客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

釜山

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

南北鉄道の最初の乗客は誰? そろそろお辞めになる時ですよ、って。

   宋長官は「(日本が過去に)北朝鮮にだまされ続けたからと未来もだまされ続けると考えるなら、どのように(北朝鮮と)交渉し平和を創出するのか。小野寺防衛相が会見(基調演説)時に(北朝鮮が過去にした)約束について言及したが、それは過去のことであり、指導者は変わった」と指摘した。

  韓国の新聞の記事ですが、日本の政治指導部は、韓国というか朝鮮というか、韓半島に成立する政府というか、いや朝鮮人が嫌いなんですね。 
 すでにトランプさんまで、「最大限の圧力」という言葉を使わないと言っているのに、アベッチの閣僚君たちは、出席する国際会議や交渉の場で、相変わらず、なんとかの一つ覚えなのか、「圧力」論をひっこめることができない! でもって国際的に総スカンを食らいつつあるようで。
 これぞ「国難!」ですよね。

 僕はアベ政権が、「圧力以外にない」と言ってる頃から、だったら、圧力をかけ続ければ核を放棄する? 拉致被害者を返してもらえるの? と 書いてきましたが、「最後まで共にある」なんて言い続けて来たトランプさんにまで裏切られて…。

 そう、日本政府には、新しい情勢に併せた政策転換が必要なんだよね。つまり「圧力」なんて、外交の目標とかテーゼでもなんでもなくて、いわば手段なんだからね。
 つまり目指すべきは? みたいな発想から組み立てた、政策を展開して行くのが、日本国を代表する政府の取るべき「手段」でしょう。金さんはともかく北の人々にも生きる権利はある! 金さんの呪縛から解き放つ解放軍! みたいな発想は初めから持てないんだねえ。この人は。
 
 なんてね。急に何書きだしたの? 
 はい、欧州から帰国して、今度の旅の願いの一つだった、「TGVでパリへ」の目的が果たせなくてね。ちょっとね。
 代わりに物価の高いロンドンで3日も過ごし、ヒースローへの地下鉄に閉じ込められ! なんて体験を強いられたんで。ちょいと腹が立ってね。つまりTGVであわよくば、リヨン―パリーロンドンまで行ってみたかったな? と、募る想いはますます強くなる! んですよ。はい。

 話が繋がらない?
 うん、朝鮮半島の近未来を想像してみる時、容易に想像できるのは、釜山から平壌へ鉄道が繋がる。KTXで大陸を旅する!なんて、意外に近い将来に実現するんじゃない? なんて思っていましてね。 
 その一番列車に乗るのは、文大統領と金さん、それに習金平さん? 間違ってもアベッチは乗せてもらえないだろうねえ。なんて思っちゃったんです。でもってノーベル賞を首から下げて、トランプさんを来賓に? なんてね。

 「そんなものに乗りたくない」なんて、アベサンは言うかもしれんけど。でもですね。つまりは東アジアの新しい秩序を象徴するのは、そんなコリア縦断鉄道?じゃないですかね。 
 つまり東亜新秩序からはみださせられるのは、ニッポン!
 でもって、相変わらず「拉致被害者を返せ!」「圧力だ!」なんて言い続けていくんですかね?

 このところのアベ政権は、核兵器禁止条約に背を向けて、さらにセクハラ禁止条約の制定にも「背を向けて、態度を保留」(東京新聞」だそうですが、気が付いてみたら、国際的に孤立させられていたのは、ニッポンだったなんて、悪い夢だわなあ。まったく。

 そう、南北縦断鉄道が出来たら、何としても乗せてもらわないと…。というか、これに乗って、モンゴルへ。中央アジアへ行きたい! なんて僕は思うんですよね。

 釜山に船で行ってみたことがありますか? 
 JR九州のビートルや関釜フェリー、そしてパンスタードリームなんかが停まる近代的でデッカイ客船ターミナルの目の前には、かつてのコンテナヤードでもあった広い土地が手付かずのまま残っています。
 でもって10分も歩けば、KTXの釜山駅。
 南北を結ぶ鉄道、それも高速鉄道が走るようになれば、「トラワヨ」の釜山港が東アジア大陸の陸路の玄関になることは、容易に想像が付く話です。

 いつ政策転換するんかな? アベ政権。
 征韓論は長州じゃなくて薩摩が言っていたことですからね。さっさと韓半島共和国(「高麗共和国」という俗称まであるようですね)との融和、同盟!そんな戦略を打ち出す。そんな時期に来ていると思いますよ。東アジアの平和の敵は、やっぱりニッポンだったなんて、悪い冗談ですよ。

 僕は朝鮮が嫌いだからそんなこと言えないよ。、ママーーまだそんなこと言っているの僕ちゃん!
 だったら即、首相をお辞めなさい。小泉さんも福田さんも、中曽根さんだって、そう言っているじゃないの。駄々っ子みたいに、グズグズ、嘘ばかりついてるんじゃないですよ!
 岸お母さんも、そういってるんじゃないの?
 昭恵さんもそう思っていると思いますよ。

カジノ入場料6000円!ですか? なんのための解禁なんでしょうかね。

  にしても何でIRとか、訳の分からない名前を付けてカジノ解禁なんてやるんでしょうかね。
 入場料6000円! 日本人客の出入りは週3回、月10回まで、御開帳できるのは、全国で3か所まで。7年後には見直す、ですか?

 なんだか、これでもか! という規制ばかりの実施法案で、自民党さんと公明党さんが合意したとか。2020年には晴れてオープンするそうで、まあそのために政党を作ったような維新さんの地元大阪は当確!かな でも関東圏はなんだか、それぞれ地元が纏まっていないみたいで、横浜も東京もしばらく様子見なのか?それとも一気になのか、潜航していますね。
 
 僕も昔、カジノ解禁構想が持ち上がっていたころ、はいはい、石原慎太郎さん(懐かしいねこの名前)辺りが旗を振っていたころ、いろいろ取材に行きましたがね。そのうちクルーズ業界が、カジノ導入に消極的になっちゃってからは、この話も「港の活性化策」ぐらいの視覚からの興味しかなくて、ほとんど関心を失っていました。

 日本人6000円ですか? 客来るかな? 僕も当時は、「カジノ体験をしなけりゃ」と、ナッソーと釜山、それにスタークルーズで本格参戦?してみたことがあるんですが、どうも同行者はなんとか稼ぐんですが、私はほんの5分も持たない?! 
 というより、例えばナッソーでは上限20ドル! 釜山では5000円、スタークルーズでは1万円と決めてチャレンジしただけですからね。
 ナッソーなんか、最初に赤か黒かに20ドル賭けて、当たれば当たったで、次は額の半分づつ賭けて続ける!なんて「戦略」を取るつもりだったんだけど、暗転すれば、一回で終わりですからね。
 つまりはルーレット1回で沈没。フン!取材コストだからいいだろ! みたいな話でしたね。

 ですから取材レポートの方は、ほとんどフィクション。だいたい欧米のクルーズ船のカジノなんて、おばあさんがスロットをしているくらいのもんですからね。
 次から次へと、25セント玉を突っ込んでね。ドラマなんて生まれようがない雰囲気ですよ。

 そのうちクルーズ2,3日目かなんかになると、カジノディーラーのお姉さんがオプショナルツアーの添乗員さんになって現れたりする。人手が足りませんからねえ。
 そうなると、夜、カジノに行っても緊張感もなくなって、雑誌に書くレポートは、拙い筆力で月並みなドラマを仕立てたりしてね。

 でもさすがに凄かったのはスタークルーズ。マレーシアのカジノ資本、ゲンティンさんの船ででの香港―ベトナムクルーズでした。客は香港系中国人が多かったのかな?
 カジノに行くと、まだディナータイムだというのに満員。大体船側も、カジノの側にラーメンやサンドイッチスタンドを用意して、真夜中までの臨戦態勢ですし。

 ルーレットなんて人が群れていましたね。テーブルを二重くらい囲んで、なんとか右肩を入れて、数字盤にようやくチップを乗せるくらいの感覚、つまり満員電車もかくや!と思わせる盛況で。
 しかも中国人のおばちゃん達が100ドルチップを何枚も賭けていて…。

 テーブルの緑のクロスが見えないぐらいのチップの山です。
 そんなところに入っていいて5ドルチップなんて? それでも私からすれば清水舞台の心境なんですけどね。初めから勝負になりませんよ。

 でも、初めてクリスタルに乗った時でした。京都からこられたという品のいい奥方様が本当にうれしそうに「稼いじゃった」とつぶやくのに出会いました。
 「私、町でずっとパチンコを見ていて、一度でいいから、やってみたかったの!」。
 畏き辺りの住人さんかな? ご近所さんの手前パチンコ屋に出入りも出来ず。
 でも、ギャンブルとやらをやってみたくて。ようやくクルーズでその夢を果たしたーーみたいな話は、ほほえましかったですね。

 ですがね。入場料6000円!って、わざわざカジノまで出かけて行く人は、最低その入場料を稼がないと帰る気がしないだろうし。僕みたいに「その日の上限を1万円!」なんて決めていたら、到底かないませんわな。スロットで遊ぶにしても、相当ラッキーな日でないとね。

 まあ依存症防止策なんて話題に上っていますがね、入場料6000円なんて決めた時点で、依存症予備軍というか、生活破たん者製造事業化するしかないでしょ、と思いますけどね。
 日本にはパチンコがあるじゃない。こっちの方が、全然大衆的だし、健全ですよ。それでも依存症さんはいるみたいですけどね。

 というんで、IR入場料徴取反対!です。
 えっつカジノ事業者からの「納付金一律30%」ですって?国だか自治体が徴取するの?
 なんだかなあ? 勝手にやんなさいね。だよね。

 海外のクルーズ船でもカジノ参加者は、テーブルやスロット、ルーレット併せても半分も埋まってないような気がしますし。クルーズ船はやれなくてもいいんじゃないかな?
 船では夜空を見上げて、飲んだくれていれば、夜は更けて行きますって。

 って、クルーズ船でのカジノ解禁は対象外みたいだからね
 拗ねている?わけでもないですよ。

社民存立危機突破選挙? ピースさんのエコシップはどうなんでしょうかねえ?

   やっぱり客船ネタの方がアクセスが多いですね。 
 アベッチと百合子さんのちょっと出来レースも伺わせる茶番にもなりかねない選挙話もいいけど、このブログの本分! 大義を忘れてはいかんということですね。 

 にしても花田紀凱さん。ええあの名物元文春編集者さんですが、どうしちゃったんですかね。アベチャンの強力なサポーターになられているのはいいにしても、『「大義」「大儀」とあれほど言っていた朝日新聞も、あまり言わなくった。「希望」に大義がないからだ』って。もう、すっかりトンチンカン! 「希望」に大義をかぶせて来るって?
  問題は「解散」に大義があるかどうかなのにねえ。希望さんには「反アベ」という立派な大義、「加計隠しを許すな」があるじゃん! やっぱりこの解散はおかしいって思わんのかな、花田さん。

 一昨日付けへの
  • たかむがんば
  •  さんの書き込みありがとうございます。
     別に「長州出島」を無理やり取り上げるつもりもないんですがね。すみませんね。でも「長州出島」に果たして大義はあるのか? なんてね。
     まあ、現代日本の縮図!と、大上段に振りかぶる話かどうかは知りませんけど。22万トンの大型客船もそうだけど、この話はむしろ、コンテナ船ポートの話ですよね。

     造った以上、釜山に対抗して欧州航路のコンテナ船辺りをしっかり誘致してきてくださいな。神戸や大阪の太平洋岸には大型コンテナ船はもう入って来なくなって、博多に入るマースクの大型船なんかを奪うのかな。ライバルは釜山! 韓進もいないし? かな。

     まあ、確かに、世界の船は、コンテナ船も客船もどどんと大きくなっていますから、まず日本は港から!ですよね。港湾局さん? 公共事業大国としては、やっぱりやらんとね。なんでしょうかね。コンテナの港別取り扱い実績で、日本の港は、20位くらいにやっと? なんかな? 中国諸港や釜山にも大きく引き離されていますから。港湾局も頑張らないとね。
     って、あんまり港を造りすぎてランキングに入らなくなって、慌てて「阪神港」なんて区分けにしていますがね。どうせなら「虎港」とか、それとも「タイガーズ港」にすれば、ってなんのこっちゃい。

     いや、実は木曜日の朝だったかな?NHKの、海外ニュースの番組を見ていたら、フランスのテレビが、フィンカンチェリがSTX(懐かしい名前だね)の経営権51%を取得してグループに加えたというニュースをやっていて、この話の雑感を書こうかと思ったんですがね。コイケ劇場に付き合った方が面白いかと思いましてね。ゴメン。

     なんで? いやテレビのコメンテーター、ええ、もちろんフランスのですがね、このM&Aで、フインカンチェリは、「中国、韓国、日本との国際競争に勝つ体制を」なんて。
     欧州でも「造船」のライバルは、相変わらず極東なの?
     古い時代に刷り込まれた常識から抜け出られないんですかね。まあ欧州人の(造船)雇用の敵は、ずっと日本と韓国でしたからね。

     でも、両岸は、すでに客船と商船との棲み分けが出来ていて、まあコンテナ船やバルクでは極東にはかなわんでしょ? というか、商業造船では客船に特化しているフィンカンチェリのライバルはドイツのメイヤーしかないわけで。
     フランスのラトランチックをフィンカンチェリが手に入れることで、フィンランドのツルク。はいSTXの旧ワルチラを手にしたメイヤーとの2強による世界分割が実現したという話ですよね。

     でもフランスのテレビの解説はそれより、「雇用が守られた」を強調していましたし、欧州の新聞は、EU艦隊の建造ヤード。というかフランス、イタリアの国防軍の独自性と国際化は? みたいな話を中心に解説していますね。

     まあねえ。欧州はEUで統合されていて、雇用は確かに問題なんでしょうが、造船業の競争力とか艦船の建造!なんて、さしたる話題ではないと思っていたんですがね。 
     フランス海軍、イタリア海軍とドイツ海軍?ーーこんな各国別の戦力というか建造力あたりでの「統合」論まではまだなのかな? いや一歩も二歩も踏み出したというべきか?  
     そんな風に思ったんですが、コイケ台風とどっちが面白いかな?
     我が任務、我が大義を忘れてしまいました。ゴメン。

     にしても欧州の造船と言えば、ええええ。ヘルシンキのPBさんはどうなったんでしょうかね? 「約束の9月末」って、だれもそんな約束はしていないよ? かもしれませんがね。なんか正式契約したとか、建造に着手したというニュースは伝わって来ませんね。

     まあこの船の実現性については、コイケ総理の実現性以上に危ういと思っていますし、出来なくたって別に? ですがね。
     ただ、旅行代金を支払ってしまっている善男善女の「エコシップで地球一周を!」という「希望」を奪うのは、ちょっとねえ。

     日本型民主主義者、エコ活動家の夢は、「希望」へと昇華できずに…。なんでしょうか?
     というか日本型民主主義者自体が、「希望」に見捨てられ、存立の危機? 
     話はまたそっちかい?
     でも、なんかなあ、「社民存立危機突破選挙」にも、なっちゃったねえ!

    コスタの金沢発着クルーズが、C・O・Yですか? はいクルーズ・オブ・ザ・イヤーでんがな。 

      日本外航客船協会(JOPA)さんが選ぶ「クルーズ・オブ・ザ・イヤー」ですが、今年は、コスタクルーズの日本海クルーズですか?
      まあ実は私も、現役の最後のころに、日本で欧米型のクルーズ。つまり定点定期型のクルーズを実現するとすれば、金沢発の日本海クルーズだよ! と言い続けていたんで、このコスタさんの、ネオロマンチカですか? 取り組みには敬意を表するものなんですがね。

     つまり北陸新幹線の開業で東京から金沢まで2時間半で結ばれて、でもって、金沢というのは、日本に一番近い外国である韓国との間で定期クルーズ船が結べば、4泊ぐらいで、いいアイテナリーに仕立てることが出来る!という発想だったんですがね。

     まあ来年もさらに充実させるようですし、舞鶴、境港、博多などの諸港についても脚光が当たっているわけで、「日本人向け大衆クルーズ」の成功例として、引き続き!なんてエールを送りたいですね。

     コスタさんは、RCIさんが中国マーケットに集中し、新造大型船を中国に投入。ダイヤモンドプリンセスさんが、日本クルーズを展開するも、定点型のアイテナリーを諦めて、まあプレミア市場だよ! と寄港地を多様化させて行く戦略をとったのと比較して、初めから定点・定期。それも博多と釜山と上海でそれぞれ乗客を集めるという民族混合型クルーズ、っていやな言葉ですね、諸国民友好型クルーズを始めたパイオニアだったわけで。

     僕も始まったころ、博多から乗りましたよ。ですがね、相方さんの評価を聞くまでもなく、がっかり! 
     何が? はい中国人の騒々しさに、「二度と…」な気分だったんですよ。
     だって、デッキランチのホットドックだって、パンも焼けてない、ソーセージも生のままで、どんどん持って行っちゃう。それもひとりが大量にね。奪い合うようにしてね。しかも、並ばないし。「これが豪華客船?無理だよ」なんてレポートを書こうかと思ったんですが、そこに現れたのが、北陸新幹線! 関東から釜山まで一気に繋がって…。というわけですね。

     今の日本海クルーズには、韓国人も乗っているんかな? でも、このアイテナリーだと、はっきり日本市場がターゲットであることが分かりますからね。嬉しいですよね。いいんじゃないですか、これ? 
     それにキムチもあるんかな? 
     そろそろ、もう一度行って見ようかな?の気持ちにさせられます。

     でもねえ、考えてみると、関東の乗客も、もし便利さだけでいえば、釜山往復するなら、神戸発着くらいのほうが、楽なはずで…。このコスタさんのアイテナリーも金沢や舞鶴、境港みたいな、あんまり行ったことないよ!という寄港地と、北陸新幹線と言う、物珍しさが、効いているんじゃないですかね。
     まああと1年ぐらいは持つだろうけど。カリブ海とかアラスカみたいな永遠性は、なかなか、という気もします。

     幾ら安くても、また金沢から船に乗る? となっても、どうしましょ? というお答えの方が先に来そうだよね。
     うん、各地元さんのご努力は買いますがね。やっぱり船の寄港地としての観光開発というか、新味が欲しいですね。というか、私としては、同じ金沢発着なら、例えば、隠岐とか、対馬とか、壱岐とかさあ、あんまり行ったこことのない目的地をたまに加えて欲しいよね。 韓国側の寄港地も蔚山直行とか、東海とかね?
     あるいは能登半島の輪島にテンダーで上陸させるとか?
     って、これじゃあ、定期定点クルーズの提唱者じゃなくなっちゃうんだよね。オラも。

     まあね。これはこれ!かな? もしコスタのクルーズが気にったら、2回目は、イタリアまで飛んで、本場の地中海クルーズにでも参加した方がいいんじゃないですか?
     なんて書くから港のお兄さんたちに叱られてしまうんだけどね。

     それにしてもコスタの地中海クルーズの宣伝って見なくなったですね、最近。地中海の大衆クルーズと言えば、MSCだもん。てるみくらぶさんが、やっすいよね。
     そうそう、日本市場で一番売れているのはどこか? みたいな市場分析をだれかやってくれませんかね? JOPAさんとか?

     ああ、そういえばJOPAって日本のクルーズ会社の団体だったはずだけどなあ?
     日本船のPRはどうなっているんだろうか?
      

    PRIMAさんの映像には、驚くばかりですね。定期定点クルーズの行き先はやっぱりこれか!

       ちょいと暇だったんで、近着のAIDAニュースを見ていたんですが、シップリストの一番先に、AIDApelraさんの名前が乘っていたんで、クリック。

     でもねえ、名前と航路。はい、バルセロナとマヨルカなんですかね。それが出ているだけで、いつからクルーズを始めるのか、などのディテールは読み取れなかったですね。ドイツ語だし。

     でも、凄いですね。primaさんのタイムマガジンは、その後も次々と続報が更新されていて、7月18日付では、アクロバットだのショータイムなんかが上映されています。それにプールサイトの風景を背景に、エンターテイメントオフィサーが話しているんですが、このプールエリアも、なんていうか雄大ですね。三菱は凄いもんを造ったですよ。ホンマに。まさにゼロからホテルやレジャーランドを造っちゃったみたいな感じだもんねえ。

     私は、2週間前にハンブルクにいて、primaさんの入港シーンを見たわけですが、確かにあの気候と寒さではプールはやっぱりインサイドでしか使えませんね。
     というかやっぱりカリブ海の陽光の元で繰り広げられる、アメリカのクルーズに比べると、明るさという意味では、ちょときつい印象はありましたけどね。
     これを補うにはエンターティンメントかな。まあ我々からすれば、寄港地の魅力もいいじゃないか! とは思いますが、テロのパリやBREXITのロンドンは、ドイツ人にとっては、そうでもないだろうし。
     つまり、そうなると船の魅力を存分に…。ということになるんでしょうね。

     まあ西欧の諸都市を巡るクルーズ。僕も北欧ですが、同じような体験をして来たんですが、なんていうかイマイチ、物足りないんですよね。寄港地で美術館巡りや王宮を覗いてもね。聖人君子の清廉潔白な旅をしたいわけじゃないしね。
     考えてみると、都市間を巡るクルーズで足りないのは、つまりは「夜の部」がないんで…。
     今から思えば、サンクトペテルブルクやコペンハーゲンでは、1,2泊停泊したんですが、夕方ともなると、みんな着飾って船から出て行くんですね。
     オペラなんかもやっていたのかな? あるいは有名レストラン? 僕らは船に取り残されて、ワンシーティングのディナーで、いつまでも暮れない、飽き飽きするような港の景色を見ながら、過ごしていました。
     
     まだまだ、僕らの船旅術は未熟なんですね。言葉も通じないし…。
     よし今度は、アメリカで、大リーグ観戦にでも行きますかね。、夜停泊する客船はないかな。っと!
     金もないのによく言うよねえ。ほんとうに。
     
     それにしても、予定ではあと9か月くらいで、perlaさんだってマヨルカデビューでしょ?
     集客も始まっていないんで、いいんですかね。この船を、欧州まで運んでゆくにもひと月は掛ったし…。
     なんて老婆心というか老爺心かな? まさかprimaみたいにはならんだろうから…。

     コスタさんが、来年のクルーズを発表したみたいですね。ビクトリアさんに変わって、ちょっと小さい、コスタ・ネオ・ロマンチカを投入して 金沢、釜山、博多、舞鶴、そして二回に一度は境港に寄る5泊、6泊の定期クルーズを32本ですか。
     まさに本格的な定期定点クルーズの始まり、というか、今年から始まっていたわけですが、うまく行ってるんでしょうね。増便ですからね。
     このコースは、僕も日本近海の定期クルーズを考えるとすると、一押しのコースですね。東日本(金沢・北陸新幹線)、関西(舞鶴)、韓国(釜山)と寄港地はどれも人口集積地近く。このクルーズが上手くいかないんだったら、東アジア、つまり日本、韓国のクルーズは大きくなれませんよね。

     というか、でもねえ、何かもう一味欲しいかな?
     兼六園や天橋立も2回も行きたくないし…。温泉? ローカルショー? まさか芸者遊びや舞妓さんって。何言ってるんだろうね。

     まあ、地中海クルーズがきつくなるだろう来年、東アジアクルーズは、ねらい目なんだけどなあ。
     でも、なんかもう一味!欲しいよね。
      
    執筆・講演承ります!!

    どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

    名前
    メール
    本文
    ギャラリー
    • ポナンさんの画像(記事は前の書き込みで)
    • 災害は忘れる間もなくやってくる。防衛よりも防災! そっちを急ぎましょうよ。
    • ヴァージンボエッジの船内プログラムは、船上的?いや煽情的なものですね!
    • ロンドンは、明るく晴れて、通りを跨ぐユニオンジャックが眩しかったですね。
    • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
    • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
    • あらら、49万9578件ですか? ローヌ巡り紀行記は、そろそろ終わりなのに。
    • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
    • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    プロフィール

    船知めん太

    カテゴリー
    カテゴリ別アーカイブ
    • ライブドアブログ