客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

HANADA

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

大坂ナオミの試合が見たい! メディアは、もっと視聴者ファーストにならないとね。 

  今、本当に頭に来ているのは、GAORAに対してです。
 はい。テレビの有料放送で、今、インディアンウエルスのATPテニストーナメントを放送している。うちは、GAORAとWOWOWそれにJスポーツのスポーツ放送3ブランドをペイテレビで買っているんですがね、でもって昨日はフェデラー対韓国のチョンヒョン君の対戦をゆっくり見させてもらったのは、いいんですが。
 なんで、大坂ナオミを放送しないんじゃい! まったく! 視聴料返せ! な心境です。

 確かにプログラムには入っていなかったのは、しかたない? まだランクは40位前後だからね。でもシャラポアを一回戦で破ったあたりから、主催者と交渉して、番組変更しろよな。ですよね。有料放送なんだからね。
 本日お昼ごろに準決勝。第一シードのハレプさんと当たる。これに勝つとATPポイント1000の試合で決勝に進むわけですからね。今日こそ、見たい! のになあ。

 いつ頃からかなあ? 錦織君が注目されるようになってから、女子のプログラムは、グランドスラム以外なくなっちゃんだよね。でもねえ、もっと臨機応変に対応してくれてもいいんじゃない? 大坂さんは、海外メディアも注目するくらい、いい試合をしているというのに…。
 
 それに一昨日は、デンマークのウォズニアッキさんを破り、今日はルーマニアのハレプ。って、テニスマッチの優秀選手は、世界中の国々から出てきますからね。いまテレビではアルゼンチンのデルポトロ、このあとカナダのラオニッチ。昨日は韓国対スイス。移民選手も多いし、テニスがイチバン国際的なスポーツなのかなあ!なんても思いますからね。

 話はそっちじゃなくて…。いくらなんでも大坂さんを放送しないGAORAって、なんだよ? というんで、ホームページで急きょ調べちゃったんですがね。この会社MBS。つまり大阪の毎日放送系の会社なんですね。ですが従業員43名!なんだって。
 日ハムや阪神の試合、それにATPのテニスマッチ。吉本新喜劇も定期プログラム化していて、まあちょいと面白そうな会社なんですがね。
 でもなあ、大阪系なら大坂さんを放送しろよ! って、話は急にローカルに振っちゃて、ゴメンなさい。まあ土曜日ですからね。

 それにしても最近メディアも特定の読者、聴衆の嗜好に合わせて、旗幟鮮明というか? 集中した構成をめざしてますよね。公平公正! 不偏不党なんていうメディアはなくなっちゃった。
 
 かつて文春にいた花田さんは、今朝の産経で、古巣に噛みついていて、今週発売の週刊文春のタイトル「安倍首相夫妻の犯罪」というタイトルは「度を越している」と批判しています。この人月刊「WILL」「HANADA」なんかを創刊してもらって、すっかり右派ジャーナリストの旗手みたいになって「度を越した」特集ばかり組んでいますが、昔「マルコポーロ」だったかで、「ホロコーストはなかった」なんて特集を組んで、同誌を廃刊に追い込み、文春をおやめになった方です。当時は、そんなに右派文化人でもなかったですけどね。というか主義より売れるかどうか?なんですねえ。きっと。

 最近はケント・ギルバートなんて、わざわざ日本にやってきて、ヘイトスピーチをしまくっているのもいるけど、まあなあ、メディアも旗幟を鮮明にしないと売れなくなっていますからね。花田さんも、まあ確信犯というか売らんかな型というか。メディアは売れなきゃ飯が食えないのも事実ですからね。

 でもって今月の愛読誌「新潮45」の特集は『「朝日新聞」という病』だそうで、もう月並みすぎるテーマですけどね。新潮お前もか? かな? 
 で、買おうかな買うのをやめようかな? とWOWOWのコマーシャルみたいな心境になっていますが、実は私、朝日も嫌いなんだよね。上から目線で。お金払って購読しているのに、ご意見を拝聴しないといけないという感じですからね。
 購読を辞めた時のきっかけは、紋切型でへたくそな天声人語に呆れたからですが、新潮さまが特集するほどの新聞なのかね。これ。そんなの「HANADA」や「WILL」に任せておけばいいのにねえ。

 あっそうそう、花田さんは、社会党の土井たか子を「本名 李高順」なんて書いて、完全な誤報をやっちゃって、200万円の損害賠償を払ってる。
 でもその前には、朝日新聞にいたこともあるわけで、まあジャーナリズムとかジャーナリストなんてこんなものよ! という本当のところを見せてくれる殊勲甲な人!、なんだけどね。
 つまりは世渡り上手さんなのね。

 まあいいや、何を書きたいのか、訳が分かりませんけどね。今日は。
 それより、大坂ナオミを見せろよ。彼女はもしかしたら、日本テニス界悲願のグランドスラマーになる存在だぜ!

 それに、このところ大坂さんだのオコエ君だの、陸上のサニーブラウン君、テニスのマクラクランやダニエル太郎君だの、若手に混血のアスリートがどんどん出てきて、素晴らしいよね。
 こんだけ海外からの観光客が増えて来ているし、近未来の日本人像とは! なんて見せてくれているようで、その意味でもスポーツ放送はちゃんと見ないとね。

 あそうそう、それにしても「ケンブリッジ飛鳥」くんは美形だよね。私には、そっちの気はないけどほれぼれして見てしまいます。
 「クルーズ客船飛鳥」の方も頑張りましょうね。こっちは純粋日本船?でもクルーはフィリピ―ノが一番多いんです。
 って、今日は何を書いているんだい? すみません。
 
 

今年もいろいろお騒がせしました。今年最後のブログです。

   両手にゴミ袋を抱えて、雑誌の束を腕の間に挟んで。まるで東日本大震災の時の水汲み少年の写真のような姿で、今年最後のゴミ捨てを終わりました。 
 帰宅し、「これで最後かな?」とウーンと背伸びをして呟くと、「はい、そうね。ゴミ出しはおわり。あとは窓ふきね」。
 励ましというか、激励のお言葉を背にコンピューターに向かっています。

 それにしても古雑誌・古新聞置き場に置いてあった月刊誌の束は、「WILL」。こんな雑誌が売れているんですね、きっと。書店の雑誌コーナーでも、文芸春秋の側には、「WILL」とか[HANADA」が並び、地元の小さな書店には、「新潮45」すら置いていない。

 世は大きく保守? いや反動? いや右旋回? なんて言えばいいんだろうねえ。「憲法を変えよ」と現実を変えようとされる改革派の皆さんと、「改憲反対」を叫ぶ守旧派の皆さんと。
 そりゃあ、なんでも「変えよう」と主張される方の方が強いよね。でも、変えていいものと悪いものがあるんじゃないの?

 まあ雑誌自体が斜陽ですからね。雑誌、とりわけ月刊誌の凋落は見るも無残? でも売らなきゃいけないですからね。雑誌も。
 そういえば、今朝の産経には、「WILL」の別冊特集号の広告が出ていて、その特集の見出しは「フェイクペーパー・朝日新聞と言論犯罪」だそうで、一冊全部朝日批判。この広告、朝日新聞にも掲載しているんでしょうかね? してないだろうなあ! きっと。
 
 「フェイクペーパー」って、トランプさんが流行らせた今年の「流行語大賞」? なんてこともないけど、別に朝日だけじゃなくて、自衛隊の広報雑誌の出版を請け負っておられる産経新聞さんにしたって、フェイク度は高いと思いますし。世の中ほとんどフェイク一色ですからね。

 まあジャーナリズムと言ったって売れなきゃ話にならないし、そこで働くジャーナリストの皆さんも仕事を与えてくれなければ、干上がってしますからね。今年の流行語大賞を、僕が選ぶとすれば「ポピュリズム」かな。メディアこそ最大のポピュリストやないのね! アベチャン。

 まあ、今年も勝手なことを書き続けて来ましたが、本日付けをもって、お休みいたします。再開は3日にしましょうかね。いや4日かな? その時の気分しだいですね。
 今年相方さんのお母さまがなくなったせいというわけではないんですがね。今年はお正月の準備もしていないようで、年賀状も早々と欠礼のご挨拶をしています。それにお孫ちゃんも受験を控えて今年は来ないようですからね。静かな年明けを迎えそうです。
 
 「門松は冥土の旅の一里塚」だそうですが、最近は門松を飾る家も少なくなってきて、いつ冥土に行ったらいいんかい? のメドも立たない、 なんて、つまらんダジャレで、今年を終わろうとしているんかい?

 このブログも来年は4年目に入るのかな? 訪問者の数はのべ45万人? になろうとしています。
 来年は、明治150年だそうで、少なくとも明治151年までは?
 いや、平成に続く、新しい年号が来るまでは続けましょうか? もうひと踏ん張りですし。

 ご一緒に頑張りましょうね。天皇陛下様!
 新年は皇居にでも行ってこようかな?

安倍さんの選挙区に有力対立候補! なんていかがですかね。加計疑惑を忘れるな、よね。

加計加計加計加計加計加計加計加計加計加計加計加計加計加計加計加計加計加計加計加計加計加計加計。森友森友森友森友森友森友森友森友森友森友森友森友森友森友森友森友森友森友森友森友森友森友森友森友森友森友森友…。

 いやね。どうもアベッチは忘れてしまったんではないかと思いましてね。忘れないように、ここに書いておこうとね。人の嫌がることをするのが、私の趣味ですので、悪しからず。
 まさかまだ選挙妨害にはならんよね。アベサンはまだ大腸の御病気が治っていなくて、薬で誤魔化していらっしゃるなんて、側近の世耕さんがおっしゃっていたようで。現職総理が出馬断念! 
  怪情報は不味いか? でもまだ、選挙に御出馬なさるのかも不明ですからね。
 ましてや「落選しない」と頭から決め込んで、メディアもそう書くのかな。どうかしてるぜ!

 でもねえ、「国難突破」って、自作自演の「国難」じゃないですか? 北が宇宙にロケットを飛ばしているのに、「北海道上空」と発表し、「Jアラート」とかいう空襲警報を鳴らし。国連で「圧力、圧力、圧力」って連呼し、「対話なんてしないよ」って。

 つまりこの間の北への対応は、すべて、この選挙のための国民向けの脅しと読んだ方がよさそうで。北は日本にミサイルを撃つなんて、一言も言ってないのに、標的に加えて下さいね、と言わんばかり。そうした文脈でみれば、モリカケ隠しのために、国難を演出しているとしか思えませんね。
 つまり自分のスキャンダルを握りつぶすのに、国民の命を盾にしている。

 国難=アベ難。この人は自分がイコール国であるという、ほとんと刈上げ君と同じ発想に立ってものをしゃべっています。
 「自らが先頭にたって国難に立ち向かう」「トップである私の責任」って。大腸の病気だけでなくて、「パラノイア」を疑った方がいいんじゃないですかね。
 なんども書きますがね、あなたが絶対に当選する、なんて前提で実施する選挙なんて、選挙じゃないでしょ。

 なんて。ここまで一気に書いちゃったよ。いかんですね。本当は明鏡止水じゃないけど、清々しい気持ちで朝を迎え続ければいいんでしょうけどね。

 にしても加計疑獄ですがね。月刊「HANADA」にしろ「WILL」にしろアベ機関誌はこのところ一斉に加計疑獄と前川喜平批判をクローズアップしてます。前川さんの写真なんて最近では、右翼雑誌にしかでてきませんけどね。
 つまりアベッチは、この加計疑惑が本当に怖いんでしょうねえ。
 何度も書くけど、権力者ってこんなことまでするんですね。加計疑惑を潰すために、戦争の危機を煽る。

 例えば臨時国会を2週間だけ割いて、モリカケ問題を審議して、当然行き詰まるかもしれません。そのうえで「解散」すれば、まだ「民主主義」だろうに。
 「それも検討したけど、もっと票が減る?」なんでしょうかねえ。まさに国難です。

 昔、野坂昭如さんが、時の宰相田中角栄さんの選挙区から立候補して選挙を戦ったことがあるけど、民進党あたり、安倍晋三の選挙区から有力対立候補を立てないかな?
 アベッチを選挙で落とす! これが「国難突破」の最高の解だと思うんですけどね。小池さんいかがですか? 志位さんでもいいけどね。
 あっつ。どうせなら玉砕覚悟で山尾さんいかがですかね。結構善戦するかもしれないよ。

 そろそろアベサンも、クルーズ船にでも乗って、大腸の治癒やパラノイアからの回復を目指してはいかがですかね。
 って、最後にクルーズの話題に持ち込んだ。フー
 
 
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • ロンドンは、明るく晴れて、通りを跨ぐユニオンジャックが眩しかったですね。
  • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
  • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
  • あらら、49万9578件ですか? ローヌ巡り紀行記は、そろそろ終わりなのに。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • 船内写真、全部見せちゃいます。バイキングのパンフも来ましたよ。リバークルーズの時代が来ていますって!
  • 船内写真、全部見せちゃいます。バイキングのパンフも来ましたよ。リバークルーズの時代が来ていますって!
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ