客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

60年安保

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

西部さんの自裁死に思う。逆にとにかく生きるという、自裁だってあるわけで。

  さて、西部邁さんですね。
 この人が、テレビなどに登場してきたときに、僕が感じたのは、それまで政治評論と言えば、民主派風の論客ばかり。右派のまともな論客が出て来たという感じでしたね。というか。江藤淳さんみたいな文章型の知性と言うより、テレビ型の保守派の論客というか? 目立つ存在でした。

 それまでの政治評論と言えば、先の大戦の記憶を引きづって、どうしても戦争責任みたいな論理から離れることはできなかったわけですが…。60年安保リードした全学連の中から出て来たこの人は違った。論理といえば、内省を迫る哲学ではなくて、日本人としての矜持…。みたいなね。
 安保OBからは、吉本隆明さんなんかに象徴される戦争責任派や野坂昭如さんみたいな焼け跡闇市派とか、多彩でしたが、そうした人々が次々と去ってゆく。そんな時代の最後の人かもしれませんね。

 この人は、私たちに「こうすべきである」と押しつけがましい論理で迫るのでなく、「あんたはアホか」みたいな感覚でモノを語る。時代を支配する論理を覆そうとするときには、そんな風に論争を仕掛けて行くしかないんだろうと思います。
 でもって、行動様式は、徒党を組んで何かを実現するというよりも、そう思ったら自分だけでもやっちゃうよ、ついて来る? みたいな感覚だったようなね。

 死に方もまさに、「自裁死」ですか? 太宰治が玉川上水で入水し、三島由紀夫が「死ぬことを意識して」死んで、江藤淳が、奥様に殉死するかのように…。
 多摩川に身を投げる! というのはそれらを足して二か三で割ったような死に方というか。
 「死に方は、自ら選択する」! そんな日本人のこれからの生き方というか死に方を教えてやるよと言われているような。

 流行りますよ。きっと。多くの人がそんな方法を選択したとしても、誰も驚かなくなる時代が来るかも?
 あなたは、玉川上水にするの?それとも錦ヶ浦? なんてガイドブックが流行ったりして?

 今、「人生100年時代!」なんて政治家さんは、おっしゃるけど、一定年齢に来たら、後は「人に迷惑かけずに、早く死になさいね」と言われているようなもんですからね。
 西部さんの死は、そんな時代の魁? なんて予感もします。

 なんてね。
 昨日、その「人生100年時代」を指摘するアベサンの施政方針演説は、明治維新から説き起こしたようですね。
 会津藩の白虎隊から出た山川健次郎を例に引いて、「誰でも活躍できる」社会の実現を主張したわけだけど。つまりこの人の精神風土は、長州藩史観、そのものだったんですね。

 長州藩は、逆賊だった会津を許し、その結果として山川さんは、東京帝大の総長になったんだよ。みたいに説き起こす。きっと祖父の岸信介さんあたりは、そんな風土というか政治思想の中でシンゾー君を育てたんだろうね。
 明治維新史観というか、未だに日本のリーダーシップを取るのは、長州藩なんだぞと言われているようで、なんか嫌ですね。

 でもねえ。アベッチの話は、つまりは明治維新が「機会均等」をもたらしたんである! と。つまり発想の先には大日本帝国憲法は悪ではない! というか、それの回帰? 
 明治の論理は、「機会均等」だったんだよ、なんて感じでね。さすがに「四民平等」とまでは言っていないようだけど、国家のイメージは、完全な復古主義? 国への従属を求められる国民! 結局、そのまま日本は戦争で崩壊して行く、という結語の方は頬かむりですか?

 でも、勝てないかもね。この人の上から目線の復古主義にはね。でもって、話は「押しつけ憲法への叛旗」ですか?

 なら、僕に出来るのは? 
 こうなりゃ本気で100歳まで生きてやりましょうかね? 内省こそ哲学なんて思って生きて来た僕ですが、「無駄な年寄りは早く…」と、いわれているわけで、コノヤローな気分もある。
 西部さんのような「自裁」が認められるなら、どこまでも生きてやるという自裁だってあっていいわけで。
 
 でも、なんか、未来は悲惨かな? 
 そんなことない、長生きしてクルーズに行こう!だぜ。
   

クルーズこそ平和産業! 日米中で東シナ海の友好を進めてゆこうよ。

  今朝の産経新聞一面の見出しは、「子供には見せられぬ」ですって。でもって、でかでかと写真は強行採決する委員会の風景。新聞って子供は見ていないんですかね。見せたくない場面を、どかんと見せて、「子供に…」ですか?
 なんかなあ、産経さんだけじゃなくて、反安保さんの新聞の方も、建前ばかり先行して、本当に主義なのか売らんかな、なのか?
 でも、「子供に…」というのは、本当ですよ。60年安保のころ、僕は小学5年の多感な少年。前途は洋洋で、末は博士か大臣か? みたいな感じだったのに、テレビや新聞で見た安保国会とキシさん。この人、人相悪かったもんなあ。それにハガジー事件だの、樺美智さんの悲劇とか…。しっかり見せられて、はい。そのまま表街道での出世なんて疑問を持っちゃったですね。でもってT大を目指すのをあきらめ…。なんて嘘ですけどね。そんな実力はなかったですが。
 でもって、進学した中学が「都の西北、早実の隣」中学。65年ごろから、毎日のようにわが校の校門の前にも機動隊のお兄さん。朝、最初に学校の入り口であいさつする、のは…。というか、どっちかというと、ガンつける生活ですけどね。
 昼休み若い機動隊さんとも垣根越しに話したりして、なんか田舎の純朴な青年たちだなあ、なんて印象が残っています。
 いずれにしても立身出世を目指すなんて意識から変わっていったのは、60年の映像ですからね。昨日のあんなシーンなんか子供に見せてはいけないですよ。僕みたいに道を誤る! 日本国にとって多大な損失に違いない、なんてね。
 
 まあそんなことはどうでもいいですよね。アメリカと一緒に歩んでゆきたい!という、戦後一貫しているレジームを踏襲する政策を強力に進めたアベソーリ。なんか時代を俯瞰してみると、60年安保にしろ、その後の市場開放やら、沖縄返還や郵政民営化にしろ。親米史観から見れば、その時の首相さんが、アメリカの意向を慮って、としか読めないですからね。
 昨日は午後、ちょっと原稿を書いたあと、国会中継を見ていましたが、福島瑞穂さん、結構演説上手いですね。感涙にむせびそうになりました。山本太郎さん。国会のイロモノみたいになってきましたけど、アメリカの来年度予算を引いてきて、日本が役割分担を引き受けることで、米国の軍事予算削減が目指されている、ことなどをしっかり指摘して。この安保法制の仕組みがよく分かりましたね。アメリカは兵員削減、日本は軍事費増強! ですか?
 
 もっと俯瞰しちゃうと、このところの菅官房長官さん、中国の東シナ海ガス田での生産開始の兆候!とか、やたら中国の膨張主義の例を暴露して。別に緊張してなんていないのに、緊張をイメージアップする。
 採決のあと、どんな風に中国の印象を変えて行く情報を流してゆくのか、見ものです。いやいや、これからは辺野古が始まりますんでね。遠くから辺野古の役割を強調するニュースが出てくるんかな? まさか「アメリカとの約束」で突っ張るんかね? 安保法制では、自民党は「選挙に勝ったんだから、当たり前だろう」で、結局押し切りましたがね、沖縄では選挙に負け続けてりますからね。果たして多数の論理で押し切れるんでしょうか??? それとも?

 まあいいや、今年はこんなことがなければ、中国からのクルーズ客船。それも運航しているのはアメリカの船社。寄港地は日本、つまり「日米中友好の使者」みたいなフレームでストーリーを作ることは可能だったのにねえ。「爆買い」なんていう下品なキャッチではなく、東シナ海は係争の海ではなくて、友好の海なんだってね。
 でもって南シナ海には、アメリカ船社と中国船社、それに日本系のクルーズ会社も混ざって、観光開発を進めて行く、交流の海!というフレームでだって話は作れるはず。

 クルーズ産業こそ、大東亜、じゃなかった、悠久の歴史の流れの中で、東アジア諸国が交わることが出来るビジネス。平和産業なんだよね。
 って、福島さんや、山本君の演説ほどうまいアジテーションは、書けないねえ。
 ごめんなさい。道を誤ってよかったかな?
  
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • ギリシャのカボタージュを調べてみました。外国船上でも税金がかかるんですね。
  • ギリシャに中国を見た。看板が中国語って、何故?
  • ギリシャ船主の結末に、我が日本船社のそれを見る?
  • MSCが、2000円で横浜~上海クルーズだって。いや、980円というのも出たぜ!なんだかすごいことになって来たですね。
  • 船上にカップヌードル! 日本風味はこうして守られた?
  • GSAが変わった? クリスタルの日本での総代理店から郵船が下りたんだって。
  • 旅の終わりは東横イン羽田でした。
  • 今日は岡留さんの訃報に思うことを書きたかったんですがね。PBは本当のことを言って下さいね!
  • 2019年1月が終わる。大過なくね。「平成クルーズ時代」も幕を引きつつある?
読者登録
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ