族主義的なスローガンでいいんだろうか?なんて思っていましたけどね。
 まあ、「ほれ見たことか?」なんてしたり顔でいうつもりはないですが、日本政府が米軍政に変わっただけで、もっと事態はひどいんじゃない? 

 米軍政だったら、辺野古に新基地なんて、あり得ない方針だったと思うし。あったとすれば、反対運動は今のパリ以上の話だったろうし。
 沖縄の施政権返還でノーベル賞をもらった、現首相のおじさんを思い出すけどね、極論すれば、米軍は出て行け! の方が分かり易かったし、アメリカ国内の世論だって造りやすい?
 つまり沖縄基地問題が、日本の国内問題にされてしまっただけの「沖縄を返せ!」だったような。

 なんてね。月曜の朝からそんな話じゃ、読者は逃げちゃうよ。はいすみません。
 まあ今更施政権を米軍に!なんてスローガンは成り立たないし、この問題は、施政権の問題というより、「政権の姿勢の問題」なんだろうと、思いますね。

 私の施策? もちろん辺野古建設絶対反対! 県民の主張に応じろよ! それに普天間も即時閉鎖、返還せよ! ですよね。
 でもまあ、このブログでそんなことを叫んでもあんまり効果ないし。
 国会前にでも行く? 交通費が嵩むしなあ! と何にもしない、お爺さんを決め込んで行きますけどね。
 ただ、それだけでも悔しいんで、今、「めん太は叫ぶ」ってチコちゃんみたいだけど。

 沖縄をクルーズ特区に!に指定しては? だよね。
 まあ施政権を沖縄政府に与えて、沖縄の政治的独立を認めるーーそっちの方がいいけど、それには時間がかかるだろうからね。まずは沖縄・南西諸島の島々を軍事基地の島から、クルーズ船の拠点の島へ! ですよ。 

 つまり今は、外国クルーズ船が日本クルーズをやる場合、カボタージュと称して、釜山とかウラジオストクにワンタッチしないとクルーズが認められない。
 イギリスなんかもマン島とか、いくつかカボタージュの例外? みたいな運営を認めているのかな? ちょっと調べてみないといけないけど、沖縄に寄港すれば、カボタージュの例外とする!なんてことになれば、東京湾発の沖縄や奄美クルーズなんてのがどんどん行われて、まさにこのエリアが東アジアのカリブ海!になるんじゃない?

 そうすれば、沖縄はクルージングリゾートの島として、今爆発しつつある世界のクルーズの起爆剤になるし、日本から沖縄への観光客も急増! でもってプライベートアイランドのようなリゾートも造られて、沖縄の観光化がまた進む! ですよ。はい。
 
 このエリアは、東アジアはもちろん、世界でも有数の奇麗な海に囲まれています。そんな海を泥と砂で埋め立てて、仮想敵を仕立てて? そんな政策で国威発揚を目指す! なんて馬鹿げている。
 サンゴ礁に包まれたリゾートアイランドに、世界から観光客を招く。アメリカ人だってオーストラリアからだって、いや中国も韓国も、台湾もタイやベトナムからだって。

 これが沖縄の未来戦略じゃないの?
 「沖縄を返せ!」 だれに?
 世界の善良な市民のために、とりわけクルーズファンに返してもらいましょう!

辺野古埋め立て即時中止し、沖縄「基地」をクルーズ基地にしましょう!

 那覇港がトンデモナイことになっていますね。
 いや沖縄のことをちょっと知りたくてね。今朝、那覇港のホームページに行って見たんですよ。そしたら、2019年のクルーズ船の入港計画が、なんと312隻! 2月中旬の集計でこれですからね。まさに1日1回クルーズ船! という数字。18年実績が243回ですからね、すでにして30&%近い伸び率。

 1月4日から12月29日まで、泊8号岸壁に、それも16万トン級が中国上海や厦門辺りから続々やって来て。ゲンティンのワールドドリームは、那覇を定期寄港地にしているようですし、なんと秋からは例の旧オリアナ、はいピアノ ランドが毎週やってくるようです!
 コスタやRCIも。つまり世界の大型クルーズ船を見たくなったら「泊」へ泊りに行こうですよ。

 まあ、312隻ではマイアミやナッソーなどに比べれば、まだまだ足元にも…、ですが、クルーズの停泊ピアを増やせば…。かつてマイアミに客船があふれ、フォートローダデルやらポートカナベラルにクルーズ港が広がっていったように。
 別に那覇だけじゃなくて、沖縄には、本部だって中城だって、いろいろ港は開発できるし、沖縄をカリブ海構想が点火していますね。カリブ海化はもうすぐでしょう!

 といってもね。日本船は3隻が時々、それも総トン数を見るとちょいと寂しくなるような、格段に小さいのがリスト化されているだけで…。
 沖縄はすでにして、アメリカ船社と中国人旅客に占領されてしまった? まあ日本政府のクルーズ政策はインバウンド、インバウンドばかりですからね。

 いや、アベサンの経済政策での勲章?とされている外国人観光客誘致に、沖縄は大いに協力なすったというわけですね。「沖縄を返せ!」、ノーベル賞をもらった佐藤のおじさんが、返してもらっといてよかったね。

 那覇市は、21年からかな「泊8岸壁」に、入港する客船でやってくるお客様から、一人当たり280円の入港料を徴取するそうですからね。1回の寄港で少なくも2000人はやってくる。でもって300回入港となれば、60万人。でひとり、280円ですか? 1億6800万円の入港料になる? 
 凄いですね。地方自治体がこれでだけ稼ぐんだから。やっぱり沖縄振興はクルーズで!だよ。
 それに那覇に船が入れば、石垣だって、宮古だって、いや奄美や近くの島々への波及も見込めるでしょう!ね。

 って何故、急に沖縄のことを知りたかったのかって? そりゃあ24日に予定されている県民投票があるから、ですがな。
 今朝の東京新聞によれば、辺野古を基地にするためには水深90mまで杭打ちをしなければならない。そんな海域が含まれていることが分かったって。
 でもって、今だ、世界では70mまでの杭打ち込みの実績はあるものの、90mまで地盤改良した実績はないんだそうですね。

 多分現場は、こりゃ大変だぜ! みたいな驚きに包まれているんでしょうけどね。ここまでやっちゃったアベ政権は、「後戻りでけんものなあ」な、感じじゃないんですかね。
 政権のメンツ? トランプさんに叱られる? だったらチコちゃんを連れて行くぜ! なんてね

 そう、アベさんも、そんなメンツにこだわらなくてもいいように。こうなったら、みんな投票に出かけて、「こんな基地要らない」「NO!」と書き込みましょうよ!
 辺野古を埋め立てるって、普天間の代替なんて触れ込みで始まりましたがね。この構想、どうみても沖縄米軍基地、いや未来の自衛隊基地になるんかもしれませんが、基地機能の強化。基地の拡大を意図したものとしか思えないですよ。

 いまさらそんなことをする意味ってどこにあるんでしょうか。老ブログ子は、むしろ沖縄軍事基地の縮小へと舵を切るべきだと思いますけどね。まずは、「普天間を返せ!」だよね。

 心暖かい日本の皆さまからは、「そうなると沖縄経済がやって行けなくなるのでは?」 なんてご心配の声が聞こえて来そうですが。
 そう基地は基地でも沖縄のクルーズ基地化を進めればいいんですって。
 中国人も台湾人も香港人もやってきますし、そのうち東南アジアからだって来る。沖縄の海は東南アジアの海よりずっときれいなんだから。もちろん、船はアメリカ船社が連れてくる!
 まさに東アジアの緊張緩和と沖縄経済の自立! とはこれだったんですよ。

 日本人もMOPASさんのヒット商品「飛んで沖縄クルーズ」があるじゃない!
 まずは辺野古埋め立て中止! ここからですよ!
 船知めん太も、心はひとつ。ローラさんだって、NOなんだからね。
 クルーズファンも、ともにあり!です。 辺野古反対!

 ワールドドリーム


左派の復権を! 万国の諦観者よ! 立ち上がりませんか?

 どうやら世の中の左派差別は、ますますひどくなっているようでーー。こうなりゃ、万国の左派よ立ち上がれ!右主導の社会を押し戻し、左派も右派と同等の権利を確保できるよう社会を変えよう! かな?

 って、実はなんか今朝から右手の中指が痛くて。
 いや私はね、根っからの左利きで。子供のころから、字が汚いなんて言われながらも右手使いに矯正されたこともなく、まあ鉛筆時代だったら何の痛痒もなかったんですがね。

 近代的筆記具? つまりコンピュータが出て来たんでいいかな?と思ったし、ワープロが始まった時には、40万円だかを投資し一番先にNECを買いましたからね。
 でも、これら電子機器は片手で、打つわけにも行かんし。

 というより、こういう文筆機器も考えてみると、右手で打つというか。操作も、実は右手で打つキーの方が多い感じがして…。
 左手が活躍するのは、A、E、Sぐらいかな? まあ55対45くらいかもしれんけど、右手さんに頼るというか右手の方がキーボード上を駈け巡っているようで。
 まあ今朝は余計にそんな気がする手の痛さですね。寝違えかもしれんけどね。

 いやいやそんな風に、なんでも従順になることを強いられているのが、左派。右主導の社会システムには反対!ですね、キーボードのアルフェベットの配置も少数派である左手用のものも作れよ! 

 左手の復権を! 運動でもやろうかな? なんてね。
 そうか株式会社サウスポーでも設立して、左手党のグッズのネット販売とか、左手用グッズ開発みたいなビジネスでも始めようかしらん。
 さらに、「左手の偉人」なんて感じで、左利きだった英雄の歴史書でも編纂して世に問うとかね。

 子供のころから野球をやるんででも左手用のグラブを買ってもらい、ゴルフでも、ゴルフショップの中でも狭いスペースに押し込まれている、少ない製品の中からクラブを選ばされ、しかも左用はちょっと高かったりするんだよね。

 それに、未だにJRの改札は酷いよね。最近でこそ、パスを改札口の読み取り機に押し付ければ、通れるようになったけど、それも右手側にしかないし。
 たまに切符なんかで通過する時なんて、わざわざ右手に持ち替えて挿入するんだから。
 右派主導の社会をせめて平等にしろよな。だよね。
 なんて、痛い右手を使って、ここまで進んできちゃった。

 ここまで書いて来て、皆さん、アベ右派政権打倒! なんて話に持ってゆくのと、思っているんじゃないの? いやいや最近はそっちの話は、どっちでもよくなってきてね。そう、だって立民が政権? といっても枝野君じゃあなあ。共産党? 嫌いだもんこの党、という感じだし…。
 今年の選挙も多分、地方選で左派?が得票を伸ばすものの、逆のモーメントが働き参議院は? なんて予感。つまり2年前の都議選と衆院選と同じような展開になる気もするし。

 辺野古の県民投票が来週ですね? 多分反対派が圧勝するだろうけど、「だから?」なんて感じで、土砂投入はやめないでしょうね!
 選挙による民意を? って、ここまでフェイクと民意無視政治が浸透すると、投票による「議会制民主主義」なんて? なんて諦めの気分が浸透したりして行くばかり?
 国境の壁のトランプと辺野古土砂投入のアベ、どっちが嫌い?で、投票でもした方が面白いかもね。なんて感じで、劇場型というならそこまでやれよ! って、論旨が変かな?
 
 はい、我が「左利き党」も、人生への諦観ばかりが漂う毎日です。 
 万国の…。諦観者の皆さん、立ち上がりませんか?

那覇を東アジア共同体の首都に! ちょっと台風が気になりますけどね。 

 いつか書きたいと思っていたんですがね。辺野古基地建設が進行している中で、そこまで書いても…。と書ききれなかったのが、「沖縄の基地負担の軽減」論です。
 つまり昨日も菅さんが、翁長知事の県民葬に出席し、「沖縄に大きな基地負担を担っていただいている現状は到底容認出来るものではない」「基地負担の軽減を」と挨拶したのかな?

 この議論の先は、沖縄にある基地を撤去したあと、本土に移して、「基地負担」を日本全体で負いましょう? という論理と受け止められますね。
 つまり、米軍が沖縄に駐留し、極東や日本の平和を守っている! このことを「本当かいな?」と、問い直すこともせず、沖縄だけに集中しているのがいけない! という論理です。

 いわゆる革新と言われる人も、沖縄の進歩的な県民も、この論理に深く切り込むことはしない。
 まあ、そこまで踏む込むとせっかく多数派を占めている沖縄の世論のまとまりを崩しかねない?なんて判断でもあるんでしょうか。

 僕は、この問題は沖縄にあれだけの米軍基地を置くことの意味自体が問われなけりゃあ!いけないと。つまり日本国を守るために米軍は居るんですか? じゃあ何から守るの?中国、ロシア、韓国、北朝鮮?
 初めからそんな国際環境、軍事環境を作り出している日本国指導部の責任は? 
 沖縄に基地なんて、そんなもんいらないだろう! くらいの論理に立たないと、沖縄の基地のことは解決しない、と思うんですがね。
 「負担の軽減」ではなくて、「軍事力の削減」。
 つまり沖縄の基地を本土やグアムに移転させるという論理では、到底乗り越えられない。

 だったら、中国の海洋進出にはどうするの? ロシアの北方領土問題は? 
 ウーン。ここから先は分かりづらいかもしれんけどね。「日本は平和憲法を止揚して反戦を旗印にした国策に転換しろ」とね。つまり近隣諸国と軍事的に対決するのでなく東アジア共同体ぐらい展望する論理はどうして出てこないの?

 共同体を成立させる時、EUにとってのブリュッセルは、那覇です! 
 独立した琉球共和国の首都を東アジアの中心に置いて、台湾や香港とともに、共同体の要を造る! 
 はい荒唐無稽ですね。でもEUは曲りなりにもそんな理念でやろうとしている。
 翁長さんの県民葬だったら、そのぐらいの話も飛び交うシンポジウムくらい開いて欲しかったですね。
 つまらん話で、どうもすみません。ポリポリ!(頭をかく音)。
 
 まあ今日は、クルーズネタでなくてすみません。でもねえ、クルーズ産業にとってもちょいと気になるのは、10月上旬にアメリカ東海岸を襲ったハリケーンマイケルですね。東海岸は、いまやクルーズのメッカ? いやリヤドぐらいかな?

 でも、8隻のクルーズ船が寄港地の抜港とか、行程の見直しを避けられず、港にじっとしている船もあったようで…。
 この巨大化したハリケーンの来襲は、最近ではアメリカ東海岸の秋の風物詩みたいになって来たようで、それこそ毎年この時期になると襲われる。

 僕もサンディちゃんに襲われてニューヨークに上陸できず!という苦い経験がありますがね。
 あれ以来、「クルーズで絶対避けるべきなのは、秋のカリブ海」と人に尋ねられる度に、そうコメントしていますが、これは夏から秋の沖縄でもいえることで。
 気候変動? そうは思いたくないですが、クルーズ事業の欠点は季節的リスクという形でも広がり始めている! なんてね。

 まあいいや。それでも沖縄はまずはクルーズの拠点として整備し、嘉手納は東アジアのクルーズセンターとして再整備されたらいかがですか?
 世界中からこの地へフライ。そして慶良間だの、宮古だの石垣だの。そして奄美や鹿児島へとクルーズゾーンを広げて行く。

 はい、日本の未来論ですがね。
 何でも、本土から眺めて、上から目線で「こうすべきである」という視点はもうそろそろ…。
 沖縄、南西諸島を軸に日本や東アジアを考えるーークルーズ事業はその戦略的軸になると思うんですがね。

 憲法改正をするなら、沖縄を軸に東アジア共同体を造り直すぐらいの世界史的な視点がいりますよ。
 反戦憲法! もいいけど、帆船憲法かな? 
 なんのこっちゃい。訳分からんぞ!!
 

翁長さんの冥福を祈って、しばらく辺野古の基地建設工事を止めたらいかがでしょうか?

  今度は翁長さんですか!
 67歳というから、私のひとつ下というより同世代ですね。すい臓がんと伝えられ、今秋の知事選に病院のベッドから出馬されるとお聞きしていたのに! 残念ですね。
 
 彼の人生を掛けた最後の闘い。つまり辺野古への基地建設阻止闘争というのは、僕からすれば、合法の枠内で進め得る最後の闘いであると見ていたんですがね。
 別にこれで終わったと思う必要もないのですが、反基地闘争も非合法の枠から…。という展開になってゆくような気すらします。あるいは新しい段階かな? 沖縄独立運動?なんてね。
 とにかく翁長氏が命を削って訴えたこと、日本政府に要請して行ったことの欠片も実現していない。さぞや無念な死だろうと思いますね。
 
 翁長さんはどうだったか知りませんが、僕らが大学に進んだころはまさに「70年安保」の真っ盛り。同じころ、彼はあの騒乱の地、飯田橋・お茶の水界隈。つまり法政大学に学んだようですね。
 まあ団塊の世代なんてくくりで、この時期のことを振り返ることは、出来れば避けて通りたい話なんですが。でも、「沖縄」と言えば、このころのことが浮かんで来ます。
 
 70年安保闘争というのは、条約改定が争点のように見えましたがね、実は条約自体は、自動延長ですからね,争点化したわけでもない。
 60年の条約改定とは違い、ベトナム戦争で疲弊していた米国と佐藤政権は、安保それ自体を争点化させることなく、沖縄の施政権返還による日米軍事同盟の高度化を図ったんですね。
 当時、日米安全保障条約の意義を捉え直すいい機会? なんて中途半端な意見を語る人もいましたけど、実は安保条約それ自体よりも、沖縄の返還による日米同盟の機能の強化にこそ、政治的な意義があった。
 その後日本と沖縄で何が行われたかと言えば、沖縄の米軍基地の近代化と極東の軍事力の肩代わり。つまり本土の沖縄化です。それも施政権をもつ日本が主体的に取り組む格好での一体化だった。本土は空軍と艦艇の基地、沖縄は海兵隊という実戦部隊の前線基地化?ですね。

 僕は、沖縄は今大きく変わり得る節目に来ていると思うんです。数年前、全日空が貨物輸送部門のハブとして那覇を活用して行く方針をとった。
 東アジアでハブ機能と言えば日本と韓国、中国の主要な経済地域の真ん中でシームレスに物流を高度化すること。となれば、その真ん中の位置するという沖縄が、最良の場所であるわけで、そんな方針を聞いて全日空の英断を頼もしく感じたことを思い出します。
 
 でもってもう一つは観光化です。
 このところ、アベノミクスの失敗が相次いで明らかになりつつあり、日本銀行の失敗はこの先、地方銀行の経営難という格好で、問題化してくる。そんな中でも、アベ政権の経済政策で唯一、「成功」と評価されているのは、観光です。つまりインバウンド、外国からの観光客の流入は確かに前年度比プラスを継続しています。
 
 でも本気で観光を国是にして行くのであれば、日本本土よりも沖縄への誘客こそ本気で取り組むべき課題だろうと思うんですよね。
 とりわけクルーズ産業では、最初に実現するべき課題だと思います。
 那覇がマイアミと同じ緯度に立地し、台湾や中国本土への近さを考えると、現代型クルーズの東アジアの観光ハブとして絶好の位置にあります。

 つまり、いまこそ非軍事の旗を掲げて、沖縄は東アジアの中心として発展するチャンスを手にしていると思うんですがね。
 にも拘わらず辺野古の美しい海を埋め立て、ここに新たに合理化された米軍基地を造る?? 中国が南シナ海に人工島を建設し、ロシアが択捉に空軍を常駐させるーーそれらの軍拡のきっかけを提供しているのは実は沖縄の軍事力強化が引き金になっているって、思いませんか?

 沖縄人民にとって、まったく利にならない政策を強いる! ばかりか新たな崩壊への火種を作り出していく。こう考えると何も沖縄が日本政府の統治に留まっている積極的な意義などないわけで…。
 中国や北朝鮮の軍事的脅威、もし米中が闘う、いや北朝鮮と一戦? になんてなったとして、その最前線は、何のかかわりもない沖縄?ですか。

 我が同世代の活動家の死で、僕にも思うところは沢山ありますね。
 沖縄を返せ! 当時社共が掲げたスローガンです。でも日本に施政権が戻されたにも拘わらず、沖縄の状況は何も変わってなんか行かなかったじゃあないですか。
 むしろ米軍政の肩代わりをしているようにしか見えない。何も変わっていないどころか、ますます状況は悪化している。
 
 すくなくとも。
 このまま翁長さんの冥福を祈って、1年間ぐらいは辺野古の工事を止めて、喪に服したらいかがでしょうか?
 
 
 

護衛艦よりクルーズ客船を! 東アジアの平和と安定はこれですよね。

 これぞ、日本型民主主義の実態だ! 国民投票では、絶対勝っているという流れだったし、紅組司会の有村架純ちゃんまで、信じられない結果で、紅組勝利って?

 その後のメディアの解説によれば、票の配分はーー 
  ・視聴者投票の勝利で2票

  ・会場投票の勝利で2票
  ・ゲスト審査員10人は1人1票
  ・ふるさと審査員は全員で1票

 国民の声を代表する視聴者の票数は、紅組200万票台に対して、白組400万票台。つまトランプさんとクリントンさんの差ぐらいの票差がついたし、会場の一般大衆の投票も白勝ち!だったのに???
 ゲスト審査員、つまり玄人さんの投票だけで勝敗が決まる、なんて。
 大衆は投票に参加させてやるよ! でも結果は専門家に任せておきさいね。という話なんですかね。

 なんかなあ、英国がECから離脱して、トランプさんが勝っちゃったーーこりゃあ大衆に任せておくと、トンデモナイ結果が出るかもしれないよ。
 つまりこんな風に、権威主義者たちからの反乱が起きていたのかも。なんてね。
 どうでもいいか。でも、お正月の話題はやっぱり紅白でしょう。ニッポンは平和ですから。

 にしても、選挙とか投票ってなんなんですかね。
 正月からきな臭い話題にはしたくないけど、沖縄ではついに辺野古の本体工事を開始するみたいですが、これこそ、国防の専門家が判断するんだから黙ってなさいね、ですかね。

 辺野古の是非を問う国民投票をしたわけでもないし、地元が反対したって、中国が攻めて来るかもしれないんだから、あんたたち黙ってなさいね。 
 公安調査庁のレポートでも、沖縄独立運動には、中国からの支援、というかコントロールが入っているーーんだから。危ないよ。アメリカ海兵隊のためにも、辺野古に滑走路を造らんといかんでしょ! ですか。

 まあ沖縄住民の反対? より東アジアの平和と安定が大切! なんですかね?
 天皇の譲位問題だって、国民は認めているのに、専門家はが正しい結論を出す! 日本は衆愚政治にはならない! んですか?

 なんてね。紅白の投票配分に見え隠れする大衆蔑視、大衆ないがしろ主義的NHK官僚の発想こそ糾弾されるべきだし、それは、沖縄の基地問題に繋がるんだぞ。
 まあそんなこともないんだろうけどね。

 さあ、これから箱根駅伝の街頭応援に行かなきゃ。
 街頭に人が集まるって、韓国じゃ市庁舎前だけど、日本じゃ湘南の道路沿いか?
 いや皇居前も、今年は凄いんだろうねえ。いや明治神宮だって凄いみたいだし。いい国です。
 僕も、国賊!なんて言われないよう、今年も大人しくしましょうかね。

 にしても、沖縄にクルーズ基地を! 
 欧州で造ったアメリカのクルーズ船で、中国や台湾のお客さまを沖縄にお迎えすることこそ、国際協調。これこそ、東アジアの平和の実現です! というスローガンにはどうして票があつまらないのかねえ。

 平和主義で行こうよ! が、今年のテーマです。
 護衛艦よりクルーズ客船!!! これで行きましょうね。今年は。
  

沖縄独立って中国の画策? 沖縄問題の解決はクルーズ振興ですって!

  瀬戸内クルーズについて、書こうかと思いましたが、まだまだ過程の話というか、仮定の話ですからね。まあ、多分、いろんな問題がまだまだ山積みですからね。課程を踏んで…、などダジャレで済ましときます。

 問題はね、日本政府が、このプロジェクトを含めて、新規の事業を如何に育成、というより、如何に障害にならないように、進めて行けるのか? この点を間違えると日本のクルーズは、もう二度と…。
 つまり日本のクルーズは黒船軍団の跳梁に任せることになるのかと。

 しかも黒船さんたちは、日本市場を広げるという感覚ではなくて、事業の狙いは、中国をメインとする東アジアのクルーズの拡大でしょう。うーん、イメージでいうと、日本はアメリカのクルーズ市場におけるメキシコみたいな存在という、感じかな?
 クルーズの寄港地としては世界一を争ったとしても、クルーズ市場としては最後まで20万人そこそこで。

 アベ政権のクルーズに係わる発想も、外国クルーズ船が日本にやって来やすいように、そんな話ばかりですからね。
 つまり観光の分野でも、政府の正しいアプローチは輸出、外貨獲得!なんですからね。嫌になりますよ。
 集めた外貨を貯めるという発想だけで、それをどう使うか? みたいな議論は、メディアにもまったく登場しません。観光って双方向でないと意味がない!と思うんですよね。大体生活者という発想においても、余裕がないよね。いつまでも、「お・も・て・な・し」じゃなあ。そろそろモテナシテもらいたいよね。

  欧州の人々の家計に占める観光とか旅行に対する支出は、家計の20%だそうです。年収400万円なら80万円は旅行に使う。
 なんで日本政府に、そんな社会にしようという発想は出て来ないんですかね。というか、休日を増やせば消費は増える? 山の日ってなんだったんでしょうかね。という政策ぐらいのもんかな?

 まあ、瀬戸内クルーズとか日本クルーズを起業しようとしたときに、どんな問題に遭遇するのか? 引き続き追い続けて行きますよ。あんまり先走りしても、問題が見えてこないし。

 というんで、沖縄問題! って何でそっちなんやね。 
 いやね昨日テレビのニュースバラエティを見ていたら、「中国が沖縄の独立を画策している」とか「沖縄を属国にしようとしている」みたいな、論調に何の反論もないことに驚いちゃったんですね。つまり尖閣への中国公船の登場について、中国の次の意図は沖縄への侵略だと、国会議員さんまで、そんな論調で、「 内政干渉だ」とか「チベットの二の舞だ…」とか。

 でもねえ、沖縄独立論なんて、そんな文脈で出て来ているわけじゃなくて、沖縄選出の自民党国会議員がことごとく選挙に破れ、辺野古建設反対が沖縄の世論になっているのに。それでも建設を強行する日本政府に対して、「そんなら独立したっていいよ」みたいな話なのにねえ。
 私だってそんな文脈で書いて来たのに、まるでオラの論調は、中国のスパイみたいに聞こえちゃうよ。まったく。沖縄独立論の背景は、尖閣ではなくて、辺野古だろ。 

 沖縄問題も解決策はクルーズですよ。国が主導してクルーズ船団を沖縄に大挙して赴かせて、南西諸島を一大クルーズゾーンにする。これなら奄美も了解するでしょ。なんてね。
 中国が漁船団を連れて来るんなら、日本はクルーズ船団! 
 えっつ?中国人客ですか? 別に問題ないでしょ。中国から旅客を運んできてもいいですよ。アメリカ人だってオーストラリア人だって。ただ日本で造られた日本船社の船でお願いしますね。なんてね。
 
 瀬戸内の次は南西諸島! これですね。はい。 

今年もいろいろありがとうございました。良いお年をお迎えください。

  突然ですが、年内は今日付けでおしまいにします!
  実は、毎年今頃には、今年起きたことを振り返りつつ、みたいな作業を行うんですが、一昨日ぐらいから、左の背中に張り詰めたような違和感があって、コンピューターを軽快に打つ気になれないからなんですがね。

 年末になってからのMさんニュースに張り切り過ぎて、まるで敵を倒すかのような勢いで、打ち続けた反動ですかね。
 それとも、今年は10日過ぎから、連荘で呑み過ぎ。 内臓に何か故障でも? 医療費節約もあって糖尿の検診くらいしかしていませんからね。そろそろ大腸ポリープの再検査位した方ががいいとは、思うんですが…。食欲もないしね。

 なんてしょぼいですね。年末だというのにねえ。

 でもって、今年は慰安婦で暮れて!ですか。アベチャンさすがですね。安保法制でどどんと落ちた支持率を、国会を開かない! 中韓とは仲良く! 消費税は庶民に優しく! なんてポーズですっかり悪評を取り除きつつある。このまんま参院選、同時選挙? に突っ込んで、憲法改正へと進んで行く感じですね。まあしゃあない。国民さんがその道を選ぶならね。
 でも沖縄県民が選挙で拒否した辺野古だけは、無理筋だよねえ。これを強行しちゃったら、まずいんじゃないのニッポン!

 なんてね。今年もライン川のリバークルーズに行けたし、来年はベトナム観光と夏には北欧クルーズが待ってますからね。まあ何があっても、まあ元気です! ですね。

 皆さま 一年間こんな駄文にお付き合いいただきありがとうございました。
 どうぞ良いお年をお迎えください。

 あ、もしなんかあったら、突然書き込みますからね。えっと次は一応元旦から。では…。 

アララ。大阪維新完勝ですか? 地域政党万能なら、沖縄維新はいかがですかね?

  大阪維新、また完勝ですか? すごいですね。橋下さん。橋本でも橋元でもないですよ。ちゃんと書いてから校正しましょうね。この人もわがブログではハシモト氏にしましょうかね。間違え易いですからね。しかも、もう公人じゃないんで、あんまりテキトーなこともかけないし。

 ふわっとした民意ですか? 大阪市民というか府民は何を考えているんでしょうかね。また府市統合構想でも始動させる? いやハシモトさんは、国政に打って出て、アベソーリの後継を目指すんですかねえ。
 なんていうかなあ、自共合作! なんて国共合作(古いね)ほどもインパクトがなくて、共産党のテキトーさぶりばかりがクローズアップされただけですから。次の参院選の民共合作、小沢一郎と志位和夫のクーデター計画は頓挫するね。これで…。

 とにかく、今度の選挙は、憲法改正派と反改憲派の戦いみたいなところがあって 、アベチャンの構想は、維新というか大阪維新を抱き込んで参院でも改正派を3分の2にするーーという大陰謀じゃなかった、大戦略の第一歩みたいなところがありましたからね。うんうん。国会議員さん達の「維新」は早く民主党と合併して、ハシモト氏はアベソーリの後継含みで、衆院選に出る! これですね。改憲派と憲法を守れ派のそれぞれの合作構想が本格的な抗争へと発展して、なんてね。
 共産党? ここは低所得層の票田を巡って公明党に如何に勝つか? だけしか考えてないですからね。まあ宗教派対共産主義シャ、というか教条主義同士の戦いもなかなか熾烈ですからね。
 
 どうなんだろ。ハシモト氏は辻元氏の選挙区にでないかな? ここには維新の対抗候補、松浪さんって言ったかな? もいるしね。

 まあいいいか。でもいま日本で本当に問題なのは、沖縄辺野古ですよ。憲法改正問題よりも、議会内での抗争よりも、現実の話。そっちなんだけどね。
 ハシモトさんたちは、もう一度大阪の府市統合を言い出すんでしょうかね? 
 だったら、我々は、ってあんたは一人切りでしょ! いや、ふわっとした民意派は、沖縄独立へと向かうべし 。ですね。沖縄維新党でも作って、独立を目指す。ここでは沖縄民族派の合作でもいいでしょう。世の中の主要テーマは、憲法改正に向かうでしょうからね。対抗するには、ふわっと沖縄独立へ! ですよ。って、なんか訳わからんね。今日付けは。

 ああ、またイボミが勝ったみたいね。でもこの娘、かわいいね。まあ、ちょっと化粧濃すぎるけどね。

 

沖縄観光立国を目指しましょう? 独立論まで出てくる沖縄をこれ以上追い詰めるなよ、ね。

  勝つときはあんなもんだし、負けるときはこんなもんでしょ。
 あああ、寝不足です。気分悪いねえ。負けちゃったですよ、ラグビー日本代表。それも惨敗?
 でもねえ、この4日間のなんだかなあ、報道ぶりは異様でしたからね。ちょっと冷やして、これでいいんじゃないですかねえ。
 大体、エディさんは、「ベスト8進出」を公約していたわけで、最初の2試合は、1勝1敗の計算でしたからね。勝った相手と負けた相手が違っただけですよ。
 にしても、こりゃあ、試合日程が差別的だったと言い訳するっきゃないよね。いくら練習してきたとはいえ、ラグビーで中3日で実力上位と試合というのはねえ。ムリですよ。しかも日本だけだし、こんな日程。まあ、日本が南アに勝ったからこんな差別的な日程がクローズアップされたのかもしれんけどね。でなきゃ、また負けた、日本って弱いよな! みたいな受け止めで、この話も終わっていたよね。なんて、なんでオラが言い訳しなきゃいかんのや、もう。

 さて、このところ負けばかり続いていますねえ。えええ、安保法制。ってオラ何もしなかったけど。
 この後も辺野古ですね。翁長さんは国連で、日本政府の沖縄の民意を無視した、差別的処遇を訴えたわけだけど、同時に、基地賛成派と称する名護市の女性に発言の機会が与えられたみたいで。
 彼女は辺野古反対派の背景について、「沖縄は先住民の土地と主張することで、沖縄独立を導こうとするひと達が」が「中国の支援を受けて」反対していること、みたいな反論をする。これって? 今の基地支持派って、こんな感覚というか危機感を持っているんですかね。アララ? ですよね。じゃあ、あんたは中国でなくてアメリカの支援を受けて賛成しているの?なんて言いたくもなる。

 大体この人、どんな背景があるんでしょうかねえ。スイス辺りまで自費で出かけて行って、こんな発言の場をあたえられるって? 産経新聞しか読んでいないんで、なんか一市民が反論しているみたいな記事になっていますが。
 沖縄独立派なんて、政治運動にまでもなってないでしょう、まだ。にも拘わらす、国連の場で話させるなんて、日本政府のむちゃくちゃな意図というか、焦りを逆に感じますね。

 まあ安保法制も、「選挙で負けたんだから国会通過も仕方ない。議会が決めることに街頭行動で反対するのは、議会制民主主義をないがしろにするもの」みたいな論調が、結局はこんな結末を許したんだろうけど、沖縄はそうじゃないよね。このところの選挙は全部、「辺野古反対」。これが民意なんですからね。中国の支援? そんなわけも分からん怪情報を国際会議の場で出してまで、抵抗するって、これこそテロ、言論上のテロみたいなもんだろうと思うけどね。
  
 まあ、僕は昔から沖縄独立派ですよ。今の沖縄は危なくてしょうがない。実質的な核武装もしているし。
 次の戦争の火種になりかねない沖縄の米軍基地を全廃し、琉球観光国を設立して、日本や中国、台湾、韓国からの観光客を集める。全日空は那覇を東アジアの物流ハブ空港にしようとしているし、ええ、独立すれば、カボタージュを逃れられますからね。
 沖縄クルーズが全部、海外籍船で展開できるようになります。沖縄が、まさにマイアミになる。

 とにかく軍事大島沖縄が、観光大国沖縄に生まれ変わるなら、独立だってあり得べし、ですよ。国体は住民の民意で選ばれるのが、民主主義国なんだろうし。沖縄独立がいやなら、沖縄の軍事基地全廃! が無理なら、削減に向けて動き出すべきです。
 「基地の島」への対案は「クルーズの島」ですよ。日本近海でこんな適地はない。

 安保法制では何にもできなかった老体ですが、ここまで、アメリカの「軍意」しか考えないアベソーリが強行するというのであれば、オラだって…。行こうかなあ、辺野古へ。ってこっちも掛け声だけで終わってしまうのだろうか、あああ。
 
 
 
  
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • ギリシャのカボタージュを調べてみました。外国船上でも税金がかかるんですね。
  • ギリシャに中国を見た。看板が中国語って、何故?
  • ギリシャ船主の結末に、我が日本船社のそれを見る?
  • MSCが、2000円で横浜~上海クルーズだって。いや、980円というのも出たぜ!なんだかすごいことになって来たですね。
  • 船上にカップヌードル! 日本風味はこうして守られた?
  • GSAが変わった? クリスタルの日本での総代理店から郵船が下りたんだって。
  • 旅の終わりは東横イン羽田でした。
  • 今日は岡留さんの訃報に思うことを書きたかったんですがね。PBは本当のことを言って下さいね!
  • 2019年1月が終わる。大過なくね。「平成クルーズ時代」も幕を引きつつある?
読者登録
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ