久しぶりに前向きなニュースですね。
 SHKグループさん。はい阪九フェリーや新日本海フェリーを運航する、フェリーの企業体としては日本一かもしれない。そのSHKさんが、横須賀ー北九州に新しいフェリー航路を開設するんですって。
 15000総トン級2隻を投入し、週6便だそうで、トラック150台積み級と結構大型ですね。
 21年開設。とはいえ乗客対応をされるのかどうか? そっちは明らかになっていないので、それが気になりますが、是非、人も乗せて欲しいですね。

 関東ー九州航路。まあ鉄道との競合を考えると、荷物はともかく人は難しいですかね。これからいろいろと検討を進めるんでしょうが、このところSHKさんは、かなり積極的な投資や事業を行っていますからね。日中韓、東アジアの物流動脈充実の主役さんが動き出している!ということですね。
 横須賀から下関を経て中国へ船で。とか横須賀から北九州、釜山を経て山東半島!なんて旅もできるようになる?かも。

 まあ、記事風に書けば、そういう話ですが、「横須賀起点」ということで思い出すのは、なんといっても今世紀初頭に(なんかNHKのドキュメンタリー風やね)華々しくデビューしたシャトルハイウェイラインを思い出しますね。

 商船三井のOBさんたちが大分の地元の荷主さんたちの応援を得て、横須賀ー大分航路をフェリーで結ぶ。まあ旅客は難しいですからね。陸上物流の効率化を基本に目指した新しいフェリー事業でしたが、2004年に動かし始めたものの、07年には破産! 

 海運界では結構有名だった高宮信夫さんという経営者さんが旗振りをして、商船三井客船のこれも有名人だった渋沢さんが加わって…。
 とはいえ、商船三井という会社の仕事というよりも、OBさんたちが個人的に立ち上げた事業という感じで、最初は船の調達も上手くいかず苦戦の連続だったことを記憶してますね。

 SHKのこのプロジェクトは、もちろんシャトルハイウェイとは全く関係がないんでしょうが、当然この時の経験は踏まえながら? なのかな。
 当時に比べて、トラッカーの人手不足はより深刻ですからね。モーダルシフトの掛け声も大きくなるばかりだし、案外うまく行くんじゃないでしょうかね。

 というか日本海側に比べて太平洋側は新幹線という高度に発達した輸送手段を持っているという強みがありますが、その一方で湾曲している日本列島という地勢的な要因もあって、船はねえ。いろいろ浮かんでは消え…。このところ川崎近海さんが、北海道と東北を結ぶ航路の充実に動いていますが、沖縄航路を含めて関東から西向きはねえ。

 とりわけ東京や横浜は東京湾という、湾奥にありますからね。太平洋に出て行くだけでも数時間かかってしまう。
 というんで外海に近い、横須賀に目を付けて…。
 元気のない日本! いい目の付け所かもしれん! ですね。はい。 
 
 まあ、でもここまで書いて来て、やっぱり旅客は当面無理かなあ? ですよね。横須賀からって、新横浜辺りを想定しても、羽田を想定しても、北九州までの人流は便利ですからね。
 昔、さんふらわあで、東京を立って、新宮、高知なんてフェリーに乗ったことがありまして、我が人生で2度目の船旅体験!なんて、そんなに大袈裟な話じゃないですがね。船内でマージャンをやっていて急に揺れ始めてね。もう真夜中でしたが、静岡くらいまで来たのかななんて、航路図を確かめてみれば、東京湾を出たばかりのところ。つまり外海にでて揺れ始めただけだった! なんて経験をした覚えがあります。
 シャトルハイウェイも横須賀から大分って、いわゆる幹線から外れ、すぐに外海から、というのが狙いの一つでしたからね。

 でも、日本列島をフェリーで包み込むというフェリー会社の心意気や良しですよね。
 頑張って欲しいですね。それに「必ずやってくる」といわれている東南海大地震が本当にやってきたら、海からの輸送ルートというが充実しているのに越したことはないですよ。

 新日本海フェリーさんは、「はくおう」で自衛隊に協力し、船の運航も手伝っているわけで、まさに災害対応船としての価値もあるプロジェクトじゃないですかねえ。
 まあ船上ではカップヌードルや冷凍品の提供でも構いませんからヒト対応もお願いしますね。

 でもって一朝有事には、はい、是非、我が家がある熱海あたりにも支援物資を届けてくださいね。そこんところよろしくね。
 そうそう、フェリーもいいけど、ぱしふぃっくびいなすもそろそろ!って、そんなに、なんでもかんでも言うんじゃないのね。はい!