奥の臍道

林道が オフ車だけの 物ならば、 行ける以上 Tradも又 オフ車の内 夏山に 足向けよとぞ せがむW吉 野に山に 馬牽むけよ ほととぎす 夏草や Tradどもが 夢のあと 野分雨 降り残してや S.D.M.A. トラッドで 林道遊び いとをかし アメブロと併せてお楽しみください♪ http://ameblo.jp/centopassi/

タグ:林道:くんま

K47、ちんだの村落部脇にコソッと潜む途中からダート。

edfa4984.jpg

流れの悪い先行車両に倦んだ野生の勘が働いたのか?
はたまたダートの神様がお呼び下さったのか?
いつもなら見逃しそうな脇道こっそり看板を進行方向逆から発見!

舗装路覚悟で入ってみたら、途中から…♪

短めだけど快適。

ちょと暗い。

出口の先はクランクしてまだ続いていたような?
(元気が足りずパス)





ここを案内するには、
くんま側からの方が分かりやすかろ?

479b4305.jpg
林道観音山1線

K47沿い山の稜線に差し掛かる所に、くんま側からでないと見落としがちな入口看板。
入口舗装路、すぐダート。
中代峠を経由して稜線沿いに、やっぱりあった快走ダート♪

観音山近くの少年自然の家敷地内へは進入不可(モラル上遠慮)。

でもまだ脇道が山の東麓を下りつつ分岐しつつ…♪




これはちょっとビンゴな快適ダート♪

479b4305.jpg

K9、道の駅を下って暫くした先、左手の丘へ消えていく道。

入口も分かりやすい。

南はK9八幡神社辺りまで、
で、K47との分岐にも近いから、後述観音山線と上手く繋げば…ニヒッ♪





名前と実情が一致しない?
林道高集団線:
3b56baca.jpg

K9側入口(東口)はこんな感じ↓
e309d429.jpg

本線が坂野山を左巻きに巡り、大地野隧道へ。

短めピスト分岐が少し。

地図には舞木林道との表記※。

※ちなみにここ(奥の臍道)では、道の駅までに至る本線を舞木林道と仮称。






柴林道のMXパークくんま入口交差点。
辻を南に下るダート道。
途中で先行き怪しくなるも、最終的に八王・八幡神社間の舗装路まで繋がっていた。

どこかに繋がってるって、イイね♪

部分的にちょいガレ、ちょい草深、
分岐数カ所(深め)。
最後の最後に「これループ路じゃね?」と思わせる(トラップ?:笑)道行きだけど、左手下に舗装路を確認、押して進むとすんなり落着。



etc:MXパーク南
http://ameblo.jp/centopassi/entry-11842178092.html




くんま五叉路から降りてきてK295、南下して直ぐ右手に…
(だったかな?)

林道安蔵線。

入口舗装路、
途中にご休憩ピスト。
先に魅惑的な白ダート…
なるも、タイムアップも近いため端折って舗装路を月方面へ、

出たっ!

e5ab31e9.jpg

って、画像メモにはそうあるのだけど、何故か記憶に無い(汗)。

沿線に、チョロッとダート…だったかなぁ?

最終的に月には出たんだけど、どこをどう走ったものやら?(笑)





舞木線舗装路区間、ヘアピンから大地野隧道※へ、入ってすぐの北東分岐…

先は
「私設林道につき進入禁止」残念。

※注:「隧道」とは正しくはトンネルの事を指すらしいが、ここではランドマーク代わりに便用。(大地野隧道≒大地野隧道の上を走る林道)

鳶ノ巣から天日山経由で熊迄…

快走林道、やっぱ繋がってた!

熊側手前の分岐を選べば、イノコイド他にも上手いことアクセスするんじゃないかと、
おぼろげに踏んでいる♪

所々幅狭いけど、総じて明るく走りやすい、
てか、ペースあがってしまうのには要注意!

真ん中終わってるブロックでも、結構良いペースでイケちゃうのは、
走行跡のバンクが良い感じに出来上がってたせいか?

だとすると、日によってコンディションは変わりそう(汗)。

cf:
天日山…
http://ameblo.jp/centopassi/entry-11573943438.html
天日山、熊ルート:
大日線たら言うらしい?
そんな表記はついぞ見たこと無いが?(笑)

C1
http://maps.loco.mobile.yahoo.co.jp/p/map/maps?z=17&lat=34.97934722&lon=137.7566811186956&title=%90%C3%89%AA%8C%A7%95l%8F%BC%8Es%93V%97%B3%8B%E6%8CF%8E%FC%95%D3
記憶があやふやだけど、確か途中からダート。

右回りに下ると八王神社。
左回りに行くと、途中の分岐から大地野隧道。

大地野隧道の先には舞木林道、
八王神社の西には柴林道、東海自然○道、
八王神社を南に下り、一本杉トンネルの上を行くと東嶺林道、が待ちかまえている。

東嶺林道の先が「月」♪
嗚呼楽しや、地図と首っ引きの月memo遊び(笑)。







このページのトップヘ