昨日は、わがお孫ちゃんとわが相方さんの誕生日を同時に祝う式典を、ってワシントンではなくて、八重洲の中華料理屋さんで執り行いました。って、大げさかな?
 晴れてJKさんになっちゃったお孫ちゃん。GKじゃないよな、これだとゴールキーパーだもん。はい女子高生です。で、「ハピバースディ! スィート・シックスティーン」の式典です。
 そういえば、船の上のビンゴで16が出ると、日本も外国船でも必ず「ハピバースディ、スイートシックステーン」なんて言います。昔々のポピュラーソングですね。あのころは、こんな歌とともに、アメリカのきらきらした明るさに憧れたものです。
 でもって、相方さんの方は「ハッピバスディ! スィート シックスティファイブ」つまり前期高齢者、つまり年金世代への突入記念日です。はい。ちょっぴりですが年金支給も増えるようで、ハピ!ハッピ!の記念日というわけで、式典!催行しちゃったわけですね。
  まあ、ワシントンで安倍ちゃんがリンカーンだのホロコーストだのの記念施設を訪れて、平和と民主主義!を印象付けているわけだけど、だったら慰安婦像とか、南京の博物館にも行けばいいのにねえ。ナチスには反対でも、東京裁判史観は受け入れない? なんて感じなんですかねえ。ちょっと違うんじゃないかなあ。
 って、また話がずれた。

 私らのほうは、式典の前に、せっかくですから北野たけし監督の「龍三と七人の…」、題名忘れちゃたけど、映画を観に行きました。 なんで有楽町にあるのに、「丸の内ピカデリー」なんだとぶつぶついいながらでしたが、なんとなんと映画館は満員。でもって大スクリーンを見上げるような2列目しか空いてないんですからね。すごいすごいですよ。でもって、スクリーンの中と同様、座席もほぼ前期高齢者、つまり団塊の世代で埋め尽くされていたですね。
 まあ物語は、老人の元やくざが、仁義も気概も無く銭稼ぎだけが目的の独裁型の若いやくざ組織をやっつけようとするんだけど…、という悲しい物語? です。老人やくざは、7人のキャリアが集まる、つまり「七人の侍」のパロディかと思うんですが、話し合いで親分を決めちゃったして…、面白かったですよ。藤竜也さんとか、近藤正臣さん、いい役者ですね。
 というか、多くの観客と一緒に観るのは面白いですね。変なところで、大笑いするようなオバサンがいたりして、お茶の間で観るのと違った雰囲気を感じることが出来るんです。
 映画館はいいですよ。昔子供のころ、東映と日活の3本立て映画を観ている時、主人公が窮地に追い込まれると、代官所から捕り手の軍団が、どどんと出てゆく。そんなシーンで客席から拍手が沸きましたからね。

 なんてね。昔の思い出話ばかりしても仕方がないですね。
 この日はJKちゃんたちがアイドルに嬌声を上げるなんて感じではないけれど、映画館の中では、我が同輩さんたちと妙な一体感で結ばれたのでした。ちゃんちゃん!
 まあねええ。4・28といえば、昔は沖縄反戦デー。サンフランシスコ条約発効の日で、団塊さんはデモで街頭へ。でしたが、今はたけしの映画を観に映画館へ。
 安倍ちゃんは、まったく反対運動もなく、ワシントンでオバマさんと握手。
 辺野古に2000人が集まったといっても、ダメだろうなあ!の諦観が先に立つ。 
 安倍ちゃんとオバマさんは、未来志向の日米同盟! で、弱体化するアメリカの肩代わりを日本が徐々に進める! って、唄い上げたわけですが、それでも僕らは映画館。
 メディアは「過去の陳謝」の合唱ですが、未来を批判するといってもねえ。難しいですからね。
 うろうろと、都会を彷徨う高齢者! 船にでも乗せといたほうがいいと思いますけど、って話は無理やり、そっちかい!?